ここから本文です

投稿コメント一覧 (354コメント)

  • なにわどうあれ、ここの本物の材料は、岡本さんの新作期待。
    2020年夏の五輪までには出したいと言っているし、吉成さんも
    取締役にいるということは、東京五輪でパフォーマンスが予定されてる
    AKBもゲームに絡んでくるんじゃないかな。enishを例にとると、
    楽に時価総額85億円(インセンティブの第一関門)は超えてくるのではないかと。
    10/10決算の次は1月だから、種まき期間はそのあたりではないかな。

  • もうJSRに株式取得してもらって、ポラテクノみたいに非上場化にでも
    してもらいたいですね。とにかく機関の売り崩しが酷い。
    誰も損にならない上場来高値3,565円以上なら、割高でもないでしょう。
    非上場化で、がん研究に専念してもらったほうが国民全体の利益になると思います。

  • 与沢さんって、「株価を上げるのは私も含め国外にいて、手数料が
    高くつくからこそ長期で持つ現物買いの外国人」とツイートしている
    みたいですが、その数時間前に「iPSは6日に1億買って4営業日で
    2,700万円ほど儲けさせていただきました感謝」とツイートしているのは、
    ひっくるめて、ひねりの効いたギャグと考えていいのでしょうかね。
    アエリアも、好決算だったものの決算はまたがず、エクストリーム1点のみに
    なってしまった、ということは、6月にアエリア推しだったことを考えると、
    四半期決算すらまたがない、ということですね。長期投資という言葉は、
    人それぞれのとらえ方ですね。

  • enishやアクセルマークといった赤字拡大企業ですら、
    材料思惑相場になれば、1週間で50%とか簡単に上げるんだから、
    株価の位置と時価総額を考えれば、岡本さんの渾身の力作に
    期待したいですね。とにもかくにも800円台で新作待ちになってほしいな。
    時価総額80億円でインセンティブが付与されるくらいの内容に
    なっていることに期待。ケイブもこれに社運かかってるんだから、
    進捗状況くらいアピールしてほしいんですけどね・・・。

  • 介護事業向けが黒転しているところが個人的には評価。
    昨日の売り気配からのS安は、よくあるパターンでしょう。
    前回の決算でアカツキがS安5,230円(だったかな?)だったのに、
    そこから3ヶ月以内に7,000円台に上昇しているのと同じ。問題なしの
    押し目だと思います。

  • 反対意見の資料をみて、驚いた。
    おおむね反対だろうとは思っていたけれど、5つの理由のうち、
    「公開買付価格が不十分である」は失笑ものだろう。
    5年間の間に4回も公募増資を行い、既存株主の価値を毀損してきた経営陣に、
    過去5年の株価推移をどうお考えか問いたい。

    私は、3回の公募増資をみてきて、もう十分だろうと思って購入したが、
    最後の増資を食らい、H.I.SのTOBが入るまでは平均単価2,200円ほどで含み損
    だった。昨年、公募増資は当面おこなわないという経営陣の表明があったので、
    これがなければ3,000円台はあるのかと思っていたが、さすがに市場は許さず、
    リート指数が高値をつける中でも、株価はまったく上がらなかった。配当をもらい
    ながら塩漬けかなと思っていたところでTOB。私は半分を3,250円で売却し、100株
    残して3,400円で残りを売却しました。本当に、HISには感謝しかありません。
    株主総会では現経営陣の総入れ替えを願っていたが、当然かなわず、この100株は
    TOBが破談になれば暴落するでしょうが、そこでどうするか考えようと思います。
    とにかく、反対理由には笑止千万です。

  • 板が薄すぎるので、個人の投げでも十分落としますね。
    成長はしてるんだけど、指標面でも、コメ兵132億円を100億円近く
    上回る時価総額は少し過大評価になるのかな。
    上場来安値3,345円を意識されているのも上値が抑えられう要因でしょうか。。
    経営者は尊敬しているのですが・・。

  • どこぞやの外資系証券が空売りしまくっていただろうから、
    一気にショートカバーが入ったように思いますね。
    正直いって、敵対的TOB、大いに賛成です。
    現在の経営陣は、過去2年連続公募増資で資本増強するなど、
    誰にでもできるような資金調達を行い、既存株主を軽視しているからです。
    昨年、公募増資は当面おこなわないと発表しましたが、
    HISの経営陣にかわってもらったほうが、価値向上につながります。

  • 日本アジア投資が直近で吹いたりしてますからね。。
    具体的に、投資先の上場日が確定してくると踏み上げ相場になるかもしれないですね。

  • メドレックスに刺激されたんだろうけど、
    そもそも、1,550円~1,600円あたりで推移していたんだから、
    そこらへんでヨコヨコでいいと思うんだけど。。。。

  • 投資先がIPOの準備に入ってるわけでしょ。
    時価総額的に考えても、年内にYH超えるんじゃないの?
    FVCみたいな赤字企業でもS高タッチしてるんだし

  • 直近の四半期決算では赤字拡大だけど、資料を読むと先行費用の
    計上だと説明されている。通期では最高益予想を変更していないが、
    仮に前期とトントンであったとしても、ここまで売り込まれるものだろうか。
    2年前の641円が上場来安値だが、狙われているのかどうか。
    600円台から買い下がれば、時価総額130億円は負けないと思うのだけど・・。
    参考までに時価総額100億円割れは548円です。

  • 今期の業績の伸び率と比して、時価総額が350億円というのが正当化できないところでしょうか。
    高額逆日歩で、株価が吊り上げられたところがバブル最高値。
    売り方がしんどいのと同様に、どこかで買い方が苦しくなるのが煽られていた銘柄の末路。
    ゲーム株やバイオ株と違って、単なる学習塾ですからね。

  • 後場の下げ方は、寄り底になるだろうと決め付けて
    一日信用で大量買いした人の損切りではないでしょうか。
    マザーズ指数は下げたものの、明らかに2万株ほど売り板が
    動いていましたからね、一方で、現物で買い増ししている方も散見されました。
    3月下旬に配信停止になって、メンテに3ヶ月以上かかるというアナウンス。
    6月中には、いつごろの再開などアナウンスが入るでしょうけど、果たして・・・。

  • 株式評論家の早見という方、ラジオ日経で毎週1回推奨銘柄を
    紹介していて、岡本硝子を先週取り上げていたが、当然、今日の
    大幅減益予想で急落したことは、まったくツイートせず。
    いつも数週間から数ヶ月前に取り上げた銘柄が高値になれば、
    その時点で自画自賛。どこで買ったかも重要だが、どこで売却したかも重要。
    「利食い指示をした」とか書いているが、明日のラジオ日経でここの解説を
    するのかどうか、注目してみたいと思う。

  • なんといっても米国で、JINUSHIビジネスが
    スタートしたことが大きいと思う。日本の経験を糧に、
    より国土も広く、人口も増え続ける米国で、収益機会を増やすチャンスが
    できることは将来の持続的成長のために重要だと思う。
    社員も大量採用するのでもなく、少数精鋭で給与水準も高い。
    離職率も低いので、優秀な人材を教育しているのだろうと想像する。
    じっくりと時価総額500億円以上の企業を目指してほしい。

  • まさか2,500円以下で買える日がくるとは思いませんでした。
    2015年5月決算で上場来初の赤字決算を出したときがS安3,010円、
    そして、2016年5月決算で最終赤字でS安2,428円タッチから2,497円終値。
    その翌週に原田社長が辞任発表で、2,590円まで急騰するなど、
    ベネッセの最悪期はここだったと思います。
    まだ少子化の影響などで主力の通信教育は全盛期に届くことはないと思いますが、
    極めて財務は健全。介護分野を拡大して、成長していってくれると思います。
    指数の下げの影響もあったろうし、秋には3,000円台に回復してくれると思うのですが。

  • 数ヶ月前の決算から今期の大幅減益はわかっていたのに、
    3月のディスガイア配信ゴールにならなかった点が不思議に思っていた。
    1月からのマザーズ戻り相場だったことや、ガンホーの連日高からゲーム系が
    連想買いされてたこともあったのかな。だけど今回の決算で、ディスガイアの
    業績が織り込んでいると回答があったのがネガティブサプライズ過ぎた・・・。
    なんだかんだで3ヶ月以降にでてくる再配信のときはある程度盛り返すのかもしれないが。

  • 毎回決算前まで売られ続け、直近から上昇して、
    昼休み決算でS高まで上げて翌日天井調整に入るパターンの
    ふしぎな好業績銘柄。

    直近決算でも自社株買いを実施し、増益基調。
    パターン通りなら、1,646円を超えてくるはずですが、さて・・・。
    時価総額も135億で小粒。2分割前基準で、1,500円は超えてほしいですね。

  • いかに150円台で仕込むかにかかってくると思うんだけど、
    170円台や180円台にタッチしても、また下がってくるので定着しませんが、
    テクニカル的にみても、200円突破は規定路線だと思うのですけどね。
    投資先のIPOスケジュールが具体的に出てくれば出来高も急増していくでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ