ここから本文です

投稿コメント一覧 (128コメント)

  • >>No. 899

    Isuzuは2014年5月12日に株式の併合(2株を1株に併合)、単元株式数の変更(1,000株から100株に変更)しました。ですから現在の株価は春うららさんにとっては1249÷2≒625円です。春うららさんにとっては、Isuzu株価1000円はまだまだハードルが高いです。

  • >>No. 319

    三菱自動車が、他の自動車会社に対して、恥ずかしいのではないか?
    という意味で書きました。
    私にとってここの超発酵塩漬けは、 悲劇 です。

  • >>No. 315

    本当にそうだ。昔、ここの経営陣が株価の見てくれを気にして、強制的に
    単元株を1000株から100株に変更し(10分の1)、代わりに株価を10倍にした。で、株価は現在437円だが、これって私のような昔の株主の感覚では額面割れの44円。44円だぞ。他の自動車会社の株価は、はるか先を行く。
    恥ずかしい。

  • うーん、また額面を割ってしまった。(私は単元1000株時代にここを買ったので)  他の自動車会社と比べて、ここは額面を割るような会社何だろうか?
    街で、デリカをよく見かけるんだけどなぁ。。泣

  • >>No. 764

    期待感で買われて上昇しましたが、今回の決算で期待感が薄れ、たくさん売られて
    売りが売りを呼んで下がったと私は考えますが。。

  • 額面割れ。どこまで下がる?

  • このみずほのレーティング、現在の単元100株ではなく、単元1000株時代に
    ここを購入した私としては、=みずほ 中立継続 目標株価 80円 → 58円です。
    額面割れギリギリのレーティング。悲しい。塩漬け発酵継続中。

  • 現状のディーゼルトラックメーカー&海外でディーゼルSUVという事業範囲だと今後ジリ貧だと思います。ディーゼルハイブリッドトラック→EVトラックの道を進んで欲しい。その工程表の公表も含めて。 そして配送ルートの決まっているトラックを自動運転化して欲しい。とにかく我々投資家に夢を持たせてくれ。先行きの不安よりも伸びていく感を醸成するようなIRを出してください。

  • 本当に、本当に、そうですね。本当に。私は株式併合前に、つまり単元1000株
    時代に一株159円で買いました。 だから私的には今、額面割れ。額面割れですよ
    ホルダーの皆さん。三菱自動車の経営陣は、この事実を重く受け止めて、事業を改善して欲しい。

  • そのお気持ちわかります。
    本当にそうだ。ずいぶん昔、私は単元1000株で 一株159円の時にここを買いました。株価のみてくれを気にしてか三菱さんは、株式併合と、株式単元数を変更していますので現在株価は一株640円。

    (私は単元1000株の時、一株159円で買った、単元100株に変更されたから今は一株1590円で買ったことになっている)⇦ よく直近のホルダーさんから質問が出るので、老婆心ながらの注釈。。

    が、わたし的には昔買った当時の「今一株64円の二桁」の感覚。他の自動車会社はここを置き去りにして桁違いにはるか上を行く。株式売買は自己責任とはいえ、持ち株が超塩ずけ発酵中なのは悲しい。株価64円 とほほ。

  • >>No. 555

    パワステの部品問題

    *設計の問題であれば、やばいです。研究試作→生産試作→先行生産→量産のプロセスで、設計問題に気がつかず
    今般になって設計に由来する不具合が発覚した。(おそらく市場で発覚?)という事であれば、
    暫定設計変更、恒久設計変更のプロセスを経て対策をしていくのであろうが、評価のやり直し等、超時間がかかる。
    そして今までに生産してしまった車両に対し、不具合部品を設計変更部品に交換する作業もコストと時間が
    かかる。顧客にすでに渡してしまった車両はリコールで対応しなければならない。
    設計の問題であればやばいです。
    *製造品質の問題であれば、品質OKの納入LOTと品質がNGとなった納入LOTさえ明確になれば、必ず
    そのLOT間で何か変化点があるわけで(パワステメーカーの生産ラインで何かが起こった?。例えば設備変更とか工法変更とか作業者が変わったとか、締結部品を変えたとかとか)その変化点さえ見つければ、対策立案は普通の技術屋ならば可能。そして変化点以降の問題LOTパワステをOKパワステに変更すればよい。

  • >>No. 272

    >>残業カットに定時割れ、ラインはよく止まっている=この現象はスバルがやっと「品質が全て、第一優先」に
    生産ファクターの優先順位を切り替えた証左なんです。
    以前は、
    *残業カットなんてとんでもねぇ、造れ造れ、台数優先だ、品質問題は生産しながら解決せよ!!!!と。
     基本は、残業カットして生産ラインを止めて対策してOKを確認して次のシフトにバトンタッチする。
     
    *定時割れで生産ストップなんてとんでもねぇ、造れ、造れ、台数優先だ、品質問題は生産しながら解決せよ!!と。
     基本は定時割れであろうと生産ラインを止めて対策してOKを確認して 次のシフトにバトンタッチする。
     
    *ラインはよく止まってる=これは問題が起きたらとにかくラインを止めて、対策してOKを確認してからラインを再起動するという物造りの基本動作。以前ならばラインを止めたら管理職に「止めるな!!生産しながら問題を解決せよ!!」と怒られたでしょう。以上、その過去の悪しき悪習が今般スバルブランドを今般毀損してしまったのです。

    残業カットに定時割れ、ラインはよく止まっている=品質重視の正しい物造りの基本です。

  • 早くマネロンの疑惑を晴らせ!!!

    今後のパターン予想

    1、米国メディアor当局のコメント==今日現在いまだに捜査継続中=株価暴落
    2、当社広報部のコメント
    2−1==当社は全く関与していません=株価上がる
    2−2==当社広報としてはノーコメントです=株価下がる
    2−3==当社としては米国の捜査に協力しています=株価暴落
    2−4==当社としてマネロンに関与しました。すいません記者会見=株価超超暴落
    何れにせよ、会社としてはっきりせよ。。それが会社としての株主に対する説明責任、良心だろ!!

  • 本当にそうだ!!早くマネロンの疑惑を晴らせ!!!

    今後のパターン予想

    1、米国メディアor当局のコメント==今日現在いまだに捜査継続中=株価暴落
    2、当社広報部のコメント
    2−1==当社は全く関与していません=株価上がる
    2−2==当社広報としてはノーコメントです=株価下がる
    2−3==当社としては米国の捜査に協力しています=株価暴落
    2−4==当社としてマネロンに関与しました。すいません記者会見=株価超超暴落
    何れにせよ、会社としてはっきりせよ。。それが会社としての株主に対する説明責任、良心だろ!!

  • 再度。ここ応援していて、自分もエコ通帳使っていてとても便利と思う。で、この価格なら買いたい。
    で、お願い。
    先月の後半に出た、北朝鮮をめぐる資金洗浄(マネーロンダリング)の件=三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が米検察当局の捜査を受けているの件 が喉に刺さった魚の骨のような違和感があって買えない。早く会社としてIRを出してください!!!でないと、買ったあと、急にクローズアップされて、黒らしいと
    投資家が判断した時の急落が恐ろしくて買えないんです。

  • ここ買いたいんだけど、先月の後半に出た、北朝鮮をめぐる資金洗浄(マネーロンダリング)の件=三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が米検察当局の捜査を受けているの件 が喉に刺さった魚の骨のような違和感があって買えない。早く会社としてIRを出せ!!!でないと、買ったあと、急にクローズアップされて、黒らしいと
    投資家が判断した時の急落が恐ろしくて買えない。

  • 配当下がっていませんよ。さっき自分のネット証券口座管理見たら、去年の12月と同じ額が入ってました。

  • 私は目先の株価を気にせざるを得ません。何故なら
    遥か昔、単元1000株時代に一株159円で買った。で、現在超塩漬け発酵中。
    現在併合して単元100株だから一株1590円にならないと元に戻らない。

    併合して いかにも普通に見えるようにしている。せこい。
    今、73円、73円ですよ。。。。。。。しょぼい。
    他の自動車会社は遥か上をいく。。。とほほ。。。73円

  • 現在の総組立工場の完成検査ラインのライン長(昼勤務のAライン長と夜勤のBライン長)を、取締役兼総組立完成検査
    ライン長に昇格させてください。そして、夜勤のライン長は毎朝8時に工場正門で、記者会見を開き、「前夜の夜勤では不正検査はありませんでした。株主の皆様、安心して今日1日お過ごしください』と宣言してください。
    夜19時には昼勤のライン長が同じく工場正門で、記者会見を開き、「今日は不正検査はありませんでした。株主の皆様、安心して今晩ぐっすりお休みください』と宣言してください。それで株価は3000円以上に復帰するでしょう。

    ps. 生産部門には関係ない開発/設計案件の不具合解消のためのリコールは二人のライン長の免責範囲とします。

本文はここまでです このページの先頭へ