ここから本文です

投稿コメント一覧 (115コメント)


  • 日本経済新聞 6月18日朝刊16面

    スクランブル

    強まる利回り株志向

    次の「武田」「日産」探し

    株主還元の拡大期待が高い主な銘柄

    として、トップに掲載

    ★ワークマン

    ・予想配当性向     27.4%

    ・ネットキャッシュ比率 50.2%

    ・株価騰落率      35.6%

    ※株価上昇期待大です。


  • Yahoo! JAPANニュース 5/25(土) 21:03配信

    たった¥980【ワークマン(WORKMAN)】300g超軽量スニーカーの実力を検証!

    作業着専門店の【ワークマン(WORKMAN)】が女性にも注目を浴びるきっかけとなったのがシューズです。主にレストランやカフェのキッチンなどで履くことを想定して作られた、スリッポン型で着脱しやすく、底が滑りにくくて、耐水&耐油に優れた“コックシューズ(厨房シューズ)”¥1900が、妊婦さんや小さなお子さまをお持ちのママさんたちの口コミにて人気が広がったストーリーは、読者のみなさまもすでにご存知かと思います。

    最近の【ワークマン】は、女性も履ける超軽量スニーカーに力を入れている!
    耐久・耐水・耐油などに優れた高機能でリーズナブルなワーキングシューズを多く販売する【ワークマン(WORKMAN)】が、そのキャリアを生かして最近力をいれているのがスニーカーです。以前、別の記事でキャンバス素材のローカットタイプ(¥980)をご紹介しましたが、今回はよりスポーティなデザインの超軽量タイプをご紹介したいと思います!

    片足150g×2=両足300gの超軽量!
    なんといっても特筆すべきはその軽さ! 実際に重さを量ったところ、なんと両足で約300gと超軽量! “自由に駆け回りたくなる”という店頭でのキャッチコピーは本物です。

    超軽量の秘密は“素材”にアリ!
    ニット素材に見えるアッパー部分の素材は、なんと合皮です。複雑なエンボス加工が施してあります。グレーの霜降り具合もいい感じ。あと、この記事を書いているエディターOはやや外反母趾ぎみなのですが、アッパーがやわらかすぎず固すぎないので、骨が当たって痛い感じもありません。
    ヒール部分には、着脱しやすいようにストラップがあしらわれています。アキレス腱をほどよくやさしく包んでくれます。

    ソールは合成底で、磨耗しにくく、耐水性に優れているそう。凹凸が多くあしらわれていて、滑りにくい工夫がされています。ソールとアッパーのホワイト×グレーのコントラストもおしゃれです。

    実際に履くとこんな感じに。ふわりと軽くやわらかい履き心地です。屈曲性が高く、ソールもほどよい厚さなので、ローテクタイプにありがちな“足裏が地面に直接当たって、ラクなんだけどなんだか歩きにくい感”がなく、普段履きにぴったりかと。

    ちなみにこの【ワークマン(WORKMAN)】超軽量スニーカーシリーズはあくまでタウンユースがおすすめ。大切な足のために、足場がハードなアウトドアシーンやスポーツシーンには、専用のシューズを履くことをおすすめします。また、ユニセックスで履けるモデルですが、女性ニーズの高い23.5~25cmのサイズはすぐに欠品しがちのもようなので、見かけたら即お試しいただくことをおすすめします。


  • 通勤&休日OK! 大流行中シャカシャカアウターは【ワークマン】が最強説

    5/21(火) 21:31配信

    集英社ハピプラニュース

    BAILA4月号本誌でもカバーモデル桐谷美玲さんで特集しましたが、梅雨どき、さらに秋まで活躍する薄くて高機能なはおりものとして、ナイロン製の“シャカシャカアウター”が大ヒット中です。スニーカーと並んで、着こなしをほどよくカジュアルダウンし、旬のアスレジャームードを加えてくれるのが人気の理由です。スポーツやアウトドアウェア由来の軽量で丈夫、さらに防水&撥水・透湿・防風など優れた機能性をもったアイテムが多いのも、働く30代女子にはうれしいポイント。...とはいっても、どちらかというとフェミニンで女らしい服やコーデがお好みの方には、ちょっと挑戦しづらいアイテムかもしれませんね。そんなときは、ぜひ話題の【ワークマン(WORKMAN)】で高コスパなシャカシャカアウターに挑戦してみてください!

    通勤&休日OK! 大流行中シャカシャカアウターは【ワークマン】が最強説

    先に結論:シャカシャカアウターは【ワークマン(WORKMAN)】で買うべし!

    ※【ワークマン】が女性ファッション雑誌にも注目されるようになりました⤴⤴


  • 2019年4月23日 日本経済新聞 朝刊 17面 投資情報

    在任中、時価総額増やした社長
    ニッチ追求 財務指標重視
    退任社長の通信簿 首位ワークマン、時価総額20倍

    年度の変わり目は会社の人事の季節だ。社員の仕事ぶりを評価する最終責任者が社長なら、社長を評価するのは株主。主要企業で3~4月に退任した社長の在任期間中の株式時価総額の増減を調べたところ、ニッチな事業に磨きをかけたり、経営に財務指標を積極的に取り入れたりした社長が時価総額を増やしていた。社長の「通信簿」は株主総会の退職慰労金の議案の賛否を判断する材料の一つにもなりそうだ。

     1位 ワークマン
     2位 オリンパス 
     3位 ピジョン
     4位 ウェルシアHD
     5位 ニチレイ
     6位 横河電機
     7位 関西ペイント
     8位 住友重機工業
      9位  大東建託
    10位 日本特殊陶業

  • 日本テレビ 21時~ ダウンタウンDXDX

    番組中にワークマンのCMが流れていました。

    増々ワークマンの知名度がアップです。

  • 日本経済新聞夕刊10面より(2018年4月6日)

    「サイバー攻撃 ルーター狙う」

    家庭などでインターネットに接続する際に使う機器「ルーター」の設定を勝手に書き換え、不正サイトに誘導するサイバー攻撃が相次いでいることが分かった。

    パソコン周辺機器メーカーのロジテック(東京)が被害を明らかにした。

    バッファロー(名古屋)も利用者から被害報告を受けている。

    セキュリティー専門家は個人情報を盗む目的があるとみている。

    この様なサイバー攻撃はDDS・FIDOの技術で防止できるのでしょうか。


  • ヤフーニュースより(2018年4月5日)

    「前橋市教委サーバー不正アクセス ずさんな情報管理浮き彫り」

    前橋市教育委員会のサーバーが狙われた不正アクセス問題は、市立学校の児童、生徒らの個人情報が最大で約4万5千件流出した可能性が高く、情報が悪用される事態が懸念される。

    サーバーのセキュリティーシステムは4年も更新されておらず、市教委のずさんな情報管理の実態が浮き彫りになった。

    市教委によると、不正アクセスは公開用サーバーを通じて、サイバー攻撃を防ぐファイアウオール(安全隔壁)を突破。

    個人情報が保存された非公開の教職員向けの校務用サーバー群へ到達したとみられる。

    流出の可能性が高い個人情報は、昨年11月時点で市立の小中学校と特別支援学校に在籍していた児童、生徒らの氏名、住所などが約2万5千件、昨年2~7月に市立の幼稚園、学校で給食を食べた園児、児童、生徒らの給食費徴収用の金融機関口座情報が最大約2万件に上る。

    公開用サーバーのセキュリティーシステムは平成26年を最後に更新されておらず、NTT東日本に委託していたファイアウオールの設定にも不備があったという。

    不正アクセスは中国、米国、ドイツなどのIPアドレス(ネット上の住所)から行われていた。

    相変わらず個人情報流出事故犯罪が無くなりません。


  • 【詳細】
    日本経済新聞朝刊39面より(2018年4月4日付)

    「中央省庁でメアド流出 職員延べ2000人、パスワードも」

    政府の内閣サイバーセキュリティセンターは3日、中央省庁の職員延べ2000人のメールアドレスが外部に登録したログイン用のパスワードとともに流出していたとして、全省庁に緊急の注意喚起を行った。

    インターネット上の複数のサイトで同じパスワードを使い回すことを禁止し、定期的な変更を呼び掛ける内容。

    政府関係者が明らかにした。 

    ★バイバイパスワード


  • ニュースZEROより

    政府機関の職員などのメールアドレスやパスワードが流出したため、内閣サイバーセキュリティセンターが3日までに、全ての省庁に対し、パスワードの使い回しをしないなどの注意喚起を行っていたことがわかった。

    関係者によると、サイバー攻撃を受けて流出したものではなく、職員らが外部のサイトなどへアクセスしたことが原因とみられている。

    DDSの出番ですよ。


  • Yahooニュース 11月10日(金)  9:00配信

    双子はiPhone Xの「Face ID」を突破できるのか? 4組で検証した結果は…

    h ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00010002-abema-bus_all


  • 本日の日本経済新聞朝刊1面より

    みずほ、三井住友、三菱UFJの3メガ銀行は、

    携帯電話番号を使った個人間送金を目指して実証実験を始める。

    仮想通貨の技術を使う新しいシステム上に

    実際の預金口座とひもづけた仮想口座をつくり、

    携帯番号やメールアドレスでお金をやり取りできるようにする。

    実現すれば今より大幅に低い手数料で24時間、即時送金できる。

    アプリに入るときに指紋認証や暗証番号で本人確認をする。


  • 全国のお客様に安心してDDS製品を導入いただく事を目的として創設しましたDDS認定販売

    パートナー制度に、新たに2社が加盟したことをお知らせいたします。

    ■AR(Authorized Reseller)

    株式会社システムリサーチ

    株式会社富士通マーケティング

    DDSのパートナー企業が順調に増加しています。


  • 本日の日経新聞朝刊7面より

    三菱UFJ、三井住友、みずほの3メガ銀行が

    金融とITを融合した「フィンテック」への傾斜をより鮮明にしている。

    3日開幕する家電・ITの見本市「シーテック」に、

    3メガ銀行は初めてそろって参加。

    デジタル通貨や手ぶらで決済できる生体認証システムなどを公開する。


  • 本日の日本経済新聞朝刊31面より

    進化する顔認証

    羽田で10月導入

    今後のDDSに期待します


  • フィスコ情報 

    前日に動いた銘柄

    ★DDS 755  +100

    日本HPが提供する多要素認証基盤との連携を思惑。


  • 本日の日本経済新聞朝刊1面より

    ●アリババ、スマホ決済上陸、中国発使いやすさの強み、日本人向け5万店で

    中国ネット通販最大手のアリババ集団(浙江省)は来春にも、日本でスマートフォン(スマホ)を使った電子決済サービスを始める。

    入金したスマホのアプリで買い物ができるようにする。中国で提供する「支付宝(アリペイ)」と同じ仕組みを日本人向けに展開、3年内に1千万人の利用を目指す。日本のスマホ決済市場の起爆剤になる可能性がある。

    ※FIDO Alliance は、携帯端末メーカー・通信事業者・インターネット関連事業者・金融機 関などにより構成され、パスワードに代わる本人認証方式の標準化を提唱する米国発の国際 的な非営利団体であり、米国のビザ・マスターカード・バンクオブアメリカ・ペイパル・グ ーグル・マイクロソフト、中国のアリババグループ・レノボ、韓国のサムソン・LGエレク トロニクス、日本からヤフージャパンなど 160 社以上が加盟しています。


  • 株探ニュース

    【↑】日経平均 大引け| 5日ぶり急反発、北朝鮮リスク後退で買い戻し (8月15日)

    ■個別材料株

    △DDS
     日本HPの多要素認証基盤と連携。


  • 株探ニュース

    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック!

    【好材料】

    ■ディー・ディー・エス

    多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」が日本ヒューレット・パッカードの多要素認証基盤「IceWall MFA」と連携。


  • 日本ヒューレット・パッカードの提供する多要素認証基盤IceWall MFAとの連携が完了したことを発表いたします。

    本連携により、IceWall MFAの認証機能に多要素認証(生体認証(指紋、顔、指静脈、手のひら静脈)、ICカード(FeliCa、MIFARE)、ワンタイムパスワード、テンポラリパスワード、MA独自パスワード等)を追加できるようになります。

    ※ICカードFeliCaはSuicaあるいはnanacoやWAON、楽天Edyなど 多くの人はこれら交通系ICカードや、電子マネーを利用している。


  • フィスコVIP倶楽部

    【決算速報】DDS---17年12月期2Qは増収・赤字縮小

    DDSが10日の16:00に発表した2017年12月期の第2四半期決算は、累計ベース(1~6月)では、売上高が前年同期比31.3%増の4億2700万円

本文はここまでです このページの先頭へ