ここから本文です

投稿コメント一覧 (275コメント)

  • 確かに希釈は残念無念です。
    でも、スターアジアが市中に株を流すのは、自社にダメージを与えるので、ちょっと考えにくいと思います。それこそ51円以下になるので、意味が無いと思います。
    増資後すぐにでも、何かいい発表をしてほしいものです。今期の営業損失がマシになるとか、スターアジアが引っ張ってきた大型案件があるとか。
    実際、ベストウェスタンは山形エアポートを除いて、全部稼働率が高い状況が続いているので、営業損失がマシになるのはあり得ることかもしれない。

  • 議決権行使書が届いたけど、「賛」に丸をつけるのは屈辱だけど、「否」に丸をつければ倒産なのか。なんちゅう救いようのない二択や。

  • >>No. 403

    コールドさん、実際そうかも。
    いずれにせよ、こんな馬鹿馬鹿しい金額では売れないので、ホールドします。
    初心者さんの言うとおり、株価は見ないほうが精神衛生にいいけど、気になって見てしまう。

    スターアジアが持ち株を1%でも市場に流せば、株価がだだ下がりするのは確実なのでそれは無いと思います。

    来期の業績予想や将来の復配などで状況が変わるまで、気長に待つしかなさそう。

  • >>No. 366

    スターアジアは不動産をやっているので、ホテル投資による新規開業などの展開を狙っているのかもしれません。
    そこまで直接的な表現ではありませんでしたが、先日のIRに下記のように書かれていました。

    当社が保有するホテル運営のノウハウと、スターアジアグループが保有する不動産証券化等のノウハウとを組み合わせることで、新たな不動産投資商品の開発等、事業ポートフォリオの拡大が見込める

  • とりあえず、増資を乗り越えなければ倒産しそうなので、賛成するしかない。
    スターアジアが株を市場に1%でも流せば、だだ下がりするのは分かりきったことなので、市場に流すことはないだろう。

  • さっきジム帰りに、北浜のベストウェスタンの前を通ったら、20人くらいの中国人と思しき団体が入って行った。
    インバウンドとベストウェスタンの営業力は本物に思える。

  • >>No. 347

    あらー、全部売られたんですね。さいならです。
    賃借料は、オーナー相手の交渉なので、株主総会での可決とは関係ないでしょう。むしろ、賃借料が改善されないと、スターアジアが増資に応じないという話だと理解しています。

  • 悪口ばかり書いてしまいましたが、良いこともあります。

    (1)構造改革がされるので、来期以降は営業黒字になる(はず)。
    ・バリューの賃借料の値下げ交渉の成功または解約が増資の前提条件になっている
    ・不動産事業が廃止となる

    (2)利子支払いが減るので経常黒字を出しやすい(はず)。

    (3)スターアジアも株価が下がれば損なので、市場への放出はしない(はず)。

    未来に希望を持てないと、しんどい。

  • >>No. 338

    初心者さん、ありがとうございます。
    様子見するしかなさそうですね。
    考えられる今後のグッドニュースは2019年度の経常黒字の業績予想ですが、それには5月まで待たないとだめですね。
    なんにしても、IRを読むと経営者は先見性と数字の計算がぜんぜん駄目だったんだと分かりました。

  • こういうケースで、本当に市場に株は出回らないものなのでしょうか。

  • 51円って足元見られすぎ。

    それから、バリュー売上減りすぎ。元々の家賃高すぎ。これは無理ゲーや。元々の家賃だけで今の売上を軽く超えてるやろ。
    高倉さんのせいかどうか知らんけど、元々の契約が悪すぎやろ。詰んでるわ。こんなん毎年宮城県に震災が起こらへんと無理やで。一体、どういう想定してたん。

    でも、買い取りや減額の交渉ができるということは、やめることもできたんちゃうん。
    従業員のために高倉社長がカッコをつけたんかな。そうだったらアホすぎるし、そのために株主に金銭的な損害を与えたのは罪が重い。

  • >>No. 315

    初心者さんのコメントを見たら、自分も心配になってきたよ。そんなん泥棒やん。
    腐っているけどインバウンド関連株なんだから、持ち直してくれ~。

  • 悪材料出し尽くしという感じはしていない。
    この前のIRには、バリューは改善が見込めないとあるが、バリューをやめるとも言っていない。

    ====
    『バリュー・ザ・ホテル』の運営を行っておりますが、震災復興関連宿泊需要の低迷などにより稼働率が低下しており、今後大幅な改善を見込むことが難しい状況となっております。
    ・・・
    業績不振であります『バリュー・ザ・ホテル』を中心に宿泊施設の賃借料の削減交渉、経費の削減、営業の強化等を行うと伴に、各ホテルの採算性を改めて精査し運営の方針について再検討してまいります。
    ====

    結局は続けるということだから、どう判断したらいいのか分からない。

    需要減を見据えれば、高反発ベッドの導入、楢葉木戸前の追加、仙台名取、三本木・矢本の購入などはしない。余計なことをしなければ、こんなに傷は深くならずに済んだのに、経営の判断ミスが命取りになっている。
    こんな判断ミスをした社長は支持できない。ウォシュレット点検係になれとは言わないが、ホテルの一従業員に退いた方が良いと思う。

  • >>No. 279

    いやいや、過去のIRの内容から、マスタリースしていたのを土地・建物で購入したのは明らかです。元々、建物を持っていたということは無いでしょう。

    http://www.kachikaihatsu.co.jp/pdf/nl_5a3cafa2987f2.pdf
    http://www.kachikaihatsu.co.jp/pdf/nl_5b31e504a60a9.pdf

    今回の減損損失は前年に購入したものが主だと思いますが、それにしても、16億円は金額が大き過ぎてどういうことかよくわかりません。前年の土地・建物の購入合計がちょうど16億ほどのはずですので。

    不動産の整理と言い、経営資源をベストウェスタンに集中することで、打開する試みであるのは読み取れます。バリューは本当に価値に損しかもたらしませんでしたね。引き際が最悪です。

    今日のIRがリークされたなら、この値動きは、本当によくわかりません。この後になにか良いことがおこるのでしょうか。

  • >>No. 251

    コールドさんの意見は、ズバッと核心をついてます。我々の心配しているのは、まさにその点です。

  • 高倉社長、前回の業績予想の修正で、課題はバリューであることまでは明らかにしたけど、3月の株主総会で具体的な改善策と見通しを発表してください。

    数年前からの決算補足説明で、バリューの利益構造が課題であると言ってこられました。
    実施された対策は、高反発ベッドの導入や、楢葉木戸前の追加、仙台と矢本・三本木の土地建物の購入という追加の投資でした。しかし、3Q期間での急激な売上の落ち込みで、投資が正解だったのかどうか疑問です。

    復興関連の宿泊者が減る中で、今後はそもそも黒字を維持できるのか、土地建物購入の借り入れ金を買ったホテルの利益の中で返済できるのかなど、道筋を示してください。

  • 株価が下がり過ぎて、みんな攻撃的になってきている。価値開発パンデミックや。

  • >>No. 231

    全く賛成です。価値に老人ホーム経営のノウハウは無いし、別用途にするなら売り払うのが一番かと思います。

    今回は悪いところばかり目立った3Q決算になりましたが、昨年度は4660万円の売上、今年度は4940万円の売上予想で、約3億円売上高が伸びています。
    来年度は、今年に追加された4ホテル(北浜・秋葉原・新大阪・千歳)が通期で寄与することになり、またホテル追加も無いことからそれに伴う費用発生もなく、普通に考えれば営業黒字・経常黒字になる。
    しかし、バリューがどこまで足を引っ張るかで状況は変わってきそう。

    どちらにしても、現状は株価が下がりすぎなので、資金に余力のある方は4Qの来年度の業績予想発表までの間に購入すれば儲けられるかもです。

  • >>No. 229

    実は老人ホームは自分も考えてました。でも、部屋が狭すぎて無理でしょうね。
    施設の構造から、元気な人が一時的に寝る場所というコンセプトは変えられないと思います。
    外国人労働者の研修センターの宿泊施設として使うならありかもしれませんが、相当ニッチですね。
    ともかく、そういうところに売り払えるなら上策です。

  • たぶん、宮城のバリューで、2Qまでで大口顧客の終了があったんじゃないか。3Qの急激な落ち込みはそんな気がする。

本文はここまでです このページの先頭へ