ここから本文です

投稿コメント一覧 (2785コメント)

  • ■■株主優待の導入を、要望しませんか?■■


    エクセルと同業の
    ◆シークス
    ◆トーメンデバイス
    ◆マクニカ
    ◆ルネサスイーストン
    には、株主優待があります。

    なのに、エクセルには、株主優待がなし。

    そこで、皆さんに提案があります。
    <株主優待の導入要望メール>を、会社に出しませんか?

    ちなみに、キユーピー(2809)のように、
    株主の声に応えて株主優待を導入した企業は多数あります。

    <株主優待の導入要望メール>は、以下から出せます。
    https://www.secure-cloud.jp/sf/1372256950PBWTksNa


    株主優待の導入で株価が3倍(305円 → 940円)に急騰した
    ゲオディノス(以下のチャートを参照)の例もありますので、
    頑張りましょう!
    http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4650.T


    ■数は、力なり■



    ◆追伸◆(株主優待を導入されていない企業様へ)

    野村インベスター・リレーションズによると、
    7割以上もの個人投資家が「株式投資の目的は、株主優待」と
    答えています。

    この圧倒的多数の個人投資家の声に、耳を傾けていただけませんか?

    https://www.youtube.com/watch?v=tzMM_ABOio0

  • ◆◆エクセル、理論株価4517円で超割安◆◆


    詳しくは、以下をご覧ください。

    http://www.kabutec.jp/company/fs_7591.html


    ■超割安だから、押し目は買い(安売りは厳禁)■

  • ◆◆年金が日本株を大量買い、相場を押し上げ◆◆


    前日の米国株安にもかかわらず、1月28日の日経平均株価は小幅続伸した。
    最大の理由は需給要因。
    先週末から続く公的年金の買いが相場を押し上げている。
    資金規模が大きく「クジラ」と呼ばれる公的年金の始動は、
    海外要因の影響を受けがちだった日本株が正常に向かう一歩だ。
    だが、引き起こす波も大きいだけに、市場の先導役としての責務も問われる。
     
    「外国人の売買は比較的静か。
    いたずらに海外要因に振らされず、ここ数日は国内要因で動く地合いに変わっている」。
    ある大手証券のトレーダーの話だ。
    日本株の「海外離れ」を象徴するかのように、
    米国株安を受けて安く始まった日経平均は次第に切り返した。
     
    底堅いのは買っている主体がいるからだ。
    「クジラさんの噂を聞いていないんですか」。
    探ると、市場関係者の一人がささやいた。
     
    クジラとは「池の中の鯨」から、
    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に市場参加者らが付けた符丁。
    関係者の話を総合すると、先週23日から本格的に動き始め、
    この日まで4営業日の買い金額は合計2000億円近いという。
    28日も大型株約100銘柄に買いを入れたといい、
    日中継続するGPIFの買いに持ち上げられ、売り方も買い戻しを強いられた。
     
    GPIFは昨年10月末、新しい資産構成比率を公表。
    国内債の比率を大きく減らす一方で、
    国内株は9月末の18%から25%まで高めていく計画だ。
    発表後は、株価指数や中小型株に下値でこつこつ買いを入れていたようだが、
    個別の大型株にまとまった買いを入れて相場を動かすような買い方は今回が初めてだ。


    ■年金が日本株を大量買いしているから、押し目は買い(安売りは厳禁)■

    https://www.youtube.com/watch?v=W2U3GFjNsI0

  • ■■国策に売りなし、日本株は断固買い■■


    10月31日、日銀が開いた金融政策決定会合で追加の金融緩和が決まった。
    同日の日経平均株価がこの6年間で一番の上昇幅(前日比755円高)と
    なったのだから、相当なサプライズだったことは間違いない。

    「ハロウィーン緩和」と呼ばれそうな第2のバズーカ砲。
    とりわけ目を引くのが、ETFの買い入れ額の増加だ。
    去年のバズーカ砲の時は「年間1兆円ペースの買い入れ」とした。
    上限ではなく、1年で買い切る目安を提示したため、
    これはこれで驚きだったのだが、
    今回は年間3兆円ペースとこれまでの「3倍」にしたのだ。

    ここまで来ると、さすがに“やりすぎ”な感はある。
    来年、年間3兆円も“確実に”買い越す投資家が誕生したわけだから……。

    2010年12月以降、日銀が資産買い入れの一環としてETFを買い始めたが、
    3年10カ月かけて購入した総額が「3兆3958億円」。
    それに匹敵する額を1年で買うといってるわけだから、
    それはすさまじい額である。

    さらには、追加緩和当日の取引終了後、
    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用比率の見直しを発表した。
    日本株比率の中心を従来の12%から25%へ大幅に引き上げたのである。

    これは広く知られていると思われるが、
    日本株を世界で一番多く保有しているのはGPIFである。
    6月末時点の時価で約21兆円だ。

    では、GPIFの次に株を保有しているのは誰か?
    これまでは日本生命保険(約7兆円)だったが、
    足元で日銀が持つ株とETFの保有時価が約7兆円になっている。
    その日銀が来年さらに3兆円買うとすれば、
    間違いなく世界2位の日本株ホルダーは中央銀行である日銀となるわけだ。
    その2大投資家が「これから日本株を兆、いや超買うよ!」と言ってるので、
    日本株の行き先が一つしかなくなった気がするが……。

    もう深く考えず、国策方向に追従するしかないのだろう。
    これから日銀が兆、いや超買うし、
    GPIFも兆、いや超買うとアナウンスしてるのだから。
    そして、ここから真っ先に兆、いや超買うのは外国人なのだろうから……。


    ■日銀や年金が日本株を買いまくるので、日本株は断固買い■

    https://www.youtube.com/watch?v=1qZV8ZWlrd4

  • ■貸株サービスの金利付与開始日を、改善して■  ★拡散、大歓迎★


    SBI証券は、信用取引口座を開設しても、
    貸株サービスの金利付与開始日が株式購入後4営業日目(貴社は5営業日目)で、
    非常にありがたいです。


    ●つきましては、ぜひ貸株サービスの金利付与開始日を改善してください!


    追伸
    同意見の方は、
    カブドットコム(cs@kabu.com)に要望メールを出していただけませんか?

    ■数は、力なり■

  • ■信用取引の貸株料を、1.1%に引き下げて■  ★拡散、大歓迎★


    以下の4社は、信用取引の貸株料が1.1%で、非常にありがたいです。

    ◆GMOクリック
    ◆立花
    ◆ライブスター
    ◆楽天


    ●つきましては、ぜひ信用取引の貸株料を1.1%に引き下げてください!


    追伸
    同意見の方は、
    カブドットコム(cs@kabu.com)に要望メールを出していただけませんか?

    ■数は、力なり■

  • ■■株主優待の導入を、要望しませんか?■■


    エクセルと同業の
    ◆シークス
    ◆トーメンデバイス
    ◆マクニカ
    ◆ルネサスイーストン
    には、株主優待があります。

    なのに、エクセルには、株主優待がなし。

    そこで、皆さんに提案があります。
    <株主優待の導入要望メール>を、会社に出しませんか?

    ちなみに、キユーピー(2809)のように、
    株主の声に応えて株主優待を導入した企業は多数あります。

    <株主優待の導入要望メール>は、以下から出せます。
    https://www.secure-cloud.jp/sf/1372256950PBWTksNa


    株主優待の導入で株価が3倍(305円 → 940円)に急騰した
    ゲオディノス(以下のチャートを参照)の例もありますので、
    頑張りましょう!
    http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4650.T


    ■数は、力なり■



    ◆追伸◆(株主優待を導入されていない企業様へ)

    野村インベスター・リレーションズによると、
    7割以上もの個人投資家が「株式投資の目的は、株主優待」と
    答えています。

    この圧倒的多数の個人投資家の声に、耳を傾けていただけませんか?

    https://www.youtube.com/watch?v=tzMM_ABOio0

  • ◆◆運用成績トップの大和、ノジマを大量買い◆◆


    5%ルール報告8日 ノジマ(7419)――大量

    財務省 1月8日受付
    (提供者、保有株券等の数・保有割合、カッコ内は報告前の保有割合)
    ★発行会社:ノジマ
    ◇大和証券投資信託委託株式会社(大和投資信託)
    1,245,500株 5.15%( -%)


    なお、大和投資信託が運用する「ダイワ日本株・バリュー発掘ファンド」は、
    2014年の運用成績が日本株投資信託でトップです♪


    ■運用成績トップの大和が大量買いしたから、ノジマ<7419>の買いはお早めに■

  • ■■株主優待の導入を、要望しませんか?■■


    光通信と同業の
    ◆エスケーアイ
    ◆クロップス
    ◆京王ズ
    ◆トーシン
    ◆ベルパーク
    には、株主優待があります。

    なのに、光通信には、株主優待がなし。

    そこで、皆さんに提案があります。
    <株主優待の導入要望メール>を、会社に出しませんか?

    ちなみに、キユーピー(2809)のように、
    株主の声に応えて株主優待を導入した企業は多数あります。

    <株主優待の導入要望メール>は、以下から出せます。
    https://www.hikari.co.jp/contact/


    株主優待の導入で株価が3倍(305円 → 940円)に急騰した
    ゲオディノス(以下のチャートを参照)の例もありますので、
    頑張りましょう!
    http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4650.T


    ■数は、力なり■



    ◆追伸◆(株主優待を導入されていない企業様へ)

    野村インベスター・リレーションズによると、
    7割以上もの個人投資家が「株式投資の目的は、株主優待」と
    答えています。

    この圧倒的多数の個人投資家の声に、耳を傾けていただけませんか?

    https://www.youtube.com/watch?v=tzMM_ABOio0

  • ◆◆エクセル、理論株価4517円で超割安◆◆


    詳しくは、以下をご覧ください。

    http://www.kabutec.jp/company/fs_7591.html


    ■超割安だから、押し目は買い(安売りは厳禁)■

  • ◆◆年金が日本株を大量買い、相場を押し上げ◆◆


    前日の米国株安にもかかわらず、1月28日の日経平均株価は小幅続伸した。
    最大の理由は需給要因。
    先週末から続く公的年金の買いが相場を押し上げている。
    資金規模が大きく「クジラ」と呼ばれる公的年金の始動は、
    海外要因の影響を受けがちだった日本株が正常に向かう一歩だ。
    だが、引き起こす波も大きいだけに、市場の先導役としての責務も問われる。
     
    「外国人の売買は比較的静か。
    いたずらに海外要因に振らされず、ここ数日は国内要因で動く地合いに変わっている」。
    ある大手証券のトレーダーの話だ。
    日本株の「海外離れ」を象徴するかのように、
    米国株安を受けて安く始まった日経平均は次第に切り返した。
     
    底堅いのは買っている主体がいるからだ。
    「クジラさんの噂を聞いていないんですか」。
    探ると、市場関係者の一人がささやいた。
     
    クジラとは「池の中の鯨」から、
    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に市場参加者らが付けた符丁。
    関係者の話を総合すると、先週23日から本格的に動き始め、
    この日まで4営業日の買い金額は合計2000億円近いという。
    28日も大型株約100銘柄に買いを入れたといい、
    日中継続するGPIFの買いに持ち上げられ、売り方も買い戻しを強いられた。
     
    GPIFは昨年10月末、新しい資産構成比率を公表。
    国内債の比率を大きく減らす一方で、
    国内株は9月末の18%から25%まで高めていく計画だ。
    発表後は、株価指数や中小型株に下値でこつこつ買いを入れていたようだが、
    個別の大型株にまとまった買いを入れて相場を動かすような買い方は今回が初めてだ。


    ■年金が日本株を大量買いしているから、押し目は買い(安売りは厳禁)■

    https://www.youtube.com/watch?v=W2U3GFjNsI0

  • ■■国策に売りなし、日本株は断固買い■■


    10月31日、日銀が開いた金融政策決定会合で追加の金融緩和が決まった。
    同日の日経平均株価がこの6年間で一番の上昇幅(前日比755円高)と
    なったのだから、相当なサプライズだったことは間違いない。

    「ハロウィーン緩和」と呼ばれそうな第2のバズーカ砲。
    とりわけ目を引くのが、ETFの買い入れ額の増加だ。
    去年のバズーカ砲の時は「年間1兆円ペースの買い入れ」とした。
    上限ではなく、1年で買い切る目安を提示したため、
    これはこれで驚きだったのだが、
    今回は年間3兆円ペースとこれまでの「3倍」にしたのだ。

    ここまで来ると、さすがに“やりすぎ”な感はある。
    来年、年間3兆円も“確実に”買い越す投資家が誕生したわけだから……。

    2010年12月以降、日銀が資産買い入れの一環としてETFを買い始めたが、
    3年10カ月かけて購入した総額が「3兆3958億円」。
    それに匹敵する額を1年で買うといってるわけだから、
    それはすさまじい額である。

    さらには、追加緩和当日の取引終了後、
    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用比率の見直しを発表した。
    日本株比率の中心を従来の12%から25%へ大幅に引き上げたのである。

    これは広く知られていると思われるが、
    日本株を世界で一番多く保有しているのはGPIFである。
    6月末時点の時価で約21兆円だ。

    では、GPIFの次に株を保有しているのは誰か?
    これまでは日本生命保険(約7兆円)だったが、
    足元で日銀が持つ株とETFの保有時価が約7兆円になっている。
    その日銀が来年さらに3兆円買うとすれば、
    間違いなく世界2位の日本株ホルダーは中央銀行である日銀となるわけだ。
    その2大投資家が「これから日本株を兆、いや超買うよ!」と言ってるので、
    日本株の行き先が一つしかなくなった気がするが……。

    もう深く考えず、国策方向に追従するしかないのだろう。
    これから日銀が兆、いや超買うし、
    GPIFも兆、いや超買うとアナウンスしてるのだから。
    そして、ここから真っ先に兆、いや超買うのは外国人なのだろうから……。


    ■日銀や年金が日本株を買いまくるので、日本株は断固買い■

    https://www.youtube.com/watch?v=1qZV8ZWlrd4

  • ◆◆年金が日本株を大量買い、相場を押し上げ◆◆


    前日の米国株安にもかかわらず、1月28日の日経平均株価は小幅続伸した。
    最大の理由は需給要因。
    先週末から続く公的年金の買いが相場を押し上げている。
    資金規模が大きく「クジラ」と呼ばれる公的年金の始動は、
    海外要因の影響を受けがちだった日本株が正常に向かう一歩だ。
    だが、引き起こす波も大きいだけに、市場の先導役としての責務も問われる。
     
    「外国人の売買は比較的静か。
    いたずらに海外要因に振らされず、ここ数日は国内要因で動く地合いに変わっている」。
    ある大手証券のトレーダーの話だ。
    日本株の「海外離れ」を象徴するかのように、
    米国株安を受けて安く始まった日経平均は次第に切り返した。
     
    底堅いのは買っている主体がいるからだ。
    「クジラさんの噂を聞いていないんですか」。
    探ると、市場関係者の一人がささやいた。
     
    クジラとは「池の中の鯨」から、
    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に市場参加者らが付けた符丁。
    関係者の話を総合すると、先週23日から本格的に動き始め、
    この日まで4営業日の買い金額は合計2000億円近いという。
    28日も大型株約100銘柄に買いを入れたといい、
    日中継続するGPIFの買いに持ち上げられ、売り方も買い戻しを強いられた。
     
    GPIFは昨年10月末、新しい資産構成比率を公表。
    国内債の比率を大きく減らす一方で、
    国内株は9月末の18%から25%まで高めていく計画だ。
    発表後は、株価指数や中小型株に下値でこつこつ買いを入れていたようだが、
    個別の大型株にまとまった買いを入れて相場を動かすような買い方は今回が初めてだ。


    ■年金が日本株を大量買いしているから、押し目は買い(安売りは厳禁)■

    https://www.youtube.com/watch?v=W2U3GFjNsI0

  • ■■国策に売りなし、日本株は断固買い■■


    10月31日、日銀が開いた金融政策決定会合で追加の金融緩和が決まった。
    同日の日経平均株価がこの6年間で一番の上昇幅(前日比755円高)と
    なったのだから、相当なサプライズだったことは間違いない。

    「ハロウィーン緩和」と呼ばれそうな第2のバズーカ砲。
    とりわけ目を引くのが、ETFの買い入れ額の増加だ。
    去年のバズーカ砲の時は「年間1兆円ペースの買い入れ」とした。
    上限ではなく、1年で買い切る目安を提示したため、
    これはこれで驚きだったのだが、
    今回は年間3兆円ペースとこれまでの「3倍」にしたのだ。

    ここまで来ると、さすがに“やりすぎ”な感はある。
    来年、年間3兆円も“確実に”買い越す投資家が誕生したわけだから……。

    2010年12月以降、日銀が資産買い入れの一環としてETFを買い始めたが、
    3年10カ月かけて購入した総額が「3兆3958億円」。
    それに匹敵する額を1年で買うといってるわけだから、
    それはすさまじい額である。

    さらには、追加緩和当日の取引終了後、
    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用比率の見直しを発表した。
    日本株比率の中心を従来の12%から25%へ大幅に引き上げたのである。

    これは広く知られていると思われるが、
    日本株を世界で一番多く保有しているのはGPIFである。
    6月末時点の時価で約21兆円だ。

    では、GPIFの次に株を保有しているのは誰か?
    これまでは日本生命保険(約7兆円)だったが、
    足元で日銀が持つ株とETFの保有時価が約7兆円になっている。
    その日銀が来年さらに3兆円買うとすれば、
    間違いなく世界2位の日本株ホルダーは中央銀行である日銀となるわけだ。
    その2大投資家が「これから日本株を兆、いや超買うよ!」と言ってるので、
    日本株の行き先が一つしかなくなった気がするが……。

    もう深く考えず、国策方向に追従するしかないのだろう。
    これから日銀が兆、いや超買うし、
    GPIFも兆、いや超買うとアナウンスしてるのだから。
    そして、ここから真っ先に兆、いや超買うのは外国人なのだろうから……。


    ■日銀や年金が日本株を買いまくるので、日本株は断固買い■

    https://www.youtube.com/watch?v=1qZV8ZWlrd4

  • ◆◆ルネサンス、原油安で上方修正 ⇒ 急騰か◆◆


    ご存知かもしれませんが、スポーツクラブの運営コストの中で大きな割合を占めるのが、
    プールの加温に使う燃料費です。


    そこで、スポーツクラブ大手のルネサンスにメールで問い合わせたところ、
    以下のような回答がありました。

    お問い合わせの件につき、ご回答申し上げます。

    プール水の加温は、施設により方式が異なります。
    熱源は、重油、ガスのいずれかがほとんどで、ごくまれに電気を使用しています。

    今後ともルネサンスをよろしくお願いいたします。


    さて、現在、ルネサンスで多用している重油やガスの価格は、
    原油安で急落しています。

    つまり、ルネサンスは、原油安で上方修正 ⇒ 株価急騰の可能性あり♪


    ■ルネサンス<2378>は上方修正 ⇒ 株価が急騰しそうだから、買いはお早めに■

    https://www.youtube.com/watch?v=QKJkOswBJJ4

  • ◆◆◆ルネサンス、業績急拡大で急騰か◆◆◆


    フィットネスクラブ大手のルネサンスは昨年11月、
    ベトナムにフィットネスクラブを海外初出店した。
    日本のクラブがベトナムに進出するのは初めてとなる。

    今後は、東南アジアを中心に展開を加速する方針だ。


    ■ルネサンス<2378>は業績が急拡大 ⇒ 株価が急騰しそうだから、買いはお早めに■

    https://www.youtube.com/watch?v=92dzv5oxyJE

  • ◆◆ルネサンス、原油安で上方修正 ⇒ 急騰か◆◆


    ご存知かもしれませんが、スポーツクラブの運営コストの中で大きな割合を占めるのが、
    プールの加温に使う燃料費です。


    そこで、スポーツクラブ大手のルネサンスにメールで問い合わせたところ、
    以下のような回答がありました。

    お問い合わせの件につき、ご回答申し上げます。

    プール水の加温は、施設により方式が異なります。
    熱源は、重油、ガスのいずれかがほとんどで、ごくまれに電気を使用しています。

    今後ともルネサンスをよろしくお願いいたします。


    さて、現在、ルネサンスで多用している重油やガスの価格は、
    原油安で急落しています。

    つまり、ルネサンスは、原油安で上方修正 ⇒ 株価急騰の可能性あり♪


    ■ルネサンス<2378>は上方修正 ⇒ 株価が急騰しそうだから、買いはお早めに■

    https://www.youtube.com/watch?v=QKJkOswBJJ4

  • ◆◆◆ルネサンス、業績急拡大で急騰か◆◆◆


    フィットネスクラブ大手のルネサンスは昨年11月、
    ベトナムにフィットネスクラブを海外初出店した。
    日本のクラブがベトナムに進出するのは初めてとなる。

    今後は、東南アジアを中心に展開を加速する方針だ。


    ■ルネサンス<2378>は業績が急拡大 ⇒ 株価が急騰しそうだから、買いはお早めに■

    https://www.youtube.com/watch?v=92dzv5oxyJE

  • ◆◆ルネサンス、原油安で上方修正 ⇒ 急騰か◆◆


    ご存知かもしれませんが、スポーツクラブの運営コストの中で大きな割合を占めるのが、
    プールの加温に使う燃料費です。


    そこで、スポーツクラブ大手のルネサンスにメールで問い合わせたところ、
    以下のような回答がありました。

    お問い合わせの件につき、ご回答申し上げます。

    プール水の加温は、施設により方式が異なります。
    熱源は、重油、ガスのいずれかがほとんどで、ごくまれに電気を使用しています。

    今後ともルネサンスをよろしくお願いいたします。


    さて、現在、ルネサンスで多用している重油やガスの価格は、
    原油安で急落しています。

    つまり、ルネサンスは、原油安で上方修正 ⇒ 株価急騰の可能性あり♪


    ■ルネサンス<2378>は上方修正 ⇒ 株価が急騰しそうだから、買いはお早めに■

    https://www.youtube.com/watch?v=QKJkOswBJJ4

  • ◆◆ルネサンス、原油安で上方修正 ⇒ 急騰か◆◆


    ご存知かもしれませんが、スポーツクラブの運営コストの中で大きな割合を占めるのが、
    プールの加温に使う燃料費です。


    そこで、スポーツクラブ大手のルネサンスにメールで問い合わせたところ、
    以下のような回答がありました。

    お問い合わせの件につき、ご回答申し上げます。

    プール水の加温は、施設により方式が異なります。
    熱源は、重油、ガスのいずれかがほとんどで、ごくまれに電気を使用しています。

    今後ともルネサンスをよろしくお願いいたします。


    さて、現在、ルネサンスで多用している重油やガスの価格は、
    原油安で急落しています。

    つまり、ルネサンスは、原油安で上方修正 ⇒ 株価急騰の可能性あり♪


    ■ルネサンス<2378>は上方修正 ⇒ 株価が急騰しそうだから、買いはお早めに■

    https://www.youtube.com/watch?v=QKJkOswBJJ4

本文はここまでです このページの先頭へ