IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (874コメント)

  • ギリアド・サイエンシズのカイトユニットは、ショアラインバイオサイエンスと提携して、ショアラインバイオサイエンスの人工多能性幹細胞(iPSC)プラットフォームを使用して、さまざまながん標的に対する細胞治療法を開発していると両社は木曜日に発表した。 ショアラインは、取引の一環として非公開の前払い金を受け取り、特定の開発および商業上のマイルストーンの達成に基づいて、合計23億ドルを超える追加の支払いとロイヤルティの可能性があります。

    パートナーは最初にCARNKターゲットに焦点を合わせ、Kiteはコラボレーションを拡張して、取引後に選択される非公開ターゲット用のiPSCCARマクロファージプログラムを含めるオプションを持っています。

    Kiteの企業開発と戦略を率いるMertAktar氏は、「同種異系開発に対するShorelineの次世代アプローチの可能性と、私たちのコラボレーションがさまざまな白血病やリンパ腫にわたるこの研究をどのように加速できるかについて興奮しています」と述べています。

  • >>No. 675

    先行投資だと思いたいですが、人件費がメインだったら来期以降もこれだけのコストはかかるのでは?


  • 2021年5月10日月曜日
    2021年第2四半期の配当に関するギリアドサイエンシズの最新情報。
    ギリアド・サイエンシズは、同社の取締役会が2021年の第2四半期に普通株式1株あたり0.71ドルの現金配当を宣言したと報告しました。
    メディアの発表によると、配当金は6月29日に支払われ、6月15日の営業終了時に登録株主に支払われます。将来の配当金は取締役会の承認が必要です。

  • パンデミック関連の逆風がギリアドの医薬品の需要に予想よりも長い影響を及ぼしたため、第1四半期の結果が予想をわずかに下回った後、ギリアドの1株当たりの公正価値の見積もりを81ドルに維持しています。 とはいえ、ギリアドは新薬のトロデルビーの発売も進めており、最近の承認拡大により、この薬の長期的な売上予測を引き上げました。 ギリアドは、Trodelvy(新しい適応症)および他の複数のプログラムの主要な腫瘍学データを期待しており、HIVを超えた長期的な成長をさらにサポートし始める可能性があります。これにより、ギリアドが感染症で構築した広い堀がさらに強化されます。 ポートフォリオ。 最近の価格では、株価は引き続き過小評価されています。

    腫瘍学では、Trodelvyの発売が加速し、セカンドラインのトリプルネガティブ乳がんと膀胱がんに対する米国の承認が拡大すると予想されます。また、確率加重売上高の予想は2030年までに50億ドルに引き上げられました。ホルモン受容体の今後のデータ- 陽性の乳がん(承認の確率は60%と想定)と肺がんの新しい第3相試験(確率は30%)が私たちの推定に貢献していますが、最近の承認により、薬剤の可能性に対する信頼が高まっています。 Trodelvyを超えて、GileadはYescartaをDLBCL治療の初期のラインに拡大する可能性もあり、データは今年後半に発表されます。 今四半期のArc-7試験の更新を期待しており、Gileadは、Arcusの試験における2つの主要な薬剤候補であるdomvanilimab(TIGIT)とetrumadenant(アデノシンブロッカー)に対する権利のオプションを引き続き保持しています。 この研究からの肯定的なデータは、肺がんおよびそれ以降のさまざまな組み合わせのさらなる開発のための複数の道を開くでしょうが、現在、ギリアドが正式にライセンスを供与したArcusPD-1ジンバレリマブの販売のみをモデル化しています。 ギリアドは今年後半にフェーズ1bのデータに基づいて提出する可能性があるため、MDSのマグロリマブデータも注意深く監視しています。

  • 決算いいのかな?と言っても出来高たいしたことないんだよな。。謎や。。

  • FDAは、進行性尿路上皮がんの患者に対して、ギリアドサイエンシズ(NASDAQ:GILD)のトロデルビー(サシツズマブゴビテカン)に迅速承認を与えました。
    第2相試験では、高度に前治療されたmUC患者において、Trodelvyが無増悪生存期間の中央値5.4か月、全生存期間の中央値10.5か月をもたらしたことが示されました。
    申請は目標日の6週間前に承認されました

  • COVID-19の高リスク非入院患者を対象とした第3相Veklury®(レムデシビル)静脈内試験に関するギリアド・サイエンシズの声明
    カリフォルニア州フォスターシティ、2021年4月12日–ギリアドは、COVID-19の高リスクの入院していない患者を対象としたフェーズ3Veklury®(レムデシビル)静脈内(IV)試験を中止することを決定しました。 COVID-19ランドスケープの進化とこの研究の登録における課題に基づいて、医療現場での投与を必要とする複数日IV注入治療の開発が、入院していない患者の満たされていないニーズに対処するとはもはや考えていません。 研究を中止する決定は、有効性または安全性の懸念によるものではありません。 すでに研究に登録されている患者は引き続き追跡され、研究は盲検化されたままになります。

    COVID-19は多くの患者とその愛する人に影響を与え続けていますが、満たされていない医療ニーズはパンデミックの過程で進化してきました。 COVID-19の入院していない患者の主な満たされていないニーズは、自宅で簡単に投与できる効果的で便利な治療法です。 ギリアドは、このニーズに対応するCOVID-19の入院していない患者のための治療オプションの開発に引き続き取り組んでいます。 私たちは、レムデシビルと新規経口抗ウイルス薬の治験用吸入剤形の開発を続けており、患者に効果的で忍容性が高く、はるかに便利な治療オプションを提供することを目標としています。 今年後半にレムデシビル吸入開発プログラムで進行中の概念実証研究の結果を期待しています。

    Vekluryは、COVID-19で入院した成人患者の治療の標準治療であり続けています。 米国でCOVID-19に入院している全患者の半数以上がVekluryで治療されています。 ギリアドは、腎機能障害のある患者、子供、妊婦など、ニーズが満たされていない入院患者集団におけるベクルリーの有効性と安全性の研究を続けており、外部から後援された多数の試験の支援も受けています。

  • IR銘柄だから本決算はゴミだったのに無視されたけど、第一四半期からはそうもいかないのでは?
    マジ黒じゃないときつい

  • Trodelvyは、第3相ASCENT試験において、単剤化学療法と比較して死亡リスクを49%大幅に低減しました–

    – Trodelvyは、プロジェクトOrbisの一環として、EUおよび英国、カナダ、スイス、オーストラリアで規制当局の審査を受けています–

    Gilead Sciences、Inc。(Nasdaq:GILD)は本日、米国食品医薬品局(FDA)が、切除不能な局所進行性または転移性トリプルネガティブ乳がん( TNBC)2つ以上の以前の全身療法を受けており、そのうちの少なくとも1つは転移性疾患である。 この承認は、Trodelvyが統計的に有意で臨床的に意味のある57%の疾患悪化または死亡リスクの低下(無増悪生存期間(PFS))を示し、PFSの中央値を4.8か月に延長した第3相ASCENT試験のデータによって裏付けられています。 化学療法で1.7ヶ月から(HR:0.43; 95%CI:0.35-0.54; p <0.0001)。 Trodelvyはまた、全生存期間(OS)の中央値を6.9か月に対して11.8か月に延長し(HR:0.51; 95%CI:0.41-0.62; p <0.0001)、死亡リスクが49%減少したことを示しています。

  • >>No. 38

    去年の第一四半期以降、エンターテイメント事業の売上ゼロですよ。子会社なら売上計上しないとかありえないでしょ。

  • 総会のレポTwitterに上げてくれた方いますね

  • 再掲
    >ディべロップメント事業の昨年末からの期ずれ(繰り越し)分
    >九州低圧9区画 788kw
    >長野県N発電所 1608kw
    >静岡県H市発電所 258kw
    >合計 2654kw
    >これに第1Qにもともと予定してた分が加わるのだから、
    >きちんと全部連結完了すれば2億営業利益出てもおかしくない。
    >IRで赤字こさえても黒になるかも
    >
    >ちなみに2020第一四半期は1895kwで売上11億4千万、営利1億3千万

  • ディべロップメント事業の昨年末からの期ずれ(繰り越し)分
    九州低圧9区画 788kw
    長野県N発電所 1608kw
    静岡県H市発電所 258kw
    合計 2654kw
    これに第1Qにもともと予定してた分が加わるのだから、
    きちんと全部連結完了すれば2億営業利益出てもおかしくない。
    IRで赤字こさえても黒になるかも

    ちなみに2020第一四半期は1895kwで売上11億4千万、営利1億3千万

  • 去年7月の資料から
    IR用の増資分は10億
    昨年6月から12月のエンタ事業で1億溶かした
    多分コンソ作成の初期費用と思われ
    でも設計とか分析資料ってまだ本作成には入ってないのでは?違約金はかかるかも知れないけど。
    だから今止めるなら損失は限定的
    低リスクでサプライヤーとかの関連事業めざしては?
    もともと順調でも回収は2027予定とある

  • ストップ祭りなら今日の場中に来てたはずでしょ普通に考えりゃ。

本文はここまでです このページの先頭へ