ここから本文です

投稿コメント一覧 (1892コメント)

  • J.フロント リテイリングの決算月(配当・株主優待確定月)は以下となります。

    権利付最終売買日(権利=◎) 2019年08月27日(火)
    ※夜間取引では権利は取れません
    権利落ち日(権利=×) 2019年08月28日(水)
    権利確定日(権利=×) 2019年08月30日(金)

  • >>No. 985

    大丸心斎橋店本館の売り場の約65%を定期賃貸借契約。
    次の世代と世界に通用する「百貨店の進化形」を目指し、「買取」「消化仕入」「定期賃貸借」という3つの取引形態の展開ミックス。
    店舗概要
    施設名称:大丸心斎橋店本館
    所在地:大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
    延床面積:約6万6000m2(旧本館:4万9000m2)
    売場面積:約4万m2(旧本館:3万1000m2)
    階数:地上11階、地下3階(高さ約60m)
    売場:地上10階、地下2階
    開店日:2019年9月20日
    営業時間ショップ10時~20時30分
    フードホール、テラスカフェ、レストラン=11時~23時
    ※店舗により異なる
    休業日:元旦・不定休
    アクセス:Osaka Metro御堂筋線・心斎橋駅4番出口・地下道直結

  • 大学生の娘がいますが…
    大丸京都店、大丸梅田店には、トッコクローゼット(tocco closet)があって
    よく買い物をします。
    早くからセールもしていて、アウトレットよりも良い商品が買えます。
    百貨店は高いイメージがありますが、上手に利用したらいい買い物ができる。
    それに友の会で積み立てしたら、銀行よりお得です☆彡

    7月低気温で夏物苦戦しましたが、店舗別では、心斎橋店が6カ月連続で前年実績を上回っている。(流通ニュース)
    9月20日にグランドオープンを控える大丸心斎橋本館は、4万平方メートル(地下2階〜地上10階)の売り場に、定期賃貸借契約(定借)よるテナントと百貨店がハイブリッドし新しい形の百貨店が誕生する。テナント数は全部で370。
    売上が増えそう~。

  • 中国機、海自の護衛艦標的に訓練
    共同通信2019.819
    東シナ海では中国によるガス田の単独開発や公船の領海侵入が続き、日本が抗議を繰り返している。
    今回の中国機の行動は、東シナ海の軍事的緊張の一端を浮き彫りにした形だ。

  • ロイター2018.8.19
    タイタニックを世に送り出した造船所が倒産した。

  • 神戸物産が大幅続落 「ヘッジファンドが新規で売り」の声
    2019/8/19 10:55日本経済新聞 電子版

  • 2019/08/18 16:19

    ■ヨロズ <7294>
    旧村上ファンド関係者が運営する投資会社レノが16日付で財務省に提出した変更報告書よると、レノと共同保有者の同社株式保有比率は5.10%→6.13%に増加した。

  • >>No. 292

    私も関西在住でーす☆

    オンタイム梅田ロフト店⇒先日ロフトに行ったけど、シチズンの時計セールしてたよ☆
    腕時計専門ショップでは関西最大級!
    ベーシックなモデルはもちろん、流行の最先端モデル、取り扱い店舗の少ないブランドなど、豊富に取り揃えており、見るだけでもお楽しみ頂けます。

    大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト1F ⇒梅田芸術劇場の近くでっす☆
    電話:06-6359-3205
    営業時間:11:00〜21:00

  • >>No. 379

    19年9月30日時点の株主に通常の中間配当とは別に45円の記念配当を実施。

  • >>No. 339

    「F-35戦闘機は米国の盟友にとってもろ刃の剣である」
    共通のタイプの戦闘機が配備されて、そのデータ共有範囲が米国の同盟国にまで広がることで、かつての課題だった同盟国同士のコンビネーションの問題が克服されたとする一方で、F-35の核となるソフトウエアは米国本土でしか生産できないことが明らかになっており「言い換えれば、F-35戦闘機の買い手である各国は、米国からの強い制御を受けることになる」とした。

  • >>No. 338

    中国がステルス機を念頭においたレーダー探知システムでは、世界最先端と紹介。F-22を探知するシステムも開発中で、中国はF-22やF-35、さらにB-2ステルス爆撃機も探知できる対ステルスシステムで、すでに超高水準に達していると主張した。

  • なぜ米国はF-35を世界中に輸出するのにF-22は輸出しないのか
    Record china配信日時:2019年6月11日(火)
    「F-22はF-35よりも進んでいる」こと。「アクティブ式フェーズドアレイレーダーや、AIM-9Xサイドワインダーミサイルなどを搭載。最高飛行速度はマッハ2.25に達し、航続距離は2960キロメートルで、しかも極めて高いステルス性を備えている」と紹介した。一方のF-35については、「F-22の性能と比べると見劣りするもので、最大速度はマッハ1.6、機体も小さく航続距離は2200キロメートルで、ステルス性も及ばない」と指摘。「F-22は米国にとって戦略性を備えた戦闘機であるため、輸出はしないのだ」と論じた。

    二つ目の理由は、「F-35は研究開発過程で多くの国が関係している」こと。記事は「英国やカナダ、トルコなどはF-35の研究開発に多額の資金や技術を提供しているため、輸出は避けられない」とした。さらに、「F-35は研究開発に400億ドル(約4兆3600億円)かかっているため、輸出しないと米国にとっては大きな経済的負担になる」と指摘している。

    三つ目の理由は、「F-22の生産ラインはすでに閉鎖されている」こと。「再び生産するには多額の費用がかかるため、現実的ではない」とし、「2億9000万ドル(約316億円)という単価を支払える国は多くなく、むしろF-35を売り込んだ方が良いのだ」と論じた。

  • 香港ショック、新興国に連鎖 アルゼンチン100年債暴落
    2019/8/13 日本経済新聞 電子版
    香港の反政府デモを発端とした政治・経済不安の高まりが新興国の金融市場に連鎖する兆しが出てきた。12日はアルゼンチンで株価と債券、通貨ペソがそろって暴落(金利は急上昇)する「トリプル安」が発生。投資マネーは相対的に安全とされる円や米国債への逃避を加速している。

    予備選の結果によってアルゼンチンのデフォルト懸念が高まり、アルゼンチンペソと同国の株が暴落した。

    今後、新興国マーケット中国にも飛び火するかもしれない。
    オーストラリアドルも弱くなる…。円高になるやん!

  • トランプ氏がグリーンランド購入検討か、デンマークは反発
    8/16(金) 16:30配信 ロイター

    トランプの対中国戦略か…。

  • 買っていい家☆彡
    では、どんな家が資産価値の高い家なのでしょうか。
    住宅購入では、次の点をよく確認してください。

    ・交通の便がよいこと(駅徒歩7分以内、通勤に便利な路線、急行停車駅、都心に直結した路線であればなおよい)
    ・病院、郵便局、銀行、スーパー、学校(子どもがいる場合)が近いこと
    ・環境(治安、道路状況、近隣住民の質など)がよいこと
    ・マンションの場合、住民の質、管理の質がよいこと

    住宅の資産価値を考えるときは、数十年後を想像してみるのがコツです。

  • 2022年、タワマンの「大量廃墟化」が始まることをご存じですか
    8/17(土) 現代ビジネス

    「修繕ラッシュ」が来た
    売り手はリスクを伝えない
    住民の意見がまとまらない
    壊すこともできない

  • 防衛省、戦闘機「F-35B」を正式導入 
    2019.08.16朝日新聞
    防衛省が16日、新たに導入する戦闘機42機の機種をF-35B STOVL機に正式決定し発表した。 
    防衛省によるとSTOVL機は狭い滑走路でも運用できる利点があるという。
    F-35は1機140億円で、令和4年度までに42機のうち18機分の予算を計上する予定で、残り24機については未定である。

    (F―35は米ロッキード・マーチンを主体に世界9カ国の政府・企業が共同開発している。防衛省は一部完成機輸入を除き、国内企業の参画。米政府との調整を踏まえ機体最終組み立ては三菱重工業が、エンジン組み立てはIHIが担当。)

  • >>No. 932

    リコーって、
    旧村上ファンド出身者が設立したエフィッシモ・キャピタル・マネージメントがリコー株の保有目的で、保有比率は8日時点で18.99%(前回は18.16%)に上がったけど、コニカミノルタを視野にいれるかなぁ……。

  • 重要イベントとしては、
    国内では19日朝に発表される7月貿易統計,23日朝に発表される7月全国消費者物価指数が注目される。
    海外では21日-22日に開催される日米貿易交渉の閣僚級協議や23日に行われるパウエルFRB議長の講演、24日に開幕するG7サミットに注視が必要。

  • シチズン「Eco-Drive Riiiver」、充電不要な光発電スマートウォッチ

    シチズン時計が10月下旬に発売を予定しているのは、発表以来、大きな注目を集めているスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」です。
    Eco-Drive Riiiver最大の特徴は、機能を自分でカスタマイズできること。しかも、シチズンの光発電技術エコ・ドライブにも対応しており、ケーブルをつないでの充電が不要!
    スマートウォッチなのに充電不要という安心感
    Eco-Drive Riiiverは、Bluetoothでスマートフォンと連携するアナログタイプのスマートウォッチです。ステンレススチールのケースは直径が43.2mm、厚さは12.6mm。風防には無反射コーティングされたサファイヤガラスを採用し、10気圧の防水性能も搭載しています。
    シチズンが作っただけあって、時計としても魅力的な質感とデザインなのもうれしいポイントです。

本文はここまでです このページの先頭へ