ここから本文です

投稿コメント一覧 (1085コメント)

  • >>No. 720

    屁くぼもうそろそろ薬が切れたかぁ~

    でもねコブラ君もモノ好きだね (プッ)
    毎晩登ってるの

  • >>No. 686

    青病単君 チャラ男っス

    今日は稲刈りかい お疲れさ~ん
    大変だな 奇知の紙ライダーショッカーのお守り
    ありゃマジ切れてるな

    コブラ君も穴が切れてるんだろ 

    切れ痔だったなホラこれでも掘ってやるから ぷちぃゅ~


  • 聞こえる 聞こえるカメハメハの波動が 早く月曜日にな~ぁれ

  • こんな好ニュースであったが

    神戸製鋼、チタン展伸材10%値上げ
                          8/31(木) 13:59配信
    神戸製鋼所は30日、すべての国内、輸出向けチタン展伸材について、2017年10月出荷分から一律10%値上げすると発表した。チタンの需要は航空機や一般工業向けが回復基調にあり、製品価格改定の環境が整ったと判断した。

    このころまだ未来の出来事を誰も知らない
    でもしかしチタンは値上げだ

  • チタン加工品10%値上げ 神戸製鋼、5年ぶり
    神戸製鋼所は30日、レアメタル(希少金属)のチタンを板や管に加工した製品
    (展伸材)の出荷価格を一律10%引き上げると発表した。
    1キロ当たり数百円の値上げに当たる。
    10月出荷分から実施する。
    需要の増加や原料高が理由で、値上げは約5年ぶりとなる。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    今月からチタンが値上げになるが 今現在神戸製鋼は針の筵だ
    従って更なる値上げも予想される

  • 神戸とつくネームは落ち目で全滅だな(プッ)

  • いままで数多くの企業が偽装し 発覚し 吊し上げされてるのに
    何も感じていねえ そのまんまおたんこなす
    どういう神経で偽装するんだろ
    もし・・・仮にボーイングが新幹線が一大事になったらどうするんだろ

    こいつら偽装した奴らには極刑を望む

  • 大体スー・チーなんてなんに銭使ったんだ
    自分の預金にプールしたんじゃねえか
    ロヒンギャ対策にまた日本は銭出した
    これもゼーンブ血税からだ

  • 安倍は国民の血税を諸外国にばら撒き 国民を苦しめたツケが今リターンする
    そして総理でもないブス嫁が偉そうに・・・・・
    でもパンダの汚池の大嫌い 困ったなぁ

    大阪のコソ泥女もこの機会に落選せえ・・・そう思うだろ

  • お前カテゴリーがズレてるだろう
    デブは賞金首2億円で北にビラをばら撒けば お前みたいな貧乏人が
    みんなデブの周りに飛んでくよ

  • SpaceXのイーロン・マスクが、新型ロケット『BFR』 を宇宙旅行ではなく地球旅行、つまり通常の国際線旅客機として利用する構想を発表
    東京-NY間も37分、最大時速2万7000km
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    3月31日の再使用1段目ロケットを回収したところ、頂部にある安定用グリッド・フィンが大気圏再突入の際に焼損しているのが見つかった。このフィンはアルミ合金に耐熱コーテイングしたものだが、今後は耐熱性の高い鍛造チタン合金に改める。

  • 東邦チタニウム 社長:西山 佳宏氏(にしやま・よしひろ)
    1978年(昭53)慶大経卒、日本鉱業(現JX金属)入社、2013年JX日鉱日石金属取締役常務執行役員、15年パンパシフィック・カッパー社長兼務を経て6月から現職。東京都出身。61歳。
     
    JX金属の出身で銅の営業、原料畑が長い。仕事では「セラーとバイヤーは対等」という気構えを持ち、常に自分なりの判断軸をもって交渉に臨んできた。チタンは初めて。「新しいチャレンジ」と意気込む。趣味は、ある非鉄会社の若手を師と仰ぐ海釣り。自転車も好きで韓国駐在時代は漢江沿いをよく走らせた。

                    どうだ輝いてるだろ

  • これは下から読むと理解できる内容だ
    実際「赤字」の二文字が頭によぎって不安だと思ってる何て方 
    取り敢えず読めば安心できます

  • これに期待したい➡自動車ブレーキパッド➡欧州規制に対応した製品の開発

    ――新たな収益の柱になる候補は。

     「岐阜県の東邦マテリアルが製造している自動車ブレーキパッドの添加剤が一つの可能性だ。後発で今の世界シェアは2~3%だが、欧州規制に対応する環境対応型の製品を開発中。うまくいけば新たな収益源になる。当社の技術開発部門と連携し開発を急ぐ

  • これは皆さんが気にするところ
    ――現行の中期経営計画では17年度に23億円を見込む経常利益を19年度に59億円に引き上げを目指します。実現の手立ては。

     「金属チタン事業は売上規模が大きいが、売上高利益率は機能化学品事業の方が高い。利益面の貢献は機能化学品がメーンになる。金属チタン事業は変動が激しいため、一本足打法では安定した収益基盤の構築は難しい。スポンジチタン、インゴット以外の事業も強化し、航空機以外にも需要分野を広げる必要がある。これまでも化学産業向けとなるプロピレン重合用チタン触媒、半導体産業に関連するMLCC(積層セラミックコンデンサ)用の高純度酸化チタンやニッケル超微粉といったビジネスを強化してきた。さらに第4、第5の柱をつくりたい」

     「設備投資ではチタン関連でサウジに約40億円を投じている。チタン関連の大きな投資はここで抑え、チタン以外の機能化学品などに経営資源を投入したい。これにより収益力の高い商品の販売比率を引き上げる。航空機向けスポンジチタンの変動を吸収できれば、さらなる収益力のアップと安定を実現できるはずだ」

  • 申し立てについて
    ――米タイメットが先月24日、日本とカザフスタン製のスポンジチタンに関して当局にアンチダンピング(反不当廉売)調査の申し立てを行いました。

     「タイメットは主要販売先であり非常に驚きをもって受け止めた。何が狙いかは見えないが、高品位の日本のスポンジチタンの必要性は高いはずだ。タイメットを含む米国の需要家に確認したところ、17年はほぼ予定通り出荷してほしいという。17年度については販売や業績に大きな影響はないとみている」

  • ――成長戦略の柱となるサウジアラビアのスポンジチタン合弁事業は5月に工場が竣工しました。その後の進ちょくは。

     「商業生産の開始は18年1~3月の予定だが、四塩化チタンを供給してもらう隣接の酸化チタン工場の精留塔建設が遅れており、来年4月以降にずれ込む可能性がある。早期に立ち上げ準備を進め、戦力化したい。販売については協議中だが、当社の販売ネットワークも生かす方向。合弁パートナーと販売面でもしっかり協力していく」

  • 2017/9/11 13:23 西山社長にインタビュー
    【安定した黒字 更なる収益を 最新情報です】

    >どのような会社を目指しますか。抱負をお聞かせ下さい。

     「当社は14年度まで赤字が続いたが、加賀美前社長のチタン事業の構造改革、機能化学品事業の収益強化策が実り、15年度以降は安定した黒字基調が続いている。今期収益も予定通りの見込みだ。黒字に戻ったことに安住せず、さらなる収益拡大策、成長戦略を実践し、もうワンランクアップできる会社にしたい。中期経営計画で既存事業の強化と成長戦略を打ち出している。まずはこれを早期に実現する」

  • サウジアラビアのスポンジチタン製造工場完成からもう4か月
    そろそろIRでも出してもらいたい
    出来れば生産能力 ボーイングへの納期状況
    そしてイオン空気2次電池に関する事項
    5倍の能力がその後どうなったか15倍?は・・・

  • 親会社のJXTGホールディングスは今最高値で頑張っているんだが
    ここも低空飛行から脱皮し根性出してもらいたいね
    今もっともホットなイオン空気2次電池で結果出せよ

本文はここまでです このページの先頭へ