IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (166コメント)

  • 子ども向け社会体験アプリ『ごっこランド』に、地域の魅力を発見・体験するコンテンツ『ジモトガイド』が登場!

    〜地域の子どもたちと一緒に制作する「子ども目線」のデジタルブック、第1弾は神戸市、鳥取市、八尾市、厚真町の4つの自治体から提供!〜

    くふうカンパニーグループにおいて、ファミリー向けデジタルコンテンツ事業を展開する株式会社キッズスター(以下「キッズスター」)は、子ども向け社会体験アプリ『ごっこランド』の新サービスとして、地域の特色やお出かけスポットが満載のコンテンツを通じて、子どもたちに「地域の魅力」を発見してもらうデジタルブック『ジモトガイド』を4月5日(月)にリリースしました。第1弾は神戸市、鳥取市、八尾市、厚真町の4つの自治体のコンテンツを制作・提供します。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000094.000046400.html

  • 今日のNHKニュース「おはよう日本」の特集「コロナ禍で消費動向に変化」で、Zaimのデータを使い、この1年間の50万人以上の支出を分析していました。

    Zaimの売上って「Zaimトレンド」などのビッグデータ販売の売上と家計簿アプリのストック収入の割合て今どれぐらいなんでしょうかね?

  • 不動産営業支援ツールの新機能『オウチーノくらすマッチ 近隣物件マイソク案内』を リリース

    ~近隣の最新物件情報を表示した地図をオンラインで手軽に作成、地図ページURLの共有でお客さまにいち早くご案内!~

    くふうカンパニーグループにおいて、住宅・不動産専門サイト「オウチーノ(https://o-uccino.com/ )」を運営する株式会社オウチーノは、不動産営業支援ツールサービス『オウチーノ くらすマッチ(https://kurasumatch.o-uccino.com/areagram/landing/new )』の新機能として、『くらすマッチ 近隣物件マイソク案内』の提供を開始しました。

    マイソク(物件情報資料)、物件所在地、物件価格を登録するだけで、近隣の最新物件のマイソクを表示した地図をオンラインで簡単に作成し、地図ページのURLをお客さまに共有することが可能です。地図等の資料作成時間を大幅に短縮できるほか、1枚の地図に最新の物件情報を集約してご案内することで、お客さまの利便性も向上します。

  • 結婚業界のDX推進ツール第2弾!みんなのウェディングから「ゲスト満足度調査ツール」をリリース

    〜ゲストのニーズを的確に捉えることで、満足度の高い結婚式のプロデュースをサポート〜

    くふうカンパニーグループにおいて、結婚にまつわる様々なシーンを「新しいカタチ」でお祝いし合えるサービス・メディアを展開する株式会社エニマリ( https://about.anymarry.com/ 以下「エニマリ」)は、結婚式に出席したゲストを対象にしたアンケートツール『みんなのウェディング GSアンケート』を2021年4月1日にリリースいたします。これまでゲストに対する満足度調査は、実施のタイミングや手法などにおいて難易度の高いものでしたが、本ツールによって簡便なアンケート実施や効率的な集計・分析が可能になります。

  • 子どもの“大好き”がたくさん詰まった新メディア『ごっこランドTimes』α版をリリース!

    〜子どもに人気のアニメ・キャラクターランキングを発表!男の子・女の子ともに第1位は、やっぱりあの大人気アニメ!〜

    くふうカンパニーグループにおいて、子ども向け社会体験アプリ『ごっこランド』を運営する株式会社キッズスター(https://www.kidsstar.co.jp/)は、子どもの興味・関心を伸ばし、親子で一緒に楽しめる情報が満載のメディア『ごっこランドTimes(https://gokkoland.com)』α版を3月22日にリリースしました。

    『ごっこランドTimes』は、大人目線ではない「子どもが夢中になれる」情報を豊富に集め、「おもちゃ」「ゲーム」「グッズ」「アイデア」「エンタメ」「おでかけ」「キャンペーン」「雑学・豆知識」といったカテゴリーで、タイムリーに発信します。子どもはもちろん、親子で楽しい時間を過ごすためのきっかけづくりに役立つ情報が満載です。

  • 売れたのか掲載を一時的に引っ込めただけなのかは不明ですが、現時点で掲載が無くなった物件
    3月16日
    品川区五反田 3,280万円
    太田区大森北 4,180万円
    江東区亀戸 4,980万
    2月22日
    葛飾区東金町 3,100万円
    2月19日
    西東京市保谷町 3,980万円
    さいたま市緑区東浦和 4,280万円
    2月8日
    品川区 5,880万円
    合計2億9,680万円

    値下げした物件
    足立区東和 1,850万円→1,750万円
    台東区北上野 2,680万→2,580万円
    江東区亀戸 4,980万円→4,880万円
    新宿区山吹町 4,480万円→4,380円
    厚木市水引 2,480万円→2,380万円

    現時点での掲載物件数26件
    合計9億8,530万円分

  • オンライン家計簿サービス「Zaim」が学生・若年層への長期的な資産形成を応援!すべての有料プランが1年無料の「Zaim 学割」提供開始

    「一生黒字プラン」にて若年層向け職業選択シミュレーション機能も追加

    くふうカンパニーグループにおいて、900万ダウンロードを超える個人向け家計簿サービス「Zaim」を運営する株式会社 Zaim(本社:東京都港区・代表取締役:閑歳 孝子)は、2021年3月15日、有料プランを1年間無料で利用できる
    「Zaim 学割」( https://content.zaim.net/educations )を本日より提供を開始しました。
    またこれに合わせ家計簿と連動しながら生涯に渡って使えるライフプラン機能「Zaim 一生黒字プラン」( https://lifetime.zaim.net ) において学生など若年層に向けた職業選択シミュレーション機能を追加搭載しました。

  • 式場やホテルなどが加盟する「日本ブライダル文化振興協会」は、各地の式場を対象に結婚式に関するアンケート調査を行い、去年1年間の業界への経済的影響を推計しました。

    それによりますと、去年、新型コロナウイルスの感染拡大で延期や中止を余儀なくされた結婚式はおよそ24万組に上り、1年間に式を挙げるカップルのおよそ80%に影響があったとみられることが分かりました。

    業界の経済損失はおよそ8500億円に上るとみられ、これは年間の推計市場規模の60%に当たるということです。

    協会では、先月の2度目の緊急事態宣言を受け、ことしに入ってからも損失は拡大していると推計しています。

    また、結婚に関するプロデュースを手がける東京の会社(エニマリ)が、式を予定しているカップルを対象に先月行ったアンケート調査では、回答した96組のうちおよそ30%が、2度目の緊急事態宣言で結婚式の開催に変更が生じたと答えたということです。

    このうち、「延期・再延期を決めた」が47%と最も多かった一方、43%が、1回の招待人数を減らすため“2部制”にしたり、写真撮影だけにとどめたりするなど、「開催の形式を変えた」と答え、新型コロナの影響で結婚式のスタイルが多様化していることをうかがわせています。
    (NHK NEWS WEBより)

  • おうちのくふうの物件がスーモやアットホームにも掲載されていますね。
    こちらは仲介業者を介しての掲載になっています。
    スーモに掲載されれば見る人も多いと思うので、どんどん回転率を上げて売れていってくれるといいですね。

  • キッズスターの売上とごっこランド出店企業数
    2018年12月期売上136百万円
    2018年11月時点で出店企業20社

    2019年12月期売上251百万円
    19年12月時点で出店企業36社

    2021年2月現在で出店企業42社
    (今後配信予定企業が8社)
    2018年、2019年の売上と出店企業数から、2020年12月期の売上も予想できそうですね。
    2020年12月期が予想できれば、くふう2Qから連結予定のキッズスターの売上もなんとなく予想できそうですね。

  • 売れたのか何らかの理由で一旦掲載を引っ込めたのかはわかりませんが、現時点でオウチーノに掲載されていた、おうちのくふうの物件で、品川区東品川5,880万円と西東京市保谷町3,980万円とさいたま市緑区東浦和4,280万円の3件の物件が掲載なくなりました。
     
    1月〜3月でおうちのくふうで最低売上2.5億円(1月時点で掲載されている物件の合計が約7億強なので約3分の1)ぐらいは欲しいところですね。
    おうちのくふうで売上2.5億あれば、不動産事業の1Qの実績をみて、2Qは売上4億ぐらいにはなりそうですけどね。
    あとSSIの軽井沢の物件が3月迄に売れればそれに上積みできますけど。

  • セブンシグネチャーズが手掛けている軽井沢にある保養所3棟「LOCAL WORK BASE」
    の価格がネットに出ていたので一応
    泉の里 価格3億6,000万円
    千ヶ滝1 価格3億4,000万円
    千ヶ滝2 価格3億1,000万円

  • 1Qの貸借対照表のBSには営業投資有価証券の記載はありませんでしたが、昨年設立したくふうキャピタル(出資総額5億円)とくふうカンパニー主体の投資による売上利益も今期、期待したいところですね。

    株主総会で、コロナの影響が長期化するのを想定した上での今期業績予想を出しているとの説明でしたので、業績予想にはそれなりの根拠があるものと思っています。

  • 売上高(単位 百万)
    結婚関連事業 463
    不動産関連事業 215
    金融関連事業 103
    メディア事業 78
    その他 61

    やはり結婚関連事業の会費婚等のサービス部門はまだまだ厳しい状況のようですね。
    売上YoYで結婚関連事業以外は全て増収になってるのは2Q以降も引き続き期待できそうですね。
    結婚関連事業もQoQでは一応増収にはなってます。
    ただ2Q(1月〜3月)は緊急事態宣言出てますから結婚関連事業の会費婚等のサービス部門はまだまだ厳しそうですね。

    資産の部
    販売用不動産14億2,518万1,000円
    おうちのくふう
    10-12月の販売実績(2件)における平均在庫回転期間は96日、粗利益率は16%

    1Q終了時点で売上高進捗率14.8%でしたが、1Qはおうちのくふうの買取再販物件の売上は2件7,000万円弱のようですので、おうちのくふうの在庫金額8億円強とSSIの約7.3億(多分軽井沢の3軒の物件?)が今期中(1月〜9月)の売上になれば、不動産関連事業でオウチーノと合わせて売上20億近くはいくのではと期待しています。
    くらすマッチの利益率もかなり良さそうですね。

    売上どれぐらいなのかは開けてみないとわかりませんが、2Qからキッズスターが連結されます。

    やはり一番のポイントは結婚関連事業が3Q(4月〜9月)以降どれだけ回復できるかになってきそうですね。

    あとちょっとした事ですけど、利益剰余金が前四半期-5,100万から5,800万のプラスになっていますね。

  • くらすマッチとウェディングボードの
    BtoBストックビジネスも期待したいです。利益率の高いビジネスモデルでしょうから。

    2月3日に官報の決算公告で第18期のオウチーノの決算出ていたので見れますが、当期純利益2億722万円となっていました。
    (くふうの決算資料にはオウチーノ単独での純利益は載っていませんので)
    因みにくふうの2020年9月期の決算説明資料のオウチーノの売上高の棒グラフから推測すると年間売上(10月〜9月)は4.3億ぐらいですかね?
    有報に単独10%以上の売上だと記載ありますが、オウチーノはギリ10%以下なので記載ないですね。
    オウチーノて決算期12月期から9月期に変更になったんですかね??

  • くらし情報メディア『ヨムーノ』、月間利用者数が1,800万人を突破!

    ~コロナ禍でくらしが激変する中、リアルなユーザーニーズを速やかに捉える仕組みを構築。利用者数が伸長し過去最高を更新~

  • 100種類以上からふたりらしい婚姻届が探せる『エニマリの婚姻届』提供から約4ヶ月で急成長、月間利用者数11万人を突破!

    くふうカンパニーグループにおいて、結婚にまつわる様々なシーンを「新しいカタチ」でお祝いし合えるサービス・メディアを展開する株式会社エニマリは、婚姻届を探せるサービス『エニマリの婚姻届』において、10月7日の提供開始から4ヶ月弱で、月間利用者数が11万人を突破したことをお知らせします。同サービスでは、好みの「デザイン婚姻届」をダウンロードすることができ、サービスリリースからの累積ダウンロード数は1万件を突破しました。月間平均45,000組が婚姻届を提出する中、入籍を検討する多くのカップルの間でご利用が広がっています。
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000046400.html



    このサービス自体は無料ですが、利用者数が増えることにより、エニマリの知名度が上がっていき、エニマリの結婚式等のサービスを利用してもらう入り口になっていければいいですね。

  • >>No. 263

    結婚業界のDXを推進するオンライン接客ツール『ウェディングボード』がデザインと機能を拡充し正式リリース
    〜1組1組の結婚式イメージに合わせて選べる背景やフォントデザインなどを用意、式場独自の項目を設定して画像を追加できる〜

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000078.000046400.html


    『ウェディングボード』(2021年1月15日リリース-β版-)は、約200会場にご利用いただき、好評いただいております。

  • ごっこランド自治体版
    360万世帯のファミリー層に
新しい形の自治体PRをはじめませんか
    「ごっこランド自治体版」は地域の魅力発信に最適化されたファミリー向けアプリ型メディアです

    キッズ・ファミリーに特化したプラットフォーム
    「ごっこランド」はデパートやECモールに出店する感覚で、ファミリー層とのコミュニケーションを実現します 

    デパートやECモール、テーマパークのように、1つの場所(アプリ)に複数の自治体の公式コンテンツを提供することで、お客様の相互創客を実現します。

    1つのアプリに複数自治体が集結
    リアルでの展開
    コンテンツは教育機関、公民館などの公共施設、イベントなどでも利用可能!
    教育カリキュラムや町おこしイベントなどを通じて、良質な体験を提供できます。

本文はここまでです このページの先頭へ