IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (3908コメント)

  • *売り方さんはあの手この手で売り煽りがすごいですね!(笑)

    *今日、タカラバイオ(株)のニュースリリースが正式に発表されましたよ♪
    *誰が考えてもこれから爆上げ⤴︎↑が始まりますね♪

    【唾液による新型コロナウイルスのPCR検査が可能になりました】
      2020年06月02日

     タカラバイオ株式会社は、5月1日に発売しました「SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kit」(以下、本キット)を用いて、唾液を検体として迅速・簡便に新型コロナウイルスのPCR検査が行えることを確認いたしました。

     新型コロナウイルスのPCR検査には、被験者の鼻や喉の奥から検体を採取する方法が行われていますが、被験者に身体的な負荷がかかるうえ、採取時のくしゃみや咳により、採取する医療従事者への感染のリスクが高まるといわれており、被験者負担と感染リスクのより低い方法として、唾液を検体とする方法が求められていました。
     本日付で公開された、新型コロナウイルスのPCR検査に関する国立感染症研究所(以下、感染研)の「2019-nCoV(新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル~2020/06/02更新版~」(以下、感染研検体採取・輸送マニュアル)(URL:https://www.niid.go.jp/niid/images/pathol/pdf/2019-nCoV_200602.pdf)に、唾液検体の取扱いについて掲載されましたので、唾液を検体とする本キットによる検査は、行政検査に使用できるだけでなく、公的医療保険の適用対象ともなります。
     
     当社が開発した本キットには、以下の特長があります。

    (1)精度・感度:
    本キットは、新型コロナウイルスに特異的な遺伝子配列を認識するように設計されており、唾液を検体とした場合でもPCR反応は阻害を受けず、「病原体検出マニュアル 2019-nCoV Ver.2.9.1」(URL: https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/2019-nCoV20200318v2.pdf)に掲載されている、RNA抽出工程を必要とする従来の方法と比較して、同等の精度と感度を持つことが確認されました。(URL:http://catalog.takara-bio.co.jp/com/tech_info_detail.php?mode=3&masterid=M100007508)

    (2)簡便性:
    本キットは、唾液を検体とした場合でも、安定供給に不安のある、従来のRNA抽出キットを用いる煩雑なRNA抽出工程(約1時間)は不要です。検体に本キットに付属している簡易抽出試薬を混合し、その後95℃で5分間熱処理するだけで、そのままPCR反応に用いることができるため、操作の簡便性が大幅に向上しています。

    (3)迅速性:
    本キットは、当社の高速PCR技術の採用により、唾液を検体とした場合でも、PCR反応は約50分で行うことができるため、前処理時間を含むトータルの検査時間が、大幅に短縮できます。すなわち、感染研検体採取・輸送マニュアルに掲載された採取方法と本キットを用いれば、医療現場での唾液検体採取から最速1時間あまりで、検査結果を出すことが可能となります。

    (4)汎用性:
    本キットは、当社のリアルタイムPCR装置(Thermal Cycler Dice® Real Time System シリーズ)のみならず、各社のリアルタイムPCR装置への適合性を確認しています。本キットの簡易抽出試薬との加熱による前処理により、ウイルスが不活化されるため、検査現場の負担も軽減され安定した結果を得ることが期待できます。

    (5)コスト: 
    本キットには、唾液や鼻咽頭ぬぐい液などの検体採取キットを除く、PCR反応に必要な調製済みの全ての試薬が含まれており、反応用のプラスティック消耗品以外はRNA抽出試薬の追加購入も必要ありません。さらに、大量製造体制の確立により、1反応あたりのコストを大幅に低減することができました。

    (6)製造供給体制:
    本キットを、月産20,000キット(200万反応分)を安定的に供給できる製造体制をすでに整えており、世界的な新型コロナウイルスのPCR検査需要に応えて参ります。

     また、検査センターなどの、多数の検査を実施される施設向けに、あらたに本キットの大容量バージョンも発売いたしました。大容量バージョンは、本キット10キット分(1,000反応分)が1キットとなっており、多検体処理に適したプロトコールにあわせ、簡易抽出試薬を増量しています。これにより、多数の検体の反応液調製を一度に処理することができ、検査の時間と労力のさらなる節減が期待されます。

  • *明日は爆上げ⤴︎↑しますね♪
    *これからが大変楽しみです♪
    *下記の内容を各テレビ、ラジオ、SNS等でアナウンスしていますからね♪

    【唾液PCR検査、きょうから可能 安全で簡単に採取、保険適用】 共同通信

     厚生労働省は、唾液を検体に使い新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査法を2日から認める方針を固めた。現在主流となっている鼻の奥の粘液を綿棒で取る方法よりも安全で簡単に検体を採取できる。従来より迅速に検査を行えるため、多くの人が受けられる可能性がある。国立感染症研究所が2日に検体採取のマニュアルを変更し、厚労省は公的医療保険の適用対象にする。関係者が1日明らかにした。

    *鼻の奥の粘液を取る方法は、せきやくしゃみが出やすいため、検体を採取する人がウイルスに感染するリスクが高い。ゴーグルやガウンなどの感染防護策を徹底するよう感染研のマニュアルが定めている。

  • *明日は爆上げ⤴︎↑しますね♪
    *これからが大変楽しみです♪
    *下記の内容を各テレビ、ラジオ、SNS等でアナウンスしていますからね♪

    【唾液PCR検査、きょうから可能 安全で簡単に採取、保険適用】 共同通信

     厚生労働省は、唾液を検体に使い新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査法を2日から認める方針を固めた。現在主流となっている鼻の奥の粘液を綿棒で取る方法よりも安全で簡単に検体を採取できる。従来より迅速に検査を行えるため、多くの人が受けられる可能性がある。国立感染症研究所が2日に検体採取のマニュアルを変更し、厚労省は公的医療保険の適用対象にする。関係者が1日明らかにした。

    *鼻の奥の粘液を取る方法は、せきやくしゃみが出やすいため、検体を採取する人がウイルスに感染するリスクが高い。ゴーグルやガウンなどの感染防護策を徹底するよう感染研のマニュアルが定めている。

  • *売り方さんのあの手この手で売り煽りがすごいですね!(笑)

    *今日、タカラバイオ(株)のニュースリリースが正式に発表されましたよ♪
    *誰が考えてもこれから爆上げ⤴︎↑が始まりますね♪

    【唾液による新型コロナウイルスのPCR検査が可能になりました】
      2020年06月02日

     タカラバイオ株式会社は、5月1日に発売しました「SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kit」(以下、本キット)を用いて、唾液を検体として迅速・簡便に新型コロナウイルスのPCR検査が行えることを確認いたしました。

     新型コロナウイルスのPCR検査には、被験者の鼻や喉の奥から検体を採取する方法が行われていますが、被験者に身体的な負荷がかかるうえ、採取時のくしゃみや咳により、採取する医療従事者への感染のリスクが高まるといわれており、被験者負担と感染リスクのより低い方法として、唾液を検体とする方法が求められていました。
     本日付で公開された、新型コロナウイルスのPCR検査に関する国立感染症研究所(以下、感染研)の「2019-nCoV(新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル~2020/06/02更新版~」(以下、感染研検体採取・輸送マニュアル)(URL:https://www.niid.go.jp/niid/images/pathol/pdf/2019-nCoV_200602.pdf)に、唾液検体の取扱いについて掲載されましたので、唾液を検体とする本キットによる検査は、行政検査に使用できるだけでなく、公的医療保険の適用対象ともなります。
     
     当社が開発した本キットには、以下の特長があります。

    (1)精度・感度:
    本キットは、新型コロナウイルスに特異的な遺伝子配列を認識するように設計されており、唾液を検体とした場合でもPCR反応は阻害を受けず、「病原体検出マニュアル 2019-nCoV Ver.2.9.1」(URL: https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/2019-nCoV20200318v2.pdf)に掲載されている、RNA抽出工程を必要とする従来の方法と比較して、同等の精度と感度を持つことが確認されました。(URL:http://catalog.takara-bio.co.jp/com/tech_info_detail.php?mode=3&masterid=M100007508)

    (2)簡便性:
    本キットは、唾液を検体とした場合でも、安定供給に不安のある、従来のRNA抽出キットを用いる煩雑なRNA抽出工程(約1時間)は不要です。検体に本キットに付属している簡易抽出試薬を混合し、その後95℃で5分間熱処理するだけで、そのままPCR反応に用いることができるため、操作の簡便性が大幅に向上しています。

    (3)迅速性:
    本キットは、当社の高速PCR技術の採用により、唾液を検体とした場合でも、PCR反応は約50分で行うことができるため、前処理時間を含むトータルの検査時間が、大幅に短縮できます。すなわち、感染研検体採取・輸送マニュアルに掲載された採取方法と本キットを用いれば、医療現場での唾液検体採取から最速1時間あまりで、検査結果を出すことが可能となります。

    (4)汎用性:
    本キットは、当社のリアルタイムPCR装置(Thermal Cycler Dice® Real Time System シリーズ)のみならず、各社のリアルタイムPCR装置への適合性を確認しています。本キットの簡易抽出試薬との加熱による前処理により、ウイルスが不活化されるため、検査現場の負担も軽減され安定した結果を得ることが期待できます。

    (5)コスト: 
    本キットには、唾液や鼻咽頭ぬぐい液などの検体採取キットを除く、PCR反応に必要な調製済みの全ての試薬が含まれており、反応用のプラスティック消耗品以外はRNA抽出試薬の追加購入も必要ありません。さらに、大量製造体制の確立により、1反応あたりのコストを大幅に低減することができました。

    (6)製造供給体制:
    本キットを、月産20,000キット(200万反応分)を安定的に供給できる製造体制をすでに整えており、世界的な新型コロナウイルスのPCR検査需要に応えて参ります。

     また、検査センターなどの、多数の検査を実施される施設向けに、あらたに本キットの大容量バージョンも発売いたしました。大容量バージョンは、本キット10キット分(1,000反応分)が1キットとなっており、多検体処理に適したプロトコールにあわせ、簡易抽出試薬を増量しています。これにより、多数の検体の反応液調製を一度に処理することができ、検査の時間と労力のさらなる節減が期待されます。

  • 2020/06/02 20:52

    <個別株動向>
    タカラBIO、DeltaF、コックス、ココカラF、曙ブレーキ=2日後場
    株式新聞

     タカラBIO<4974.T>―5月1日に発売した「SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kit」を用いて、唾液を検体として迅速・簡便に新型コロナウイルスのPCR検査が行えることを確認。前日比115円高の3010円。

    *明日から爆上げ⤴︎が始まりますね♪

  • No.1421

    強く買いたい

    *終値で3,000円は超えます…

    2020/06/02 14:55

    *終値で3,000円は超えますね♪

    *明日からが大変楽しみです♪

  • *明日のことを考えると大引けにかけて爆上げ⤴︎が始まりますね♪

    *明日からが大変楽しみです♪

  • No.1387

    強く買いたい

    *今日株価3,000円を超える…

    2020/06/02 14:31

    *今日株価3,000円を超えると明日のストップ高↑は+700円ですよ♪

    *明日からが大変楽しみです♪

  • *売り方さんは買い戻し⤴︎た方が良いですよ!

    *誰が考えても明日から爆上げ⤴︎が始まりますからね♪

    *これからが大変楽しみです♪

  • *誰が考えても明日から間違いなく爆上げ⤴︎しますね♪

    *これからが大変楽しみです♪

  • *タカラバイオ(株)のニュースリリースが正式に発表されましたよ♪
    *誰が考えてもこれから爆上げ⤴︎↑が始まりますね♪

    【唾液による新型コロナウイルスのPCR検査が可能になりました】
      2020年06月02日

     タカラバイオ株式会社は、5月1日に発売しました「SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kit」(以下、本キット)を用いて、唾液を検体として迅速・簡便に新型コロナウイルスのPCR検査が行えることを確認いたしました。

     新型コロナウイルスのPCR検査には、被験者の鼻や喉の奥から検体を採取する方法が行われていますが、被験者に身体的な負荷がかかるうえ、採取時のくしゃみや咳により、採取する医療従事者への感染のリスクが高まるといわれており、被験者負担と感染リスクのより低い方法として、唾液を検体とする方法が求められていました。
     本日付で公開された、新型コロナウイルスのPCR検査に関する国立感染症研究所(以下、感染研)の「2019-nCoV(新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル~2020/06/02更新版~」(以下、感染研検体採取・輸送マニュアル)(URL:https://www.niid.go.jp/niid/images/pathol/pdf/2019-nCoV_200602.pdf)に、唾液検体の取扱いについて掲載されましたので、唾液を検体とする本キットによる検査は、行政検査に使用できるだけでなく、公的医療保険の適用対象ともなります。
     
     当社が開発した本キットには、以下の特長があります。

    (1)精度・感度:
    本キットは、新型コロナウイルスに特異的な遺伝子配列を認識するように設計されており、唾液を検体とした場合でもPCR反応は阻害を受けず、「病原体検出マニュアル 2019-nCoV Ver.2.9.1」(URL: https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/2019-nCoV20200318v2.pdf)に掲載されている、RNA抽出工程を必要とする従来の方法と比較して、同等の精度と感度を持つことが確認されました。(URL:http://catalog.takara-bio.co.jp/com/tech_info_detail.php?mode=3&masterid=M100007508)

    (2)簡便性:
    本キットは、唾液を検体とした場合でも、安定供給に不安のある、従来のRNA抽出キットを用いる煩雑なRNA抽出工程(約1時間)は不要です。検体に本キットに付属している簡易抽出試薬を混合し、その後95℃で5分間熱処理するだけで、そのままPCR反応に用いることができるため、操作の簡便性が大幅に向上しています。

    (3)迅速性:
    本キットは、当社の高速PCR技術の採用により、唾液を検体とした場合でも、PCR反応は約50分で行うことができるため、前処理時間を含むトータルの検査時間が、大幅に短縮できます。すなわち、感染研検体採取・輸送マニュアルに掲載された採取方法と本キットを用いれば、医療現場での唾液検体採取から最速1時間あまりで、検査結果を出すことが可能となります。

    (4)汎用性:
    本キットは、当社のリアルタイムPCR装置(Thermal Cycler Dice® Real Time System シリーズ)のみならず、各社のリアルタイムPCR装置への適合性を確認しています。本キットの簡易抽出試薬との加熱による前処理により、ウイルスが不活化されるため、検査現場の負担も軽減され安定した結果を得ることが期待できます。

    (5)コスト: 
    本キットには、唾液や鼻咽頭ぬぐい液などの検体採取キットを除く、PCR反応に必要な調製済みの全ての試薬が含まれており、反応用のプラスティック消耗品以外はRNA抽出試薬の追加購入も必要ありません。さらに、大量製造体制の確立により、1反応あたりのコストを大幅に低減することができました。

    (6)製造供給体制:
    本キットを、月産20,000キット(200万反応分)を安定的に供給できる製造体制をすでに整えており、世界的な新型コロナウイルスのPCR検査需要に応えて参ります。

     また、検査センターなどの、多数の検査を実施される施設向けに、あらたに本キットの大容量バージョンも発売いたしました。大容量バージョンは、本キット10キット分(1,000反応分)が1キットとなっており、多検体処理に適したプロトコールにあわせ、簡易抽出試薬を増量しています。これにより、多数の検体の反応液調製を一度に処理することができ、検査の時間と労力のさらなる節減が期待されます。

  • *売らなければ勝手に株価が上がって⤴︎行く優良会社ですので安心です♪

    *当然大引けにかけて爆上げ⤴︎が始まりますね♪
    *明日からが大変楽しみです♪

    【唾液PCR検査、きょうから可能 安全で簡単に採取、保険適用】 共同通信

     厚生労働省は、唾液を検体に使い新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査法を2日から認める方針を固めた。現在主流となっている鼻の奥の粘液を綿棒で取る方法よりも安全で簡単に検体を採取できる。従来より迅速に検査を行えるため、多くの人が受けられる可能性がある。国立感染症研究所が2日に検体採取のマニュアルを変更し、厚労省は公的医療保険の適用対象にする。関係者が1日明らかにした。

    *鼻の奥の粘液を取る方法は、せきやくしゃみが出やすいため、検体を採取する人がウイルスに感染するリスクが高い。ゴーグルやガウンなどの感染防護策を徹底するよう感染研のマニュアルが定めている。

  • *将来性のある優良会社の株を売る人の気が知れません!
    *当然これから爆上げ⤴︎が始まりますね♪

    【唾液PCR検査、きょうから可能 安全で簡単に採取、保険適用】 共同通信

     厚生労働省は、唾液を検体に使い新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査法を2日から認める方針を固めた。現在主流となっている鼻の奥の粘液を綿棒で取る方法よりも安全で簡単に検体を採取できる。従来より迅速に検査を行えるため、多くの人が受けられる可能性がある。国立感染症研究所が2日に検体採取のマニュアルを変更し、厚労省は公的医療保険の適用対象にする。関係者が1日明らかにした。

    *鼻の奥の粘液を取る方法は、せきやくしゃみが出やすいため、検体を採取する人がウイルスに感染するリスクが高い。ゴーグルやガウンなどの感染防護策を徹底するよう感染研のマニュアルが定めている。

  • *誰が考えてもこれから株価爆上げ⤴︎が始まりますね♪

    *これからの爆上げ⤴︎↑↑↑が大変楽しみです♪

  • *誰が考えても株価下げ過ぎでしょう!

    *これからの爆上げ⤴︎↑↑↑が大変楽しみです♪

  • *今日は下記の内容でストップ高だと思ったのですが・・・!
    *これから当然爆上げ⤴︎が始まりますね♪
    *今からが大変楽しみです♪

    【唾液PCR検査、きょうから可能 安全で簡単に採取、保険適用】 共同通信

     厚生労働省は、唾液を検体に使い新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査法を2日から認める方針を固めた。現在主流となっている鼻の奥の粘液を綿棒で取る方法よりも安全で簡単に検体を採取できる。従来より迅速に検査を行えるため、多くの人が受けられる可能性がある。国立感染症研究所が2日に検体採取のマニュアルを変更し、厚労省は公的医療保険の適用対象にする。関係者が1日明らかにした。

    *鼻の奥の粘液を取る方法は、せきやくしゃみが出やすいため、検体を採取する人がウイルスに感染するリスクが高い。ゴーグルやガウンなどの感染防護策を徹底するよう感染研のマニュアルが定めている。

  • *タカラバイオ(株)のニュースリリースが正式に発表されましたよ♪
    *誰が考えてもこれから爆上げ⤴︎↑が始まりますね♪

    【唾液による新型コロナウイルスのPCR検査が可能になりました】
      2020年06月02日

     タカラバイオ株式会社は、5月1日に発売しました「SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kit」(以下、本キット)を用いて、唾液を検体として迅速・簡便に新型コロナウイルスのPCR検査が行えることを確認いたしました。

     新型コロナウイルスのPCR検査には、被験者の鼻や喉の奥から検体を採取する方法が行われていますが、被験者に身体的な負荷がかかるうえ、採取時のくしゃみや咳により、採取する医療従事者への感染のリスクが高まるといわれており、被験者負担と感染リスクのより低い方法として、唾液を検体とする方法が求められていました。
     本日付で公開された、新型コロナウイルスのPCR検査に関する国立感染症研究所(以下、感染研)の「2019-nCoV(新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル~2020/06/02更新版~」(以下、感染研検体採取・輸送マニュアル)(URL:https://www.niid.go.jp/niid/images/pathol/pdf/2019-nCoV_200602.pdf)に、唾液検体の取扱いについて掲載されましたので、唾液を検体とする本キットによる検査は、行政検査に使用できるだけでなく、公的医療保険の適用対象ともなります。

     
     当社が開発した本キットには、以下の特長があります。

    (1)精度・感度:
    本キットは、新型コロナウイルスに特異的な遺伝子配列を認識するように設計されており、唾液を検体とした場合でもPCR反応は阻害を受けず、「病原体検出マニュアル 2019-nCoV Ver.2.9.1」(URL: https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/2019-nCoV20200318v2.pdf)に掲載されている、RNA抽出工程を必要とする従来の方法と比較して、同等の精度と感度を持つことが確認されました。(URL:http://catalog.takara-bio.co.jp/com/tech_info_detail.php?mode=3&masterid=M100007508)

    (2)簡便性:
    本キットは、唾液を検体とした場合でも、安定供給に不安のある、従来のRNA抽出キットを用いる煩雑なRNA抽出工程(約1時間)は不要です。検体に本キットに付属している簡易抽出試薬を混合し、その後95℃で5分間熱処理するだけで、そのままPCR反応に用いることができるため、操作の簡便性が大幅に向上しています。

    (3)迅速性:
    本キットは、当社の高速PCR技術の採用により、唾液を検体とした場合でも、PCR反応は約50分で行うことができるため、前処理時間を含むトータルの検査時間が、大幅に短縮できます。すなわち、感染研検体採取・輸送マニュアルに掲載された採取方法と本キットを用いれば、医療現場での唾液検体採取から最速1時間あまりで、検査結果を出すことが可能となります。

    (4)汎用性:
    本キットは、当社のリアルタイムPCR装置(Thermal Cycler Dice® Real Time System シリーズ)のみならず、各社のリアルタイムPCR装置への適合性を確認しています。本キットの簡易抽出試薬との加熱による前処理により、ウイルスが不活化されるため、検査現場の負担も軽減され安定した結果を得ることが期待できます。

    (5)コスト: 
    本キットには、唾液や鼻咽頭ぬぐい液などの検体採取キットを除く、PCR反応に必要な調製済みの全ての試薬が含まれており、反応用のプラスティック消耗品以外はRNA抽出試薬の追加購入も必要ありません。さらに、大量製造体制の確立により、1反応あたりのコストを大幅に低減することができました。

    (6)製造供給体制:
    本キットを、月産20,000キット(200万反応分)を安定的に供給できる製造体制をすでに整えており、世界的な新型コロナウイルスのPCR検査需要に応えて参ります。

     また、検査センターなどの、多数の検査を実施される施設向けに、あらたに本キットの大容量バージョンも発売いたしました。大容量バージョンは、本キット10キット分(1,000反応分)が1キットとなっており、多検体処理に適したプロトコールにあわせ、簡易抽出試薬を増量しています。これにより、多数の検体の反応液調製を一度に処理することができ、検査の時間と労力のさらなる節減が期待されます。

  • *誰が考えても後場は寄り付かない↑でしょうね♪

    *これからの爆上げ⤴︎↑↑↑が大変楽しみです♪

  • *前場の引けにかけてどこまで株価を上げる⤴︎か大変楽しみです♪

    *後場は寄り付かない↑でしょうね♪

    *これからの爆上げ⤴︎↑↑↑が大変楽しみです♪

  • *後場は寄り付かない↑でしょうね♪

    *これからの爆上げ⤴︎↑↑↑が大変楽しみです♪

新着スレッド

  1. ニーオ
  2. NZDJPY
  3. GBPJPY
  4. AUDJPY
  5. USDJPY
本文はここまでです このページの先頭へ