ここから本文です

投稿コメント一覧 (359コメント)

  • >>No. 293

    うちは塩漬けてありますよ。果報は寝てろ、な心境です(笑)
    浅漬けの方がいいですけどね。

  • >中国が覇権を握ったら日本は大変な事にならないですか?少なくとも、沖縄は、侵>略されますよ。

    人も空腹では立つことも儘ならなくなる。国も経済がおかしくなれば、どのみち途方に暮れるしかなくなる。
    この状態のアメリカに従属して、日本が守られると本気でお思いですか?

  • トランプ氏も八方塞がりになってきたことをようやく自覚しはじめたので、北風と太陽のストーリーでいうなら、米中覇権争いは、アメリカ(トランプ)が、北風だったことで決着つきそうですね。中国が太陽だとは言いませんが、トランプ氏が世界を脅している間、中国はロシアを始め、世界の国々とAI技術を基にした契約を結び、親交も深めています。トランプ氏はその邪魔をすることくらいしかできていない。
    今後は、世界が高品質な技術で囲まれ、アメリカは身動きとれなくなるのでは?トランプがここでエゴを引っ込めるのなら、AIは世界で一気に加速するでしょう。トランプがごねたら、少なくともアメリカとその属国は、これからきびしいでしょうね。中国が、万が一にも反撃を開始したら万事休す。
    それでも、孫さんはあらゆる想定をしていますから、厳しかろうとなかろうと生き抜きますよ。株価もこの辺をウロウロしている間に米中の決着がついてくることを願います。

    春頃、秋には漠然と株価7500円(15000円)になるだろうと予測していたが、どうなることやら。強烈に感じたので。

  • >ウーバー暴落。廃業が濃厚。
    >自動運転首位のグーグルもGMも、リフトの大株主。
    >全部リフトに取られて終わり。
    >所詮はセクハラ企業。実力は無し。

    相変わらず恥ずかしいこと書いてるなぁ
    義務教育レベルの英語があれば、Lyft・Uberの決算書を一応読めるでしょ

    LyftとUberの売上・純損失、それと研究開発費の数字を抜き出してみるね

    Lyft (単位百万$)
         1-3月 4-6月 計(1-6月)
    売上   776  867  1643
    純利益 -1139  -644  -1783

    研究開発 631  310   941

    Uber (単位百万$)
         1-3月 4-6月 計(1-6月)
    売上   3099  3166  6265
    純利益  -1012  -5236  -6248

    研究開発 409  3064  3473

    Lyftは1Qの純損失が売上の147%と酷いことになっていたので、研究開発費を半減させて2Qは純損失を売上の74%に改善させた(半期では純損失が売上の108%)
    Uberは1Qの純損失が売上の32%と比較的マシな数字だったけど、2Qで研究開発費を7.5倍にしたので2Qの純損失が売上の165%と酷いことになった(半期では純損失が売上の100%)

    数字を並べてみれば、経営成績は似たりよったりにしか見えないと思うんだけど
    、どういう脳の構造をしてたら『ウーバー暴落。廃業が濃厚』という評価になるのか全く理解不能です(上場以来の株価チャートも見ましょうね)

    特に『全部リフトに取られて終わり』の部分はどうやれば赤字企業が規模4倍の企業を乗っ取るのかその方法を是非とも御披露いただきたいものです

    MaaS企業はこの研究開発費という将来の投資を加減することで目先の数字は大きく変化します
    半期の研究開発費はLyft9.4億ドルUber34.7億ドルという結果が出ていますが、これでもあなたは技術開発でLyftが有利と言うのですか??
    (ちなみに、ビッグデータは売上や走行距離に比例するのでUberはLyftの4倍持っています)

    以上までが引用

    ↑楽天家さん、jjjさんからのお返事ちゃんと読まれましたか?

  • >ウーバー暴落。廃業が濃厚。
    >自動運転首位のグーグルもGMも、リフトの大株主。
    >全部リフトに取られて終わり。
    >所詮はセクハラ企業。実力は無し。

    相変わらず恥ずかしいこと書いてるなぁ
    義務教育レベルの英語があれば、Lyft・Uberの決算書を一応読めるでしょ

    LyftとUberの売上・純損失、それと研究開発費の数字を抜き出してみるね

    Lyft (単位百万$)
         1-3月 4-6月 計(1-6月)
    売上   776  867  1643
    純利益 -1139  -644  -1783

    研究開発 631  310   941

    Uber (単位百万$)
         1-3月 4-6月 計(1-6月)
    売上   3099  3166  6265
    純利益  -1012  -5236  -6248

    研究開発 409  3064  3473

    Lyftは1Qの純損失が売上の147%と酷いことになっていたので、研究開発費を半減させて2Qは純損失を売上の74%に改善させた(半期では純損失が売上の108%)
    Uberは1Qの純損失が売上の32%と比較的マシな数字だったけど、2Qで研究開発費を7.5倍にしたので2Qの純損失が売上の165%と酷いことになった(半期では純損失が売上の100%)

    数字を並べてみれば、経営成績は似たりよったりにしか見えないと思うんだけど
    、どういう脳の構造をしてたら『ウーバー暴落。廃業が濃厚』という評価になるのか全く理解不能です(上場以来の株価チャートも見ましょうね)

    特に『全部リフトに取られて終わり』の部分はどうやれば赤字企業が規模4倍の企業を乗っ取るのかその方法を是非とも御披露いただきたいものです

    MaaS企業はこの研究開発費という将来の投資を加減することで目先の数字は大きく変化します
    半期の研究開発費はLyft9.4億ドルUber34.7億ドルという結果が出ていますが、これでもあなたは技術開発でLyftが有利と言うのですか??
    (ちなみに、ビッグデータは売上や走行距離に比例するのでUberはLyftの4倍持っています)

    以上までが引用

    ↑楽天家さん、jjjさんからのお返事ちゃんと読まれましたか?

  • 値動きに妙な感じを覚えたので、昨日、今日と現物で少しずつ買い増してみた。明日も同じなら更に買い増そうと、他の株売って資金用意したのに。はっ、明日は休場だ。

  • ぶっちゃけ、今朝のトランプ砲(中国企業へのライセンス見送り)が株価上昇の妨げの一因となってるのでは?そんなの此処では限定的なものと思いますけどね。大統領の立場でありながら、脊髄反射的なカマシしか出来ない、そんなトランプは、カジノ経営を倒産させた男ですからね。世界の生殺与奪の権利は我にありとでも言いたげだが、不動産経営やカジノ経営倒産時と心理的に変化も進化もないようだ。繰り返す気かな?一歩引く事で大きな価値を取る事も出来ない。延いては米国企業や国民にじわじわと負担が重くのしかかる。

  • ウーバーは、株価42.97 前日比+3.27(8.24%)
    Afterで40.57(現在)前日比株価を下回っていないのだから、暴落と言うほどでもないのでは?

  • スゴイのキマシタね。睡魔が一瞬で消えました。
    みなさん、おめでとうございます。

  • ヘイターによる銃乱射事件で、大量殺人は死刑だーみたいなことを連投してますね。
    よく言うわと思いますよ。

  • >>No. 92

    ありがとうございます。
    週明け注視してみますね。どうしても、夜は睡魔に襲われてしまいます(ZZZ

  • >>No. 89

    億万さんこんばんは。書き込み時間から、底値で買い付けできたようですね!自分も買い増し予定でしたが、今、目を覚まして見送りとなりました。残念。

  • 4月の急騰から一ヶ月目で反落、そこからわずかの上昇ですから悩ましいですね。テンセントと提携に関するニュースも飛び込んできたので、このまま様子をみようかと思います。

  • 【北京=多部田俊輔】中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)は米半導体大手のクアルコムとゲーム分野で提携することで基本合意したと発表した。クアルコムの半導体を搭載したゲーム端末や、次世代高速通信規格「5G」を活用したゲームの技術開発などで協力する。米中貿易摩擦は長期化しているが、両社はそれぞれの得意分野で技術を持ち寄り、一段と事業を強化する。

    画像の拡大
    ゲーム分野で戦略提携した中国のテンセントと米クアルコム
    テンセントは利用者が10億人を超える対話アプリ「微信(ウィーチャット)」など無料のSNS(交流サイト)のサービスを軸に、ゲームでも大きな収益を稼ぎ出す。クアルコムとの提携によってゲーム端末の機能やゲームの性能を大幅に高めることをめざす。
    クアルコムは、スマートフォン向けの半導体大手。世界のスマホ市場が縮小するなか、半導体の納入先をゲーム分野にも広げることで、主力の中国事業の基盤を固めるのが狙いとみられる。
    両社によると、ゲーム分野の全面的な戦略提携に向けて拘束性のない覚書(MOU)を26日に交わした。ゲーム端末やゲームの性能向上に加えて、5Gやクラウド分野、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)などを応用したゲームの共同開発なども進める。
    テンセントの馬暁軼・高級副総裁は「双方の技術と研究成果を利用することで、ゲーム産業のイノベーションを実現し、利用者に高質なゲームを提供していきたい」などとコメントした。クアルコムの中国地域の孟樸董事長は「モバイルゲームで5Gを活用していく」などと述べた。

  • 8月上旬に一旦下落の可能性もありますが、下げれば買い増しの大チャンスです。下げれば買いが入るので、タイミングを逃さないようにしないとですね。

  • 今のように買いのチャンスが与えられても、疑いの余韻に耽って、買えない人たち。

  • 【ワシントン=鳳山太成】米司法省は25日、「重要な合併の実施行動」について26日に記者会見すると明らかにした。反トラスト法(独占禁止法)部門トップのデラヒム司法次官補が米東部時間26日午前11時(日本時間27日午前0時)に会見する。ソフトバンクグループ傘下の米携帯通信4位スプリントと、3位TモバイルUSの合併に関する発表とみられる。米メディアは司法省が反トラスト法の審査を終えて週内にも合併を承認する見通しだと報じている。

    いよいよだな。

  • 今回の、トヨタの自社株買い(だけとは言わないが)による株価上昇の流れが理想。ガチホしておけば、株価がそろりそろりと騰がる。

本文はここまでです このページの先頭へ