IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (3490コメント)

  • >>No. 522

    syaさん、じゃないかな

  • 早いマシンとは、
    ポールtoWIN するか、オーバーテイク で勝ち取ったか、で評価される
    棚ボタはそうは評価されない

    また、1回だけでは偶然と評価されてもしかたない
    (笑

    また、30年前の話は、今話しても意味は無い
    (笑

  • パウエルFRB議長の演説、昨日
    2024年まで金利上げることはないだろう
    これで円高気味なのかな

    ここで円安とか騒いでおられた御仁がいましたが
    109円を超えたのは、終値で、3月4月で、たった16日しかなかったね
    (笑

  • まつだヲタクの皆さん
    お休みなさい

  • 電力危機ってこれか

    2020年末から21年1月にかけて発生した電力需給の逼迫について
     それでも結局、経産省からの節電要請はなかった。その理由を、梶山弘志経産相は1月12日の記者会見で「今の時点では、効率的な電気の利用をしていただければ、どうにか対応できる状況にある」と説明した。

    一般人はほとんど知らないでしょ
    だって融通電力で対応できたので

    だから経産省からの節電要請はなかった

    chanさんは、これの話を盛って、テスラ否定のネタに使ってるのかな
    苦しいね
    (笑

  • >>No. 468

    >自然だろう

    どこがだろう?

    再送
    テスラは、家庭用充電設備を純正で販売してるね
    MX30EVには、純正が販売されてるのかね?
    (家庭で充電できるのかな、知らんけど)
    むしろ、テスラのほうが、家庭深夜充電に積極的なのでは

    答えられないけど
    以上を考えてみたらいかがでしょう
    (笑

  • >>No. 465

    ローカルなところでそんなことがあったの?
    たまたまじゃないの
    どちらにせよ
    ニュースにもなってないと一般人は知らないし・・・
    一般人が知らないことは危機でもないでしょうね
    (笑

  • >>No. 461

    >電力需要逼時間帯にテスラが急速充電をすれば大停電を引き起こすわけ

    chanさん、全国のテスラが同時に、同じ時間帯に電力逼迫時に充電するのかね
    否定するために盛りすぎでは
    (笑

    テスラは、家庭用充電設備を純正で販売してるね
    MX30EVには、純正が販売されてるのかね?
    (家庭で充電できるのかな、知らんけど)
    むしろ、テスラのほうが、家庭深夜充電に積極的なのでは

  • >>No. 460

    予備率6.6%だよ
    ぜんぜんだいじょうぶです
    柳が揺れて幽霊に見えましたか
    (笑
    震災直後、輪番停電がありました。それが危機。
    今そんなことは起きていません
    (笑

  • >>No. 457

    chanさん

    >テスラは夕方の電力需要逼迫時間帯に急速充電をする。
    >mx-30EVは余っている深夜電力を使う。

    そんな決まりはありませんよ
    (笑

    chanさんの言い分は、大容量が良くないでしたよね
    だから
    羊羹の切り方で、羊羹の量は変わらない
    ということです
    (笑

    関連して勘違いを教えましょう
    テスラのような大容量受電設備は、高電圧を使っている
    家庭用の100v200v電力とは、まったく効率が違う
    勉強してみましょう

  • >上大容量バッテリーEVの急速充電が増えたら。
    >電力需要ピーク時間帯に一般家庭数日分の電気を使う急速充電には何らかの規制が必要だろう。

    走行距離を同じと想定した場合、
    大容量バッテリーと小容量は、充電回数の違いだけで、発電電力負担は、変わりは無い

    例えば
    テスラで、週一回充電するのと、MX30EVで毎日充電するのは、1ヶ月当たりの発電電力負担は同じということだ

    羊羹の切り方で、羊羹の量は変わらない
    (笑

  • >佐川急便はEVにしたらCO2を削減出来る言っているけど、電気は原発再稼働するか化石燃料の発電所を作って対応するのを無視していますね


    まず
    原発はCO2は出さない

    次に
    電気はあまっている
    震災前のに比べ、ピーク発電は15%減っている
    つまり電気需要が減っている
    震災から再生エネ発電は10%も増えている
    今も年1%増えていて、ずっと増える
    今年よりも来年はもっと発電に余裕ができて、発電中のCO2は毎日減っていく

    次に
    自家消費発電(ソーラーなど)は東電の発電にカウントされない
    これも毎日増えている

    (笑

  • >>No. 372

    きっと、イソジンが足りないんだと思います

  • まつだヲタクの皆さん
    お休みなさい

  • >>No. 244

    欧州は今やEVのメッカ。
    そこでEVで勝負するのだから、待っているのは現実となる。

    ドイツでの価格を比べてみよう。

    ■ルノーZoe ZE50 R110 31990ユーロ(415万8700円)
    ■VW ID.3 Pure Performance 31495ユーロ(409万4350円)
    ■マツダMX-30 34490ユーロ(448万3700円)

    次に、バッテリー容量(=航続距離)を比べてみよう。航続距離は、WLTP、WLTCの複合モードである。

    ■ルノーZoe ZE50 R110 54.7kWh(395km)
    ■VW ID.3 Pure Performance 48.0kWh(352km)
    ■マツダMX-30 35.5kWh(200km ?)※日本版はWLTCは256kなので不明


    差は、一目瞭然
    比べることの無意味さ

    ID.3 Pureは、確か2020年は販売されていない。
    ここら辺も2020年が調子が良く見えた理由なのだろう
    2021年になり、現実が一機に露呈されたのだろう
    (笑

  • MX30-EVの欧州の販売状況
    驚愕の事実がわかったよ
    (信じられない内容なので、確かめられないので、あくまで自己判断でお願いします)

    1年で1万台以上販売されたのは事実だった (のようだ)
    同時に驚愕のことが起きている
    2020/12までなかなかのペースで販売された
    12月は、3134台
    ところが年が明けると、2月は、303台(のようだ)
    実に、12月の、1/10以下?

    会社は昨年末、欧州でCO2対策で、ある程度見通しがある、とかコメントがあった。
    確かに、2020年の販売からそれは分かる気がする。
    しかし欧州規制強化による罰金は、2021年の販売に対して実施される。
    2020年の販売実績は考慮されない。
    1/10以下になるとは?会社は予想できなかったと思う。
    カーブが下向きなので、3月以降のデータは無いが、更に下がっていると思われる。
    すると、”CO2対策である程度見通しがある”、とかコメントは、???
    今期の決算予想でここら辺は訂正されるでしょうね。

    ・・・

    こういうの、なんていうんだったかな

    A.ネコに小判
    B.王様の耳はロバの耳

    なんか違うな
    うーん・・・そうだ

    C.とらぬ狸の皮算用

    と、存汁次第です
    (笑

           (本当なのか、事実かどうかは自己判断でお願いします)

  • >>No. 185

    そういえば最近、MX30-EVの話題を誰もしなくなった

    MX30-EV、影響出てるのか

    MX30として
    1月、833台
    2月、圏外

    会社は1月95台販売して、好調で増産とか鼻息が荒かったが・・・
    GとEVで足せば増えるはずだが、
    逆に、減った ???
    (笑

    テスラの値下げニュースは2月に起きたからね
    ・・・👾

  • テスラの日本のEVがバカ売れし始めた!3月の販売は前年比13倍

    3月の輸入車新規登録台数によると、テスラ車の販売台数は、一年前に比べ13倍の600台弱になった模様だ。2月17日に主力車種である「モデル3」の価格を大幅に引き下げたのが、消費者に受け入れられた格好だ。

    国と東京都の補助金が、この4月からそれぞれ80万円(従来は40万円)、45万円(同30万円)に引き上げられ、普及版の場合は、実質300万円前後で買えることも、人気につながっているようだ

    ・・・
    マツダのMX30EVは、確か補助金は16万だったような? なんで?
    値下げのテスラに定価が高くなり、補助金も少ない。
    なんてこった 👾

    内燃頑張るのは結構だが、EVを伸ばさない限り、ジリ貧になるだろう
    (笑

  • >>No. 166

    2020年度

    国 会社計画年度計  結果
    -------------------------------------------------
    中国 24万台   22万8142台、▼1万1858台
    日本 17万7千台  17万6255台、▼745台
    米  29万2千台  29万4694、 +2694台

    あと残、欧州はけっこうマイナス、豪は少しぷらす    かな
    (笑

  • 2020年度の販売情報が決定しつつある

    中国に注目しよう(3Q決算書による)
    会社計画年度計、24万台
    決定、22万8142台、▼1万1858台

    マイナスは昨年末から定常化しつつある
    3月はプラスになったが、前年コロナの影響
    全体+75%に対してかなり低い
    HV優遇措置の影響が出てきた

    主要国は、日、米も年度計が決定している
    日米中、合算でもマイナスに変わりは無い

    つまり、会社計画130万台は未達になったことを意味する
    ただし、それほど未達でもない、そこそこ近い数字となる
    まだ発表されていない国もあるしね
    (笑

本文はここまでです このページの先頭へ