ここから本文です

投稿コメント一覧 (21287コメント)

  • これだけニュースなどでコロナウイルス話題ばかりになってきてるから今週は、不安売りもピークになりそうだね。

    そうした状況でも粘れた銘柄が次の相場のテーマに成ってくるだろうね。
    さあ~ここは、粘れるか?

  • 明日からの株式市場は、コロナウイルス不安パニック売りで安値更新も考えられるね。

    今週は、そうして不安ピークも落ち着く週に成るような?

    その後は、イベント自粛で浮上――巣ごもり消費拡大の思惑相場開始かも?

  • コロナウイルス不安もピークに近づき明日は、日経暴落、コロナウイルス関連暴騰な雰囲気に成ってきてるね。

    今週が上昇逃げ場のチャンスかもね?
    自分は、安値で買ってるから売り上がって利益確定する気持ちだよ。
    まだまだコロナウイルス拡大、不安も続くだろうから勿体ないとも思うけど欲張らないで下げてる巣ごもり銘柄に移動するよ。

  • 日経先物も900円安まで下げてるから本当に最悪だね。

    中国市場は、小さい下げ中だから日本や韓国がヤバいね。

    今週が感染拡大、不安感もピークに成ってくるだろうね。

    これでは、多くの会社も先々の決算発表で減額確定だろうね。

    逆に少ない巣ごもり関連会社やコロナウイルス関連会社は、好調だろうね。

    もう忍耐力勝負だろうね。

  • 現在、日経先物も700円も下げてるから明日の寄りまでに戻さないと全面安の最悪な動きに成るね。

    これでは、安値で落ち着きだしてたけどダメ押し売りで下落も続きそうだね。
    まあ始まってみなければ分からないから粘ってくれれば助かるけどね。

    イベント自粛で浮上――巣ごもり消費拡大の思惑も考えられるけど難しそうだね。

  • >>No. 860

    言われるように消滅は、無理でも過去の同じような問題も自然に収まっていき関連株も短期で終了してるよ。

    今回も同じようにババ掴み合戦で信用規制まで掛けられ相場の末期的な場面じゃないの?
    材料動向よりも需給の方が株式投資は、重要だから好材料でも上昇しない事も多いし業績悪でも上昇する事も有り同じ相場が続く事もなくテーマは、変化していくよ。
    最後は、個人の信用組が値動きの大きさに釣られて人気継続中だけど天井抜けしないで戻り途中だから抜けれないと大損してスタート時点に戻っていくだろうね。

  • 結局は、昨年同様で今月中の調整も続きそうだね。
    そうして春相場は、期待できるかもね?

    来月に成ればコロナウイルス不安も落ち着いてくるだろうから忍耐だね。

  • コロナウイルス関連株相場も続いてるけど時間が解決してくれる不安だから関連株も戻り相場だけで長期相場も無理だね。

    ここと同じで高値信用買い残激増や規制も厳しくなり需給悪で終わるだろうね。

  • 現在、日経先物も500円以上の下げだから今週中に調整も終えそうだね。

    ここは、下落続きだったから先に調整してるから大きく下げないかもね?
    でも予想外の下落が続けば今年の絶好の買い場に成りそうだね。
    それを買える人達は、金持ちだから投資家達の勝ち負けの格差も開くだろうね。
    定期的な暴騰、暴落を繰り返す会社だから忍耐力が必要だけど安値圏で買って置けば楽しみも来るよ。

  • コロナ「感染拡大のおそれはとても小さい」大御所がパニックを叱る!

    新型コロナウイルスが本当に人々が恐れているような強い感染力を持っていれば、世界ですでに数百万人が肺炎で亡くなっていておかしくない。
    世界では、毎年インフルエンザで25万~50万人が亡くなっている。新型コロナウイルスは、毎年膨大な犠牲者を出しているインフルエンザのウイルスに比べればはるかに感染力が弱い。
    コロナウイルス感染拡大は「3月までに終結」と大御所が断言する。

    こうした感染問題などは、どちらにしても一時的な事だから関連株相場も勝ち逃げ組は、堅いけど高値追い組は、チャンバラ合戦に乗せられて大損するだろうね。

  • >>No. 641

    そうした事もだけどリアルにネット飲み会なども始まってるよ。
    テレビ通信でリアルに相手を見ながら会話もしながらだから感染不安も無く飲んでも飲酒運転や揉め事もなく嫌なら去ることも簡単で逆に気楽みたいだよ。

  • コロナウイルス拡大も続いてるけど回復者も居るだろうから時間が解決していくからスタートの勢いが一番強いから注意しないとね。

    こうした不安問題も昔から最終的には、高値買い組が気の毒だろうから先を見る株式投資も忘れないように売買しないとね。

    それにコロナウイルス拡大で喜んでるどころか愛知県の拡大が始まってるから会社関係者の感染不安の方が問題だよ。
    全国での生産販売展開されてるなら問題ないけど小さな田舎会社だから販売増よりも会社も不安感の方に意識が強くなってると思うよ。

    それにマスクなどもニュースなどでは、売り切れ状況ばかりの様子ばかりだけど田舎や地方では、売ってるよ。
    自分も愛知在住だけど売ってるしマスクもしないし普段と変わらないよ(笑)

  • まだまだコロナウイルス不安相場も続いてるけど全体相場も動きも暴落相場でもなく投資家達は、時間が解決してくれると思ってるだろうから需給悪改善調整で後々には、良い傾向だと思うよ。

    安値更新銘柄も出てるけど高値更新銘柄も出てるから循環相場も続いてるね。
    ここは、昨年の活躍株だから需給改善が進めば出直り相場も始まるような?

    逆にコロナウイルス関連株は、天井も打ってるし需給悪、信用規制などで戻り売りの逃げ場作りの動きだろうね。
    こうした感染症なども昔から時間と共に解決してきてるから感染者たちや犠牲者達は、気の毒だけど運のみのような状況だから仕方ないね。

  • 今日は、珍しくテレビニュース番組で巣籠り関連株に注目だと話してたからゲーム関連株も調整続きだったから出番が回ってくるかも?

    テレビニュース効果は、大きいからね。

  • 夕方のサンデーステーションで割と短期で抗体療法でコロナウイルス退治も可能のような話をしてたよ。

    こうした話題も出てくると新値追いは、難しくなってくるかもね?
    でも拡大中だから上下も激しくなるかも?

    それと同時に巣籠り株に注目されだすような話もしてたよ。
    そうなってくるとコロナウイルス関連株も注目中だけど欲張らずに巣籠り株に移動も始まるかも?

    自分もサンデーステーションを見てて注意も必要だと思い560円で買ってるから欲張らずに勝ち逃げして移動した方が無難だと感じたよ。
    取あえず両方を兼ねてる暴騰、墜落中の3815に注目してるよ。

  • 今日の夕方のサンデーステーションでで今後、巣籠もり(すごもり)銘柄に注目されると話してたよ。

    それとコロナウイルス拡大不安での注意は、当然だけど短期間で抗体治療で治せるような話もしてたよ。
    でも抗体治療は、感染者の治った免疫を感染者に注射する治療だから治った人が多くいないと量産も難しいから犠牲者は、気の毒だね。
    中国では、そうした治療も始まってるから日本は、少しでも拡大を進行させないで感染者の回復も必要だね。
    それでも中国越境医療事業は、好調も続くだろうね。
    いたちごっこ状況に成るけど時間が解決していくだろうから春には、落ち着いてくるだろうね。

    サンデーステーションは、見てる人も多いと思うからコロナウイルス関連株、巣籠もり関連株狙いの人達が増えてくるかもね?

  • >>No. 723

    > 名古屋の高速道路料金受け渡し係が感染
    > 6料金所を閉鎖ってヤバないか

    本当に愛知県も危機感が増してるから社員や製造部員の注意が必要だね。
    特に営業マン達は、名古屋高速も利用してるだろうし今後、中部空港近郊からも感染者が出れば近郊の会社だからマスクや殺菌・消毒・清浄 ジェルなどの売り切れ続きは、嬉しい悲鳴だけど感染不安感も同時だから上昇期待と下落不安が重なってくるね。

  • >>No. 262

    > 新型コロナウイルスによる肺炎が猛威を振るう中国では、何千万人もの人が自宅待機を強いられている。そんな状況下で中国のスマートフォンユーザーが記録的な数のゲームアプリなどをダウンロードしたことが、1500億ドル規模(約17兆円)を誇る世界のゲーム産業の追い風になっている。
    >
    > ■1週間で2.2億ダウンロード

    日本は、コロナウイルスを甘く見てたけど今からが本番だからゲーム娯楽くらいしか安心して遊べないから凄くなくても良い傾向じゃないの?

  • >>No. 666

    > 今日と明日で日本の感染者は何人増える?
    >
    > ワイは約30増えると予想するで
    >
    > 累計感染者数は165人とみた☺️

    何人増えても愛知県が不安地区に成ってきてるから会社関係の感染者が出れば最悪だから頭に入れておかないとね。

  • >>No. 637

    常滑は、陶芸友達も居るから何度も行ってるよ。

    空港ができて開けてるから良いね。

    瀬戸は、昔から余り変わらず住むには、良い所だよ。

    地元の将棋の藤井君が頑張って宣伝効果が出てくると陶器不況続きも良くなってくれると助かるけどね。

本文はここまでです このページの先頭へ