IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (131コメント)

  • ピクテの話を聞いてきました。
    1、米国株、ジャンク債、など、さまざまな資産に比べて、割安。
     15年ぶりに、大きく上がるチャンスと考えている。
    2、米国が利上げして、金融を引き締める局面では、新興国→米国に資金が還流し
     97年 アジア危機の2の舞を心配するむきもあるが、ピクテは、そうは
     考えていない(理由:中国、韓国、台湾は経常収支が黒字で、外貨準備もあるため
     バッファーがある)

    *為替の話は、理解が難しかったが、「過小評価」という部分は
    理解できた。がんばれ、新興国株

  • 1、本日、NHK日曜討論でアベノミクスの話をしていました。
    日銀が金融緩和をすると、円安・株高になる。また、インフレになるので、
    名目成長率>国債の金利 という関係になり、財政が廻りだす
    というのが、アベノミクスだと思います。

    現状、インフレ目標2%に達していないが、労働需給が好転しており、
    アベノミクスは、一定の評価をしてよい。今後の日本経済は
    海外経済次第。いま、経済は好調なので、景気刺激策はやめ
    金融引き締めをするべき などと意見がでていました

    難しいことは分からないのですが、2019年10月の消費税引き上げ
    までは、景気=株価が持続するのでしょうか。
    日銀の政策審議委員も、リフレ派の学者ばかり集めず、BNPパリバ証券の
    調査部長を、いれたらよいと思います。がんばれ、アベノミクス

  • >>No. 124

    TTさんへ
    追伸

    1、バフェット本によると、会社の値打ちは、配当・資産・利益・将来性の4つ。このうち、
     将来性が大事なのだそうです。ただ、将来性というのは、誰にも分からないため、
     バフェットは、「変化が少ない」企業に投資してきました。
     IT企業は、変化が激しく、将来が読めないため、投資を避けてきた所があります

     アップルの場合は、現金が多い、IPHONEのファンが多く、消費者独占企業である
     等の理由で、投資をしているのだと思います。
     バフェットは、バーリントンノーザンサンタフェ(鉄道会社)や、バークシャーエナジー(電力会社)
     に多額の投資をしており(それぞれ10兆円くらいの投資?)、5兆円の投資など、
     大した金額ではないのかもしれませんが・・・
     この点、TTさんは、どうお考えでしょうか。

    *一人で考えていても、よく分からないところが多く、お詳しい方に
    お聞きしたいです。よろしくお願いいたします

  • 1、アニュアルレポートのバフェットからの手紙を読もうと
    したが、英語が難しくて、理解できない。
    営業利益は、順調に増加しているが、投資部分(株価)
    の変動が大きく、年間の利益は4,000億円にとどまった。
    株式の投資は、簿価10兆円に対して、時価は17兆円。(含みが7兆円)
    ルックスルー利益が多額にあり、株価の変動だけを見ないで
    欲しい と、読めた。
    2、バフェット本を、何冊も読んだので、長期投資するつもりです
    なお、1930年生まれのバフェット氏の健康状態が心配です。

  • レンゴーの創業者は、井上貞次郎という人で、姫路出身。
    苦労を重ねて、段ボールを発明し、成功した。その後の社長は
    特攻隊の生き残りで、この会社で、営業をして出世した人。

    日経新聞で私の履歴書を書いている大坪清氏は、大阪出身、
    神戸大学卒業、住友商事の重役さん。住友さんとレンゴーと
    いうのは、関係がないと思うが、どんなご縁があって、レンゴーの
    経営者になったのか、興味津々。

    できれば、レンゴーの強み、弱みについて記載してほしい。
    セッツ板紙というのは、多額の負債を抱えて破綻した という
    イメージがある。そのあたりを、どう立て直したか というのを
    書いてほしい。関西で、強い会社というのは、限られる。
    がんばれ、レンゴー

  • 1、エクソンモービルの4~6月の決算は損益▲1,100億円の赤字だった。
    配当は減らさない模様。他の石油メジャーは、もっと赤字の幅が大きく、
    太陽光など再生エネルギー等、違う事業に、力を入れる模様。
    2、エクソンモービルは、財務内容が良好なので、比較的、どっしり構えている。
    新型コロナウイルスのワクチン開発が、進んでおり、コロナが
    収まれば工業生産が回復・石油の需要も伸びる→エクソンの収益回復・
    株価も80ドルに戻ることを期待したい。
    頑張れ、エクソンモービル

  • 1,日経新聞が、ヤーギン氏にインタビューしており
     石油業界は、原油安や、二酸化炭素削減関連で、逆風が吹いて
     いる。ただし、石油の需要そのものは、減らないので、石油ビジネス
     そのものは、続いていく、との見解を述べています。
     (例:自動車は14億台あるが、近々20億台まで増える、
     うち1/3は、電気自動車や水素自動車に代わるが、のこりは
     ガソリンで動く。
     また、プラスチックなど、原油を材料とする製品が溢れている
     ので、需要そのものは減らない。二酸化炭素削減の技術革新が
     必要)
    2,エクソンモービルも、原油安で、採算が合わない状況が
     続くが、採算の合わない事業を整理して
     頑張ってほしい。

     小口株主としては、30ドルを割ったら、資金を作って
     買い足し、戻りを売りたいです。
     頑張れ、エクソンモービル

  • 1,ロシア株の割安な理由
     *ロシアの政策金利は7%程度あり、資本コストが高い。(インフレ率が
     4%程度あり、これを抑えるために、高くせざるをえない)
     これが、PERが10を切る理由
     *ウクライナと、実質、戦争を行っており、欧米の経済制裁を受けている。
     *株価は、原油価格の動向に左右される。新型コロナウイルス感染拡大の
     影響をうけ、原油価格は低迷。株安の原因となっている
    2,MKURIBAが、ロシア株を選好する理由
     *割安に評価されており、配当利回りが高い
     *ロシアの外貨準備が60兆円程度ある。財政も健全に運営されている。
     ファンダメンタルズは、意外に、堅調。

    *グレアムのいう2流株であり、実力の数分の一に評価されている。
    また、原油価格と連動して値動きが激しいので、売り買いの鞘を狙う
    のも一法。安い時期に買い足して、チャンスを待ちたい。
    頑張れ、ロシア株ETF

  • 1,ダウ構成銘柄に、シェブロンが残って、エクソンモービルが除外された。
    この理由が、もう一つ理解できない。
    バランスシートや、事業の内容も、エクソンモービルの方が堅固
    だと思う。特に、純資産が40兆円、自社株買いを20兆円をした
    EQUITYの欄は、圧巻。
    2,ただ、近年は、シェールオイル・ガスに対する投資を増やしており、
    油価の下落に対して、弱い体質になっている。
    油価40ドル割れで、損益はトントンないし、若干の赤字では
    ないだろうか?

    3,今後の見込み:OPECの需要予測では2~3年で、一応、元に
    戻る、2040年ごろまで、インドなど新興国の原油需要が旺盛で
    漸増するというもの。
    新型コロナウイルスのワクチン開発の進捗が進めば経済活動は
    復活して、原油需要は戻る。油価回復に伴い、エクソンモービルの
    株価も、大きく戻るのではなかろうか?
    頑張れ、エクソンモービル

  • >>No. 7

    1,日本はアメリカから石油を止められて、日米戦争に突入した。
     また、石油ショックで、大混乱をした経験がある。
     その経験から、石油の供給を確保するため、この会社が作られた
     ものと思う。
     いわば、国策会社であり、公益という目から見て必要な会社。
    2,また、この会社の純資産3兆円は、エクソンモービルの19兆円と
     比べると、見劣りするが、厚い内部留保に守られた堅固なバランスシート
     だと思う。
    →山師としては、株価が0.2と安い今、投資すべきではなかろうか?
    頑張れ、国際石油帝石

  • >>No. 567

    追伸
    1,仮に、この情勢分析が正しいとするならば、
    PBR0.3で評価されている国際石油帝石の株価は、安いと
    言わざるを得ない。安いときに始める株式投資は、損はない
    頑張れ、国際石油帝石

  • >>No. 55

    追伸a
    1,東京の不動産は、基準価格が100→400になり、バブル崩壊
     により、元の100に戻ったそうです。
     30年前、MKURIBAが社会人になったとき、大銀行は17行ありましたが、
     今は、メガバンク3社に集約されました。
     不動産担保融資をして、不良債権が多額に発生したものと
     思われる。
    2,その後、東京の容積率は緩和され、不良債権の担保になった不動産は
     流動化され、現在は、高層ビルが多数立ち並んでいます。
     今や、世界有数のオフィスビルが建っているそうです。

    *劇的な変化があった、不動産業界ですが、丸の内の大家さんで
    ある三菱地所は「強い」ビジネスをしています。
    新型コロナで、渋谷などのオフィスビルは、解約が増えたそうですが、
    丸の内は、別格。頑張れ、三菱地所

  • >>No. 495

    ていらなす卿さまへ
    1,バフェット氏は、マイクロソフトのビルゲイツ氏から、
    コンピュータは、マイクロソフトのようなソフトや、
    インテルのような特殊な部品の会社が儲かるようになる
    と説明を受けました。

    2,ただ、インサイダー情報にあたるため、マイクロソフトに
    対する投資は、諦めたようです。
    その後、アップルに投資し、莫大な、利益を出しています。

    *アップルは「消費者独占企業」ですが、変化が激しい業種です。
    今年のchairmans letter に、何が書いてあるか、楽しみです。

    頑張れ、バークシャー

  • 1,純資産が17千億円ある。不動産の含み益が40千億円強あり、
     実質的な一株当たり、純資産は4,500円。
     株価1,620円はPBR0.35になる。
     資産から見ると、割安。
    2,利益は益回り5%程度なので、利益から見ると、株価は妥当。
     安く買って、長く持てば、損はしないと思う。

    続きます

  • 1,アニュアルレポートを見ると
     2018年:アメリカの株価はSKY HIGH
     2019年:アメリカ株は、何が起こってもおかしくないが、株は売らないで
          ほしい
     と、書いてあった。
    2,2020年は、春先から新型コロナウイルス感染拡大があり、
     「世界は変わる」として、
     *従来もっていた航空会社・ゴールドマンサックスの株式を全部売却、
     ウエルズファーゴ の株式も、2/3を売却。
     *資産や利益の裏付けのある、日本の5大商社や、石油パイプライン
     の株を買った。大変な1年だった。

    続きます

  • 1,新型コロナウイルス感染拡大のあと、FRBや日銀が金融を
     緩和して、マネタリーベースを5割くらい増やしている。
     FRBは、月々8兆円の国債と、4兆円の住宅債券の買い取りを
     続けている。
    2,これを受けて、ニューヨークダウは2万ドルくらいから3万ドル
     に、約5割値上がりした。
     原油はWTI20$→50$程度に、戻っている。

    *原油は需給の問題があって、金融緩和だけでは上がらないと
    思う。ただ、WTI50$の価格で、国際石油開発は、普通に黒字
    決算が組める。
    *春になって、桜が咲くころ、株主みんなが笑顔になるのでは
    なかろうか?

  • 1,事業計画はブレント42$を前提に、損益▲1,300億円。
     最近はブレントは60$程度に値上がりしている。
     来季は十分、黒字決算が組める。この銘柄がPBR0.3で
     買えるのは、十分、安いと断言できる。
    2,ただ、日経平均を買っても、利益がでる環境にある。
     石油の専門家は、この銘柄を追いかけてもよいが、
     一般の人には難しい銘柄。

    *国際石油開発株は、この冬から春にかけて3~5割くらいの値上がり
    (550円 →800~900円)が期待できる。このトビで、
     前より金持ちになったという投稿を待っています。

  • 1,日経新聞の報道によると、エクソンの2020年決算は▲2兆円。
     ロイヤルダッチシェルや、BPの損益も▲2兆円。シェブロンは
     ▲5,000億円。「石油メジャー、苦境鮮明」との見出しだった。
    2、ただ、足元はWTI55$まで戻っており、十分、黒字決算が組める
     水準。2021年は、新型コロナウイルスが克服され、石油需要が
     復活、油価高騰→石油メジャーの収益も元に戻るのでしょうか??

    *収益が回復すれば、株価も戻ると信じたい。

  • 1,決算短信読みました。
     2021年は、ブレント53$、一ドル103円を前提に、
     損益1,000億円(一株当たり68円の利益)
     を見込む。
     現在の株価714円は、PBR0.37、PER 約10倍で、
     掛け算して、約4。割安な水準と思う。
     また、現在のブレントは 約60$前後であり、
     53$を前提とした計画は、実現可能性が高いと思う。
    続きます。

  • >>No. 2823

    更に追伸
    1,今後のエクソンモービルを大胆に予想
     ・油価高騰により、利益は上がる。経営は「平時」モードに
      戻る。
     ・FRBが金融緩和しており、アメリカの株価は、非常に高い。
      しかし、エクソンモービルは、オールドエコノミーに属しており
      人気薄。結果としてPER10,PBR1程度、で評価
      される
      →エクソンモービルに対する新規投資は、報われやすい。

    *長期間持続する資金力があれば、配当や、株価高騰により、
    報われると信じたい。頑張れ、エクソンモービル

本文はここまでです このページの先頭へ