IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (8コメント)

  • >>No. 440

    xbr *****

    最も株主になどなって欲しくない糞爺~😭

    自分の言動も正しく見えない認知症爺~😡

    死に際くらい綺麗にしておけ~😡

  • >>No. 413

    xbr ****のバカヤローは、

    毎日 嫌がらせ投資を繰り返し

    安値買いを企む詐欺爺~😡

    腐った根性を正し、死に際は綺麗にしろ~😡

  • 2020年売上予測=96億円

    2021年売上予測=140億円

    2022年売上予測=200億円

    新興製薬会社で唯一の黒字会社~‼️

    株価=1600円前後~😡 

    時価総額=700億円~😡

    アンジェス大赤字会社=時価総額=2120億円~😭

    この株価操作は信じられない~😡

  • ●薬師丸女史より
    >Q10 Kさん カルジェンの2022年までの治験開始を教えてください。エーザイとのライセンスについてのいきさつと、今後のパートナーシップは日本でエーザイと取り組んで行きますか。
    >
    >回答 2022年まで2つの臨床を行う計画です。今は計画通りです。
    >エーザイさんは良好な研究開発の結果を手にしています。中国臨床を視野にいれ契約しました。アイスと補完的な製品です。今後も継続的に、他の可能性について探っていきたい。具体的なことがありましたら逐次報告します。
    >
    >Q11 Mさん キャピタルゲインを期待して株主になった。新工場のアイスの生産、販売量を教えて下さい。アイスの販売飽和時期は。もっと利益は出せませんか。劇的に伸びればおかしくもない、感触は如何ですか。
    >
    >回答 能力は10倍になり数年間の需要は確保出来る。アイスのピークは特殊なマーケットであり予測は難しい。ひとつエピソードを紹介。あるCEOは「30年経っても中国では全ての医薬品は伸びている」それほど特殊なマーケットです。量については四半期ごとの報告をご覧ください。開発費は売り上げの伸びを上回らないようコントロールします。今後も注視して収益を成長させます。
    >
    >下記お土産

  • ●薬師丸女史より
    >Q7 Mさん 上場が香港から上海に変更になり現在の進捗状況は。東1部への検討については。
    >
    >回答 世界で新型コロナの影響を受けていない市場は中国だ。IPOのプロセスは特殊であり、政府系のファンドが多数あり、上場をサポートしている。香港はレッドチップのストラクチャーを設立していたが、中国に戻す作業をしている。
    >その間コロナの影響で2ヶ月程遅延している。プロセスはスタートしているので、進捗があったらお知らせします。上場は競争が激しく、一旦許可されるとバリエーションがかなり高くなり、レビューを通るか保証は出来ないが、プロセス自体は走り出しており、アップデートがありましたらお知らせ致します
    >
    >Q8 Oさん カルジェンは34%、以前の50%より減少。今後の資金調達はどうしますか。世界の中堅規模製薬会社を目指すとありますが、具体的には。
    >
    >回答 シリーズA投資で持ち株34%。株主の皆様へは新株予約権を用意しています。行使すれば40%は超えます。行使の必要は今ありませんが。将来も当社が最大株主であることに変わりありません。
    >間もなく中計の発表を行います。役員会の承認が取れましたら、グローバルな中堅製薬会社になりたいと。具体的には中期計画をお待ちください。
    >
    >Q9 Tさん 株主への利益還元はいつ頃になるか教えて下さい。
    >
    >回答 利益は開発に再投資している。これがないと企業は変わらない。ブラックスワンイベントで、開発、内部保留のバランスは難しい。08.09の当時に比べれば改善してきた。製品も利益も、銀行にはキャッシュもある。生き残っていくのには重要である。今の時点で配当の約束は出来ないが、中堅規模カンパニーに成ればお答え出来ます。
    >先ほどの質問1部上場お答えしていませんでした。短く答えれば、考慮中です。

  • ●薬師丸女史より
    >Q5 Kさん カルジェンの産み出す価値、利益をもっと発信願いたい。CEOとしてではなく、科学者としてF351の成功の可能性をどのように考えますか。
    >
    >回答 期待値は高い。平易な言葉では言い表せない。革新的、先進的であり今後の創薬の在り方を変えるポテンシ〇ルがある。我々が手に負えないような沢山の医薬品がカルジェンから出てくる。今まではオンコロジーの資産を持っていなかった。大手製薬にとってもこのアセットは無くてはならないものだ。
    >今後中期戦略を皆様に発表するが、ポイントは線維症のみならず、オンコロジー分野での成功を大きく見据えています。現在はどこも新型ウィル〇の対応がメインになってるが、今まではオンコロジー領域に力を入れていた。高価格、致死率も高く小さな腫瘍でも、マーケットは巨大だ。開発している会社も時価総額10億㌦超えもある。CullgenはGNIの傘のもとオンコロジー、線維症を中期的に見据えることにより、成功のピジョンを持つ。
    >
    >F351成功の確率について、私はコンサバティブな人間だが、最初に高い成功の確率見込みます。低確率は選択しません。F351は成功、認証される確率はかなり高いと思っています。カルジェンも同様に迅速な成功の可能性がある。手持ちのパイプラインも高い。保守的に考えても失敗に終わることはない。
    >
    >Q6 Nさん 3月2日の米プログラムの進捗はカルジェンのことですか。F351のトップライン発表はどのタイミングですか。
    >
    >回答 3月2日は乳がんについてです。進捗は今後何度かお伝えすることになります。プログラムは非常に順調に進捗しています。
    >F351は病院が早くリリースしてもらいたい。3月は不可能です。病院依存になります。4月絶対にお伝えする約束は出来ませんが、。機能の一部が開いているだけで、スタッフも来れない人もいて、日本より深刻なこともあります。

  • ●薬師丸女史より
    >Q3 Kさん 解析中のF351について、ウィ〇スのせいで遅延し、4月中には結果を発表するという認識で問題ありませんか。
    >
    >回答 解析自体には問題ありません。迅速に行うことは出来ます。待っているのは非盲検化作業なんです。どの症例に属するデータなのか、病院から教えてもらう必要があります。非盲検化は病院で委員会を招集して話し合い、ゴーサインをもらうこと。コロナのため委員会の招集が出来ていない。希望ですが4月になれば、通常業務に戻り委員会も招集、迅速化される。希望をこめて4月と申し上げています。良好な結果を早く皆様に提示したい。直近ではコロナ患者もここ数日、ほぼゼロに近い状態です。
    >
    >Q4 Sさん 新型コロナが業績に与える影響は。各国は金融緩和策を行っているが、逆にそこを活かせないですか。
    >
    >回答 予期されないことだった。2月初めは生産施設がシャット〇ウン。在庫も下がってきた。後半になり開始。供給は問題ない。中国では通常生産に戻りつつある。販売活動は2月影響がありました。しかし第一四半期予想としては通常にもどり予定通りです。
    >ただ状況は日々変化しており、ご留意ください。政府の方針は朝令暮改もあり注視していきたい。カルジェンは影響が少ない。オンコロジーの遅れはない。1.2月も影響ありません。州の政策もありますがヘルスケアの生産、研究継続は認められています。
    >GNIは製薬企業でありコロナに立ち向かう企業です。影響は少ないと嬉しくお伝えしたい。
    >中国子会社は税の優遇処置もある。いくつかは免除されましたし、ローン金利優遇処置もありました。中国ではインセンテ〇ブがある。米国でも2兆㌦のパッケージもあり優遇はあると考えます。

  • ● 薬師丸女史より
    >質疑応答のご案内。株主11名の質問がありました。しばらく掲示板をお借りします。(非表示対策で〇表記はご容赦)
    >
    >Q1 Aさん F351の着手について、当初のスケジュール通り進んでいるのか。承認の時期はいつ頃なのか教えてください。
    >
    >回答 治験は昨年終了。生検スライドスコアを行っている。春節が延長されウ〇ルスの蔓延があり、遅延が生じている。病院内の監査を行っており、2つの病院のゴーサインを待っている。2,3月は失われたが4月には正常に戻り、盲検化も出来ると思う。独立委員会のデータは良好であるとの意見は頂いており、その内容通りの良好なデータが得られれば、中国FDAから3相に移るか、条件付き承認を申請出来そうであればそのまま申請。3相必要なら治験計画を立てる。
    >1~2ヶ月遅れたが全体的に大きな遅れとは思わない。
    >
    >Q2 Fさん アイスを寄付され治験されてますが、コロナウィ〇スに対する効用があるのか、その後の線維症に対して考えているのですか。
    >
    >回答 2病院で治験。有効性については抗ウ〇ルスに対しではなく、その後発生する線維症への効果があると見込まれています。03年SARSの蔓延があり開発を始めました。その時線維症の発生があり、これを端緒に開発しました。
    >新型はSAR〇と同じファミリーに属する〇ィルスでS〇RSもコロナの一種です。
    >現状の報告では線維症を引き起こす可能性もあります。どのくらい重篤かは報告は多くないが、弊社は感染された患者様の一助になればと説に願っています。
    >病院からの報告を待っている段階です。

本文はここまでです このページの先頭へ