ここから本文です

投稿コメント一覧 (137コメント)

  • >>No. 8628

    yakushimaru♡さん。
    いつも、ごくろうさまです。

    GNIさん、この表からも、順調に会社が成長しているのがわかります。
    しかも、あのそーせいの背後に、ピタッと張り付いて、一気に抜きにかかろうとしています。
    そして、来年はまさに独走状態へ。

    しかし株価は、一向に冴えませんね…(T_T)
    1日でも早く、そーせいの時価総額に追いついて、そちらも追い抜いてもらいたいものです。

  • >>No. 8231

    『カルゲン』より
    『カルジェン』の方が、音の響きがいいですよね。

    早く、みんなにカルジェンの凄さを、知らしめて欲しいのですが…
    逆を言うと、まだみんながその凄さを知らない今が、絶好の仕込み時なんでしょうけど。
    半年後、あの四月の3000円割れの時に大量に買っておけば、ボロ儲けできたのに~って、後悔したいです。

  • yakushimaruさん
    総会のご報告、ありがとうございます。
    ものすごい長文で、大変だっただろうと思います。
    そのおかげか、総会に出席できなっかった自分にも、その場の雰囲気が十分に伝わってきました。
    手元の保有株、ルオ社長の熱意で、ぎゅっと握りしめておきます。
    よく株価は、半年後を予測して動いていくって言いますよね。
    秋以降、事業内容もどんどん加速していくようですし(F351とか)、昨日で底打ち、反転、上昇気流に乗っていってもらいましょう!

  • >>No. 7934

    yakuさん。
    とっても分かりやすい一覧表、ありがとうございます。
    GNIさんの数字、抜群なのになぁ。
    それに比べて、時価総額の低いこと。
    この表をみているだけで、これから伸びていく会社どれなのか、簡単なことなのに(T-T)
    時価総額が、軌道修正される日を、首を長くして待っています。

  • >>No. 7454

    Yakushimaru♡さんの言うとおり
    僕も、ルオ社長の先を見る👀を信じます。

    『出資』という言葉に、過剰に反応してしまっていますよね。
    まだ黒字を達成していないのに出資をして、また増資が待っているぞ、みたいに。
    今回のお知らせ、よく読んでみると、すごく夢のある、ワクワクするようなお知らせだと思うのですが。

    『Reveal Biosciences, Inc.と当社は協働してアジアにおけるAI診断事業を拡大し、線維症患者様に貢献したいと考えております。』
    アジアの国々(中国・日本など)にAI診断システムを販売
     → 線維症患者と診断 → アイスーリュイを処方
    診断システムも売れるし、薬も売れる。
    まさに、WIN-WINの関係になろうとしていたら最高ですよね。
    実際には、そんなに簡単にはいかないでしょうけど。
    でも、そこまで考えていたら株主として、すごく嬉しいです。

    そして、なによりすごいと思ったのは、一番最初!
    『急成長中の製薬企業である当社』
    どこまで、自信満々なんだよって感じです。
    よっぽど自信がないと、こんな表現ってしませんよね?

  • >>No. 6949

    Yakuさん、ありがとうございます。

    グニ君と、サンバイオ君が、なんでこんなにも違うのか不思議だったんだけど…
    なるほど、サンバイオ君とは浮動株比率が、全然違っていたんですね。

    それでも、株主目線で見るからかな、グニ君の方が断然魅力的に思えるんだけど…。
    SBIさんの、2025年までのGNI予測数値がわからないんだけど、
    きっと、2025年の売上高なんか、サン君とは桁違いになってるはずよね。

  • 『中国における F351 第2相臨床試験中間解析において良好な結果を報告』
    ホルダーのみなさん、おめでとうございます。
    首が長くなるほど、待ちに待ったIRですね~。

    ふと、脳裏に浮かんだのは、この文章↓↓↓
    『あれは2018年秋、わくわくして待っていた、独立委員会が有効な結果を出し~』
    まさに、Yakushimaru♡さんの、シナリオ通りに物語が進んでいますね~。
    これから先、どんなサプライズが待ち受けているのか、
    ドキドキ・ワクワク、明日からが楽しみになってきました。

  • >>No. 6107

    早速に、予告編ありがとうございます。
    ワクワクする内容ですね。
    『今期はヒドロニドン単体で1000億円を突破!!』
    『アイス、RP、ILDのダンゴ三兄弟で計1500億円!!』
    これが、現実になるとすれば、今の株価なんてタダも同然!

    僕自身は、もう買い増しする余裕がないので、
    今の3000円台で購入できる人たちが羨ましいです。
    今買って、7・8年待つだけで、大金持ちになれるんですから(^0^)

  • >>No. 6103

    Yakushimaru♡さん。
    いつも楽しみに、読ませてもらってます。
    『お花畑 Season2』
    ぜひとも続編を、よろしくお願いします。
    次作は、『ブロックバスターF351 発売編』かな?

    株価の方は、一向に冴えませんね(T-T)
    明日の決算発表で、一気に流れが変わることを願っています。

  • >>No. 6040

    週末、Yakuさん、大予言!!
    ってな感じで、6年後に的中しないかなぁ(^0^)
    見事予言が的中した場合、その時の株価はいくらになってるのでしょう?
    ん~気になって、今夜眠れないかも…。

  • >>No. 5496

    新生GNI、週明けからどんな動きをしてくるのか、非常に楽しみです。
    もちろん、11日にむけて、上の方へ大きく動いていくことを願っています。
    まあ、GNIさんのことですから、過度の期待をせずに待ちましょう。

  • >>No. 5467

    Yakushimaru♡ さん。
    とっても有益な情報、ありがとうございます。
    ワナにかかって、ポロッといい情報を漏らしてくれても良かったのにね~。
    それでも、決算発表が期待できる口調だったのかな?
    あ~5月11日15:00が、とっても待ち遠しいです!

  • >>No. 5399

    Yakushimaru♡ さん
    単元変更&併合についての調査、ご苦労様です。
    すごく分かりやすかったです。
    これによると、そんなに影響はないみたいですね。
    なにはともあれ、早く1000億円クラブに復帰してもらいたいですね。

  • >>No. 4830

    2017年も、残りあとわずか。
    Yakushimaruさんの投稿で、GNIの未来に関する自信と確信を持てた一年でした。

    今、振り返ってみると、確かにエキサイティングな株価推移の一年だったのかな、と思います。
    ですが、来年こそは、もっともっとエキサイティングな(もちろん↑への一方通行です)
    1年となる予感がしています。

    1年後の2018年の年末には、ここのみなさんと
    『GNIの2018年は、やっぱり凄かったね~』
    って、締めくくれるよう、ルオ社長に頑張ってもらい、
    なおかつ、みなさんとGNIをしっかり応援していきたいと思います。

    GNIと、ここのホルダーみなさんの2018年が、
    素晴らしい年となりますよう、御祈念いたしております。

  • >>No. 4798

    東光薬品工業さんのタミバロテンも、
    元々は、ラクオリア創薬の子会社のテムリックから、導出されたようですね。

    『上市後、一定のロイヤリティ収入が発生します』
    とあるように、GNIさんが中国で売れば売るほど、
    ラクオリア創薬が潤っていくという、ちょっと複雑な心境ですが…。

    バイオベンチャー・創薬・製薬関係のセクター全体が、
    賑わっていく、ということでは大歓迎ですね。
    なんだか、タミバロテンの承認受理も楽しみになってきました。

  • GNI さんの タミバロテン も
    早く、上市されるといいですね。

  • なにが起きているのか?
    これから、なにが起ころうとしているのか?
    さっぱり理解不能ですが、
    静観するしかないですね(T-T)

  • >>No. 4075

    すごく今後の参考になる情報、ありがとうございます。
    北京工場の稼働率、30~40%ぐらいですか…。
    早く、フル生産しても供給が間に合いません。って状況になってほしいものです。
    それでも、そこそこ忙しくなってきたってことは、前よりも需要が増えてきていると思って間違いないのでしょうか?
    『生産量が増加=販売量が増加』ってことで、8月10日を楽しみに待つだけですね♬

  • 『モルガンも UBSも ドイツ野郎も
      やっちまえ! ファイヤー!!!』
     月内に、実現お願いします!!!

  • >>No. 3267

    twoCarrotさんの投稿、見ました。

    今回の増資・BAB買収は、米国FDA対策、F351の米国治験の為だとしたら…。

    米国GLP基準に準拠した最低8日間の毒性試験結果の提出を要請されたのも、
    中国での治験データなんかあてになるか、って言われたのかもしれません。
    毒性試験結果もクリアして、次の段階に進もうとしたら、
    『おたくの会社、アメリカで主だった事業、ほとんどないね。
     しかも、赤字続きで、いつどうなるか、わかんないよね。
     中国で、アイス-リュイが爆発的に売れ始めた?
     でも、数字で表れるのは、まだまだ先でしょ?
     そんな会社の中国での臨床試験データなんてね…』
    そこで、GNIはアメリカで実績を積んでいる黒字企業の買収を急いだ。

    すいません、勝手な妄想です。

本文はここまでです このページの先頭へ