IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (5393コメント)

  • 北朝鮮は国内にコロナ感染者は一人もいないと主張する一方、極端な防疫措置を導入。税関幹部らが処刑されたとの情報もある。感染リスクが高まるとされる冬に入り、経済難と同時に緊張が高まっているもようだ。

  • 菅氏は首相の器ではない。TV画面に出てくるのは「木偶の坊」。

    >国会中継を見て、いらだちを覚えた人も多いのではないか。就任から約2カ月が過ぎた菅義偉首相。日本学術会議の任命拒否問題では、あらわになったその強権ぶりとは対照的に、語られる言葉の乏しさが際立つ。質問に正面から答えず、同じフレーズを繰り返し、議論を拒む――。

  • >政府は「Go To トラベル」出発地除外に否定的 「経済が大変なことになる」

    政府はコロナを言い訳にして、有効な経済対策を打ってない。

    菅政権は何一つ対策がない、無能無策のまま漂流し始めた。

  • >お茶で新型コロナウイールスを無害化!! 奈良県立医科大学

    >奈良県立医科大学(同県橿原市)は27日、新型コロナウイルスが市販のお茶によって無害化する効果を確認したと発表した。基礎研究段階で人での効果は未確認だが、試験管内でウイルスが1分間お茶に触れることで最大99%が感染力を失っており、感染対策の一つとして期待。商品により効果に差があり、メーカーの許可を得て商品名の公表を検討するとしている。

  • >「安倍氏周辺」とは安倍本人だ。国会答弁との整合性を図り、無罪に逃げ込む作り話を捏造した。新聞ニュースに載せる意味はない。世間をたばかる嘘の連発。

    >安倍氏周辺によると、昨年末、安倍氏が国会答弁に備えるため、秘書に「5000円以外に事務所が支出をしていないか」と尋ねた。秘書は「払っていない」と虚偽の報告をした。この秘書は「(補填を)政治資金収支報告書に記載すべきなのにしていない事実を知っていた。(補填はないという)答弁をしてもらう以外ないと勝手に判断した」などと話しているという。

  • >>No. 395

    >静岡県にある原発はフィリピンプレート

    浜岡原発のことだろう。ここは活断層の真上にあり以前から注目を集めてる。

    東北電力で話題になるとは意外だ。

  •  「桜を見る会」をめぐり東京地検特捜部が安倍晋三前首相の公設第1秘書らを任意で事情聴取したことについて、公明党の山口那津男代表は24日の会見で、「本人自身の説明責任はある」との考えを示した。

  • >と言ったのだから、もうこれは終わりでいいだろう

    御免で済んだら、警察要らない

  • 安倍政権が森友学園に関して、1年半に139回の虚偽答弁。衆院調査局が認めた。

    >衆院調査局は24日、森友学園問題に関して、2017年2月から18年7月に安倍政権が行った事実と異なる国会答弁が計139回あったと明らかにした。

     衆院財務金融委員会で、調査を求めた立憲民主党の川内博史氏の質問に答えた。

     調査の対象は、17年2月15日から18年7月22日までの衆参両院の国会質疑で、当時の安倍晋三首相や佐川宣寿財務省理財局長(辞職後の証人喚問を含む)らが行った答弁。財務省が18年6月にまとめた森友問題に関する決裁文書改ざんに関する調査報告書と、会計検査院が同月に参院予算委に提出した報告に照らして内容が異なる答弁を数えた。

     その結果、財務省の報告書と異なるものが88回、会計検査院の報告と異なるものが51回の計139回に上った。

  • 「桜を見る会」に東京地検が捜査に着手。

    >安倍晋三前首相(66)側が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、安倍氏らに対して政治資金規正法違反容疑などでの告発状が出されていた問題で、東京地検特捜部が安倍氏の公設第1秘書らから任意で事情聴取をしていたことが、関係者の話でわかった。特捜部は、会場のホテル側に支払われた総額が参加者からの会費徴収額を上回り、差額分は安倍氏側が補填ほてんしていた可能性があるとみており、立件の可否を検討している。


     前夜祭は安倍氏の選挙区の山口県下関市に事務所を置く政治団体「安倍晋三後援会」が主催しており、公設第1秘書は同団体の代表を務めている。

  • 御三家と称されたのに・・・・

    >日立製作所が上場子会社の日立金属を売却する方針を固めた。同社はグループ会社のなかでもかつて「御三家」と称され、高い技術力でトップシェア製品も多く持つ。売却に向けた入札への参加を検討するのは、ベインキャピタルなど米投資ファンド勢。事業会社が距離を置くのは多角化をいかせなかった金属の収益構造がある。

  • 日経平均2万6千円台を付けたのは夢か、泡沫のように消えた。

    コロナの発熱でうなされた悪夢だった。

  • >>No. 259

    >当初7340億円(これでも無駄)の実行予算が史上最大の3兆円にまで膨張。

    森喜朗の報酬が2400万円で、算定基準も不明。官僚たちの再任用で高額報酬が目当ての集団。電通はじめお馴染みの戦場になった。

  • >>No. 505

    > 三重大病院(津市)の男性元准教授(48)=懲戒解雇=が、実際には使っていない薬剤を患者に投与したかのようにカルテを改ざんしたとされる事件で、公電磁的記録不正作出・同供用の疑いで捜査している津地検が、薬剤を製造・販売する小野薬品工業(大阪)を関係先として家宅捜索していたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。
     大学設置の第三者委員会は、教授だった男性(54)=退職=が小野薬品から多額の寄付金を得るため元准教授に薬剤「ランジオロール塩酸塩」を積極的に使うよう指示したと認定。地検は小野薬品側の認識を確認する必要があると判断したとみられる。

  • >>No. 522

    米バイオ企業モデルナは16日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、発症を防ぐ効果が「94・5%あった」とする最終の臨床試験(治験)の暫定結果を公表した。数週間以内に、米食品医薬品局(FDA)の緊急時使用許可(EUA)を申請するとしている。

  • コロナ不況に備えて、万全の対策。

    >コロナ後は雇用環境が一変。企業は経営が悪化して社員の休業、雇い止め、リストラを進め、高齢者を雇用し続ける余裕がない。人事ジャーナリスト・溝上憲文氏が指摘する。

    「コロナリストラがいよいよ大企業にも及んできた。対象は中高年です。三菱ケミカルは11月4日に50歳以上の管理職と定年退職後に再雇用された社員約2900人を対象にした希望退職者の募集を発表した。高年齢者雇用安定法で60歳以上の再雇用社員だけをリストラするのは難しいが、現役とセットであれば可能。50代の社員は給料が高いし、会社に残れば定年後に再雇用しなければならない。

     来年4月には改正高年齢者雇用安定法で70歳まで雇用延長が努力義務になるから、来年3月までに60代前半の再雇用社員と50代社員を一緒に人員整理したいという企業がこれから増えるでしょう」

  • >>No. 941

    総理大臣は決裁書類を信用してそのまま採決した。

    書類は杉田福官房長が選別して105名から99名に削減した一覧表を用意していた。問題は、お側用人が権限を逸脱して決裁を仰いだことにある。

    内容の説明なしに膨大な総理採決を決裁するから、6メイン拒否理由など知らない。

    新米の総理を甘く見た失敗だ。

  • 三重県多気町にあるシャープ三重工場で、派遣されて働いていたフィリピン人ら93人が15日付で解雇された。派遣など「非正規」と呼ばれる人や外国人など、雇用環境が不安定な人への新型コロナウイルス不況の影響が深刻化している。

     労働組合「ユニオンみえ」によると、解雇された93人は、三重県松阪市にある下請け企業から派遣され、液晶パネルの生産にあたっていた。

  •  第一生命保険の瓜生宗大常務は13日の中間決算会見の場で、元女性社員(89)による19億円詐取問題について「多大なるご迷惑とご心配をおかけし、深くおわびする」と謝罪した。不正を防げなかった組織風土も含めて調査し、年内に結果を公表する考えを示した。

  • >公明大阪府本部の佐藤代表が引責辞任 都構想再否決受け 後任は石川参院議員

    当然の処分。

本文はここまでです このページの先頭へ