IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (19コメント)

  • 2021/10/01 06:55

    ike(ikemen)君

    一週間ほど前に、1678インド株式ETF以外のすべての株式(レーザーテック、アドバンテスト)をキャッシュ化した作戦は今のところ成功しているように見える。
    10月下旬まで様子見だ。
    10月下旬、上がってても下がっててもレーザーテックを買いに行きます。

    市場での幸運を祈る。

  • 2021/09/29 11:04

    >>No. 724

    chan investment さんの言ってるフカヒレアカウント確認しといてね、

    あがるわ、伊豆の会員制リゾートへ急ぎます、お先に チャオ

  • >>No. 720

    思い出した、清原の画像使ったカリスマが、私の作った偽物カリスマでした。
    銀次さんのカリスマの画像は忘れました、ずいぶん昔の話ですね。

  • >>No. 716

    あとになり、青山、田代、清原、松つぁんの偽物が出てきてるのですが、あれはikeさんが遊んでた複垢ですか?
    銀次さんかikeさんだと思ってたのですが、

  • >>No. 716

    「カリスマ」も、元々銀次が作った複垢と私の偽物の二種類あったかと

  • >>No. 716

    金欠凍死銀行、私でしたか?
    銀次投資銀行の複垢じゃなかったですか?

  • 第二話
    つづき

    長い間、hukahire_umai でサメのアイコンを変えなかったが、私がクローン作りでフカヒレに攻撃を加えた辺りから、フカヒレウマイ、フカヒレ!、ふかひれ等の名前に変えたり、アイコンも「鱶」という黒い漢字や別のサメ画像にしたりいろいろと変えるようになった。

    のちにyuk が投稿するようになった少し前の頃には、今のアニメのキャラを無断使用するようになった。
    私のお遊び攻撃を受けていたyukを応援しようとして、私への攻撃がエスカレートしてしまい長年続いていた伝説的なアカウントは、ついに凍結を食らった。(少し可哀想だが、フカヒレもお遊びにしてはやり過ぎたと思う)
    このとき、私のアカウントも同時に凍結食らったが、私は例の捨てアカウントだったから痛手はなかった。

    その後 ikeを通して(ikeが電話でフカヒレ夫人から聞いた情報)、フカヒレの投稿休止が伝わった。
    しばらくして、フカヒレが新アカウントで参戦してきたが、yuk は新アカウントに対して「偽物である」と投稿している。
    これは面白かったと同時に、少しフカヒレに同情した。
    私が見る限り数回はそのようなことがあった。
    yuk は旧フカヒレアカウントが凍結されたことには気づかず、新アカウントを投稿数や、投稿文の下品さから尊敬するフカヒレのわけがないと判断したのであろう。
    フカヒレはそんなに悪人ではないが、yuk が考えるほどの紳士でもない。とくに銀次投資銀行とのやり取りはかなり下品な罵り口調である。

    実はフカヒレの投稿は、今も時々ある。yuk もそれを見たのだが、最近の投稿も「フカヒレさんではない」と否定していた。フカヒレは可哀想だった。閉店ガラガラの画像でホンモノアピールしていたがyuk がその画像時代のフカヒレを知らないのか無反応だった。

  • ikemen さん、

    8話はまだ、書いてません。
    10月中に書く予定です。
    先ほどの、フカヒレ氏アカウントの真偽の見立ての件、よろしくお願いいたします。

  • 第七話

    【ikeさんに話したこと】

    ike が私の複数アカウントに興味をしめしたので、青山銀次(朴 銀勲)が銀次との争いを面白可笑しくike に伝えた。

    青山銀次(朴 銀勲)というのは、私が作った銀次キャラの初期のものである。
    青山は横浜で洗車業を営んでいるという設定である。通称という感じにして、本名は朴 銀勲にした。

    その頃の私は、他に田代(逮捕された芸能人)や清原(元野球選手)の他に「MAZDAの松っつぁん」というキャラも使っていた。
    田代や清原はike さんに別アカウントだとバレていたが、松つぁんは別人と思われていたはずだ。唯一気がついていたのは銀次(銀A )だと思う。
    田代、清原、松つぁんに関しては誰かが偽アカウントを作りあそばれてしまった。
    田代と清原はike の仕業と思っていたが、銀次だったかも知れない。もちろん、全く違う人の仕業かも分からないが。
    松つぁんは銀次だと思っている。違うかも知れない。

    ま、とにかく青山や清原や田代がike といろいろやりあっていた。
    その中で、「なぜ私が銀次投資銀行(今の銀A )」と仲が悪いかを物語風に話したのである。

    こんなストーリーだ。
    昔、私が「銀次投資銀行」を名乗っていたが、新たに「銀次投資銀行」を名乗るやつが出てきて、名前の奪いあいになり、数年の抗争の後、私は名前を奪われて、仕方なく区別するために「銀次投資銀行B 」ということになった。
    後にその時の抗争を「七年戦争」とか「百年戦争」と呼ばれるようになった。
    それ以降、私は銀次A に復讐を続けている。

    こんな陳腐なストーリーだったが、ike はその話に興味を示した。
    そして、しばらくは、新人のike と私は悪い関係ではなかった。
    話題は主に、投資先の話と銀次投資銀行Aへの悪口だったように覚えている。
    銘柄は、安川電機、ローム、アドバンテスト等だった。

    その頃、ike はフカヒレに近づき、いろいろアドバイスを貰ったりしていたと思う。
    フカヒレは一匹狼的な存在で、誰にでも思ったまま批判的な表現をするのであまり人気はなかったと思う。
    ike がフカヒレにアドバイスを求めたりしたので、フカヒレは気分よくike と接していた。

    その頃のフカヒレもike も私も共通のターゲットは銀次とその複アカウントたちが主であった記憶がある。

    彼らと私の関係が悪化したのは、アドバンテスト掲示板に女性と思われるキャラが出現してからである。

    きっかけは私が、その女性と思われるキャラ(Yとしておこう)にいたずらコメントをしたことである。


    →八話に続く

  • 第六話

    【登場人物/ike 】その2

    ike が私の複数アカウントに興味をしめしたので、青山銀次(朴 銀勲)が銀次との争いを面白可笑しくike に伝えてやった。

    青山銀次(朴 銀勲)というのは、私が作った銀次キャラの初期のものである。
    青山は横浜で洗車業を営んでいるという設定である。通称という感じにして、本名は朴 銀勲にした。
    アイコン画像は以前に銀次が愛車スカイラインの前に立って写した画像の一部をパクったものである。銀次本人の顔でえる可能性が高い。

    ついでに言うと、銀次が愛車スカイラインのコクピットを写した画像があったのだか、そのコクピットのカーナビに銀次がいる場所を特定する地図が写り込んでいた。それが相模原のとある場所であったのだ。
    そこで、私は銀次を相模原の安アパート(風呂無し、共同トイレ)に住む独身者と設定してみた。

    銀次さん(今の銀A)、このころはお遊びだった。今は銀次さん(銀A )の投資手法や生きるスタイルをリスペクトしている。

  • 第五話

    【登場人物/ike 】その1

    フカヒレや銀次や私が掲示板でいろいろやりあってた後に現れた新顔。
    最初、ikemen·····って名乗ってた記憶があるのだがどうだろうか。
    だから、ike はikemen のike だったと思っている。

    ike は気がいい投資家さんである。彼が掲示板初心者だった頃、私とも仲良く会話していた。また、その頃すでにフカヒレと敵対していた銀次に対しても「銀次投資家」と呼び、フカヒレや私ほど銀次にたいしてヒドイ書き込みはしなかった。

    その頃、どちらかと言うと私とフカヒレがそれぞれ別々に銀次を攻撃し、ike もどちらかと言うと我々寄りであった。
    その頃から複数のアカウントを使い分けていた私は、ike にロームやアドバンテスト株を推奨していた記憶がある。
    その頃買っていたらかなりの利益が出たはずだ。しかし、ike は買わなかった。彼は安川電機でかなり儲けていた。
    フカヒレはデミオに乗っていたが株については日産の株をかなり保有しており、配当のほうが年金より高額だったのではないかと思っていた。

  • 第四話

    【登場人物/銀次投資銀行】その2

    銀次はフカヒレ同様に他人を馬鹿にしたような投稿が多く敵が多かった。銀次はそれを嘲笑うかのように次々にいろんな個性的なサブアカウントのキャラを使い分け反撃していた。
    例えば、銀次を師匠と呼ぶ弟子のようなキャラ、あるいは全くマツダと関係ないようなことを毎日繰り返し書き込むキャラ。
    その頃は今のようなえげつない攻撃が少なく、今思えばむしろ牧歌的でさえあった。
    その頃の無数のキャラの中でも、朝が来たなど現在でも使われているキャラもいくつかある。

    今いる「銀次投資銀行」(糞投稿はやめましょうでお馴染み)は、私が作ったクローンで、銀次の口調を真似て主にyuk への反撃に使っている。
    当の銀次投資銀行は今は、私やike が言い出した銀次A、銀次Bの話に乗っかり、自ら「銀A 」を名乗っている。

    前話でも書いたように、銀次は冷静でデートレが上手く、人生を豊かなものにする時間の使い方が出来る男で、学ぶところが多い。最近はお手本にしている。

    銀次は自ら会社経営をしていると書いていたような記憶があるが、事実は分からない。東京だったか、横浜だったかのタワーマンションに住んでるらしいが、これも事実かどうかは定かでない。
    相模原かその近辺に生活の拠点か仕事関係関連場所があるという噂がある。

  • 第二話

    【登場人物/フカヒレ】

    この話に登場するアカウントで一番古いのは、フカヒレか銀次投資銀行かのいずれかである。二人とも私より古参株で、どちらが古いかハッキリとは分からない。

    まずはフカヒレの紹介から始める。
    フカヒレは元々は「hukahire_umai 」のアカウント名でアイコンは大きな口を開けたサメ(フカ?)であった。
    いろいろな(かなりの数の)掲示板に書き込んでいた記憶がある。
    他人に皮肉を言ったり割と平気でずけずけ物を言うタイプで好感度は低かったと思う。(結果として多分多くの敵を作ってしまっていた)
    口論のような書き込みになり嫌がらせも受けていた。
    嫌がらせの中には「クローン作り」があり、hukanire_umai 等の似たような名前でアイコンも盗用したクローンを作り、あたかも本人が言ったように見せかけフカヒレに恥をかかせる作戦だったと思う。(そのころ、私はまだクローンなど作っていなかった、また、クローンと言っても全く同じハンドルネームははじかれたため、hukahire_unai のように一文字替えてあった記憶がある。今では全く同じハンドルネームが使えるように改善?されている)

    フカヒレは真っ直ぐな性格で、自分のアイコンは一貫して変えず、クローン作りをした相手に対して「真似ハンですねー、バレバレですねー、投稿数で判断できますねー」のような反撃をしていた。

    元日産の社員であったという本人の話は事実だと思う。のちに、掲示板上で掲示板初心者だった「ike」と出会い、意気投合して個人的なオフ会もしているというのも事実だと思う。
    ikeについては、いずれ詳しく書かねばならないが、フカヒレが心を許した数少ない投稿者であったというのは間違いない。

    フカヒレは少し親分肌なところがあり、自分に質問してきたり、頼ってくる投稿者には優しいのである。
    実社会では真面目な労働者だったと推察する。年金生活で、クルマにデミオを選択するなどクルマを見る目があり堅実な選択には好感が持てる。

    長い間、hukahire_umai でサメのアイコンを変えなかったが、私がクローン作りでフカヒレに攻撃を加えた辺りから、フカヒレウマイ、フカヒレ!、ふかひれ等の名前に変えたり、アイコンも「鱶」という黒い漢字や別のサメ画像にしたりいろいろと変えるようになった。

    のちにyuk が投稿するようになった少し前の頃には、今のアニメのキャラを無断使用するようになった。
    私のお遊び攻撃を受けていたyukを応援しようとして、私への攻撃がエスカレートしてしまい長年続いていた伝説的なアカウントは、ついに凍結を食らった。(少し可哀想だが、フカヒレもお遊びにしてはやり過ぎたと思う)
    このとき、私のアカウントも同時に凍結食らったが、私は例の捨てアカウントだったから痛手はなかった。

    その後 ikeを通して(ikeが電話でフカヒレ夫人から聞いた情報)、フカヒレの投稿休止が伝わった。
    しばらくして、フカヒレが新アカウントで参戦してきたが、yuk は新アカウントに対して「偽物である」と投稿している。
    これは面白かったと同時に、少しフカヒレに同情した。
    私が見る限り数回はそのようなことがあった。
    yuk は旧フカヒレアカウントが凍結されたことには気づかず、新アカウントを投稿数や、投稿文の下品さから尊敬するフカヒレのわけがないと判断したのであろう。
    フカヒレはそんなに悪人ではないが、yuk が考えるほどの紳士でもない。とくに銀次投資銀行とのやり取りはかなり下品な罵り口調である。

    実はフカヒレの投稿は、今も時々ある。yuk もそれを見たのだが、最近の投稿も「フカヒレさんではない」と否定していた。フカヒレは可哀想だった。閉店ガラガラの画像でホンモノアピールしていたがyuk がその画像時代のフカヒレを知らないのか無反応だった。

  • 第三話

    【登場人物/銀次投資銀行】その1

    フカヒレと同じ頃に掲示板で活躍したアカウントに「銀次投資銀行」がある。
    銀次投資銀行もフカヒレ同様に、他人の書き込みに対してずけずけと思ったことを言うキャラクターで、どちらかと言うと好かれていなかったと思う。
    (事実は分からないが)取引明細を貼り付けたり自分の生活をセレブに見せて自慢するので、余計に反発する投稿者も多かったと思う。
    そういう私も当時は銀次投資銀行が嫌いで、複数のアカウントを使い分けて攻撃していた。
    銀次も多数のアカウントを使って遊んでいたのは間違いない。銀次を師匠と呼ぶキャラとかいろんなキャラがいて、今思えば楽しかったかもしれない。

    銀次のデートレ投資手法や生活スタイルは見習わなくてはならない点が多く、今では少し尊敬している。

    最初の頃は、名前が「銀次投資銀行」でアイコンはゲームかアニメのキャラクターであったが、私はそういうのが苦手で具体名は分からない。

    私は銀次投資銀行に向けて、クローン攻撃を仕掛けた。「録次投資銀行」などの名前で画像は銀次が盗用しているのを、さらに盗用していた。
    銀次も私が気に入らないらしく、お互いの攻撃は結構長く続いていた。
    最初に言ったように銀次は嫌われ気味だったから、私以外からも攻撃を受けていた。

  • 第一話

    【銀b伝説/投稿目的】

    私は一部の人から銀bと呼ばれた男です。しかし、銀bと名乗る人は元々おらず、もちろん私も銀bというハンドルネームで投稿を一定期間続けたこともありません。ここ、2年ぐらいは銀bというアカウントの存在を主張する人を茶化す目的で極めて短期間、銀bという捨てアカウントを使ってみたりはしました。
    しかし、最初に申しましたように銀bというハンドルネームで長く投稿したという事実はありません。

    では、なぜ存在しない銀bというハンドルネームが都市伝説のように複数の人に語られるのでしょうか。
    それを説明したいために、何話かに分けてお話しようと思います。

    この話に登場するアカウントは次の5個が主なものとなります。それ以外にも何個かのアカウントが関係してきますが、それは出てくる度に説明いたします。

    銀次投資銀行、フカヒレ、ike、yuk 、私の5個のアカウントですが、yuk 以外は複数のアカウントを使用していると思われます。私は多数のアカウントを作っては捨てているので、どれを代表にすればいいのかわかりません。そこで、この話に一番大きく関わった「青山銀勲(朴 銀勲)」を代表として話をすすめていきます。

  • >>No. 685

    【再掲】お久しぶり、青山でも田代でも清原でもなく、どちらかと言うとMAZDAの松つぁんかな、わし。

    さっき、青山がお願いしてた件、箕面の大工、一人親方の松つぁんからもお頼申します。
    yuk 君はフカヒレ氏のいろいろな面が理解出来ないようです。
    ikemenさんからの話なら聞く耳持ってるようなんで、ぜひともikeさんから言ってあげて頂きたい。犠牲者も出ているようなんで、よろしくお願い。

  • >>No. 655

    お久しぶり、青山でも田代でも清原でもなく、どちらかと言うとMAZDAの松つぁんかな、わし。

    さっき、青山がお願いしてた件、箕面の大工、一人親方の松つぁんからもお頼申します。
    yuk 君はフカヒレ氏のいろいろな面が理解出来ないようです。
    ikemenさんからの話なら聞く耳持ってるようなんで、ぜひともikeさんから言ってあげて頂きたい。犠牲者も出ているようなんで、よろしくお願い。

  • 糞投稿はやめましょう

本文はここまでです このページの先頭へ