IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1989コメント)

  • >>No. 602

    2019年のサンバイオの感覚で
    こちらの投資に臨むのはありですよね。

  • >>No. 529

    「ステムリムは神に選ばれし銘柄」
    じゃなかったの??

    言っていることがころころ変わると
    気分が悪いですよ。

  • こちらの銘柄は、いずれ、2019年のサンバイオ
    ばりに高騰しそうな感じがしますよね。

    今の状況は、こちらの銘柄をこれから購入しよう
    としている人にとっては有利な展開になってきた
    のかもしれませんよね。

  • >>No. 464

    言ってることが昨日と違いすぎませんか?

    連日こちらの掲示板を見ている人間の意見としては
    貴殿の書き込みは信用できないという
    ことにもなるかもしれませんよね。

  • テラセネ劇場が歴史的傑作なのは、
    仕手株なのにもかかわらず
    瀧本さんの動画のなかに
    関係者の美しい人間性が息づいていることですね。
    テラセネ劇場の奥の深さを糧にして、さらには、
    瀧本さんの投資家としての姿勢に賛同して
    新たなる投資にチャレンジしたいと思います。

  • >>No. 378

    セサル ガビリアさんですよね?

  • 鳩山さんだって、コロ研が、投資スキーム
    のために設立された組織だと認識していたら
    絶対に発起人なんて引き受けていなかったと
    思います。

    あと、テラ社のおかれている状況というものは
    あったにせよ、平さんが、セネ社と業務提携
    されたのは、幹細胞製剤のコロナ肺炎に対する
    薬効に期待したからであり、臨床試験が単なる
    投資スキームにすぎないという認識だったら
    セネ社と業務提携なんてなかったと思うのです。

    テラ社は 2020.07.27 のIRが、めちゃ不自然で
    違和感ありまくりなのですが、これは平さんが
    「ともかく嘘はつきたくない、そのためには、
    不自然なIRになっても仕方がない」と判断された
    からだと理解しています。

    あと、タカ大丸さんが、YouTubeで平さんを
    攻撃していることにも違和感を感じます。
    そもそも、フライデーの記事を批判したのも
    デイリー新潮の取材の濡れ衣を押し付けて
    きたのもテラ社ではないと思いますが

    タカ大丸さんにも、もう一度冷静になって
    考え直してもらいたいです。

  • >>No. 348

    同じですね。
    私は昨年テラ株で1500万円+400万円=1900万円
    損失を出して、テラ社の損失をとりもどそうとして
    あせって他の銘柄にも手をだしてさらに500万円損失。
    結局、短期間に合計2400万円負けました。

    最近では、2019年のサンバイオや去年のテラ株
    のような急騰が期待される4599に注目しています。

  • >>No. 340

    注目すべきは、テラ社のIRで 342万円の粗利益
    (2277万円×0.15≒342万円)のおしらせがあっただけで
    瞬間的といえども 17%(高値244÷前日終値208≒1.17)
    も株価が上昇したことですよ。

  • firさん、可↑↓布拉さん、2323おじさん(ほんものですよね)
    私の拙い長文を読んでくれてありがとう。

    今回のテラセネ劇場の教訓は
    「株価を吊り上げて売り抜ける」というスキームは
    たとえ法律で裁かれるのを免れたとしても、あまり
    クレバーなスキームではないということですね。
    株式の高値づかみで損失を出した個人投資家たちに
    永久にうらまれ続けるようなスキームが
    クレバーなやり方のはずがない。

    しかしながら人生には、どうしても、心を鬼に
    して資金を調達しなくてはならない状況下に
    追い込まれることもあるのかもしれませんね。

    今の段階で一番賢明なやり方は、株式を高値で
    売り抜けて資産を作った人がその資産の一部で
    テラ社に優秀な分子生物学の研究者を雇って
    「幹細胞製剤の臨床応用」の研究に邁進して
    もらって会社の業績を充実させることだと
    思うのです。そうすれば、少し時間はかかっても
    個人投資家たちの理解も得られるようになって
    いくと思います。

    え?株式を売り抜けて作った資産は、
    借金の返済にあててしまったので
    もうないだって?
    ランボルギーニ2台買う余裕があるのなら
    研究者くらい雇えますよね?

  • 今回の「コロナ肺炎に幹細胞製剤を投与する
    臨床試験」がコロナ肺炎の患者を救うための
    ものでなくて、あくまでも市場から資金を調達
    するための手段にすぎなかった場合、
    つまり、臨床試験を計画した人たちが
    「テラ株投資で損失を出しても、投資って
    いうのはすべて自己責任であり、損したやつ
    がすべて悪いのだよ、バーカ」という考え方
    をしている場合、たとえその人たちを法律で
    裁くことはできなくても、幹細胞治療に夢を
    託してテラ株に投資した個人投資家たちに
    永久にうらまれ続けることになると思うのです。
    たとえお金があってもそのような人生は
    幸福な人生とは言えないし、クレバーな生き方
    でもないと思います。

    そこで、提案なのですが、
    ➀ 今後、株価が100円と買いやすい価格まで
    下がったところで、個人投資家さんたちに株式を
    まとめ買いしていただく。
    ② 個人投資家さんたちが100円で大量に株式を
    仕込んだところで、コロ研ホームページに
    「〇月×日、今度こそ本当に(超重要)プロジェクト
    の発表予定」というお知らせをのせる。
    ③ 株価が1000円まで上昇したところで個人投資家
    さんたちに株式を売り抜けてもらって、過去の
    テラ株投資での損失を補てん、倍返ししてもらう。
    (つまり、個人投資家さんたちに過去の損失を
    補てんさせるチャンスを提供する)
    ④ たとえ、臨床試験がインチキだったとしても、
    投資で利益さえだせれば文句を言う人はいない
    と思われ、これで当初の臨床試験を計画した人
    たちも枕を高くして眠れる。

    我ながらよくできたシナリオのような気もする
    のですが、やはりどこかに矛盾をはらんでいる
    ようにも思えます。

  • すりむんさん、また掲示板に顔を出して
    投資のアドバイスをして下さいよ。

  • >>No. 294

    鳩山さんは理Ⅰですよね?

  • >>No. 291

    具体的にどちらの銘柄でしょうか?

  • >>No. 315

    人数が多いほうが有意差が出やすいような気もするのですが・・

  • 今後のテラ株の投資スキーム(あくまでも案です)
    ① 株価が100円に下落するまで、株価をチェック
    しながら給料を積み立てて現金を貯める。
    ② 株価が100円になったら株式のまとめ買い。
    上場廃止のリスクがつきまとう銘柄でもあるので
    投資金額は全損しても致命傷にならない金額に抑える。
    まあ、1万株から5万株くらいまでが妥当でしょうかね。
    ③ コロ研のホームページに
    「〇月×日、今度こそ本当に(超重要)プロジェクト
    の発表予定」のお知らせが掲載される。
    ④ 株価が1000円になったら株式を売り抜ける。

    ・・ついでに
    2019年のサンバイオや去年のテラ株ばりに
    急上昇が予想される超有望株4599の投資スキーム
    (あくまでも案です)
    ① 株価が400円~600円に下落するまで、株価を
    チェックしながら給料を積み立てて現金を貯める。
    ② 株価が400円~600円になったら株式のまとめ買い。
    1万株から10万株くらい
    ③ 当初の予定通り、臨床試験の結果発表前に
    ものすごく期待が高まって株価が急上昇する。
    ④ 株価が10000円になったら株式を売り抜ける。
    臨床試験の結果(有意差なし)が明らかになって
    株価が暴落する前に売り抜けるのがコツ。

  • 今回のテラ株の値動きを投資家目線で考えると
    「今のような状況下においても、IRに「大型受注」
    のごとくのお知らせをのせれば、極めて短期間では
    あるものの株価は吊り上がる」ということが確認
    できたということだと思うのです。

    私的には瀧本さんの動画のなかで印象に残っている
    のは、セネ社員さんが
    「600円の株価を6000円につり上げるのは難しいけど
    100円の株価を1000円につり上げるのは簡単」
    と述べていることです。

    私的に、瀧本さんの動画の登場人物による投資スキーム
    をきわめて単純化すると下記のごとくだと思うのです。

    ①株価をわざと100円まで下落させる。
    ②株価が100円まで下落したら株式を大量に仕込む。
    ③株式を仕込んだらIRに株価が上昇しそうなネタをのせる。
    ④株価が1000円まで吊り上がったら株を一気に売り抜ける。

    たとえば、将来的に、株価が100円まで下落した時点で
    医療機関に検査キットを供給している(ことにしている)
    会社の大量注文を受注して(書類上あったことになっている)
    IRに「(超)大型受注」があったとのせて、株価が1000円
    まで上昇したら一気に株式を売りぬける。

    そのくらいのことはありそうな気がしてしまうのです。

  • >>No. 266

    もちろん レス 261 は、関係者に
    ほんの少しでも良心が存在していることが
    前提の話です。ですから、今後のテラ社の
    動向は、当時の関係者たちの良心の試金石
    にもなっていると思われます。

  • わりと大真面目にコメントさせていただくと、
    テラ社の生きる道は、仕込んであった大量の
    テラ社の株式を株価が吊り上がったときに
    売却してできた膨大な資金をいかに有効利用
    するかにかかっていると思われます。

    たとえば、その資金で優秀な分子生物学の
    研究者を雇って、幹細胞に正常の膵臓の遺伝子
    を組み込んだものを膵臓癌の患者に移植して
    膵臓癌を根治させることに成功すれば、
    株価もうなぎ上りですよね。

  • 本日のチャートを拝見して
    昔、こちらの銘柄を1900円で3万株
    超ジャンピングキャッチした直後
    フライデーに記事が書かれて
    人生詰んでしまった経験を思いだしました。

    しかし、この1年間、給与所得のほとんど全額を
    貯蓄に回してあたらなる投資先を考えています。
    瀧本さんの「やられたら倍返しするだけ」
    が現在の自分にとっての投資方針ですね。

本文はここまでです このページの先頭へ