IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1838コメント)

  • >>No. 763

    数分前になりうりが一気に10万株増えたから、個人ではないね。
    見せなのであれば直前にまた気配変わると思う。

  • >>No. 741

    昨夜のPTSで買って、今朝のPTSで処分したんやね。

    売ったら大体そんな言い方になるよね(笑)

    まるで自分を見ているよう。

  • ここでの書きこみ増えて、書きこみランキングの上に上がるだけでも注目上がるよね。

  • >>No. 435

    これまでの感覚だと、テーマ株は地合いが悪いと資金が集中して上がって、逆に地合いが良くなると、一般の銘柄に買いが入って逆に売られるイメージだったんですが、今日は、テレワーク関連も一緒に売られましたね。

    まあ、ここの値動きはブイキューブやアイスタディと連動して無いですけどね。

  • >>No. 433

    あ、すみません。ホームページで20日に発表されてましたね。

  • >>No. 419

    ユーザー数ってどこで確認出来たんですか???

    ブイキューブがもともとの導入企業数が5000社だったこと考えたら、そこそこ多い数ですよね。ブイキューブも今だと、2万社くらいになったのかな??

    勿論、ブイキューブを利用している企業の質も数も比べるべくも、ないでしょうけど、時価総額が300億と11億と30倍の乖離あるから、そう考えると安いよね。

  • >>No. 903

    これ実際のところかなり多いと思います。

    ここみたいに大手の場合、コンプライアンスもあるし、就業スタッフには、契約期間までは6割の休業補償しなければいけない。

    普通は、その補償分を派遣先に求める。
    キチンと補償するところもあるだろうけど、就業していないのに、6割支払うことに難色を示す会社って多いよ。
    大体、派遣先の半分は中小企業のイメージ。

    よくあるパターンとして、「ウチも厳しい。就業していないスタッフの休業補償の分を支払うのは無理。そのかわり、落ち着いて、通常業務が再開出来たら必ずオタクの会社から引き続き受け入れるから」。

    このようなやり取りがかなり多いと思われ。
    休業補償分を派遣会社が負担するとなるとかなりダメージでかい。

  • カラ売りで入りたいのに在庫切れ。たった2枚しか買えなかった。

  • テレワークの本流で言えば、ブイキューブ何だろうけど、
    中小企業とかでテレワークにそもそも費用が掛けられないけど、テレワーク導入は、しなければいけない!ような会社であれば、ここなんかはちょうど良い按配なサービスだと思う。
    テレワークする上で、最低限必要な制度は、自社の社内システムを自宅でも利用できるようにリモートアクセス出来ること。

    とりあえずそれさえ出来たら、自宅でも社内システムがいじれるから、在宅でも業務を進めることは出来る。

    ここは、時価総額がとんでもなく低いから、それだけに面白いよね。

  • >>No. 766

    検討しているというか、ブイキューブミーティングとRASとどちらも導入されてます。

    基本業務は、RASが導入されていることで社内システムが在宅でも利用出来て、メッセージなんかのやりとりが出来て、部署の定期的なミーティングは、ブイキューブミーティングを使って打合せしてます。

    社外の人と打合せが必要な場合は、招待メールを送って、決められた時間帯にウェブ会議室に入ってもらって打合せを行うこともしています。

    ブイキューブミーティングのシステムは、社内だけでなくて、社外ともやり取りできるますよ。

  • >>No. 760

    えーと…。テレワークする上で、RASとウェブ会議は、どちらも外せないと思うんだけどね。

    社内システムを在宅で活用するためにRASは、必ず外せないものだし、逆に社内や外部と意見のすりあわせや、具体的なやり取りを行う上で、ウェブ会議の活用も必須。

    どちらも導入しなければ、テレワークとしては機能しませんよ。

    ウェブ会議とRASは、競合するサービスではなく、テレワークを通常業務の環境にできるだけ近づられるように補完するためのものですよね。

    どちらもテレワークに必須なものです。

  • >>No. 633

    映像ラグは、これまでやっていて、違和感を感じたことはないので全く大丈夫です。

    そもそもで言えば、やはり顔を直接向き合って会話をする方が、やはり何倍もやりやすいですね(笑)

    やはり、ウェブ会議だと、変な間が出来たりするし、普通に会話することと比べたら、違う労力を使うので疲れますね~

    とは言え、電話だけのやりとりと比べたら、相手の顔の表情も見れるし、複数人と同時にやりとりできるので、遥かに有効なツールだと思います。

    ウチの会社もコロナウイルス前からブイキューブミーティングを導入していましたが、その頃は殆ど利用されることがなく、殆どの社員が利用方法を理解していなかったとおもいます。
    今回のことで皆がウェブ会議のことを理解し活用し始めたので、ウチの会社もウェブ会議のハードルが一気に低くなったと思います。

    ブイキューブとしては、新規顧客の獲得も勿論ですが、既存顧客からもアカウントの追加や新規コンテンツの導入などで、売上もこれから増えていくんだろなぁ~と思います。

  • >>No. 629

    簡易のボイススピーカーを取り付けられたら、1番ベストなんでしょうけどね~

    一時的なテレワークのためだけにボイススピーカーを購入するのは抵抗あって、イヤホンで間に合わせました。

  • >>No. 625

    音声は、普通の会議であれば、ボイススピーカーを活用するので、問題ないですが、自宅でノートパソコンを使ってウェブ会議を行うときは、音声が拾いにくいので、相手の声が聞こえにくい難点がありました。

    ただ、イヤホンを繋げたら相手の声もキチンと拾えるので、それで問題解決しましたね。

    特に音切れとか気になるレベルでは全くないですね。

    ウェブ会議上で、資料をアップ出来て共有出来るので、それを参加者が一緒に確認ししながらやりとりする事も出来ます。

  • ウチの会社は、ここのブイキューブミーティング導入しているけど、使い勝手は簡単。
    現在、ウェブ会議アカウントを5から100まで一時的に増やしたから、同時に100箇所のミーティングが実施出来るけど、社内同士であれば、手続き不要で簡単に入室出来て会議出来るよ。
    ブイキューブミーティングを導入していない社外の人でも、招待メールを送ったら簡単にウェブ会議出来るからね。

  • >>No. 340

    数年前のZMPやフィンテックなんかで、相場があったときは、5バーガー、10バーガー銘柄が続出したけど、実際のところ業績には寄与なんてなくて、ただの思惑だけだった。

    今回のテルワークについては、これからますます活用が見込める。

    今回のテルワークについては、認知も上がり導入に迫られている市場としても裾野が広がっていく状態。

    それだけに、今の株価の水準で終わるわけないと思ってホールドしとく。

  • >>No. 200

    今朝のテレビで、接触人数8割の削減させる現実的な施策はテレワークするしかないと言ってました。

    通勤の満員電車の往復と職場での接触を減らすことが、1番大きいらしいので。

    まだ、企業の導入は10%らしいので、伸びしろとなり得る母数はかなりありますからね。

  • 政府が接触人数減らす施策として、企業に対してテレワーク導入の補助金を打ち出すと発表したら、とんでもないことになりそうなんだけどね

  • 朝にテレビで8割の接触を減らすには、テレワークするしかないと言っていた。

    1日に接触人数が100人として、満員電車の往復だけで50人のシミュレーション。通勤と職場での接触の割合が最も人数が多いとのこと。

    国もテレワークと言うだけでなくて、本気で接触減らすこと考えるならば、テレワーク普及に向けての補助を打ち出して欲しいよね。

本文はここまでです このページの先頭へ