IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (44コメント)

  • シェアリングは機関の空売りが無くなってしまった・・・だから売り圧力が極度に減ってしまって早くも株価は切り返したといったところだろう。

    あとは大量に空売りした売り玉をいつ買い戻すか・・・かなりの枚数だろうからあっという間にはね上がるが問題はいつに買い戻すかだろう

  • フルッタ
    上昇トレンド抵抗ラインでの見事な反発

  • フルッタフルッタ 恐ろしく強い相場だね
    完全に複数の大口が買い集めているように見える
    それにしても・・切り返しで長い下髭の大陽線が出現したのは驚愕

    抵抗線の突破
    上昇トレンド継続
    本日の下髭大陽線
    機関の買いと思われるクロス取引

    なにか驚愕の大材料が出るのは間違いないだろうが一体この銘柄になにがあるのだろう

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

  • 11月末から始まった市場での玉集めも終了し、いよいよ急騰の様相を呈してきた銘柄。
    それは 7519 五洋インテックス。

    目立たぬよう気配なき少額クロスを幾度となく繰り返し、煮詰まったことは言うまでもなかろう。
    これから長きにわたって見捨てられたボロ株の汚名を返上することになる。

    無論、発行株式数のみならず、市場での浮動株数も極限まで減少していることから爆発高を演じることになるのである。

    目標株価は現在の118円から20倍の2000円台突入を予告しよう。

    来年度の大出世株 まもなく初動である。

本文はここまでです このページの先頭へ