IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1831コメント)

  • >>No. 995

    トレードは上げるか下げるか

  • >>No. 990

    例えば5.60でロングしても6.0になればいいわけだ
    5.50でロングできても5.1になればだめなんだろ
    今の価格の背景に原油価格がある
    あの4円の時の原油は-20とか訳の判らない時だったが今の原油価格90ドルが妥当かな?
    ドル円やドルペソの比較もあるがガンガン上げるかな原油
    原油との相関があるので冷静に見る時だろ

  • どうでもいいけど、5.1と5.6のレバ25での差がどれだけあるの?
    少しでも安くは分かるが、どこが安値か判るか
    買いは日足でMA24を超えてからでいいのではないか
    米国の雇用統計の結果を見てからだな

  • 日足を平均足で見るとMA24とMA48の真ん中で、本日が陰線で引けるな5.1に向かうのではないか

  • 日足の平均足を見るとこの3日大きくぶれている。日足のMA24とMA75の中でぶれ、5.53辺りで変わらない。ドル円は下落チャート。ドルペソは20.7を超え、22を超えてくるかもしれない。まだロングはできない。

  • 米国南部ではメキシコからの不法移民が増えだしている
    壁を停止したバイデン民主党に反発がでている
    中間選挙は共和党となるのではないか
    中間選挙、金利、ウクライナ、インフレ
    自分としては日足の平均足で明確に陽転するまではロングはできない
    現在は保有している分を5.6あたりから両建て凍結中さ。だから下げるのを楽しみにしている

  • ドルペソが20.7超えた
    ドル円が高くなっているので助けられているが少し円高に向かうと5.5を割る
    ドルペソがベースとするなら「お前はすでに死んでいる」状態だろ

  • 中国とロシアは合意しているのではないか
    また、ロシアとイランが同盟的な動きをしだしているだろ
    トルコが地理的ポイントとなるだろ

  • ウクライナ問題は落ち着くことはないのではないか
    下手したら世界大戦になりかねない状態だろ
    日本はのんきなものだけれど先ずヨーロッパは戦場モードになるだろ
    どさくさに中国が台湾と沖縄にしかけてくるのではないか
    この数か月で中国は250発ほど弾道ミサイル発射テストをしている
    世界のこのテスト全部の半数以上だぜ

  • 5.5が安いと思う心理は下げてきたからではないかな
    月足で見ると6円から4円に急落し、この10か月はレンジとなりあげきれないでブレの幅の広がりが大きくなりだしている
    ケースとしてはレンジの終わりに起きるものだが月足で横線を見ると上値が重いどころではない
    ここを抜けるには相当の好材料がないと突破できないのではないかと見ている
    だから上手くやると美味しいスワポが続くことになる
    上手くとは如何に低コストでロングを仕込むかだけれどな

  • 2022/01/25 23:05

    日足MA48は5.497
    ここを割ると5.5が蓋になる

  • 大切な人がいるならPCR検査すべき

  • 5.5を割るとサポートからレジスタンスに変わる
    ドルペソだと20.7だが、今までの抵抗を抜ける位置となっている
    現在20.66

  • 基本的にウクライナ問題とFOMCはメキシコペソにとってマイナスだろ
    チャート的にもファンダ的にも上げる要素が少ない
    そんな時に安いからロングとかするかよ
    つい最近だろ5.5超えるかなって騒いでいたの

  • ウクライナ問題はどうなるか不明だがもし侵攻すれば安全資産にマネーは逃避する。ドル建て債券が少ない円は買われるだろう。FOMCで米国の3月利上げは織り込まれているのではないか。メキシコにすれば米国金利上昇で米ドル債券の金利負担が増える。メキシコのインフレは益々高くなる。そこでメキシコ金利を上げられるかだが米国景気が悪化すれば金利は上げにくくなるのではないか
    日足の平均足を見ると迷うことなく下落に向かっている
    ロングは日足の平均足が明確に反転してからでいいのではないか

  • 米国は金利上げることが決まっているのに10年国債は買われている
    金利よりも安全資産にお金が逃げている
    やはりウクライナ問題ではないか

  • オレの掲示板はほとんどが無視リストになっている。基本的に無視ユーザーを相手している人も無視リストにいれている。オレはこの掲示板を自分メモに使っているだけさ。そう思うもそう思わないもどうでもいいのさ。

  • 日足はMA24とデックロし、MA48の5.49に向かう形だがここを割ると次は週足
    週足のMA24は5.496でここを割ると週足のMA48の5.462だがここは週足MA24と週足MA48のデックロ位置となるつまり5.5は大きな分かれ目とも見える
    月足は5.24でここを割ると月足として陰線となり、現在月足はMA48の下にMA24がある下落チャートで昨年2月に平均線を上に抜けたのがまた失速しそうになる
    月足で明確な失速は5.17となる
    ペソと原油のチャートを比較すると似ている
    最低が2020年4月ころ、そこから反転しているからち原油とペソの関係は強い
    現在の原油だが85ドル。これからの需給予想で原油価格が倍になるだろうか。逆に原油価格が半分の42ドルになったとしたらどかだが2020年11月が4.8円あたりだ
    政策金利の上昇を期待しているが2020年1月の政策金利は7.25%だったが現在は5.5%となっている。また政策金利とペソのチャート比較でも通貨をコントロールしてい様子が見える
    メキシコ政府は対ドルで強くする政策ではないのではないかと見ている

  • ウクライナ侵攻開始したら大きな下落するからロングは注意だな
    オレは現在は全ての通貨で対円ショートのみしている

  • 想定通りだな
    チャートからすると本日大きな下落がありそうだよな
    ポンドもユロも同じような下落チャートなので何か起きるのかなウクライナかな

本文はここまでです このページの先頭へ