ここから本文です

投稿コメント一覧 (1275コメント)

  • 2017/11/16 16:40

    ソフトバンク孫社長が40億ドル出資。あの人が狙うのは10倍以上の大化け株。
    自動運転でベンツ、アウディ、トヨタがNVIDIAを選んで提携。
    http://eetimes.jp/ee/articles/1705/18/news045.html
    画像処理やAIはGPUのNVIDIAが、CPUのインテルより優位。
    疲れを知らず圧倒的な反応速度のAIが運転する方が安全かつ楽なので、すぐに普及
    するでしょう。アイサイト程度だってこんなに楽なのだから。
    一度採用したら、安全面、信頼面から、他社製品への乗換がおきにくい基幹部品。言い値で売れる。既に劣勢のインテルが撤退すれば、市場独占。
    自動運転やAIで、巨大なガリバー企業が誕生する予感。
    ただのグラボ屋から自動車の基幹部品メーカーになる途中なので、過去の株価は
    参考にならない。
    10倍になれば目先の株価などどうでもいいから、まとめて800株買いました。
    みなさんも一緒に大きな夢を見ましょう。

  • 115が非表示にされたのはなぜだろう?リンクが悪かったのかな。
    みなさん、10年後を楽しみに!

  • 2017/11/21 18:52

    自動車そのものは、電気自動車化すると、PCのように部品の組み立てでできてしまい、どこ製でも大差なくなる。自分で運転しなくなれば、加速フィーリングなどの感覚的好みもどうでもよくなるからなおさら。
    自動運転には強力な画像処理能力が必要。モービルアイはカメラ系の会社であって、GPUの開発力はないので、NVIDIAの敵ではない。GPUを市販しているのは世界に2社しかない。インテルがAMDを丸ごと買収すれば脅威になりうるが、CPU分野で独禁法にひっかかるからそれもできない。よってNVIDIAには敵がいない。PCのインテルのように、自動運転車のNVIDIAになる。
    PCのインテルはスマホが出て苦戦しているが、とはいえPC分野では依然としてインテルがシェアの大半を握っている。自動運転についてはスキームチェンジが思い当たらないので20~30年くらいはNVIDIAの天下になる。
    トヨタはじめ各自動車メーカーは20年も自社開発を続けてきたが、NVIDIAとの提携に乗り出した。つまりそれだけNVIDIAの性能が優れていると自動車メーカーも認めざるを得なくなったから。トヨタも自社だけで開発できるのであれば自社だけで開発したかっただろうに。

    自動運転ができれば、介護用ロボット、ウェイターロボットなどへの応用も利く。既に開発中とのこと。https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/executive_dinner/1021297.html
    先進国中の介護者やウェイターがロボットに置き換わっていく。先進国では人手不足だから月20万円でレンタルしても、文句も言わず働くし、間違えないし、福利厚生費も要らないので、飛ぶように売れる。ロボットの画像処理、音声処理にはGPUが必要。GPUで圧倒的に先行しているNVIDIAに追いつく者はいない。また既にディープラーニングのデファクトスタンダードはNVIDIAであり、研究者はほぼ全てNVIDIAに依存している。http://s0sem0y.hatenablog.com/entry/2017/01/30/045944
    AI革命の最大の貢献者であり利益独占者となる。産業革命で全ての蒸気機関を独占するがごとく、AI革命の画像処理、音声処理を独占したら、すさまじい利益になる。

  • 自動車そのものは、電気自動車化すると、PCのように部品の組み立てでできてしまい、どこ製でも大差なくなる。自分で運転しなくなれば、加速フィーリングなどの感覚的好みもどうでもよくなるからなおさら。
    自動運転には強力な画像処理能力が必要。モービルアイはカメラ系の会社であって、GPUの開発力はないので、NVIDIAの敵ではない。GPUを市販しているのは世界に2社しかない。インテルがAMDを丸ごと買収すれば脅威になりうるが、CPU分野で独禁法にひっかかるからそれもできない。よってNVIDIAには敵がいない。PCのインテルのように、自動運転車のNVIDIAになる。
    PCのインテルはスマホが出て苦戦しているが、とはいえPC分野では依然としてインテルがシェアの大半を握っている。自動運転についてはスキームチェンジが思い当たらないので20~30年くらいはNVIDIAの天下になる。
    トヨタはじめ各自動車メーカーは20年も自社開発を続けてきたが、NVIDIAとの提携に乗り出した。つまりそれだけNVIDIAの性能が優れていると自動車メーカーも認めざるを得なくなったから。トヨタも自社だけで開発できるのであれば自社だけで開発したかっただろうに。

    自動運転ができれば、介護用ロボット、ウェイターロボットなどへの応用も利く。既に開発中とのこと。
    先進国中の介護者やウェイターがロボットに置き換わっていく。先進国では人手不足だから月20万円でレンタルしても、文句も言わず働くし、間違えないし、福利厚生費も要らないので、飛ぶように売れる。ロボットの画像処理、音声処理にはGPUが必要。GPUで圧倒的に先行しているNVIDIAに追いつく者はいない。また既にディープラーニングのデファクトスタンダードはNVIDIAであり、研究者はほぼ全てNVIDIAに依存している。
    AI革命の最大の貢献者であり利益独占者となる。産業革命で全ての蒸気機関を独占するがごとく、AI革命の画像処理、音声処理を独占したら、すさまじい利益になる。(URLを貼ると非表示になるのね(>_<))

  • No.251

    強く買いたい

    >>239 量子コンピュータ…

    2017/11/21 23:30

    >>239
    量子コンピューターは5年後に部分的に実用化らしいですから、そのころにはNVIDIAの車載GPUが実装されています。画像認識と音声認識なら、量子コンピューターまでの性能はいらず、小型化・省電力の方が重要なので、自動運転やロボットはNVIDIAに利があると思います。量子コンピューターは一部のスパコンを駆逐するだけで、その他の半導体産業は生き残ると思います。ネット見るタブレットに量子コンピューターは必要ないですし。

  • 2017/11/22 00:10

    ソフトバンク孫社長が40億ドル出資。あの人が狙うのは10倍以上の大化け株。
    自動運転でベンツ、アウディ、トヨタがNVIDIAを選んで提携。

    画像処理やAIはGPUのNVIDIAが、CPUのインテルより優位。
    疲れを知らず圧倒的な反応速度のAIが運転する方が安全かつ楽なので、すぐに普及
    するでしょう。アイサイト程度だってこんなに楽なのだから。
    一度採用したら、安全面、信頼面から、他社製品への乗換がおきにくい基幹部品。言い値で売れる。既に劣勢のインテルが撤退すれば、市場独占。
    自動運転やAIで、巨大なガリバー企業が誕生する予感。
    ただのグラボ屋から自動車の基幹部品メーカーになる途中なので、過去の株価は
    参考にならない。
    10倍になれば目先の株価などどうでもいいから、まとめて800株買いました。
    みなさんも一緒に大きな夢を見ましょう。

  • No.274

    強く買いたい

    「NVIDIA CEO が予測…

    2017/11/22 23:44

    「NVIDIA CEO が予測する、AI 活用の産業革命」
    ぐぐって見て下さい。
    「70 億のトランジスタを搭載した Xavier は、最先端のサーバー用 CPU よりも複雑です。驚くべきことに、Xavier の処理能力は、今年 CED で発表された DRIVE PX 2 に匹敵し、毎秒 20 兆回の演算を実行できるディープラーニング性能を誇ります。しかし、消費電力はわずか 20 ワットです。」
    「10 兆ドル規模の輸送産業は、AI によって大きく変わる可能性のある巨大産業です。自律走行車は、事故を減らし、トラック輸送およびタクシー・サービスの生産性を向上させ、新しいモビリティ サービスを可能にすることができます。」
    「産業用ロボットの大手日本企業であるファナック社が、端から端まで NVIDIA の AI プラットフォームを使用して未来の工場を作ることを発表しました。」

    20ワットで20兆回/秒の計算機を開発できるのはたぶんNVIDIAだけです。
    口だけでなく、孫さん、トヨタ、VW,ベンツ、ファナック等々の目利きが認める実力を備えています。5年後、自動運転が実用化された時点で何倍かになっているでしょうし、10~20年後のロボットの頭脳を制覇すれば何十倍~100倍になっているでしょう。グーグルはネットの広告業界を制覇して20倍になりましたが、NVIDIAは自動車・ロボット・AI業界を制覇する可能性の一番高い企業です。グーグルは検索自体には課金出来ませんが、NVIDIAは全ての自動車・ロボット・AIに数十万円単位で課金できます。こんな会社は見たことがありません。目先の数ドルの誤差は関係ないと思います。

  • No.275

    強く買いたい

    「Intelは10日(現地時間…

    2017/11/22 23:53

    「Intelは10日(現地時間)、17量子ビットの超電導テストチップを開発し、量子コンピュータの開発に携わるQuTechに納入したと発表した。
     量子は非常に脆く、ノイズや意図しない観測によってデータが失われる可能性があるため、20ミリケルビンの極低温環境で動作させる必要がある。」

    量子コンピューターは、大きさ、温度、電力の点で車載やロボット搭載には向きませんし、そこまでの能力はいりませんね。

  • No.276

    強く買いたい

    「Radeonの顔だったRaj…

    2017/11/23 00:01

    「Radeonの顔だったRaja Koduri氏がIntelに入社。将来的には「Intel製単体GPU」登場か」ぐぐってください。
    インテルもあせってヘッドハンティングしてますが、技術者の囲い込みはNVIDIAが圧倒的に先行しています。

    「AI がソフトウェアを飲み込むとき」ぐぐってください。

    「最後に、NVIDIA は、専用の推論 TPU に対する NVIDIA のビジョンであり、NVIDIA の AI 自動車向けスーパーチップ「Xavier」に組み込まれている「DLA」 (ディープラーニング アクセラレータ) のオープンソース化を進めています。これは、NVIDIA ができる限り迅速な AI の普及を望んでおり、他に誰も推論 TPU の開発に投資する必要がないようにしたいと考えているためです。NVIDIA なら、世界有数のチップ設計者チームが設計した推論 TPU を無料で提供できます。」

  • No.279

    強く買いたい

    >>277 私もグーグルは持…

    2017/11/23 00:21

    >>277
    私もグーグルは持ってますが、すでにネット広告業界を制覇しているので、爆発的発展の絵は描けないんですよね…
    みなさん、「ファナック、NVIDIAのAIプラットフォームで未来の工場づくりへ」もぐぐって見て下さい。

  • 2017/11/24 19:35

    大和証券のレポートによると、EPS3.06ドルから2022年には15ドルになるとの予想で、そのときの予想PERは14倍とのことです。5年で5倍の利益が予想される会社に出会えて幸せです。また、24億ドルのAI市場が2025年には597億ドルになるとの予測です。インテルさんと共存しても、新しく生まれたAI市場はとてつもなく肥沃な大地です。
    アップルはパソコン屋だった2003年には1ドル台だったのにiphone発売で20ドル台になり、さらに今は170ドルです。スマホというマーケットが出現して、その利益を享受したためです。20ドルで売った人はもったいないことをしました。21ドルでも22ドルでも買ってホールドした人は大儲けでしょう。
    AI革命はスマホ革命の比ではありません。運転手、介護者、ウェイター、レジ打ち、単純工場労働者という職種の多くがNVIDIAのGPU入りマシンに置き換わります。365日、24時間、残業代も社会保険料も不要で、文句も言わず働いてくれますから、毎年何百万円の給与を払うことを思えばいくら高くても売れます。マーケットが伸びるときの先行者利益は莫大です。

  • 2017/11/25 23:26

    ソースは大和証券のサイトです。大和証券に口座があれば誰でも見れます。

    「AI革命はスマホ革命の比ではありません。運転手、介護者、ウェイター、レジ打ち、単純工場労働者という職種の多くがNVIDIAのGPU入りマシンに置き換わります。365日、24時間、残業代も社会保険料も不要で、文句も言わず働いてくれますから、毎年何百万円の給与を払うことを思えばいくら高くても売れます。マーケットが伸びるときの先行者利益は莫大です。」の部分は、私個人の意見です。

  • 2017/11/25 23:31

    丁寧なご反応、ありがとうございます。

    「大和証券のレポートによると、EPS3.06ドルから2022年には15ドルになるとの予想で、そのときの予想PERは14倍とのことです。また、24億ドルのAI市場が2025年には597億ドルになるとの予測です。」までが大和証券レポートです。

    後は私見ですが、たぶんここを見ている多くの方が共感するところかと存じます。

  • No.358

    強く買いたい

    >>357 2025年時点で…

    2017/11/25 23:46

    >>357
    2025年時点でのしっかりした証券会社の予測です。それ以降も当然成長する前提での予想だと思います。
    蒸気機関、電気、電子機器に次ぐ第4次産業革命と言われています。「第4次 産業革命」でぐぐってください。その最先端を独走しているのがNVIDIAです。そのマーケットの広大さたるや想像もつきませんが、スマホの比ではないと思います。

  • 2017/11/26 00:00

    今までロボットは「見る」ことができませんでした。グーグルのウェイモはレーダー方式で「聞く」に近い方式にすぎません。
    画像処理、例えば、犬と子どもの区別を、多彩な光と影の中で区別できるのは、GPUです。光と影の処理については、NVIDIAが今までゲームのために注力していたところであって最も得意とする会社です。以上私見です。

  • 2017/11/26 00:05

    NVIDIAを極東の日本で買い煽りしても何の意味もありません。ただ私はお宝を見つけたのでおすすめします。
    この株はみんなが上がり続けると思っているので、買い時は今です。ファンドが決算のために売ってくれるだけで、多くの個人は5年以上ホールドだと思います。

  • No.457

    強く買いたい

    「AI時代、NVIDIAが当面…

    2017/11/29 10:54

    「AI時代、NVIDIAが当面は無敵と思える理由」を読めばわかるとおり、NVIDIAはAI研究のインフラ(ハード、ソフト)を握っています。インテルが今からGPUを作っても、世界中の研究者はよほどのことがないと乗り換えません。ウィンドウズ上でワードとエクセルを使っている人が、今さら別のOSや他の同種ソフトを使わないのと同じです。現時点で圧倒的に先行しているのがNVIDIAです。
    仮想通貨用やグラボ用は、当面の利益を稼ぐおまけだと思っているのでどうでもよいです。NVIDIAの真価は、10年後の自動運転とAIです。

    グーグルの株価チャートをみればわかるとおり、100年に一度といわれるリーマンショックで下がっても、優良成長株のグーグルは結局3倍以上になっています。機関投資家とちがうので、目先の2~3割の調整なんて織り込み済みです。

    >>439
    桃太郎さん、一緒に10年後に祝杯を挙げましょう!

  • No.747

    強く買いたい

    >>733 teglarさん…

    2017/12/04 17:20

    >>733
    teglarさん、丁寧な分析、ありがとうございました。

    私も、以下のように考えました。
    tegra登載車同士は、互いの高度な通信により周囲の動きが予想できる。例えば300m先で、別のtegra車5台がブレーキを踏めば、後続車はブレーキを予測できる。例えば関越道の渋滞などは簡単に予測できる。またtegra登載車同士は、動きを知らせ合うのでまず衝突しない。
    したがって事故率が非登載車より大幅に下がる。自動車メーカーは安全を重視するのでtegraを採用する。ますます事故率が下がる。先進国では、手動運転車は莫大な損害保険料を負担しなければならない贅沢品になる。
    気づいたら、市場をインテル+ウェイモ軍と二分する。既に今、ほとんどの自動車メーカーはNVIDIA(VWアウディ、ベンツ、トヨタ)かインテル+ウェイモ(BMW、フィアットクライスラー)軍のどちらかと組んでおり、その他のマイナー軍勢は上記の理由から自動車メーカーに採用されないので存在できない。これから出現する年間数千万台の自動運転車市場を30年後には2社で分け合う。
    なお自動運転が普及しない、という見方は、非現実的である。安全で便利(運転中の時間を自由に使える)を選択するのがほとんどの人間である。今時、公道で乗馬する人はほぼいないのと同じである。手動運転車はサーキットかマニアのみとなる。政府も交通違反と事故による悲劇をなくせるので、自動運転を推奨する。

  • 2017/12/14 14:40

    ”運転席無人”の自動運転車 公道で初の実証実験
    ティアフォーのAI Pilotは、
    Powered by Autoware installed on a DrivePX2. Autonomous driving in a compact module.
    なので、DRIVEPX2を積んでいますね!
    日本初の公道実験も、DRIVEPX2の優秀さの証ですね。

    完全自動運転の時代は「必ずやって来る」
    モービルアイはレベル2の背伸びのアプローチ、NVIDIAはレベル4からのアプローチ、
    ということですね。

  • No.119

    強く買いたい

    >>117 モービルアイはカ…

    2017/12/14 16:54

    >>117
    モービルアイはカメラ屋さんで、頭脳は作れません。レベル2からのレベル3まででしょう。テスラも、トラックの見分けができないプアな頭脳のモービルアイに見切りをつけてNVIDIAと組みました。
    レベル4にはスパコン並の演算能力と超省電力の頭脳が必要で、それを作れるのはNVIDIAだけです。
    NVIDIAはGPUを長年作り続けて大金脈を当てたのです。GPUでもAMDはNVIDIAにだいぶ遅れています。インテルが仮にAMDのGPU部門を丸ごと買っても、周回遅れで、実用ベースには数年はかかるでしょう。インテルが今年のNVIDIAに追いつくころにはNVIDIAは3年以上先を走っているでしょう。そしてデファクトスタンダードはNVIDIAになっているでしょう。
    PX2搭載車が15km/hで走りました。ペガサスは10倍の性能ですし、その後も数倍の性能の車載AIを次々と発表するでしょうから、インテルは追いつけないでしょう。
    ASICとGPUのあいのこのようなFPGAより、GPUの方が汎用性、プログラマブル性に優れており、頻繁なアップデートが必要な発展期においてはGPUの方が優位性があると考えています。世界中のAI研究者は、GPUを使って研究しています。
    インテルはあせっていろいろな会社を買っていますが、技術を統合するだけで数年かかるでしょう。その間にNVIDIA、研究者、パーツメーカー、自動車メーカーのエコシステムができているでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ