IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1347コメント)

  • 私はARM買収は吉報だと考えています。
    abcさん、2030年に祝杯を挙げましょう(^^)/

  • AppleがArmベースのSoCをMacに採用する背景
    ----
    これも必読ですね。要約するとインテルとAMDのX64は設計が古くて電気を食うので、アップルはARMを選んだということです。CPUの世代交代はものすごく大変ですがアップルも選びました。今後20年はARMの時代でしょう。

  • Armのライセンス形態はどうなっているのか AppleはどのIP?
    -----
    ソフトバンクGの“4.2兆円” Arm売却で、半導体業界に「次に起きること」
    -----
    ARMコアの多様なライセンスモデルとCPUコアの設計フロー
    -----
    これらも必読ですね。NVIDIAはARMの能力を自由自在に操ることができるようになりました。
    ちなみに独占ではなく補完なので、法的規制もクリアするでしょう。

  • >>No. 716

    ぶっちぎり1位です。スパコン世界ランキングにARM採用の富岳が堂々初登場
    ----
    ARM版Windows 10で64ビットアプリがそのまま動くように?MSがエミュレーション開発中の可能性
    ----
    MacがARMになったら何が起こる?
    -----
    上記をググってください。
    ファンさんは、必ず、サーバー用CPU市場を取りにいきます。
    MSもwindowsのx64ソフトについてarmに対応するので、PC用CPUも、winもmacもarmになるでしょう。
    サーバーもPCもGPUは必須となっており、メニーコア+省電力のarmがインテルとAMDのx64の市場を食い荒らせばすごいことになります(^^)/

  • 「ファンCEOは技術への理解が深く、目利き力がある。優秀な社員たちの話しもよく聞く。技術をかみ砕いて、いわばビットレベルまで細かく理解する。現場が集めてきた情報を基にCEOが方向性を定め、強烈なリーダーシップで進めていく」
     「エヌビディアには1万8000人の社員がいる。例えると、1人のうるさくて怖いオヤジがいて、その下の1万7999人の子どもたちが並ぶ。その子どもたちはすごく民主的だが、オヤジが決めると、一致結束する。ファンCEOの1番の強みは人間力や包容力で、それが『文鎮型』の組織を成立支えている」
     「エヌビディアには『ミッション・イズ・ボス』という言葉がある。ヒエラルキー(階層制)はない。実はきれいな組織図がない。市場で何が起きているのか。そこが優先され、ミッションに対して組織を越えて人が集まる。ミッションがボスで、ミッションで動く。方向転換が早く、集中と選択につながっている」
     「プラットフォーム思想も人材の流動性を支えている。エヌビディアの製品は共通のアーキテクチャー(設計思想)で作られている。ゲームやロボット、データセンターなど産業分野は異なっていても、共通化されている。一つの投資でリターンを最大化可能で、必要な人材も最適に離合集散が可能となっている」
    ――ほかの半導体企業と異なるエヌビディアの独自の強みは何ですか。
     「私はエヌビディアを半導体メーカーではなく、『コンピューティングプラットフォームの会社』と定義している。つまり、半導体の部品としてではなく、システムを産業に提供している。半導体を使うためのソフトウエアだけでなく、顧客によっては最終的なアプリケーションまで作り上げている。ソフトにものすごく投資している」
     ――半導体のユーザーであるGAFAも半導体の内製を進め、競争環境は厳しくなりそうです。
     「GAFAはAIを世界中に広げるために投資している重要なパートナーであり、顧客だ。独自の半導体チップを作っているが、カスタム品でありすみ分けできる」
     「我々が狙うのは、汎用コンピューティングの世界だ。汎用品の世界で求められるのはスケールとスピードで、事業モデルが異なる。様々な産業で汎用コンピューティングの市場が伸びており、我々のプラットフォームを広げられる」

  • >>No. 410

    「おまえ、装飾だけきれいなホテルの壁みたいだな」。16年、日本法人の大崎真孝代表に向かって、ファン氏はこう言い放った。ある大型案件を失注しかかっていた当時、詳細を語らずに取り繕おうとする大崎氏に「1人で抱え込まずにさらけだせ」と迫ったのだ。
    ファン氏は情報を隠したり、各部門が囲い込んだりすることを嫌う。正しい市場の姿が見えなくなるからだ。1万8千人にのぼる社員から虚心坦懐に話を聞き、進むべきと決めた道に大胆に経営資源を振り向けるのがファン流。いわば、「話を聞く独裁者」である。
    -----
    最高の経営者ですね。

  • 正確には、大暴落のリスクがあるときには現金を多めにするという基本的なことをしているまでです。NVIDIA株は今でも3000万円近く持ってますよ。

  • コロナでなければオールベットしてましたが、今はおとなしく1000万円にしてます(*^^*)
    テスラチックにふけ上がれば、売り時は難しいですね。

  • はい、NVIDIAは長期投資にはうってつけだと思っています。市場が飛躍的に伸びる、社長が創業者で無理しないで誠実、結果も仮想通貨^SBオプション以外は出しています。

  • グラボ、データセンターはAMDより優れているのでまだまだ伸びます。9月のグラボ新製品が21年ぶりの革命的商品とのことですので、期待しています。
    自動車部門は今はインフォテイメント(ざっくりいえばデジタルメーター)がメインですので、自動車販売台数に比例します。でも慣れるとアナログメーターには戻れませんよ。
    CPU戦線で、ARMがX86の代替品になれたら、ものすごく伸びます。逆にARMからRISC-Vへ逃げることはほぼ不可能です。できたらとっくにやっています。」

  • というか、マサやん、どうせ売るならうちに売らない?相乗効果があるのはうちだけでしょ笑 高く買いまっせ!でも支払はARM+NVIDIAの株ね!という会話でしょう。HPC用ARMCPUは成功すればX86を駆逐します。まさに投資ですね

  • 私にはARM買収の賛否に関する情報はありませんが、ファンさんにはあります。
    金に困ったSBは全ての情報をNVIDIAに渡さざるを得ません。
    その上でファンさんが買収するもよし、買収しないもよしです。

  • abcさん
    ファンさんは我々の100倍賢いので安心して持っていましょう笑

  • HPCのCPUがARMベースに置き換わったら、インテル+AMDの稼ぎ頭がNVIDIAに来るということです。将棋でいえば藤井棋聖の勝負手です。

  • ファンさんにも感謝を笑笑

  • アーム再編へ2つの選択肢 ソフトバンクG、IPOか連合か
    エヌビディア側から交渉を持ちかけられたもよう。
    アームとエヌビディアが仮に手を組めば、相乗効果を引き出せる可能性がある。アームは半導体設計の上流工程を手がける一方、エヌビディアは下流工程を主力としており、開発能力を高められる可能性がある。アームはデータセンター向けシェアは現状5%程度で、関連分野が急成長しているエヌビディアとの連携で新領域を開拓できる。アームは事業拡大の一方、固定費や先行投資がかさんでいる。
    ----
    日経に同趣旨のことが書いてありました。
    SBと金融機関にとって、ARMの株100%保有よりNVIDIA+ARMの株15%の方が価値があるでしょう。

  • RISC-VがArmに取って代わる 命令セットオープン化の衝撃
    ----
    RISC-VとARMの理解のため、この記事も読んだ方がいいでしょう。
    RISC-Vの最有力の推進者のNVIDIAがARMを買うなら、RISC-VよりARMの方が勝つでしょう。
    ウルトラリッチのファンさんにとっては目先の株価はどうでもよいことで将来の成長にしか興味はないでしょう。株価が一時的に希釈化されても将来勝てばいいと思っているでしょう。逆にその価値がなければ買わないでしょう。

  • 加速するArmのプロセッサロードマップ、ソフトバンクによる買収が契機に (1/3)
    積極的な新プロセッサIPの投入は、やはりソフトバンクの買収により、思い切った投資が可能になったためと考えるべきなのは間違いないだろう。
    その先の論理設計や物理設計も同様で、こちらは基本的に分業になるから、端的に言えばエンジニアの頭数を増やせばその分スループットが上がる。もちろんこのレベルのエンジニアを集めるのは大変なことだが、そこでソフトバンクによる投資増加がモノをいう
    --------
    ということで、ARMがHPC用CPUに本腰を入れているのは事実です。
    買収するかどうかはファンさん次第です。
    アップルは買収メリットが全くないので買う意味がありません。

  • 2020/08/03 21:07

    Arm「Custom Instruction」の衝撃、RISC-Vへの徹底抗戦を貫く (1/3)
    Armはこうした命令拡張の余地を一切提供しない、というのが従来の基本的なポリシーであった。
    ----
    買収すればこうした縛りがなくなり、NVIDIAの自由自在に命令拡張が出来るようになります。

  • 私も含め日本人でファンさんの知っている情報を持っている人は1人もいないでしょう。創業オーナーのファンさんが無駄な買収する理由はなく、買収するならそれは勝算があるからです。

本文はここまでです このページの先頭へ