ここから本文です

投稿コメント一覧 (88コメント)

  • ここの大株主のプロトコーポレーションの子会社であるオートウェイがやらかした。
    社長逮捕ですって。

  • >>No. 565

    アルトリアグループが株主なのはクロノスグループでは?

  • >>No. 321

    1.武器になる場合もありますし、直葬化が進行し、会館そのものがお荷物になる場合もあるかも知れません。そのために、出来るだけ短期間で初期投資を回収するように設定してあるとは思います。

    2.都市部なら効果を発揮すると思いますよ。地方ですと、自治会・お寺を押さえる方が早いでしょう。

    3.東京や大阪など、地方から出てきた人が住んでいて、お寺とつきあいのない場合は、訴求力高いと思います。これまでも、その場合「寺を持たないお坊さん」がお経上げてましたね。葬儀社の社員で、どんな宗派も万能で、普段は経理なんかやってます。寺のつきあいがない喪家の場合、葬儀社で手配出来ますよ~と言うトークで、自社住職を派遣します。無論、お客さんが坊さんに払ったギャラは葬儀社にそのまま入ります。

    地方だと、お寺の結びつきは侮れません。住職が檀家の年寄り集めて、「自分の葬儀は家族葬にはしません」と一筆取る寺もありますし、宗教者の力は絶大ですよ。
    葬儀業界のヒエラルキーは頂点が喪家で次点が宗教者ですが、喪家は宗教者の意向に逆らいませんから、「あのセレモニホールなら、葬儀には行きません」と公言している寺もありますし、葬儀社も寺の取り扱いは本当に神経使います。

    寺を向こうに回して、寺の米びつに砂をまくような商売をするとは考えにくいですね。

  • >>No. 319

    業界の者ですが、葬儀は世間が思うほど美味しいビジネスではなくなりました。
    今後は客単価下落で数をこなす方向。必ず担当者が1人付くので、社員さんは常に複数の現場を抱えて大変。
    一番の問題は葬儀がコモディティビジネスだと言うこと。名古屋地区なら、イチヤナギのようなセレブ御用達老舗葬儀社のブランドもない。平安や愛昇殿の客を取ってくるしかない。ティアでやる人って、「葬儀はこんなもので良いだろう」的な人が多い。飲料ならコカコーラ、タバコならMarlboroのように、顧客独占型のビジネスではないんだね。デルタ航空とアメリカン航空、安ければどっちでも良いよね?
    リッツカールトンのような顧客独占型のビジネスモデルでないと安定成長はないな。
    コンビニやスーパー、テレビやパソコンみたいにどこで買っても同じになりつつある。

    葬儀はティアでなければ、どうしてもダメなんだと顧客に感じさせる訴求力が欲しい。明朗会計・感動を売るってのは、今や、10人程度の地方の葬儀屋でも同じことをやっている。
    他社にまねされやすいってことは、まるで差別化にはならない。
    現在のティアがやっているレベルのサービスは、他社も既にやっているサービスです。

  • 今回、販売禁止対象になる電子タバコ。
    店頭販売の風味付き電子タバコのみらしいのですが、ネット販売は可なんだそうです。全面禁止ではなく、ネットは可ってのはどういう意味でしょう?

    「販売量の8割」が風味付き電子タバコのジュールへ巨額の投資をしたアルトリアグループへの一定の配慮なんでしょうか。
    電子タバコの蔓延に対する世論へのパフォーマンス的な部分もトランプにはあったのでしょうか。

  • >>No. 254

    当然あるでしょう。週明けは原油相場高騰。自分はJXTGの他にエクソンモービル持ってますが、吹くと思います。原油と天然ガスに依存するロシアとシェールのアメリカさんは大喜びでしょうね、

  • ビジョンファンドってサウジの政府系ファンドの出資だけど、イエメンのサウジ攻撃による影響っていかほどだろうか?
    サウジ困る、イラン大喜び、裏で糸ひくロシアは原油高で喜ぶ、トランプはシェールで儲かる。トランプ-プーチンラインの作戦か。

  • 不正をすれば結局は余計な対応に費用がかかって減益要因になるし、SUBARUのブランドイメージも失墜する。株価も売られ株主に多大な迷惑をかける。

    完成車不正検査の一件は、SUBARUにとって良い薬になったと思います。
    三菱自工みたくなったら救いようが無くて市場から見捨てられるが、ここは全社一丸で信用回復したのだから、終生、幹部から一社員に至るまで忘れないで欲しいな。

  • >>No. 468

    含み損のこと?
    含み損はどこまで行っても含み損。短期で含み損だからといって、狼狽することはない。ここは利ざやとりの銘柄ではなく、配当再投資のための存在。含み益も然り。確定するまでは、幻想でしかない。
    バブルの時にあーだったってのと同じでね。

  • >>No. 465

    激しく同意。
    タバコと国家は持ちつ持たれつ。魚心あれば水心。
    株価は短期的予想に基づく美人投票。
    AmazonやVISAを女に例えるなら、才色兼備で道行く男が振り返るレベルのいい女。けれども落とすのに金がかかりすぎる。何しろライバルが多いから。

    アルトリアは見た目はあれなおへちゃな田舎娘。
    買い手のライバルが少ないので万年割安。空売りして貶めるような輩もいるので更に安くなる。しかし内実は健康で堅実締まり屋で料理も家事全般万能。おまけに床上手。結婚するならこのタイプでしょう?
    営業キャッシュフローマージンも潤沢で、大麻等の男を虜にするテクニックの開発にも余念が無い。一部の男に強烈に盲目的に支持され、その男たちはほぼ離れていかない。それでも離れていった男たちの減少分は、値上げすることで、盲目的なタバコ信者から搾取できる。

    盲目的な信者のいるビジネスは最強なんだよ。
    Appleしかりコカコーラしかりマクドナルドしかりだ。
    AKBオタも投票握手券ほしさに大金を注ぎ込むだろ。

  • >>No. 451

    電子タバコ全ての販売禁止では無いですし、ジュールは国外にも売ってます。
    アルトリアにしてみれば、アイコスに客が流れて来る可能性が大ですね。
    人間は簡単に嗜好品を捨てられません。紙巻きタバコではなく、アイコスが代替え品として機能すると想定しているのでは無いかな。アイコスの認可が遅れたせいで、電子タバコが若者に蔓延した負い目もFDAは有ると見てます。

  • >>No. 448

    既に5月に認可されてますよ。
    https://kakakumag.com/hobby/?id=13884

    アトランタをスタートに販売開始。
    FDAは長官人事をきっかけにアイコス承認に大きく舵を切ったから、もしかすると何らかのバーター取引があったのかもと推測します。
    「アイコスを認める代わりに電子タバコは禁止にする」とね。
    ジュールの電子タバコは国外で売っていき、国内は電子タバコからアイコスに移行させるつもりじゃないかな。再統合の話と言い、長官人事とアイコス承認と言い、一連のストーリー通りになっていると推測します。

  • 選挙前だからタバコ農家の票目当てかな。
    タバコ風味の電子タバコは除外されるから、タバコ風味の電子タバコに客が集中するのか、加熱式に移行してくるのか、紙巻きに回帰か、大麻に広がるか?
    FDAも紙巻きの代替として電子タバコに期待したのだけど、想定外の青少年蔓延問題で結果失敗したのか。長官の辞任もここに関連がありそうだ。アイコスの認可に急に舵が切られたのも、政権が電子→加熱に移行させたい意思の表れかな。

  • 株式市場は短期的経済予測に基づいて企業の株が値付けされる場所でしか無い。
    アルトリアのように長期的経済価値のある企業は、常に「今日上がる株」「今日下がる株」「株価が上にも下にも動く株」を物色するウォール街の中にあって、不当な安値が付けられる。

    常にウォール街が近視眼的であり、投資家の殆どが近視眼的であり(目先の株価の動き)ばかり見て(長期的経済価値)である森を見ようとしないから、お陰様でアルトリアのような素晴らしいビジネスを常にバーゲン価格で買い集められる。

    近視眼的なウォール街と大衆に乾杯!

  • 昨日バフェットの本読んでいたんだけど、バフェットは自動車産業や航空会社には投資を決してしないって書いてあるけど、GM買ってるし、デルタエアラインもバークシャーのポートフォリオにある。
    企業存続のために大きな設備投資がたゆまなく続く自動車会社は投資に適さないと言うんですけど、バフェットの自動車に対する考え方はGM破綻-再生後変化したのでしょうか。

  • >>No. 432

    同意です。体に悪くて将来の健康を害すると分かっているにもかかわらず、やめられないのは情弱だから。故に低所得に甘んじている。
    相対的に世界でタバコが吸える程度の低所得者が増大して、株主はタバコなんてくだらない物は吸わずに、情弱を利用して更に金を吸い上げる。

    資本主義の現実。情弱はみんな金持ちの養分にされる。
    パチンコしかり、ソシャゲしかり。

  • >>No. 435

    同意です。
    殺人兵器産業のロッキードマーチンの株価が上がりっぱなしだし、エクソンモービルは原油市況によるものだし、ウォール街の考えることは、いかに顧客の資産を手数料で掠め取るか?です。

    アルトリアのように一度買ったら買い増し買い増し配当再投資で手数料収入のうま味が無い株は、理由付けて客に売らせるのですね。理由は常に後づけ。

    ウォール街は昔から同じことしています。

本文はここまでです このページの先頭へ