ここから本文です

投稿コメント一覧 (321コメント)

  • いつもなら選挙運動期間中は、株は上がるものだが、パッとしないな。
    与党の過半数獲得は織り込み済みだろうから、参議院議員選挙が終わる
    前後から売り込まれそうで怖い。。

    今後の趨勢としては円高方向だろうし、10月の消費税引き上げもあるから、
    景気減速は鮮明になってくるだろう。株高に期待する良い材料がない。

  • 6/27(木)に戴会長、初の役員報酬(日刊工業3面)という記事が掲載されましたが、今まで無報酬だったことに驚くと共に、戴会長のシャープ立直しの本気度と真面目な人柄に感銘を受けました。会社をボロボロにしながら巨額の役員報酬を得ている日本人経営者がなんと多いことか。。(苦笑)

    ・・・この記事は、負債を返済して、やっと堂々と役員報酬を受け取れるほど経営が安定したという表れだと思う。心情的にもそんなシャープを応援したくなりました。この会社、次に資金的なゆとりが出来たら、自己株式取得を発表することでしょうね。こんな割安な株価でほっておくはずはない。経営者が替わるとこうも会社が変わるのかという見本だな。

  • アクセルは、急騰している5G関連の多摩川ホールディングス(多摩川電子)と似ているので、楽しみです。

    またアイサンテクノロジーと共に自動運転関連でもありますね。
    材料豊富で急騰しそうです!

  • 自動運転の代表銘柄。株探ニュースの最高益【大復活】銘柄リスト 26社選出にも選ばれていますね。 少し前まで、今は急騰しているJIG-SAWとほぼ同じ株価だったので、これから見直しが入るでしょう。業績だけでなく、下記のとおり、テクニカルでも良好です。次の反発局面ではストップ高があっても可笑しくありません。長い間、眠ってましたからね。飛び起きてジャンプしてください。(笑)

    テクニカルで選ぶ注目株=アイサンテク:週足で13週線に続き、26週線も突破  2019/06/18 09:52
     測量・土木ソフトの開発販売が主力のアイサンテクノロジー<4667.T>の株価が17日に前週末比31円高と続伸して2300円台に乗せてきた。日足一目均衡表においても17日終値は、2本の先行スパンで囲まれた「雲」と呼ばれる抵抗帯の上限付近に位置していることから、「雲」の上限を突破してくれば、株価は上ブレする可能性が高そうだ。週足でも前週の13週移動平均線に対するプラスカイ離回復に続き、今週には26週移動平均線も上回ってきたことから、中期的にも上値を目指す動きが期待できそうだ。

    20年3月期連結業績は営業利益で前期比28%の増益見通しである。

    [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
    提供:モーニングスター社 (2019-06-18 09:42)

  • 出来高から考えると、そろそろ買い戻しも細るのかなと。。
    相場の地合いが悪くなっているので、この位が潮時ではないでしょうか。

  • 「みん株」の目標株価、1,544円ちょうどで押し返されましたね。(笑)
    この目標株価も近日中に上がるでしょう。

    依然として、買いエネルギーは強く、チャートを強く意識した買いが続いています。後場が楽しみです!

  • ネクソン自体のビジネスは好調のようだから、親会社の身売りが何故なのか良く分からない。しかし逆に、親会社が資金力がある大会社になれば、この株は大化けするかもしれませんね。

  • 5G関連の双信電機<6938>は、情報通信機器分野では親会社の日本ガイシ<5333>と共同開発した積層誘電体フィルタが主力です。基地局整備が進むなかで、同社のフィルタに対する需要が見込まれるのではないかとの期待があるように感じます。4月26日の決算発表では、前期経常利益は前年比52.4%減の2.42億円となりましたが、今期は同3.3%増の2.50億円に伸びる見通しです。

    双信電機が、日本ガイシの子会社とは知らなかった。

  • ZMP上場が決まっても、かつてのようにストップ高連発とはいかないでしょう。1回ストップ高としても、材料出尽くしで大量の売りが出るでしょうね。

  • 「しまむら」もZOZOTOWNから退店か。。やはりこれが下げの一因かな?

  • 祝! 高値引け!
    力強い買いが入っていましたね。

  • 祝! 高値引け!
    力強い買いが入っていましたね。

  • 10時の注目株=下値に届き自律反発に期待――santec
    2019/06/19 10:10

    santec<6777.T>は下値に届き、自律反発期待の動きが期待できそうだ。

     光通信用部品メーカーで、光モニターや光フィルターなど独自製品を多く抱える。眼科を軸にした医療用はじめ、産業用にも展開している。

     20年3月期予想の連結営業利益は前期比0.5%増の7億8500円。通信の大容量化、低遅延化の進展に合わせ、基幹通信網の整備に利用される同社主力製品も伸びる。

     一方、利益面では、研究開発費に加え、ベトナム協力工場の生産能力向上に伴う先行投資費用も増えるが、2ケタ増収効果で吸収する。OCT(光干渉断層面設計)では、眼科向け医療機器や産業用向けに伸ばす。(田部正博)

     保有期間3カ月
     目標株価:1750円
     損切りライン:1200円
    ◎注目株関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

    [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
    提供:モーニングスター社 (2019-06-19 10:00)

  • 地合いが悪い中で、買いたい、上げたいという強い意志と、そうはさせないという
    また強い意志を感じる。見ていて面白い。果たして上か下か?

  • 昨日現在、貸借倍率0.44倍 売り残2,902,300株
    ・・・もっと踏み上げるはずです。

  • また騙し上げですかね? 仮に上場ニュースが本当でストップ高になったとしても、メディアシークのように翌日は叩き売られるのに、過去の体験が味をしめたのか、本当に懲りない面々だなあ。(苦笑)

  • 理化学研究所と提携した研究ということで、評価できる材料ですね。凄い!

  • 国策に売りなし。今、一番話題の投資テーマです!
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    5G関連株が軒並み高、新IT戦略での信号機開放決定が株価刺激材料に◇
    6月14日(金)13時45分配信 みんなの株式

     アンリツ <6754> が一時5%を超える上昇で1900円台を回復、このほかアイ・エス・ビー <9702> 、santec <6777> 、サイバーコム <3852> 、ヨコオ <6800> 、アルチザネットワークス <6778> など5G関連株が軒並み買い優勢の展開となっている。

     政府がきょう新たなIT戦略を閣議決定し、信号機を5G基地局として国内通信4社に開放することが伝わっている。市場では「この信号機の開放の話自体は既にメディアを通じアナウンスされており、マーケットでは織り込まれている材料だが、今回の閣議決定を受けアルゴリズム売買などの資金流入を促した可能性がある。なお、アンリツは国内証券のレーティングなどが個別に追い風材料となっているが、5Gの国内インフラ整備が進むとの思惑は基地局向け計測器を手掛けるアルチザなどに恩恵が大きい」(国内証券アナリスト)としている。

  • 国策に売りなし。今、一番話題の投資テーマです!


    5G関連株が軒並み高、新IT戦略での信号機開放決定が株価刺激材料に◇
    6月14日(金)13時45分配信 みんなの株式

     アンリツ <6754> が一時5%を超える上昇で1900円台を回復、このほかアイ・エス・ビー <9702> 、santec <6777> 、サイバーコム <3852> 、ヨコオ <6800> 、アルチザネットワークス <6778> など5G関連株が軒並み買い優勢の展開となっている。

     政府がきょう新たなIT戦略を閣議決定し、信号機を5G基地局として国内通信4社に開放することが伝わっている。市場では「この信号機の開放の話自体は既にメディアを通じアナウンスされており、マーケットでは織り込まれている材料だが、今回の閣議決定を受けアルゴリズム売買などの資金流入を促した可能性がある。なお、アンリツは国内証券のレーティングなどが個別に追い風材料となっているが、5Gの国内インフラ整備が進むとの思惑は基地局向け計測器を手掛けるアルチザなどに恩恵が大きい」(国内証券アナリスト)としている。

  • 祝!  1,400円台復帰!!

本文はここまでです このページの先頭へ