ここから本文です

投稿コメント一覧 (790コメント)

  • 勢いがついてからの窓で、出来高がこんなにあることを考えると、
    今日の窓は埋めない窓なのか?
    ボリンジャーバンドが+3σ。
    空売り勢力が今日の買戻しを始めたのかも?

  • そーせい株の癖は、大量の貸し株の存在による空売り勢力の力。
    窓を開けての上昇は、大きな材料が無い限り厳禁。
    一旦は、早く窓を埋めてから、上昇へ。

  • >>No. 1333

    週足チャートで高値を結ぶと見えて来るのでは?
    それぐらいしか理由が見えないので。

  • 治験など業績が進捗しているのに、
    いつまでも長期上値抵抗線をブレイクできないと考えるのは異常。
    上値抵抗線をブレイクして、新高値領域へGO!!

  • そーせいGの株価の動きを理解しようと思ったら、
    窓とボリンジャーバンドを勉強しなさい。

    そーせいGの場合、大量の貸し株の存在が問題で、
    貸し株が空売りに使われる事、
    貸し株が多ければ多いほど空売り勢力の株価決定力が大きくなり、
    空売り勢力が大きく儲けることが出来る事を理解していない。

    貸し株による空売りは、機関投資家しか利用できないし、
    空売りで大儲けし生計を立てているプロを甘くみるな。
    貸し株は絶対にしない事。

  • 恐るべき、空売り勢力。
    これほどの材料でも窓埋めか!!
    大量の貸し株の存在のなせる業!!

    いいかげんで貸し株を止めようよ。
    これまで散々儲けてきた空売り機関に儲けさせるだけ!!

  • 何か見ていると、この銘柄は空売り勢力のやりたい放題みたいだな。
    貸し株なんかするからだよ。
    貸し株するぐらいなら売却して他の銘柄に移る方が余程利益になるよ。

    参考に見ているだけだが。

  • 今日の株価の動きは、
    貸し株が余りに多すぎて、極めて安い金利で、
    ほぼ何時でも空売りが可能になっているのが原因。

    窓を開けた上昇には要注意。

  • 出来高を考えると、高値でも買ってくれる人は、
    ほぼ全員買っているのでは?

    これから売る分については、
    相当な安値でないと買わない人に売りつけることになる。
    株価がどうなるか想像できるでしょう。

  • アキュセラの再来
    特別売り気配で終了。

  • > 逆テンバーガー達成

    仮に1/100になったとしても過去の株価は関係ない。
    これからどちらに動くかが重要。
    空売りの人は、安く買い戻せるかどうか気になり眠れないのだろう。
    ではお休み。

  • 残念ながら相変わらずの空売り天国。

    機関の空売り残高情報 https://karauri.net/4565/
    貸借残高情報 https://karauri.net/4565/kasituke/?date=2019-03-01

    異常な貸し株の多さが、極めて低い空売りコストを実現。
    これが空売り勢力の居心地を良いものにしていて、
    なかなか出ていこうとしない。

    いいかげんに貸し株の申し込みを停止して貰えないかな。
    貸し株をすれば、年1%程度の金利分が儲かる・・・
    と思っているようだが、
    それ以上に空売りによる株価下落で、損をすることが理解できていない。

    もっとも、空売りはギャンブル。
    空売りが儲かるかどうかは、買い戻してみなければ判らない。
    損切りする人が多くて安く買い戻せれば儲けられる。
    逆に少なければ、トンビに油揚げをさらわれて、
    高値で買い戻さざるを得なくなる。
    大損である。


    安易な損切りは、しない方が良いと思うよ。
    何しろ大量の空売り残があるので、
    それの買戻しだけでも、それなりの上昇が見込める。

    それに今は、当面下げるところまで下げた。
    あとは、今期黒字での買いが入ってくる。
    これから黒字の成長企業を、今買わないで何時買うの?

    今は、空売り勢力が、安値での買戻しを企んだ空売りの最中。
    空売り勢力が買戻した時の株価を想像して売買すべき。

  • 安易な損切りは、しない方が良いと思うよ。
    何しろ大量の空売り残があるので、
    それの買戻しだけでも、それなりの上昇が見込める。

    それに今は、当面下げるところまで下げた。
    あとは、今期黒字での買いが入ってくる。

    今は、空売り勢力が、安値での買戻しを企んだ空売りの最中。
    空売り勢力が買戻した時の株価を想像して売買すべき。

  • 相変わらずの空売り天国。
    大量の貸し株があるおかげで、極めて安い金利の空売り株の供給には困らない。

    いいかげんで貸し株の申し込みを停止して貰えないかな。
    貸し株をすれば金利分が儲かる・・・と思っているようだが、
    それ以上に株価下落で損をすることが解っていない。

  • > 機関の空売り凄すぎ。
    > ナンで、こんなに空売りされてるの。

    異常な貸し株の多さが、極めて低い空売りコストを実現。
    これが空売り勢力の居心地を良いものにしていて、
    なかなか出ていこうとしない。
    その結果が、ほとんど毎日 VWAP > 終値。

    毎日、少しづつでも儲けられれば、出ていく理由が見つからない。
    つまり原因の1つは異常に多すぎる貸し株につき当たる。

  • 残念ながら相変わらずの空売り天国。

    異常な貸し株の多さが、極めて低い空売りコストを実現。
    これが空売り勢力の居心地を良いものにしていて、
    なかなか出ていこうとしない。
    その結果が、ほとんど毎日 VWAP > 終値。
    つまり、空売り勢力の方が儲けているのだ。

    売り注文 >> 買い注文 では、空売り天国。
    買いに比べて厚すぎる売り板では、空売り成功の確率が高い。

    貸し株をする人向けに、コメントを追加。

  • 残念ながら相変わらずの空売り天国。

    異常な貸し株の多さが、極めて低い空売りコストを実現。
    これが空売り勢力の居心地を良いものにしていて、
    なかなか出ていこうとしない。
    その結果が、ほとんど毎日 VWAP > 終値。

    売り注文 >> 買い注文 では、空売り天国。

  • 相変わらず膨大な貸し株残。
    https://karauri.net/4565/kasituke/?date=2019-02-08

    僅か1%程度の金利で空売り勢力に株を委ねる人の何と多いこと。
    そんなに空売り勢力に協力したいのであれば、
    早めに売却してくれた方が、会社も喜ぶし、
    何度も繰り返し売られることを考える必要も無い。
    また、安値で買いたいファンドも喜ぶ。

    貸し株するなら、是非とも売却をお願いします。

  • 貸し株を止めませんか

    現在、あきれるほど多くの人が貸し株に出しています。
    わずか1%程度の金利をもらうために貸し株に出しているのです。
    ノーリスクで1%の金利が貰えると間違った考えを持っているのです。

    貸し株は、空売りに使われます。
    空売り勢力は、空売りに使用して株価を下げて、利益を得ようとしています。
    膨大な貸し株を利用して大量に空売りすることにより、これまでに1%の金利の
    数十倍~百倍以上の利益を得ています。

    空売りで大儲けしているので、当然ながら、株価は下落します。
    膨大な貸し株の存在が、空売り勢力の圧倒的な株価決定力、株価支配力を与えています。
    会社が株価を上げようと色々な対策をやっているのですが、
    「そんなの何の役にもたたないぞ!!」・・・とばかり、株価を抑えているのです。

    貸し株して儲かりましたか?
    株価下落で大損をさせられているでしょう。
    貸し株する・・・といった行為そのものが間違いなのです。

    多くの人が貸し株に見切りをつけた時、正当な株価への上昇が始まるのです。

  • 貸し株を止めませんか

    現在、あきれるほど多くの人が貸し株に出しています。
    わずか1%程度の金利をもらうために貸し株に出しているのです。
    ノーリスクで1%の金利が貰えると間違った考えを持っているのです。

    貸し株は、空売りに使われます。
    空売り勢力は、空売りに使用して株価を下げて、利益を得ようとしています。
    膨大な貸し株を利用して大量に空売りすることにより、これまでに1%の金利の
    数十倍~百倍以上の利益を得ています。

    空売りで大儲けしているので、当然ながら、株価は下落します。
    膨大な貸し株の存在が、空売り勢力の圧倒的な株価決定力、株価支配力を与えています。
    会社が株価を上げようと色々な対策をやっているのですが、
    「そんなの何の役にもたたないぞ!!」・・・とばかり、株価を抑えているのです。

    貸し株して儲かりましたか?
    株価下落で大損をさせられているでしょう。
    貸し株する・・・といった行為そのものが間違いなのです。

    多くの人が貸し株に見切りをつけた時、正当な株価への上昇が始まるのです。

本文はここまでです このページの先頭へ