IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1457コメント)

  • >>No. 877

    其れ詳しくしりたいんだが、コメンテータって東証の関係者?どういういわれの人なの?だって

    東証のページに
    インサイダー関連の情報を大量にまとめたページがある
    http://www.jpx.co.jp/regulation/comlec-publication/publication/

    上場会社役職員のための
    インサイダー取引規制入門
    http://www.jpx.co.jp/regulation/comlec-publication/publication/

    では、罰則が説明してあるが、やはり上場うんぬんの文字は出てこない。

    金融庁のインサイダーに関する法律にも上場廃止なんて文字はないで。
    https://www.amt-law.com/pdf/bulletins10_pdf/140411.pdf


    東証の上場廃止基準にもインサイダーの文字はない。ただし、投資家保護、公益などといったあいまいな文言はあるが。
    http://www.jpx.co.jp/equities/listing/delisting/

    法律にも規則にも書いてないことは誰にもできんだろ。過去のインサイダーで上層部が絡んでた場合にも上場廃止はおろか株価がこんなに異常な反応をした例は調べた限り見当たらない。逆になんでこの下げ?インサイダーって最悪の場合すら法人は罰金5億やろ?まだなんかあんの?というのはあるけど。この地合いでただでさえ投資家がパニックに陥りやすいのかもしらんがなあ。BNFとか現役なら買いまくるところだと思うで。

  • 再度まとめ(ちなみに専門家でもなんでもないので、下記の内容は一切断言しませんし、責任はもちませんので)
    インサイダーに関しては、改正した法律では、法人に関しては5億円以下の制裁があるようだね。
    http://www.camri.or.jp/annai/shoseki/gekkan/2013/pdf/201311-4.pdf

    ポイント1
    法律のインサイダーの罰則に上場廃止の文言は見られない。
    https://www.amt-law.com/pdf/bulletins10_pdf/140411.pdf
    ポイント2
    東証の上場廃止の規則にもインサイダーの文字はない。ただし、投資家保護、公益などといったあいまいな文言はあり。
    http://www.jpx.co.jp/equities/listing/delisting/

    ちなみに東証の上場会社役職員のための
    インサイダー取引規制入門にもわかりやすい解説があるが上場廃止の文字はなし。
    http://www.jpx.co.jp/regulation/comlec-publication/publication/

    ポイント3
    2000年以降の過去のインサイダーで株価がさほど影響をうけた例は探した限りみあたらない。上場廃止になった例も上場廃止例を見た限り見当たらない。これは社長(日本風力など)、役員(ゲオ)、自社株(ゲオなど)が絡んでいた例も含む。
    http://homepage2.nifty.com/stock_collecter/joujouhaisiitiran.html
    ポイント4
    50億円は巨額だが今回利益を没収されるのは神戸物産ではない。

    考えられる問題は?
    1、今回の問題にさらなる問題が含まれているかも。根拠はなし。
    2、会社の信用に関わり、取引先と関係を打ち切られる可能性。
    3、会社を成長させてきた重要な経営陣が退陣することになる可能性。
    4、発覚後に売却してしまった株主の集団訴訟など?。
    5、制裁金は法人の場合は、最大五億。これが業績に影響。
    6、自社株の評価損による何等かの影響?

    その他
    円高は本業には輸入の長期的にプラスだが、為替の影響を抑えるため、為替ヘッジをはっているため、短期的には経常利益の大きな低下につながるのに注意。

  • >>No. 1032

    俺も2000まで急騰したとき一旦利確で再インか?とおもったけどパスしちゃった。

    再度空売りしちゃったオトボケさんようのまとめ(ちなみに専門家でもなんでもないので、責任はもちませんので)
    インサイダーに関しては、改正した法律では、法人に関しては5億円以下の制裁がある。
    http://www.camri.or.jp/annai/shoseki/gekkan/2013/pdf/201311-4.pdf

    ポイント1
    法律のインサイダーの罰則に上場廃止の文言は見られない。
    https://www.amt-law.com/pdf/bulletins10_pdf/140411.pdf
    ポイント2
    東証の上場廃止の規則にもインサイダーの文字はない。ただし、投資家保護、公益などといったあいまいな文言はあり。
    http://www.jpx.co.jp/equities/listing/delisting/

    ちなみに東証の上場会社役職員のための
    インサイダー取引規制入門にも罰則に上場廃止の文字はなし。
    http://www.jpx.co.jp/regulation/comlec-publication/publication/

    ポイント3
    2000年以降の過去のインサイダーで株価がさほど影響をうけた例は探した限りみあたらない。上場廃止になった例も上場廃止例を見た限り見当たらない。これは社長(日本風力など)、役員(ゲオ)、自社株(ゲオなど)が絡んでいた例も含む。
    http://homepage2.nifty.com/stock_collecter/joujouhaisiitiran.html
    ポイント4
    50億円は巨額だが今回利益を没収されるのは神戸物産ではない。

    考えられる問題は?
    1、今回の問題にさらなる問題が含まれているかも。根拠はなし。
    2、会社の信用に関わり、取引先と関係を打ち切られる可能性。
    3、会社を成長させてきた重要な経営陣が退陣することになる可能性。
    4、発覚後に売却してしまった株主の集団訴訟など?。
    5、制裁金は法人の場合は、最大五億。これが業績に影響。
    6、自社株の評価損による何等かの影響?

    その他
    円高は本業には輸入の長期的にプラスだが、為替の影響を抑えるため、為替ヘッジをはっているため、短期的には経常利益の大きな低下につながるのに注意。

  • ここは暴落銘柄の中でも相当ファンダメンタルはいいよね・・・。
    ただ、枚数が少なくて少数の株主の追証でとんでもなく下がる。
    水曜日にセリクラが近いとみてマークをつけたファンダメンタルは悪くなく決算も前か後ろに遠く確たる大きな悪材料はないのに地合いでとんでもなく下げた銘柄をマークしておいて、銘柄に金曜日待望の日経15000、寄りで大量の売り物がでている銘柄に入っておいた。金曜はあがらんかったが。。。

  • >>No. 1159

    いや、しかしよくあがるね(笑)
    3250のたまと1625の玉であわせて損益なしで撤退できた株価までいったこと
    インサイダー報道が出る前の株価まで戻したこと
    2/12のセリクラで125%ぐらいまで買いポジをとったのでなるべくはやめに100%以下にポジを減らしたいこと、

    より撤退しておいた。損切もしないひどい取引だったが、まさかのインサイダー。最悪の場合ですら業績に影響がさほどあるとは思えないインサイダーで連続ストップ安という天与のナンピン場がきてくれて助かった・・・。

    どこがインサイダーのが漏れている値下げだったのか、チャイナマネーや、オイルマネーの撤退による下げだったのか、追証による下げだったのか、円高による下げだったのかまるでわからなくなっているので、適正価格が見当もつかんしね・・・。

    東証一部の高成長高配当銘柄を乖離率2割とトレンドラインの下タッチ、決して割高ではないという買いサイン買ったらこれだもんなあ・・・。つくづく難しい地合いだよ。

  • >>No. 814

    つんつん
    添付の図と814,813を見て。
    IRがでてストップ高連続などをするとよりついてから出来高は必ずすさまじいことになります。それはその後の株価の行方にあまり意味がありません。

  • >>No. 606

    1つだけ。albertのインサイダーは8/3のニュースじゃなくて5月の中旬のだよ。2500あった株価はその時一気に連続ストップ安した後も上げ下げした後下げ続けてる。
    普通インサイダーで株価なんてそんなに下げないんだけどね。もともと業績なんかまるでともなってない超割高テーマ株だったから人気の離散という意味が大きかったんだと興味深い参考事例。他にも別会社を設立しようとして掲示板でジェフさん?という方がこれは会計上違法なんじゃないかと指摘しつづけてたらそのうち本当に頓挫したりとかいろいろやってたよねココはw。

  • 起訴中のalbertの元取締役会長のwiki見てたら噴いたw
    なんだこの自作自演としか思えない編集はw本人しか知らない情報満載すぎw


    極めて論理的、合理的でありながら感情的な部分を持ち合わせている。モノの見方にバイアスが少なく、客観的に見る。マルマン創業者である片山豊の薫陶を強く受け、人間主義経営理念の実現に向けて邁進している。父は元横河ブリッジ社長、会長、名誉会長の山川敏哉。祖父の山川鹿三郎は三菱重工業の飛行機設計家で、中島飛行機製エンジン第4号機を搭載した97式重爆撃機をベースにした民間型輸送機MC-20型の試験飛行を実施。その後MC-20は大日本航空に納入され「妙高」と命名されたが航空局の試験飛行中に千葉県木更津沖に墜落する事故(1940年12月28日)を起こして搭乗員13人全員が死亡、山川鹿三郎も殉職した。父(土木)、祖父(機械)とも東京大学工学部卒であり、3代続けての理系。曾祖父の山川勇木は、東京銀行(後に東京三菱→UFJ三菱東京)の前身である横浜正金銀行の創設メンバー。明治11年に第十三国立銀行(後に鴻池銀行→三和銀行)に入行し明治13年7月に横浜正金銀行に「転職」。神戸支店に配属になり、その後神戸支店長、ロンドン支店長などを経て副頭取。
    好きな食べものベスト3は、お寿司、しゃぶしゃぶ、鉄板焼き。ピーマン、玉葱、オクラ、ネギ、納豆、ココナッツ…と嫌いな食べ物が多い中、酒や甘いものをこよなく愛すためダイエットは永遠のテーマであったが、毎日1時間のウォーキング、ストレッチと体幹トレーニングで減量に成功。
    2016年5月15日、自身が設立した株式会社ALBERTの株式において、金融商品取引法違反(インサイダー取引)容疑で強制調査を受けたと報道された。

  • 注意書き2再掲。

    8, これから暴落しやすい9,10月に
    毎年9,10月は米投信節税売りによりダウ、日経、新興がトリプル安になりやすいです(↓図)。こうした時に無意味に上げた株をもっていてはいくつ命があっても足りません。

    9, 材料で何十パーセントも上げた株を買うとどうなるか
    一般に予期せぬ材料で50%以上あげた株はその後50週で平均して市場平均を30%下回る成績を残す。材料で上がってから安易に買ってはならないということ。業績に影響が軽微と明言している材料で買う等論外でしょうね。
    引用「テクニカル分析の迷信 ──行動ファイナンスと統計学を活用した科学的アプローチ」

    10, ストップ高後の翌日に買うと悪いパフォーマンス
    ストップ高の後によりついた後に買うとパフォーマンスが悪いことが統計的に知られています。こういう時に買うことを続けてると資産を失うことになります。
    ttp://allabout.co.jp/gm/gc/42601/

    11, その他
    レモスコさんが買い推奨してた!→のは3/28の話でインサイダーがでる前、また株価が2500円の時です。インサイダーが出たので酷ですが、結果としてこの銘柄に関しては、完全に彼はまげています。

  • ふーむブレインパッドは同様のIRでほとんど反応せず、
    メタップスは無事利確地点へ。
    こちらは業績への影響が軽微なサービス開始でつかんじゃったひくに引けない御仁がまだ分投げてないのか同値撤退という感じかな。

  • 私は野次馬ですが、今日のサイバーダインの話を聞いてむしろサイバーダインの革新性や独自性について疑問を抱きました。

    1つはサイバーダインの主張の変化

    8/19は↓
    「HALはオンリーワンのロボット治療機器」であり、他の外骨格の機器とは競合しない
    当該レポートで外骨格(イグゾスケルトン)と呼ばれている他社の機器は、外骨格を装着したまま機械的に患者に歩行させることを目的としたものであります。これに対して、当社製品のHAL医療用(下肢タイプ)(以下、「HAL」という)は、装着して治療を行い、患者自身の身体機能を改善・再生させることを目的とした機器であるため、当該レポートで外骨格(イグゾスケルトン)と呼ばれている他社の機器とは機能・目的・市場が異なっております。したがいまして、HALはオンリーワンのロボット治療機器であり、当社としては、他社の機器をHALの競合製品としては認識しておりません。

    ところが金曜日の主張は↓
    HALは、「機能改善・機能再生治療」を「直接的」且つ「主たる」目的として、「全国民を対象とした一般的な」「公的医療保険として適用されている」世界で唯一のロボット治療機器です。なお、シトロン社の8/25 レポートに引用されている他社(ReWalk 社)の事例は、以下の通り、HALのように全国民を対象とした一般的な公的医療保険ではないことは明白です。

    全然違いますよね、この2つの条件。実際、後で述べるように、HALが唯一のロボット治療機器っていうのは明らかに真実ではないんですよ。

    もう1つはシトロン社による510kに申請したのなら革新性は主張できないという指摘を完全にスルーしたこと。これはシトロン社の主張がまっとうであることを認めたと読みました。なぜなら510kの申請要件は以下ページにあるように1,既存製品と同じ目的で同じ技術特徴をもつか、2,既存製品と同じ目的で、異なる技術的特徴やFDAに提出された情報をもつが、効果や安全性に関して新しい疑問を提起しないこと、とありシトロン社に理があるから。
    ttp://www.fda.gov/MedicalDevices/DeviceRegulationandGuidance/HowtoMarketYourDevice/PremarketSubmissions/PremarketNotification510k/

  • >>No. 2

    例えばwell investments のレポでは、ReWalk、 Ekso、 Indego 及びRexの4社がほぼ同一の顧客を対象にしているとされていますが、これだけならサイバーダインのこいつらは治療目的でロボットを使ってはいないのでHALのみがオンリーワンの治療ロボという主張は通るかもしれません。

    しかし、実際は例えばEkso社のホームページでも彼らのロボが治療目的として認められていることを主張しています。
    Ekso GT is the first robotic exoskeleton to be granted clearance for rehabilitation purposes for use with stroke patients and with SCI patients that have injury at levels of T3 to C7 (ASIA D). This broader clearance enables clinics using the Ekso GT to help those recovering from stroke or spinal cord injury get back on their feet sooner, promoting better patient outcomes.
    ttp://eksobionics.com/healthcare/patients/

    その他にもrewalk社のものもrehabilitation目的のものがありますし、
    ttp://rewalk.com/rewalk-robotics-announces-expansion-to-india-with-saimed-innovations-2-2-2-2-3-2-3/

    indegoも治療目的も認められてFDAに認められているとニュースになっています。
    ttps://www.sciencedaily.com/releases/2016/03/160311084406.htm

  • >>No. 289

    ここって結構上にいくと外資の空売りの餌食になるんだね。なぜなんだろう。↓が空売りリスト。
    2016/06/03 モルガン・スタンレーMUFG 0.670% 0% 61,800株 再IN(前回2016-05-16)
    2016/06/21 Deutsche Bank London 0.570% 0% 52,700株 再IN(前回2015-12-24)
    2016/06/28 Eureka 0.520% 0% 48,100株
    こちらは大量保有だけど、ルネッサンスなんかうまいね。うまく1500以上で売り抜けている。それ以上は高くならないとやはりふんだんだろうか。
    2016/6/6(月) 2016/6/9(木) 4588 オンコリスバイオファーマ 製造業 3.41 -1.62 ルネッサンス・テクノロジーズ・エルエルシー
    > 今回は欧州でのOBP^601の製造方法の特許査定だったが、
    > 2014/4/24に日本でOBP^601の特許査定をしたときの値動きは↓のような感じであったみたいだね。前日705円から翌日780円まで買い進まれ、翌日には全値戻ししてる。
    > 今回はどうなるんだろう。

  • >>No. 295

    これから暴落しやすい9,10月に
    毎年9,10月は米投信節税売りによりダウ、日経、新興がトリプル安になりやすいです(↓図)。まだ10%ぐらい回転できる余地はあると思うのでもしかしたらホルダーさんは一旦利確して全値戻しか9,10月の米投信節税売りに合わせて仕込むのが吉かもしれないですね。どうなんでしょう。

  • こつこつ拾うのは全値戻しして(前回の2014/4/24の日本でのOBP-601の製造方法特許査定時はIR出た後に2日で全値戻ししたため)、かつ節税売りの9.10月にわけて回転するかチャイナショックみたいなのが来たときに行うのがおすすめです。これから日経新興ダウのトリプル安になりやすい節税売りのシーズンが来ます。安易に買い向かわないよう注意してください。

  • テックビューロとorbが絡むブロックチェーンネタを含まないフィンテック材料って続かない印象があるけど、どうなんだろうね。過去にも出資ネタはいくつか記憶にあるが↓。。。ちょっと高値で買うのは危険かもね。

  • >>No. 468

    そんなおかしいこといってるかなあ。ホルダーさんもどうせ数日後には全値戻しだよ・・・とかみんないってるじゃないですか。そこまでわかっているなら回転すればいいのでは・・・というだけの話なんですが。。。IRでてストップ高になる度に10%でも回転させてたら、長年のホルダーなんて今ごろ持ってる株券だって2倍どころか3,4倍になっているんじゃないですか?
    まあ、3日間に2回目のIRなんて滅多におこらないことはあったから結果的に全値戻しせず適当なところで買い戻した方が正解でしたけど、それ結果論ですよね?オンコだってそんなにはねるIRを頻繁にださないわけだし。
    また一相突破?とかでptsあがっちゃってるんで、様子みに来ましたけど。。。

  • ニッチな物質で癌で初の特許査定となると最近では今年の2月にこんなのがあったのかな。他にもいくつもこうした時どういう値動きをしたかの過去のケースがあるので、こういう時の値動きを参考に9月は節税売りの影響で毎年地合いの悪化によるダウ日経マザーズのトリプル安があることを注意しつつホルダーさんはいつ買い戻すか参考にされるといいのかもしれない。


    医薬品製造のカイオム・バイオサイエンスは2月10日、ヒトDLK-1 を標的としたヒト化モノクローナル抗体に関する特許について、米国における特許付与の決定通知を受領したと公表した。

    本特許のヒト化抗ヒト DLK-1 抗体は、肝臓がんを中心とする固形がんの細胞表面に発現している抗原(標的分子)「DLK-1(Delta-like 1 homolog)」に結合し、がんの増殖を阻害するモノクローナル抗体である。

    DLK-1は幹細胞や前駆細胞といった未熟な細胞の増殖、分化を制御すると考えられており、リブテックによるがん幹細胞研究の成果として、肝臓がんを初めとするいくつかのがんの細胞表面に発現し、その増殖に関与していることが発見された、新しいがん治療の標的になりうる可能性のある分子であるという。

    本件は現在、日本、欧州を含む各国にて特許出願中であり、今回が初めての特許付与決定であるという。

  • あとtadさんでしたかね、今回の特許が2013年の論文の内容のものではないかと指摘していただいた方は。参考になりました。ありがとうございました。
    今回の特許ですが、英文を翻訳されてた方がいましたが以下で日本語版の要約が見れます。既出だったら申しわけない。ホルダーさんの参考になれば。
    ttps://www.google.com/patents/WO2014080997A1?cl=ja&hl=ja

  • フォーサイドの今回のIRは業績への影響は軽微、アリペイとユニヴァペイの取り分があり子会社の取り分は難しい。とのことだった。
    220円にて大量の新株予約券未行使がまっていること。上場廃止綱渡り中であることも考慮されて、明日は新株行使のカモにならんよう気を付けて。以下録音内容書き下し。

    フォーサイドの先週のIRについて。
    IRでの背景について確認
    ・それっていうのは今期の業績への影響は軽微なんですか?
    -こればっかりは今軽微かどうかかは一概には言えないんですけど。はい。

    えっと売上げによっては軽微じゃなくなることもありうるということなんですか、例えば今期の売上の3割以上になったりしたらあのー
    -(さえぎるように)それはさすがにないかなーと思うんですけどもー。はい。まあ、軽微って言われれば軽微な方ですかねえ。

    今回のIRの相手、アリペイを誰が使うか等について確認
    フォーサイドさんがいて、中国SNSに広告を出したい企業さんがいて、で、その広告を出したい企業さんが何か一緒に広告と一緒に販売したりする時にアリペイでもお客さんが決済を行えるように提供するということですね?
    -はい、そうですね。

    今回関わる3社の関係について確認
    ユニヴぁペイさんの取り分があって、アリペイさんの取り分があってクレディエンスさん(フォーサイド子会社)があるってことはあまりクレディエンスさんの取り分は多くはなさそうなんですか?
    -まあ、実際問題難しいところではありますよね。一件あたりにしてしまえばですよねー。

本文はここまでです このページの先頭へ