IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (37コメント)

  • >>No. 585

    簡単に言えば、11月にVTRSをスピンオフした後、30ドル前後(もしかしたら20ドル台)まで下がると考えられていましたが、ビオンテックのおかげでワクチン第一号になり、御祝儀相場的に一度上がりました。

    その後は予定通り、下がっているということです。一気に下がらないのは、まだこれからもコロナワクチンを材料に上がるんじゃないかと期待して買っている人がいるってことです。

    コロナワクチンに関しては、すべて材料出尽くしていますので、上がる要素はもうありません。

    今後は、企業買収中心の戦略から有力な会社の提携先に選ばれる会社になるような戦略にシフトしていくようなので、今回のビオンテックのような有力提携会社が見つかるまでは株価上昇はないでしょうね。

    自社の製品パイプラインだけでは、まったく将来性がないのは一目瞭然です。パイプライン数が多く見えるのは、オンコロジーやイミュノロジーは適応症追加が多いからです。適応症が増えても、元々の製品力が弱いのでそれほど売上増には繋がらないだろと予測できます。

    私は20年以上、ファイザーの株を買い続けていますので、もちろん下がるのは嬉しくないですが、予想通りの動きなので仕方がないと判断しています。

  • >>No. 580

    バイアグラのことも知らないようではファイザーの内情がまったくわかってませんね。

    バイアグラはすでにスピンオフしたヴィアトリス製品です。ヴィアトリスにとっては主力製品の一つですよ。

  • 株素人と言ってる人が沢山いますが、その前に製薬業界の素人だと思います。製薬業界全体の現在の状況を見たら、ファイザーが完全に勢いを失っていて、それに伴って株価が下がっていることを理解できると思いますよ。

  • >>No. 527

    そんなの関係ないよ。スピンオフ後に買い戻してるよ。

  • >>No. 528

    当分無理でしょ。上がる要素ないでしょ。アップジョンをスピンオフした新生ファイザーが、どういう戦略を取っていくのか、まだ全然見えてこないのに、何を材料に上がるって思ってるのですか?

    コロナワクチンでは、株価上がりませんよ。

  • >>No. 530

    市場の大きさ知ってますか?売り上げにはそれほど貢献しませんよ。

  • >>No. 536

    まあ、無理な相談か。
    無いから株価が下がってるんだもんね。

  • コロナワクチンのことはもうお腹いっぱいなので、他の情報ください。オンコロジーのパイプラインが豊富な会社との提携情報とか。

  • すでに誰もが知ってるワクチンの情報で株が上がることなどあり得ません。まだこれから結果がどうなるかわからないものに、多くの投資家が期待していると株価は上がります。

    つまり、今後の(フェーズ1、フェーズ2ぐらい)の新薬パイプラインが脆弱なファイザーは、将来性が乏しいので、株価が下がっているのです。

    お金に余裕のある人なら、配当金目当てで構わないですが、そうでないなら、アッヴィー、ロシュ、BMS、ノバルティス、メルク、リリー、アムジェン、J & Jなど、上げればキリがないほど、ファイザーよりも将来性のある製薬会社があるので、そちらを選んだほうがいいでしょう。

    製薬会社の株価への影響は、研究開発力が一番大きいです。新薬開発パイプラインを、他の製薬会社と見比べれば、ファイザーの株が売られていくのも納得できますよ。

  • 市場全体の好調さに助けられて、一気に下がっていないけど、ジリジリと下がって30ドルぐらいで下げ止まると見るのが一般的だよね。

  • >>No. 461

    製薬最大手って、いつの話ししてます?とっくにトップから陥落してますよ。さらに、VTRSのスピンオフで、そのうちにベスト5にも入らなくなりますよ。

  • いい加減、棚ぼたコロナワクチンで株価が上がるという妄想のコメントはやめて欲しい。

  • 経営状態が悪化するのは、5年ぐらい前から想定内。主力製品のパテント切れ。新薬パイプラインの枯渇。

    それで、アラガンとの合併を試みるが失敗。アストラゼネカの買収も失敗。

    やむなくアップジョンのスピンオフに踏み切った。スピンオフ後は、当然、株価が下がるはずだったが、たまたま、ビオンテックのコロナワクチンのおかげで、しばらく時間稼ぎができているのが現状。

    ここからは、CEOのアルバートブーラの腕の見せどころ。

    果たして、M&A なしで業績を持ち直せるのか?投資家は、正直、厳しいだろうと見ている。スピンオフ前の70%〜80%に落ち着くとすると、ぎりぎり30ドルはキープできるち思うが、もしかすると、20ドル台の可能性もあると予想するのが普通。

  • 今後のパイプラインに乏しいファイザーにとっては、USにおいてイブランスの特許期間が4年延長(2027年3月まで)になったのは、パテントクリフを少しでも先延ばしにできる朗報と言えますね。

  • 20年以上、ファイザー株と付き合っていますが、現在の株価は単純に経営状態が良くないから下がっている。それだけです。昨年のスピンオフは経営立て直しの一環ですが、今後のパイプラインとパテントクリフを考えたら、まだまだ不安定で、正直、上がる要素がない。コロナワクチンのおかげで、現在の株価でとどまっているだけです。このコロナワクチンの株価への影響は全て織り込み済みです。なんせ、一年間に製造できる量は決まっているんですから。先日の発表で、今年度のコロナワクチンの売上予測は約1.5兆円と発表になりましたよね。それ以上にはならない。そこまでわかっていて、この状況でさらに株価が上昇する材料がどこにある?皆さん、何を期待している?ファイザーについて、コロナワクチンのことしか知らないのであれば、製薬会社の本業をしっかりと勉強しましょう。

  • ワクチンの売り上げが、年間で約1兆5千億円と発表されているが、ピーク時のリピトールは同じぐらい稼いでいたからね。自社開発品のリピトールとビオンテックと提携しているワクチン、どう考えても利益率が悪いのは一目瞭然。

    タネツマブなんて、承認されてもリリカの足元にも及ばないし、バベンチオもキートルーダやオプジーボと同じ土俵で戦ってさえいない。

    こんな状況で、株価上昇するはずがないでしょ。期待する方がおかしい。

  • >>No. 257

    おっしゃる通り、ファイザーにとってのワクチンは完全な棚ぼたですから、本来はビオンテックのワクチンと呼ぶべきでしょうね。一緒に開発したしたというよりは上市に向けての治験、申請等のオペレーションを担当しているに過ぎません。しかしながら、ビオンテックとしても、ファイザーのネームバリューを利用できることからすれば、Win-Winの関係でしょう。

    以前のファイザーならば、昨年の段階でビオンテックを買収しているところだと思いますが、経営方針を180度転換して、今後は買収はせずに提携先として選ばれる会社になると、CEOのブーラが宣言していますから、将来的にもこのままの関係でいくでしょうね。

    正直、ファイザーにとって、コロナワクチンは、会社の業績に影響を与えるほど大きくありませんが、提携先に選ばれることにより、棚からぼたもち的に利益が入るのはありがたいことです。

    なお、バイアグラは、すでにファイザー製品ではなく、ヴィアトリス製品です。あしからず。

  • >>No. 229

    決算大丈夫かな?棚ぼたコロナのワクチン部門とオンコ&レアディジーズ部門は、なんとか前同をクリアできても、メインのインターナルメディスン、ホスピタル、I&I部門は逆にコロナの影響で前同からダウンするんじゃないかねぇ。決算の結果次第では、さらに下がるんじゃないかと想像しますが。

本文はここまでです このページの先頭へ