ここから本文です

投稿コメント一覧 (1947コメント)

  • >>No. 57

    >結婚なども本当に結婚したいならプッシュなんか無くても自分でネットで調べるだろ。それすらもしないならばプッシュされてもおそらく結婚するための努力は何もしないと思うよ。

    あなた、数字にこだわりすぎ、わたしは実体験で言っている。
    特に、30代半ばの女性はものすごく結婚願望の強い人が多い。
    しかし、彼女たちに基準に合う男性はすでに結婚している。

    この状態はですね、家を買おうとしている人の心理と共通するんですわ。
    東京の山手線の駅から歩いて5分以内の広くて環境のいいところで一軒家、とか言う希望があって予算が1500万円、これで、そんな物件ありません、って言ったら商談は成立しません。
    お客さんのプライドを傷つけないように少しずつ予算に近づけていく、結局、お客さんは家を買いたいんだし、妥協しても路線と家の形態を変えれば立派な物件はあるんです。

    昔から、ミスマッチは常に存在したわけで、条件にこだわったら相手はいません。
    でも、例えば、超エリートと結婚して幸せになるか、イケメンと結婚して幸せになるか、アイドルと結婚して幸せになるか、って言えば、そんなことはないんです。

    周りからちやほやされている人間より普通の人の方が一緒になってうまくいくものです。
    それを伝えるのがプッシュというものです。

    プッシュして無理やり需要をつくるじゃなくて、強い需要がある人に近くに結構いいものがあるよ、って気付かせるのがプッシュです。
    わたしは、たくさんのカップルをプッシュで後押ししましたが、みんな幸せにしてますよ。

    足りない条件なんて後で二人で補充していけばいいんです。

  • >>No. 54

    >君の言う事は結婚は幸せ、結婚しないことは不幸の前提に成り立っているね。

    そういうあなたは一人で暮らしているんですか?
    おひとり様が多くなっているが、その人たちは本当に一人でいることを望んでいるんでしょうか?

    いろんな人生があっていい、でも、多くの人は人と一緒に暮らしている方が幸せです。
    なぜ、ペットを飼うんですか?無駄でしょ、でも、癒されるからでしょ。
    頭のいい人がむつかしい理屈をこねるけど、人間の本質は古代から変わりませんよ。
    プッシュする人がいないから、おひとり様が増えている、それが現実だと思います。

  • >>No. 50

    >無知な人間には不必要な保険でもがっつり売ってきますよ。
    だって手数料を貰えるんだもん。

    結婚と一緒なんです。
    みんなが自分で判断して、自己責任で選択するんならそれでいい。
    しかし、結婚も株式投資も保険も自己責任に任せていたら、多くの人が人生で行うべき選択をせずに時機を逸してしまうのです。
    自由恋愛でもお見合いでも、結果として幸せになればそれが一番なのです。

    例えば、自動車保険です、これは自己判断ではなく、自動車を買うんなら周囲が本人の意向を無視しても強制で加入させるべきです。
    事故が起きた時に無保険で泣くのは加害者ではなく無関係の被害者だからです。

    死亡保険も子供が生まれたら強制で加入させたほうがいい。
    万一のことは、ある程度の割合で毎日必ず発生しています。

    悪い営業が存在するから、本来行うべき有益な提言も控えるべきだ、というのは間違い。
    目的は手数料稼ぎでも、手数料を稼ぐためにはきちんとお客さんのことを考えないと長続きしません。
    プッシュ営業は世の中に絶対に必要です、あなたは自己判断できるから必要性を感じてないだけです。

    世の中に必要なものなのに、お客さんの期待を裏切るようなかんぽ生命のような行動は許せません。
    悪い点は直さないといけない、しかし、悪い部分があるから全部やめる、はより悲惨な結果を招きます。

  • >>No. 46

    >近所のおばさんに押し付けられた男性と結婚して保険屋さんに言われるがままに入った保険で安心を買い、家や仕事もプッシュされたものをやったり買ったりで素敵な人生ですね。

    じゃあ、そういう余計なことをする人がいなくて自己判断も出来ずに必要な結婚も保険も入らない人の方がいいんですね。
    押し付けられて結婚して幸せに金婚式を迎える人とどちらが幸せな人生なんでしょうか?

  • わたしは、自分で判断する人が増えて、その人たちが安い保険や株式投資を行うのが一番いいと思っている。

    ただ、今の晩婚化、少子化の原因を考えると、プッシュ外交のない世界に大きな危機感を持っている。
    わたしの肌感覚では、特に女性の場合、背中を押して欲しい、と思っている人はとてもとても多い。

    あなたの意見が正しいとしても、社会全体がプッシュ外交を望んでいるのであれば、プッシュ外交の存在を肯定し、その上で、プッシュ外交の問題点をどうやって改善すべきか、を考えるべきだと思う。

  • >>No. 38

    >では大手の良い営業マンは付加保険料50%以上で私はインセンティブを○○円貰ってますが良い商品なので買って下さいと言う訳ですね。

    わたしは、割安証券や割安保険は大きく評価している。
    ただし、安くすることにより株式投資をする個人投資家や保険加入者が増えるどころか、減ったら意味ないんじゃないか、と思っている。

    確かに、昔の株式手数料や保険は高かったんだろうと思う。
    でも、それにより勧誘されなければ株式投資をしなかった人や保険に加入しなかった人が加入して救われたケースも多かったんじゃないだろうか。

    何が問題なんだろう?
    株式手数料なんて何十分の1になったんでしょ、それで個人投資家は増えたのか?

    つまり、社会全体から見たら、安いコストで自己判断に任せるより、ある程度のコストを掛けて広く浸透させた方が有効な面もあるんじゃないか?
    かんぽ生命を見たら、セールスにも明らかに問題が多くある。

    悪い点は公開して社会全体でチェックするようにすればいい。
    問題があるからプッシュ外交はやめましょう、ではなく、正しい営業を考えるべきだと思う。
    水清く魚住まず、という言葉もある。
    とにかくプッシュ外交は絶対必要だ。
    必要を前提として、ではどうやって不正を防ぐか、を考えるべきだ。

  • 良い営業マンって、普通の人なんだけどちゃんと商品を勉強して正直に説明する人だと思う。
    昔、松井証券の松井社長がトンチンカンな事を言っていた。
    お客さんにアドバンスするためには、ものすごい高度な知識を持たないといけない、って。

    阿呆だね。
    例えば、小学生がテニスを大坂なおみから教えてもらったら、全然うまくならないと思う。
    ごく普通のテニスの得意なお兄さんやお姉さんで、基礎をちゃんと教えてくれる人に教えてもらった方が絶対にためになる。

    営業って言うのは、毎日その商品見てるんだから、お客さんより絶対に知識がある。
    ただ、知識があるために、その知識を悪用して、必要な事を説明はするが、不利な事項は理解させない、というテクニックを使う人が多い。

    しかし、ちゃんとした営業は不利なことでもきちんと理解してもらった上で買ってもらう、それで信頼を得て、長期で安定した手数料を稼げる。

    例えば、就業不能保険は「働けなくなった場合に備える」という、ほとんど嘘に近いキャッチフレーズで集客している。
    それを、きちんと「ほとんど役には立ちませんが、保険料から考えると適正な保障が得られる保険です」と説明するのが、いい営業マンだと思う。

  • ライフネットは、今後、新商品を出すと思うんだが、素人が理解しにくい商品はネット販売を控えた方がいいんじゃないか?

    死亡保険と医療保険はいいかもしれないが、就業不能保険をネットで購入した人は相当数が商品内容を誤解していると思う。
    特に、はじめて保険に加入するような若者が理解出来る商品ではない。
    それでも、問題にならないのは、就業不能状態になる人がごく一部で、周りに同じ境遇(就業不能保険に加入し、かつ、就業不能状態になった人)の人がまずいないからだ。

    今後、新商品を出すとすれば、死亡保険のようにだれでも理解出来る商品ではないだろう。
    もちろんネットで保険を販売するのが、会社にとっても、われわれ株主にとっても収益的に考えて一番いい。
    でも、保険のような、一見分かりやすそうで、重要な部分に大きな落とし穴(支払い除外条項)があり、それが素人になかなか理解出来ないものは、ネット販売には向いてないと思う。

    みなさん、なんだ、この野郎、と思うだろうけど、本当に保険は難しいから。

  • しかし、かんぽ生命の不正ってひどいねえ。
    営業がお客さんに保険を解約して新商品に乗り換えるよう案内して、解約したら健康チェックで新契約に加入できません、旧契約は解約済みで無保険になります。
    これって犯罪だよね。

    かんぽ生命は、社長を首にして経営陣を外部から入れるべきだね。

    困るのは、証券と一緒で、じゃあ、積極的な営業やめましょう、受け身でいきましょう、ってなることだと思う。
    営業が悪いんじゃなくて、コンプライアンス体制がないのと経営陣に能力がないことが問題だと思う。
    例えば、30歳で契約した死亡保険を40歳で死亡保険+医療保険、に乗り換えたら死亡保険は10歳分保険料が割高になる。
    こんな契約の不正乗り換えをチェックするくらい、中小企業でもパソコンで1分かからない。

    この程度の不正を見逃し続けた経営陣がいくら頭下げても100年経っても体質は変わらない。
    無能な経営陣は、かんぽだけじゃなく、国民全体に損害を与える。
    金融庁も無能だね。
    金融は必ず不正が発生する、それをチェックするためにわざわざ多額の税金を掛けて金融庁を置いてるのに今まで何の仕事もしてなかったんだね。

    営業っていうのは、鰹節の見張りをする猫なんだよね。

    これでさらに営業が悪いっていう馬鹿馬鹿しい議論が広まるのが困るんだよ。

  • もう少し個人投資家を増やさないといけないね。
    インデックスばっかりで、証券会社も株式を研究しなくなった。

    ネット業界もそうだけど、今の時代、金融業界で下克上が起きつつあるのはニュースを見ればだれでも分かること。
    銀行もそうだけど、保険会社も新興勢力が旧勢力に取って代わりつつある。
    下克上が起きてる時は、株式投資で絶好の収益獲得チャンスだ。

    もっと若い人が楽しみながら会社の分析をすればいいんだよね。
    デイトレードもいいけど、会社の研究もやってみると楽しいと思うんだけどね。

    自分で会社興したら大体の人は失敗する。
    株主になるんだったら、数万円でなれるし、いろんな会社に投資すれば1つ2つ失敗してもリスクは少ない。

    もっとおおっぴらに株式で儲かった、損をした、ってみんなで話が出来ればいいんだよね。
    世の中スマートになりすぎなんだよ。
    AIなんかに任さずに、失敗したって自分で考えて投資した方がよっぽど楽しいし、世の中の流れが理解出来るんだけどな。

  • abcさんは、明らかに強力なネット派だね。
    これからの時代は間違いなくネットだよ。

    でも、ネットにはネットの欠点があるし、対面にも欠点がある。
    就業不能保険なんて、聞かなきゃ内容なんて理解出来るわけない。
    大阪で刺された古瀬巡査なんて、今は「いかなる仕事も出来ない状態」ではない。
    でも、仕事は出来ない。
    つまり、仕事は出来ないが、給付金は支払いもないうちに打ち切られている。
    彼は、警察官だからいいが、自営業なら倒産ですよ。

    こういう事は、対面でちゃんとしたセールスなら説明するし、コミッション稼ぎなら深く説明しないだろう。

    abcさんの発言を見ていると、対面に厳しいね。
    わたしの経験では、お客さんを騙すと気付かれるリスクが高いんだよね。
    だから長くセールスやってる人間はそんなに騙さないよ。
    一時のコミッションのためにお客さん失う方が痛いからね。

  • 一般論として、今後、個人の生保加入がどうなるか、に興味あるんだよね。

    オリックスなり、ライフネットなり、楽天生命と今後、割安生保の拡大は間違いない。
    問題は、価格競争が先行した証券業界では、割安証券自体は儲かったが、個人投資家の数を増やすことに貢献していないというはっきりとした事実があるということ。

    保険業界でも、同じく割安保険は保険加入率を増やす事にはつながらないだろうと予想できる。
    逆に、攻めの営業が採算が合わなくて減少して(au窓口は受け身の営業)本来、保険に加入すべき人が入らなくなって加入率は減少すると思うんだ。

    証券の場合、国は意図してないかもしれないが、結果として、日銀が投資をしない国民の代わりに株式を買って将来の国民の資産にすると思う。

    保険は、未加入者に万一のことがあると今後、民間保険に代わって生活保護支給という形で国が面倒を見る形が増えると予想する。

    まあ、時代の流れなので仕方ないが、自由競争が結果として社会主義的な流れを強めるんじゃないかなあ。

  • >投資未経験者や投資初心者も使いやすく、平日21時までリアルタイムで売買が可能なため、日中忙しい人も利用しやすくなるとしている。

    これってSBI証券もずっと言ってるんだけど、ヘビーユーザーは確かに増えたが、肝心の個人投資家を増やしていないのよ。

    abcさんは、ネット取引の信奉者のようだが、証券も保険もネットは多数派じゃないのよ。
    確かに、俺もネット取引の恩恵を大きく受けてるが、利用者の裾野が広がらなくて、一部の人がどんどん使うだけじゃあ、逆に全体の利用者が減ると思うよ。
    確かにセールスは悪い部分も多くあるだろうけど、いろんな物事を普及させてきた功績は大きいよ。

    少子化なんか典型じゃない?個人の選択に任せていたら永久に少子化が続くよ。
    お見合いおばちゃんが、背中押したら結婚する人は絶対に増える。
    背中押してくれる人を多くの人が待ってると思うよ。

    あんまり先進的な考えばかりで走ると、ついて行けない人が不幸になるんじゃない。

  • 400円とかで買った人が1200円で売れたら3倍だ。
    投資としては大成功と言える。

    でもねえ、5年後に振り返ったら、「俺1200円ぽっちで売ってしまった」となるよ。
    2022年に保険会社の会計が変わり、その前にライフネットは暴騰する。
    TOBなどなくても、3年以内に暴騰する。
    会計の変更に伴い、自己資本は増資をしなくても大きく増加し、事業費をさらに増やして契約を大きく増やしていく。
    たかだか600億円程度の時価総額で終わる会社じゃない。

    損益分岐点を超えたストック営業の会社の凄みが、理解されていない。
    これからがおいしいところなのに、TOBで上場廃止を期待する株主はテンバーガーをみすみす見逃す羽目になる。

  • >エフィッシモがライフネット生命の株式を大量に保有したのは、KDDIがTOBを仕掛けると読んでのことだ。

    TOB価格はだれが決めるの?役員とKDDIの話し合いじゃないの?
    役員は、TOB価格が高ければ高いほど役員自身が儲かるんだよね。

    役員の持ち株はどこにあるの?
    今から買うんじゃないの?そして、今、現在想定していないTOBが、役員が株式を受け取った後に、突然起こって役員が儲かるの?
    その取引をだれも不思議に思わないの?

    社員の話をたまたま聞いた取引先がその株式を売買してインサイダーで捕まるんだよね。
    自分の売値であるTOB価格を決める取締役がインサイダーと無関係ですって、今の時代通りません。

    もし、近々TOBがあるなら役員への株式配分を取りやめて現金にします。
    わずかな役員の利益のために、下手すれば新聞の1面に載るような可能性のあるリスクを犯すはずがない。

    当たり前の判断です。

  • 旧村上ファンドによるTOBは100%ありません。

    理由は、インサイダー取引になるからです。
    今、すでに旧村上ファンドが5%保有しています。
    そして、これから取締役の賞与の一部が株式で支払われるようになります。

    もし、取締役が550円の株価で賞与として受け取った株式を数年でTOBに応じて、KDDIに1000円で売却したら、利益の450円は初めからTOBされることが決まっていて、受け取ったんじゃないか、と疑われます。

    賞与の一部をこれから株式で受け取る、と決めたのも取締役、今後、TOBに応じるか、決まるのも取締役です。

    あちこちで数十万円のインサイダー取引で捕まっている人がいるのに、わざわざそんな危険な取引をする馬鹿はいません。

  • >そもそも65の定年まで働いてその後の違う仕事に適応出きる人間は限られて、残された単純労働はaiなどに取って替わられる。

    たぶん仕事の定義が変わってくるから、仕事は減らずに増えると思うよ。
    例えば、介護の仕事でたいへんなのは、風呂、トイレ、食事でしょ。
    そうすると、若い体力のある人でないと出来ない。

    ところが、ロボットでこの重労働を代行できると力のない女性や高齢者でも介護を担当できるようになる。
    そして、ロボットの出現によって、今は人がいないから出来ないことが新たな仕事として発生する。
    そして、ロボットやAIで代行できる今現在介護の仕事として考えられているものは、実は介護の本来の仕事でなく、今後、生まれる仕事こそが介護本来の仕事となる。

    老人でも人と触れ合いたいというニーズは強い。
    しかし、介護現場でそんな時間は作れない。
    1日同じ話を百回もされたら、介護する人が精神的に耐えられないでしょ。
    そうした単調な仕事、力の必要な仕事をロボットにお願いして、入居者の勉強のサポートとか趣味の手伝いやイベントの企画などを人間が担当すればいい。

    今ある仕事がロボットやAIに替わって、人間の仕事が減るなんてありえない。
    また、今後生まれる新しい仕事はそんなに高い能力がないと出来ないようなものじゃない。

    例えば、1000年前と今とでは環境が全然違う。
    でも、男女がお互いを好きになるという最も基本的な欲求と行動はほとんど変わっていない。
    人を満足させる、感激させる、という仕事は、未来永劫どんなにシステムが発達しても、機械では代行できない人間特有の仕事として残るよ。

  • 年金が破綻すると国民に触れ回っている人たちがいる。
    わたしは、年金が破綻していると言うより、平均寿命に合わせた制度に変更すべきと思う。

    どんどん寿命が延びて95歳とかになれば、働く期間が65ー22歳で43年、働かない期間が残りの52年、これで働く人に働いていない人の生活を支えろ、と言うのは無理がある。

    人間は、寿命の10年くらい前まで働けるはずだ。
    働くべき人たちが働いて、残りの人を支えれば年金制度は永久に問題ない。

    65歳でリタイアして、毎日スポーツクラブで鍛えている元気なおじさんを若者は支える必要はない。

  • >それが出来ないから老後の資金が2000万足りなくなるので自分で備えて下さいと発言した。

    年金だけでは2000万円不足する、は嘘です。
    2000万円の根拠は、年金だけだと1ヶ月5.5万円不足し、65歳から95歳までその状態が続くので、5.5×12ヶ月×30年、という阿呆な計算です。

    麻生氏や財務官僚は、お金で苦労したことがないので、理解してないだけ。
    65歳で貯金が50万円の人は1ヶ月5.5万円も赤字にしません。
    まず、働きます。75歳まで10年1ヶ月10万円の収入があると、1200万円になります。奥さんも同じく働くと2400万円で不足分は解消します。

    それ以外にイタリア旅行をやめてサイゼリヤでミラノ風ドリアを食べます、299円です。
    だから年金で生活出来ます。

    わたしが言ってるのは、年金は大丈夫か、です。
    大丈夫です、国債でなく、株式で運用すれば中長期で増えます。

    例えば、トラックが自動運転になれば、運送会社は利益が増えますが、運転手の給料が減ります。
    そしたら、運送会社に投資して、その利益を運転手の失業者対策に使うのが正しい政策だと思います。

  • >それを防ぐのが富の再分配。
    その機能を放棄している事自体が問題。

    実は、それを将来果たすのが、あなたの嫌いなアベノミクスだと予想する。
    日銀が無茶苦茶株式買ってるでしょ、日本人の性格からして、日銀があの株式を無責任に売り抜けるなんてことは、ありえない。

    わたしは、あれが将来,ノルウェー政府がやってるような国家ファンドに変わると思っている。
    本来は、中華系のように個人が株式で富を増やすのがいい。
    しかし、いくら政府が声を掛けても個人が株式に投資しない。
    このままだと、日本株式が上がっても日本人に法人税以外、恩恵が来ない。
    なぜ、ジムロジャースが日本をぼろくそ言っているか?彼は、日本政府が株式を買うから暴落せずに、自分が買うチャンスが来ないと怒ってるんだよ。

    余裕がなくて株式を買わない、余裕があっても買わない個人に替わって、政府が買って将来の年金に回す。
    日経平均2万円前後の日銀ファンドが中長期で見て、失敗するなんて絶対にない。

    繰り返すが、アジアは絶対に今後成長する。
    その中で、日本は特別に魅力的な存在だ。
    日本企業は、今後、成長する、つまり、中長期的に日本株式は上がる。

    日本の官僚は意外に考えてるんだよ。中国の官僚も実は結構国民の事考えてるけどね。

本文はここまでです このページの先頭へ