IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (179コメント)

  • マーキュリアインベストメント、増収増益

    【増収増益】政投銀や三井住友信託銀行と8月に80億円規模の新ファンド組成。16年12月期は運用資産の拡大に伴って増収。既存ファンドの成功報酬も寄与して増益。17年12月期もファンド堅調で増収増益。

    【航空機リース】安定利回り見込める航空機リースのファンドを17年にも立ち上げ。収益源を多様化へ。

    やはり業績が伴ってる銘柄は強いですね

  • 受注高、受注残高が素晴らしいですね
    通期予想売上高から逆算すると4Qで売上38.77億円ほど見込んでます
    売上利益率12~14%に換算すると営業利益4.65億~5.42億円に相当します
    3Q決算時点で経常利益が10.53億円で進捗率82.3%達成していますので
    本決算では大幅な上方修正きますね

  • 経常利益 前年比+38.6%
    純利益 前年比+55.5%
    売上営業利益率は前年同期の13.2%→14.9%に上昇
    純利益の進捗率 94.5%

    良決算ですね
    本決算で上方修正がありそうです

  • 1Q決算の時と反応が違いますね
    コンセンサス予想よりも下回ったので買いが継続してません
    ストップ高にならなければ大相場の初動から換算しても初めてのことになります
    つまり業績を株価に織り込んだことを意味します
    それでは寄り後からの上昇率など値動きを調査検証させていただきます

  • >>No. 668

    そうですね、私もずっと注目してきた銘柄です
    コンサンセス目標株価である8600円達成後に急落してしまいましたが
    本決算で更なる上方修正がでれば高値更新もあるかもしれません
    中間決算はコンサンセス予想を下回ったことで一時的に売られるかもしれませんが、中長期投資であれば結果は付いてきますので、しっかりと握っておいたほうが良いかもしれませんね

  • 通期コンセンサス予想 48億円
    通期会社予想 45億円

    事前のコンセンサス予想よりも3億円ほど少ないですね
    もう少しサプライズが欲しかったのが正直な感想です

  • 逆指値が誘発されましたね
    ラスト3分で423円⇒383円まで急落してます
    大引けを除くラスト3分の出来高は僅か64900株です
    大引けで43100株分、誰かが拾ってましたね
    テクニカル的には面白いところで止まりました
    来週は調査検証のため監視させていただきますね

  • 毎度になりますが、決算翌日の調査検証を致します。
    期ズレ分の利益(18億)や違約金(?億)などの特別利益などを差し引いた本来の業績が、計画を上回るか否かがポイントになり、これが判断基準になります。

    決算〆後の8/1公表した会社予想と比較して経常利益は-22%もの下方修正になりました。上方修正前の数値よりも数字が悪かったため、来期が増益予想でも信頼性が乏しいと判断されていることも原因の一つかもしれません。やはり会社の信用にかかわることですからね。

    本来であれば前期に計上されるべき売上(100億超)を後ろ倒しさせて、見かけ上だけ今期の利益を嵩上げしただけでは買う理由にはならないんだと思います。
    これは去年の今頃にも同様の指摘をしております。

    よって、兼業投資家の皆様には様子見を推奨しましたがズバリ的中しましたね。

  • 増配に関しても、株主優待時の利率が約2%だったことから、ようやく本来あるべき数値になったという印象です。株価を押し上げるには2.5~3円の配当が欲しいところです。
    よって今回も兼業投資家さんには買い推奨できません
    アルデは癖のある銘柄であり、上方修正が伴っても寄り天で下がる傾向があります。
    期ズレがなければ今期の利益は確保できない状況だったこともあり、一旦様子見すべきだと考えます。
    また、もし高く寄ることがあれば絶好の利益チャンスになりますので、すでに保有された投資家の皆さんにはおめでとうっていいたいですね!

  • 毎度になりますが、決算期の調査検証をさせていただきます!
    中期経営計画と比較すると経常利益、純利益ともに会社予想通りの結果になっております。
    しかしながら、先月公表した会社予想と比較すると見劣りしてしまいます。
    そもそも、前期が100億円以上の期ズレが発生してるところを考慮しますと今回の決算は物足りない印象です。

    > 期ズレ分の利益(18億)や違約金(?億)などの特別利益などを差し引いた本来の業績が、計画を上回るか否かがポイントになり、これが判断基準になります。

    上記は、1年前に投稿した内容です。
    今回の決算は期ズレ分がなければ中期経営計画は達成していませんし、前期と今期を合算した数値でも本来予想された数値よりも低いですね。

  • 業績を伴ってる銘柄はやはり強いですね
    Dyson社から「Partnership Award」を受賞
    株式会社デンソーから「グローバル協力賞」を受賞
    など顧客からの信頼性があり高評価される会社だからこそ
    受注や業績が安定して伸びていくのでしょうね

    > 平成29年3月期 第1四半期決算
    > 受注高 234億円(前年同期比220.0%)
    > 受注残高 406.8億円(前年同期比180.2%)
    > 自動車部門 73.7億円(前年同期比311.2%)
    > 半導体部門 108.6億円(前年同期比279.0%)
    >
    > 受注高が凄いですね
    > 現時点の受注残高だけで通期計画の92%に達してます

  • 平成29年3月期 第1四半期決算
    受注高 234億円(前年同期比220.0%)
    受注残高 406.8億円(前年同期比180.2%)
    自動車部門 73.7億(前年同期比311.2%)
    半導体部門 108.6億(前年同期比279.0%)

    受注高が凄いですね
    現時点の受注残高だけで通期計画の92%に達してます

  • 平成29年3月期 第1四半期決算
    売上高 14499百万(21.2%増益)
    営業利益 1519百万(71.5%増益)
    経常利益 1335百万(47.6%増益)
    純利益 789百万(72.9%増益)

    決算良かったですね
    Q1から大幅な増益になってますね

  • >>No. 122

    朝一からストップ高に張り付いてましたよ
    寄りの出来高は92000株でした
    恐らく事前に情報が漏れてインサイダーと推測できます
    前日の出来高6000株なのに不自然すぎますよね

  • 本決算から調査検証のために一ヶ月ほど監視しておりましたが
    業績を伴ってる銘柄はやはり強いですね
    株式会社デンソーから「グローバル協力賞」を受賞したようですね
    原価、技術、品質、グローバル、それらの総合などに多大な貢献があったそうです
    このように顧客からの信頼があり高評価される会社だからこそ業績も安定して伸びてくるのでしょうね

    さて私は他の銘柄の調査検証してきますね

  • 先週、LINE上場は織り込み済みと指摘しましたが
    ズバリ予想が的中いたしましたね
    思惑で上昇した銘柄は事実で売られるものです
    週末はLINE上場によりお祭り状態でしたが
    誰がこんな結果を予想していたでしょうか?
    残念ながらほとんどの方が本日ストップ高になるような発言でした
    現実はどうでしょうか?
    先週末の終値を一度も越すことはなく値崩れしていますね
    お祭り騒ぎの中でも惑わされずに的確な判断できるようになれば
    必ず相場で生き残っていけます
    今回負けたとしても次で勝てばいいんです
    皆さん、頑張っていきましょうね!!

  • LINE上場は1年前に織り込んでるので
    もしも上場が事実であれば大相場の終焉を迎える事が多いです
    思惑で上がり、事実で下がるとは事前に織り込んであるが故に成り立つのです
    ここは事実を織り込んでますか?
    LINE報道後に上昇してしまいましたか?
    チャートを見れば一目瞭然だと思います
    少なからず不快な思いをする人やまだデイトレ中の人にとっては
    カモが逃げてしまうので余計なことは話さないで欲しい人が多数でしょうから
    まず事実を織り込んで調査検証後に書き込みますね

  • ほんと静かになりすぎて株価も下落してしまいましたね

  • 本決算良かったですね
    28年3月期 本決算
    経常利益282億(44%増益)
    純利益171億(81%増益)

    注目すべきは来期予想です
    売上600億(13.1%増益)
    経常利益350億(23.9%増益)
    純利益230億(34.2%増益)

    四季報の来期予想は経常利益280億、純利益176億でしたので
    会社通期予想は大幅に上振れる形になりましたね

  • >>No. 952

    大引けで突如大きな買いが入りました
    予想を上回る終値となりましたね

    さて、私は他の銘柄の調査検証してきますね

本文はここまでです このページの先頭へ