IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (5967コメント)

  • >>No. 933


    >その治験に患者さんは参加されている

    株主総会やこのポンコツ企業の行方だけを眺めてます。
    私も同感ですが後が無い患者に対してもこの言い草。株主への配慮なんて尚更。
    とことん見さげ果てた非人間的集団。

  • >>No. 868

    皆さん頑張ってな。

    私はもう逝くわ。ここは金輪際関わらない。
    今に至っても市場に対する姿勢が駄目会社のまま。

    「知らせが無いのは良い知らせ」と大嘘会社。
    気がついたら「販売」「他者からの評価」成果なし、状況悪化、負担激増という有様。

  • 世間知らずの大学研究室を姑息な広報係とセットにして抜き出しただけのポンコツ企業だった。極めて困難な症状にチャレンジしているから奏功無くても凄く見えたが、治験規模も小さい。もう時価総額も少ないメリットも無くなるし、当初の会社の思惑からどんどんズレていくし、治験の遅延も適宜理由説明ないし、見捨てられと当然。

  • 「市場に化合物が理解されない」から株価が下がると思っている格上の人達に僭越ながら申し上げます。
    まず、ウルトラ増資が予告されているのに「今買う馬鹿いるかよ(猪木PSのCMより)」ということ
    そして企業秘密(癌バスの秘密範囲はあまりに大き過ぎるけど)を守ったまま、これ以上わかりやすくすることはできない、いや寧ろ、十分理解されているのではないか。
    端的に理解するにしても、難易度の高い病気、ステージでの、奏功率、無憎悪生存期間、全生存期間などわかれば十分。
    それでも理解不足が株価低迷の原因とおっしゃるなら、加登住くんらIRの珍妙で不明瞭な文章も原因だが、貴方達が「自分達が天才秀才○○過ぎて、格下の市場参加者にどう説明しても理解してもらえない」と諦めるべきだろう。

    プロも十分に真の価値を理解できない、情報もなく専門知識も乏しいアマチュアには尚更理解されない。今日までかなり時間を費やしても一向に理解されないのに、劇的に株価高騰に繋がる理解向上プレゼンテーションができますか?時代が悪かった、もっと高度な知能ある惑星で上場すればよかったと諦めろ。

    私は市場参加者の判断こそが適切と思っている。

  • >>No. 840


    >キャンバスの役員たちは、役員報酬返上する覚悟もできてると思うし、株主とは格が違うんだよ。

    思うだけ?駄目だ。
    役員報酬返上を実行してからだ。
    そんな覚悟あるなら、何故、公言した役員SOを完全履行して完全公開しないのか。
    自分達の会社が信じられず、役員のお金が溶けてしまうと怖じ気付いたのだろうか。
    会社の研究開発内容も対外交渉内容、外部評価も熟知しているのに。

    まあいいや。格が違う役員様なら、きっと素晴らしい打開策があるはずだし、君だけは信じてあげなよ。

  • >>No. 837

    追加と修正を。
    「心配をおかけして」→「ご迷惑をかけて」とまずは謝罪だ。決してIR担当のように「こちらも一生懸命やってますよ」とか「(前回ワラントのこと)言ったじゃないですか」とわめくのでなく。
    IR担当が情けないから加登住くんが出なきゃならなかったのだろうが、そもそも秘密主義(それが許されるのは販売実績や株価で応えられる会社のみ)や電子的問合せにシカトしているのに、直接の機会である電話でキレたり押し黙ったり、株主総会では一方的説明で時間を浪費したり猿芝居を見せるとは、もはや、姑息どころか愚弄するにも程がある。成敗してやりたいが多方面の信頼を失い呪われ沈没していくのを眺めることにしました。

    CBP501の各治験データは見込みあるのは間違いないが、投資家としては儲かれば良いので材料や投資先会社はどこでも良い。
    だから信用できず株主を愚弄する会社との「株主としての広義の提携」を破棄しました。

    株価270円、次が270×0.75=202.5つまり203円、そして180円が防衛線になりますが、前回ワラントと違いもう提携絶望なので、555万株超のワラントで下落スピードも加速と見ます。

  • >>No. 836

    後は黙って沈没船見ていこうと思ったが、完全に見捨てた切欠や理由は昨年のIR担当やカトズミいや用済み君の反応なんです。

    あんなIR担当を置いているようでは、いくらブログやTwitter駆使しても魂なし。

    提携提案が無かったと確信したのは「足元」発言。提携候補先が居る段階でそんな発言しますかって。相手に対する配慮無いだろう。相手側が極めて失礼な態度とっているケースも多々あろうがそんな会社は最初から提携候補先ではなかろうし。

    そして、株主に対しては「ご心配をおかけして」
    ではなく、まずは「こんな巨額のワラントとなり申し訳ありません」と言うべきだろう。
    株主に痛みを感じてない証拠。確かに「増資こそ株主の為」と信じ切っているんだよ。この板ではアタオカ発言散見しているけど、癌バス社の真意を代弁してくれているんだ。

  • >>No. 350

    掲示板に出てこない人もいますよ。
    堅実かつ配当のしっかり出る会社はいいですね。
    どうせ破滅した身。せめて配当を感謝して有難くいただきます。
    嘗てのコロプラタイムのように、タムラ製作所のタムタムタイムを体験したいものです。

  • 呪いのキャンバス。
    株主総会の様子やそれ以後の顛末をここに紹介してください。
    それじゃ。

  • >>No. 826


    >キャンバスは頭金で詰んでますね。

    現時点で26億の時価総額か。
    昨年時点で60~80億でのTOB仕掛けでもしてくれればよかったのに。

    これじゃ研究開発前に資金枯渇で轟沈だ。
    とにかく足元気にせず提携したほうが良い。
    提携候補先とやらが作り話でなければ。

  • 日本で弱小会社が成功するには、冷水ばかりかけるのでなく、正当な評価どころか過剰評価されなきゃ。
    過小評価だと不満ばかりで辛気くさく、しかも研究開発発表以外はアタオカ発言。祭りなしの沈没船。9/29待たずに逃走、こんなポンコツ無能会社に未練あるのでも一時避難だよ。

    株式印刷業ベテランスタッフなら資金確保や祭りも成功したかも。

  • >>No. 815


    >総会前に大きな発表があるような気がする

    甘いな。昨年のMSワラントも好材料なく開始。
    金が無くなれば増資。
    「売れる」成果は無く、研究開発の進捗あれどあって当然だし、無ければ稼ぐ武器は尽きて倒産(CBP501だけと言う人は認識を改めてくださいね、と寒い発言はあったが)。
    流行外、市場の理解不足を理由にしながら、無能かつ貧乏なので控えめなハッタリしかできず流行に乗れず、そもそも都合悪いことは隠したがるので珍妙な不明確言動の改善はなかなかできず。社長以下会社の信用や期待は失墜。

    こんなに激安価格なのに、役員SOの取得株数も不合理にも非公開。会社の実情を熟知するプなロすら欲しがらないのに、誰が今買いたいと思うのか。

  • 仮に20%ロイヤリティが本当だったにしても、交渉経過は要らないが途中の結果報告は前回ワラント前にしておくべきだったんじゃないの。研究開発は途中結果報告して、プロに対してよりは市場に丁寧な説明しなきゃ、過小評価なのでワラントやむなしと理解してもらえない。「わかりやすい説明」よりは必要なのは「共感」だよ。でも、正直に言わないから「わかりにくい」説明しかできなかったと思ってるよ。

  • 次の壁は転換社債リファイナン下限価格の270円
    。アタオカかカタオカか知らないが熱狂的キャンバス社ファンはどしどし買いなさい。
    プロや嘗てのホルダーが放棄したゴミを(今のところは)独占できると煽り立てるポンコツ企業を信じるなら。
    去年までは「提携をとれるだろうと疑わない」だったのが、「提携なければ本当に駄目でしょうか」「提携なくともできる反例なるよう努力」とは。思惑通りに行かず遅延やアタオカ発言ばかりのくせに、よくシャアシャア言うもんだ。

  • >>No. 786

    >交渉で強気に出れる、足元を見られなくなる(はず)

    足元を見られる前に足元が崩れていきます。
    昨年のMSワラントでこうなることは予測済みでしたが、ここまで無能無策とは。
    研究開発だけでビジネスセンスが無い。
    当初の目論見からはどんどんズレていく地滑り式崩壊(単剤での提携→併用剤での提携→提携無理・MSワラント連発で自力開発→更なる過小評価)。詰み間近で投了はいつあるか。

    もし一時金20億プラス20%ロイヤリティ提示されていたらこんな危険な賭けするか躊躇う。
    余程自信過剰、株主無視の傲慢、思い上がりしてないとできない。
    「やはり提携提案は無かったんだ」と考えておくのが妥当だろう。否決されたら「会社清算」を持ち出して再議決に持ちこむのか、もっと足元を見られて(贔屓目に見て)一時金、ロイヤリティ減額での提携になるのか、こんな不誠実なポンコツ企業の行く末を見届けてから去りたい。

  • >>No. 776

    癌バスの言うべき過小評価というのは「本当はもっと高い株価であるはずなのに低く見られる」ことなんだろう。だけど、やっていることは「現在の過小評価に相応しい株価下落誘発行為」であり、自らの雇用確保延命策である。

  • 過小評価是正策→MSワラント→株価下落→研究開発資金予定未達→MSワラントって、どこが過小評価の是正になるのか。
    魅力ある商品を産み出せない無能無策の証明。

  • 「ファイナンスの目的は株価過小評価に繋がっている懸念の解消」
    確かに過小評価から適正評価になる。
    株式一単位の価値が増資で安くなり適正価格に。
    株価も更に下がり、研究開発資金も予定どうり確保できない懸念が残り解消されないけど。

  • >>No. 710


    >あの時点で  遅かれ早かれ  とか
    言ってる時点で先は見えてたねww

    いや、あの時点ではまだ信用していた。
    しかし、「何らかの提携」→「よし力を貸してやろう。広義の提携」→MSワラントで株主からカツアゲ。その後にIRを糾弾した反応で全投げしました。
    株主総会の議決次第では、大型増資不可、カト住くんもヨー済みくんだ。

本文はここまでです このページの先頭へ