IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (14コメント)

  • 明日も下げるだろうな
    5000割れが見えてきたね

  • ここはハゲタカファンドですよ、株主なんてどうでもいいんです
    株価を吊り上げて叩き売る、それが商売です

  • 株価300円台ですか、何というお粗末・・・・・
    素人が経営している会社なんですね

  • 新暗号に関する記事より

    >NTTの21年3月期の海外営業利益率は3%で、全体の営業利益率の14%を大幅に
    >下回る。新暗号はサーバーのほか、センサーやカメラ、ATMなど様々な機器やサー>ビスに使われる可能性がある。新暗号を搭載したシステムやサービスを提供できれ>ば、将来の収益貢献も期待できる。

    >「対GAFAは意識している」と澤田純社長が力を入れるIOWNにも新暗号を適用す
    >る。暗号通信で米テックが使わざるを得ない世界標準となれば、世界の企業を相手>に陣営作りを進めるIOWNの標準化も有利になる。1980年代後半に時価総額で世
    >界一だったかつての強いNTTが復活するか。新暗号の標準化がまずは鍵を握る。

    IOWNに向けて新暗号の採用の有無がゲームチェンジのキーになりそうですね
    対抗するチャイナ方式は・・・・・使いたくないですね  笑

  • ここの実体はハゲタカファンドだよ
    冴えない企業を安く買いたたいて、そのうえで株価を吊り上げて売り抜ける、それだけ、ただそれだけ
    つまらない企業だよ

  • 投資の怖い所はこういう負け組企業に手を出すことですね
    何も手を打てない経営陣の無能もあるけど、事業の目算が狂ったんでしょうね
    要は手を打ちたくても打てないという・・・・・

    これは経営上最悪な状態だと思いますね
    経営陣を総入れ替えで出直しかな、それも無理なら会社をたたむしかないですが・・

  • 以下、続き・・・・・

    NTTはGAFAになれるか、少なくともその可能性は大きくあると思う。暗黒の時代を乗り越えてきたNTTならば、高度な技術と多くのリソースを持つNTTならば、世界の名だたる企業とのネットワークを構築しているNTTならば、そして社会変革の大きなうねりが見えてきた”今この時”ならばそれは決して不可能なことではないと思える。

    武器は高度な通信技術をベースとした種々のサービス展開は勿論のこと、キーはややはりIOWN(光半導体)の成否にかかっていると思う。
    これから2~3年がその正念場と言え、その達成こそがGAFAの後ろ姿が視野に入ってくる契機になるんだろうと思う。

    時代はNTTを欲している、時代がNTTを迎えに来ている、そう思いませんか。
    GAFAだろうが何だろうがそんなことは本当はどうでも良い、IOWNの成功による社会の変革がなされれば自ずとNTTは世界の覇権を握ることになる、そういう潮流が必ずや出来てくるのだと思う。

    NTTは今、非常に難しい時を迎えているが、必ず乗り越えてくれると確信している。

    信じるか信じないか、それはあなた次第です!  笑
    でも、この会社を信じてみるのも私はその価値が十二分にあると思っています。

    長々と失礼しました。

  • NTTが今もって古き体質なのかどうか、NTTを見ている人にはその言葉自体が過去の遺物に思える。
    今時、古き体質でやっていけるほど事業経営は甘くはない、そんなことは幼稚園児でもわかること  笑
    民営化後、NTTは規制の波に押されて法律で縛られ身動きが取れない中で、”出来ること”をやってきた、それは紛れもない事実。その隙間をぬってソフトバンクやKDDIが儲かる事業だけに特化して参入し台頭していった、これもまた事実。
    言い方を変えればNTTが事業拡大を行いたくてもそれを邪魔したくて仕方のない一定の勢力との戦いに力を削がれていったという暗黒の時代・・・・

    NTTの悪夢は民主党政権でも同様だった。NTTの光設備さえも他社に提供しようという勢力との戦い・・・・・まさに悪夢だった。
    NTTの台頭を許したくない欧米諸国、日本の民主党政権(一定の自民党勢力も)、竹中平蔵等、NTTの手足を縛る政策が次々に打たれていった…

    長期にわたる反NTT政策に光明が差し始めたのは安倍政権の後期から菅政権の時。
    携帯料金の値下げとトレードオフの形でNTTがフリーハンドで手足を延ばすことを良しとする方向に変化していった。この動きがNTTの組織改革を推し進め、6GでNTTが世界の覇権を握ることを後押しする動きが醸成されていった。この流れは一昨年の後半あたりからの動きと言える。

    一言でいうと「もうNTTを縛っておく時代ではない、NTTに自由にやらせるべきだ」というもの。
    KDDIやソフトバンクは未だにNTTを縛り付けておきたいようだが、見事に菅政権に引導を渡された、そういう動きが繰り広げられている。

    続きは2/2で・・・・・

  • > >IOWNの導入スケジュールは2024年から部材の供給体制に入るんですよね
    > 既に基盤技術の開発は終わりの段階に来ていて、あとは実運用に向けての
    > 細かな部分の調整等でしょうかね
    >
    > 恐らくですが、来年末から再来年のはじめには大きなアナウンスがある
    > これからの1~2年はドコモの法人営業の受注拡大と海外の売り上げ増に・・
    >
    > ***** 
    > この掲示板にいる NTTステークホルダーは その時を待っています
    > その時は 遠くない See you soon です 期待しています 
    > 整合性のある 将来を見据えた ご見解に 敬意!!

    誠実なNTTファンの皆さんの夢が叶うことを私も願っています、きっとそういう時期が来ると確信しています

    その時がくれば株価は5000円を超えて大台に向かう、そういう夢(今のところは)を見つつ新年を迎えたいと思います

    世界の主要企業と組んだNTTの動きは本物でしょうし、これからの2~3年はNTTにとっても株主の皆さんにとっても何かとワクワク、ドキドキ、ハラハラを繰り返す時期になるかと思います。

    あとは信じるのみ、そうですよね、ただただそれだけですね  笑
    コメントありがとうございました!

  • > docomo腐った会社だな
    > 先月の通信障害は、1日以上発生して、利用できなかったのに、料金の精算は行わないんですね
    > 緊急通報も利用できないし、被害に合われた方が不便です
    > この会社潰れるよ

    なんか言ってることが良く分からんね
    料金の精算をしないから会社が腐ってるだの潰れるって言ってるの?
    ドコモはお客さんとの契約に基づく規約内容どおりに対応しているだけだよ
    他のソフトバンクとKDDIはこういう場合は料金返すって?
    その位は確認してからものを言ってるんだよね

    通信事業の障害は影響範囲が大きいこと、代替え手段があること等で一定程度の事象は精算行為を行わなくても法律も契約上も問題はない、そういうルールだよ。

    あんまり短絡的に訳の分からんことを言わない方がいいんじゃないの?
    通信を含めた社会インフラは必ず問題は起きる、その時に代替え手段があるものはそれを柔軟に活用して乗り切る、そういう考え方の方がいいんじゃないの?

    まともな思考回路を持った人はそう考えるよ  笑

  • これからは通信とITの両方の事業(技術)を展開する企業が社会を変革できるのではないでしょうか。

    今回のドコモとコムコムの一体化で、通信はドコモ、システムはデータ、アプリ(上位レイヤ)はドコモ+コム、再生エネルギーは持ち株(+エネット)等、NTTの事業区分がスッキリとしてきましたね。

    通信だけでは社会の課題は解決できないことは間違いありません。ITを駆使して、高度な通信機能を活用して、その両方が揃って初めて進めていけるんだろうと思います。

    今、NTTには物凄い追い風が吹いています。一つは政府主導のデジタル化推進とDXへの取り組み、二つ目は半導体の国内競争力の強化、三つめは脱炭素社会への転換です。これ以外にも数多くのNTTが主導すべき事業(サービス)が存在しています。

    これを同時並行で進められるのはやはり高度な基盤技術と豊富なリソースを持つNTTだけなのではないでしょうか。

    SONY、富士通、トヨタ、NEC、海外通信/IT企業、オキサイド、JTOWER、通建企業各社等 、これらの企業群と連携して社会の変革に本気で取り組んで欲しいと思います。

    澤田社長は今までの社長とは違いますね。こういう社長にNTTを変えてもらいたいというのもあります。

    キーワードは「IOWN」、これからの株価の推移が楽しみです。

  • 今週の「週刊エコノミスト」にNTTに関する重要な記事がありました。
    テーマは「これから来る!脱炭素DX技術革命」

    <NTTに関する記事>
    省エネ・微細化の限界突破 NTTの”光”半導体革命

    凝縮された記事ですが、NTTの開発・技術力の凄みが明確に書かれていますよ

  • NTTは今から5年後の2026年にIOWNを導入する計画ですが、今後、もう少し具体化して明確に導入の具体的なニュースが流れたら、ここの株価は恐らく飛ぶでしょうね。
    2020年にNTT,SONY,インテルでアメリカにフォーラムを設置していて、近々に富士通の半導体設計会社を買収するとも発表しています。

    当面は目先の株価3300~3700辺りで動いていくと思いますが、IOWN導入なら恐らく桁が変わってくるんじゃないでしょうか・・・・・・

    澤田社長も「IOWNは社会を変えるゲームチェンジになる」と言われています。NTTを信じるなら株価20000~30000もあり得るのでしょう。

    こういう夢のある企業こそが勝ち残っていくんだろうと思いますね。

  • ドコモとコムの一体化は効果が大きそうですね。
    ドコモの法人営業力強化による増収が一番効果が大きい部分でしょうけど、研究開発や事業そのもの、あと様々なリソースの整理によって一千億円単位でコスト削減が図れるようです。
    また、コムウェアがドコモグループに入ることで飛躍的な技術力の向上が期待できます。これは5Gから6Gへと続くネットワーク技術の向上にもつながりますね。

    ドコモの売り上げが現在の5兆円弱から6兆円超えになるとすると中期的にも成長に弾みがついてくるように思います。
    経営の数値は現在、KDDI、SBGの後塵を拝していますが、統合で名実ともに日本のナンバーワン携帯、固定(県外・国際)事業者になりますね

    株価も上げトレンド基調の継続で間違いないと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ