IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (437コメント)

  • 銀行は、日銀の超低金利政策で収益悪化しており、店舗・ATMを減らして、オンラインバンキングへの移行が、重要な経営課題となっています。 
    今後、全国の銀行が、FPoSを採用する可能性が高く、一気に拡大する可能性があります。

  • ≪MaeMaaS実験≫5G×自動運転×マイナンバーカード×顔認証

  • 前橋市「住民ID」マイナンバー+SIM+顔認証で本人証明

    SIM と書いている。

  • GMOグローバルサイン:EU の「eIDAS」・「PSD2」に準拠したトラストサービスを欧州中心に提供開始

    2020年2月13日
    報道関係各位
    GMOグローバルサイン株式会社

    【トラストサービスを取り巻く環境】
    ---------------------------------------------------------
     昨今、ネットワークに繋がって流通するデータ量が増加するなかで、不正アクセスや改ざんなどのセキュリティリスクが高まっています。こうしたデータの完全性を確保するために必要とされる電子署名やタイムスタンプなどの仕組みであるトラストサービスの導入・導入検討が世界中で進められ、それに伴い法整備も進められつつあります。

    ■日本におけるトラストサービスの法整備
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     一方、日本では、電子署名法によって、電子文書に施された電子署名の法的有効性やその水準が規定されているほか、民間事業者によるタイムスタンプの認定制度のみが仕組み化されているに留まります。しかし、EUの先進的な取り組みを踏まえ、日本国内においても、総務省主導でトラストサービスの法制度化に向けた検討が続いています。2020年度には民間事業者によるサービスを公的に認定する制度が策定されており、今後日本国内でも「eIDAS」のようなトラストサービスの整備が進むことが期待されています。(※4)

    (※4)総務省「トラストサービスに関する現状」:https://www.soumu.go.jp/main_content/000583371.pdf

  • GMO あおぞらネット銀行と Queen Bee Capital が業務提携

  • 次世代のIoTセキュリティ標準とはどのようなものか

    まずはデバイスそのものを製造工程からきちんと証明書を入れていきます。ここにはPKI(Public Key Infrastructure)というものがあります。印鑑証明で言う所の区役所とか市役所みたいなものだと考えればよいでしょう。国として認証基盤を日本に一つだけ作り。それを各自治体に配布しています。 民間ではサイバートラストとセコムトラストシステムズの2社だけが印鑑証明登録を出すような認証システムをつくっています。

  • 次世代のIoTセキュリティ標準とはどのようなものか

    実は日本には古くから印鑑登録証明という優れた制度があります。しかしこれが逆に電子署名法や公的個人認証の仕組みづくりに出遅れた理由にもなっていました。ただ、このあたりはマイナンバー制度がスタートしたことで、ようやく欧米にキャッチアップできる状態になりつつあると考えて良いでしょう。何れにしても電子的な本人性の確認はIoT時代には今までとは比較にならない重要度を持つことになるはずです。

  • 次世代のIoTセキュリティ標準とはどのようなものか

    IoT関連の協議会は他にも色々ありますが、“認証”という本物性の証明に重点を置いてやっているところはあまりないはずです。コネクテッドカーにしても、クルマそのものの認証のみならず、クルマを構成している数多くのデバイスに対して一つ一つちゃんと証明を付けていって、何か事故があったときにどのデバイスの責任なのかがはっきりできるようにする、というようなことも想定しています。

  • 次世代のIoTセキュリティ標準とはどのようなものか

    IoTセキュリティの基本は「それが本物かどうか」です。真正性の保証、真偽の区別が非常に大事になる。特に、車や医療など、命に直結するものはさらにデリケートな管理が要求されるでしょう。その基本になるのが「認証」です。日本では“認証”と “認定”を曖昧に使う悪い癖がありますが、私たちが推進している認証は「それが本物であることをそれ自身が他に対して証明する」という厳密なものです。

  • サイバートラストは2月3日、パナソニック セミコンダクターソリューションズとIoT機器のセキュアなライフサイクル管理に向けた開発連携を検討することに合意し、覚書を締結した。今回の合意は、IoT 機器の製造から廃棄までライフサイクル全体にわたる安全性向上の実現に向けて、両社の技術やサービスの機能を活用してIoT機器向けトラストサービス(IoT機器が本物であることや利用者の本人確認による真正性の確保、データの改ざん検知などによる完全性の確保などを行い、システムの有効性を担保する基盤となる仕組み)の運用基盤を確立する可能性を検討するものとなる。

  • サイバートラストとパナソニックが協業を検討、IoT機器のライフサイクル全体の安全性向上を目指す

    ⇒気になるな

  • エコで豊かに暮らせるパナソニックのスマートシティ、米デンバーに展開
    ⇒パナソニックの可能性は?

  • 崩れたワンタイムパスの防壁 銀行、不正送金対策急ぐ

    2020/2/6 18:00日本経済新聞

  • BaaSプラットフォームのH.I.S. Impact Finance、MBO実施及び「H.I.F.株式会社」への社名変更のお知らせ

  • 「特定認証業務」の認定
    今月、認定されそうですね。

  • 2020/02/03 21:24

    Fimple Bank(2020年春開始予定)

  • 2019 10/21 会長のツイート

    Our success of new tarir supporting Suga san could make this happen sooner.
    菅官房長官が支援している4割減によって、日本通信は、まもなく成功する(黒転)

  • インドのIT人材を神戸に 市が獲得支援へ企業に補助

    神戸市は2020年度、インドのIT人材の獲得支援に乗り出す。
    米国が外国人労働者の入国査証(ビザ)審査を厳格化した結果、米シリコンバレーなどに渡れないインド人起業家が、事業成長の機会を求めて神戸のプログラムに関心を示した。

    ⇒ 日本とインド、パキスタン、IT分野でお互い協力できるといいね。日本通信の取り組みも注目度がアップしますように。

  • 2020/01/29 22:44

    every individual will have a digital certificate that cannot be stolen.

    cannot be stolen
    cannot be stolen

  • 2020/01/29 22:40

    our platform affords a very low-cost method of using the digital signature.

    very low-cost method
    very low-cost method

本文はここまでです このページの先頭へ