IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1251コメント)

  • 17年以上の経験を持つBhawnaは会社法を専門としており、企業財務、フィンテック規制、および支払いに関する深い専門知識を備えています。彼女はまた、フィンテック分野で豊富な経験を持ち、政策立案、規制順守、プライバシー、国境を越えたデータガバナンスに携わってきました。

    Bhawnaの任命についてコメント、スライスの創設者兼CEO、Rajan Bajajは、次のように述べています。「BhawnaSangwanがスライスシニアリーダーシップチームに加わることに興奮しています。Bhawnaは、ペイメントセグメントへの拡大を戦略化しているときに、スライスチームに加わりました。市場が進化し続ける中、堅実な製品ポートフォリオを通じてビジネスを導くだけでなく、変化する政府規制に適応し、消費者保護とデータおよびプライバシーの義務を確実にすることができる影響力のあるリーダーが必要です。Bhawnaは、市場での持続的かつ責任ある長期的な成功のために、スライスが最高水準の倫理で機能できるようにする上で重要な役割を果たします。」



    Bhawnaは、コンプライアンスプログラムの主導に尽力したGEでキャリアをスタートさせました。スライスに参加する前は、BhawnaはBhartiAirtelやAmazonなどの大規模な多国籍企業でいくつかの法務職を歴任していました。Airtelで、彼女は2009年に支払いライセンスを取得する上で重要な役割を果たし、複数のM&A取引に参加し、2008年にはAirtelMoneyの創設メンバーの1人でもありました。会社の拡大、およびインドでのアマゾンのフィンテック部門の構築において重要な役割を果たしました。請求書の支払い、UPIは、支払いの受け入れ、発行、ブランド提携カードなど、さまざまな製品を発売しました。Bhawnaは、デリー大学法学部を卒業し、インドの企業秘書協会でCSの学位を取得しています。

  • ちなみに先行している
    セコイアの投資先のインド×FintechのBharatPe社は去年、銀行免許取得

    インド中央銀行は、小規模な金融銀行を設立するための一般ライセンスを発行しました。 地元メディアによると、Centrum FinancialServicesはライセンスについてBharatPeと協力しました。

  • <創業家の相続税対策かな?
    ですです。。。上場廃止だと時価でしょうからねえw

    昨日調べたのでは、グノ大丈夫そう。。。
    銀行から出資も受けているので、最悪はそことクレジットカード出してやるかなと
    企業存続とかの問題では無さそうです。。。

    5R シャンドゥレール ダービー馬ですw

  • 解説
    インドでのデジタル銀行の導入は非常に初期の段階であり、前述の討議論文が公開されており、さまざまな利害関係者や一般の人々からコメントが求められています。データとプラットフォームを活用してリモートで貸し出すデジタル銀行の可能性は、パンデミックの中で中小企業をサポートする上で確実に前向きな役割を果たすことができ、そのパフォーマンスと直接的な相関関係があると予想されます。

    それにもかかわらず、今のところ、国でデジタルバンキングがどれほど成功するかを観察して分析するのは時期尚早ですが、政策立案者のアプローチ、テクノロジーの進歩、デジタル化の到来を考えると、インドも 実店舗のない銀行、つまり近い将来にデジタル銀行を受け入れる準備ができています。

  • 中小企業が正式な分野からの資金に迅速にアクセスできるようにするために、インド政府の頂点の公共政策シンクタンクであるNITI Aayogは、世界的なシナリオを検討しながら、2021年11月に発行された「デジタル銀行-インドのライセンスおよび規制制度の提案」というタイトルの討議論文で、フルスタックデジタル銀行を推奨しています。

    NITI Aayogは、討議論文で、買収コストとサービス提供コストを軽減し、低コストの預金を利用して中小企業に持続的にクレジットを提供するために、テクノロジーを活用するライセンス企業の必要性を強調しています。そのため、第一段階にフルスタックの「デジタルビジネスバンク」ライセンスを導入し、第二段階にフルスタックの「デジタルユニバーサルバンク」ライセンスを導入するという2段階のアプローチを推奨しています。RBIは、デジタルビジネスバンクの導入から得られた規制経験に基づいて、デジタルユニバーサルバンクライセンスの導入を検討する予定です。

  • Slice founder and CEO Rajan Bajaj said, "We are evaluating this regulation and are committed to being on the right side of regulation in letter and spirit. We are working with our partner bank on this."
    による英語からの翻訳
    Sliceの創設者兼CEOであるRajanBajaj氏は、「私たちはこの規制を評価しており、法の条文と精神において規制の正しい側に立つことを約束しています。これについてはパートナー銀行と協力しています」と述べています。

  • 民間セ​​クターの貸し手は、最近の投資でスライスのキャプタブルに加わりました。これにより、アクシスと提携してクレジットカード市場に参入できるフィンテックの新たな可能性が開かれます。スライスは重要なポイントにあります。NPAを管理しながら顧客を追加し続ける必要があります 2022年4月18日 7 分読む ミレニアル世代や若い専門家を対象としたインスタントクレジットブランドであるスライスは、開発を認識している3人の業界幹部によると、戦略的取引でアクシス銀行から資金を調達しました。 この注入は、バンガロールを拠点とするフィンテックがTigerGlobalとInsightPartnersから2億1,000万ドルを確保し、ユニコーンドームを獲得した昨年末のスライスの大規模な資金調達の一環でした

    Read more at: https://the-captable.com/2022/04/slice-turns-to-axis-bank-for-partnership-new-funding-unicorn-5/

  • あと、sliceの金貸も、銀行経由であるが、確か実際に顧客とやりとりしてるのは、sliceの子会社通じて. そのケースが認められるのか、
    今回RBIのいうケースに該当するか、ここも一つの論点やと思う.
    これが詳しい
    https://the-captable.com/2022/06/fintech-regulatory-arbitrage-rbi-ppi-wallets-lending-credit-card/

  • これを政府側が行う背景として、

    fintech企業、詐欺的なものも含めて大量にニョキニョキ出現していて、
    個人でも被害を被った人がいるという話.

    そういったfintech企業への取り締まりと、
    あとは、こういったnew fintechの台頭で、
    既存金融機関(銀行など)のクレカ発行数が負けてたりする。
    そういった部分に対する、一つの懸念はあるのでは、と記事で記載あった.

    まあ、sliceとしては、この分野でトップを走ってる身である、
    +過去news見ればわかるように、RBIの人と積極的に議論する、
    fintech会社の代表として、数少ない立場であるので、
    まあ、全体的に規制を受けても、sliceは旨味ある立場となる可能性も高い.

    みたいな感じ

  • 一方で将来脅威になりうる力のある新興フィンテックを既得権益側が潰しにかかっている、という見方をするとまさにスライスのようなところが狙わているという考えもありますね。

    その考えもあるのかもしれない.

    これは、わいがgunosyホルダーであるバイアスかかってるかもしれんが、
    インドは

    ・intech大国にする、を掲げて、UPI経由でのクレカ使用できるようした
    ・RBIとSlice代表者は、昨年末より何度かMTGを重ねていた
    ・それもあり、sliceの代表者は国営放送で何度もfintechの有識者として
     インタビューを受けていた

    そういった過程がある.

    正直、この状態でトップを走るsliceを潰す、となると、
    当然他のfintech企業はsliceよりも、対応できてないわけで、
    この産業自体が全滅する、という話となる.

    それは考えづらいんじゃないかな、というのが私の考え

  • なお、このRBIにおける規制に関しては、半年ほど前から話題として上がっていた.

    slice経営陣も当然頭に入っていたはず.

    昨年末ユニコーンになったタイミングで、
    sliceは大手銀行であるaxis 銀行からも出資受けてる。
    出資目的は、共同ブラントとしてのクレカ発行(sliceが集客担当)
    (https://the-captable.com/2022/04/slice-turns-to-axis-bank-for-partnership-new-funding-unicorn-5/)

    こういった政府の対応も、念頭にあったんではないかなと思ってる

  • >>No. 117777

    かなシーー。。。

    細胞買ってないですよね?
    6/21(火)14,800株 これが怪しかったのでw

  • 相川:自分達の代わりに祈ってくださるということで、自分達は社会の仕事をしなくちゃいけないので。聖者はみんなの幸せを祈って、自分の体を道具として修行をして、いいエネルギーのパイプになって、みんなを清めていくという、そういう役割分担ができているんです。特にこのヒマラヤ聖者はそれになりきっているということで、すごく尊ばれるんです。

  • アゲアゲビーーーーーーム ด็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ด็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ด็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ด็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ด็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็

  • ■Hyperfluorescenceが有機ELの未来を創ります
    TADF/Hyperfluorescenceが九州大学の安達教授らのグループによって発明されて以降、世界中の研究者による学術研究が進み、RGB全ての色でレアメタルを必要としない高効率なTADF/Hyperfluorescenceの発光が可能になりました。Kyuluxには両発明に関わった研究者に加え、他の企業で有機ELの材料/デバイス/プロセス開発に長年関わった技術者らも参画、さらに、ハーバード大学から人工知能(AI)によるTADF材料探索技術のライセンスを受け、開発を加速させてきました。設立当初は約150時間であった寿命も二けた以上の向上を続け、アプリケーションによっては実用化可能なレベルに達しています。

    ■有機ELの革新的な技術がここに
    TADFとHyperfluorescenceの登場によって、有機ELを取り巻く環境は一新され、これまでには想像もできなかったような全く新しい用途が創られてくるものと考えています。これらの新技術は九州大学…最先端有機光エレクトロニクス研究センターでの研究を基としていますが、ご術のポテンシャルを開花させ実用化につなげる重要な責務をKyuluxが担っています。Kyulxによる研究開発により、近い将来低コストのTADF、そして長寿命の青色有機ELが実現するでしょう。

    ■有機ELの世界を変える研究開発に一緒に取り組みましょう!
    わたしたちKyuluxはTADF/Hyperfluorescenceの二つの基本特許のライセンスを許諾された世界唯一のスタートアップとして、有機ELの未来を切り開くこの革新的な技術を実用化するために安達教授とともに2015年に設立しました。有機ELディスプレイの発光技術を2020年半ばにはHyperfluorescenceに置き換えるというビジョンの実現に向けて、ともに研究開発に取り組みましょう!

    こうした世界クラスのマネジメントと科学者・技術者チームの構築を目指し、一緒にOLED業界の革新に挑戦してみませんか?

  • 有機ELの「次世代発光材料」デバイス研究職募集/国内唯一の有機EL特許保有
    株式会社Kyulux


    Kyuluxは、有機ELディスプレイや照明に用いる次世代材料の開発に取り組んでいます。OPERA(九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター)が開発した有機EL材料に関する複数の特許の独占的使用権を保有し、その技術を活用して有機EL材料の製造と世界への展開を目指しており、韓国サムスンやLG、ベンチャーファンドなどから資金を調達


    次世代の有機EL発光材料として世界的に大きな注目を集めているTADF(熱活性化型遅延蛍光)材料の開発・実用化を進めるため2015年に設立され、九州大学より独占的にライセンス共有された技術をベースに、レアメタルに依存しない低コストかつ高寿命高効率なHyperfluorescence、及びTADF発光材料を開発しています


    有機ELは高効率でフレキシブル、更には透明ディスプレイを実現できるというこれまでのディスプレイにはない画期的な次世代ディスプレイテクノロジーです。有機ELディスプレイは既に、スマートフォン、大型TV、VR/ARヘッドセット、ウェアラブル機器などに広く用いられその市場は1600億円にものぼるといわれており、現在も急激に成長し続けています


    有機EL発光材料では、蛍光材料を第1世代、燐光材料を第2世代と呼びます。一般的に、蛍光材料は流した電力の25%しか光に変換できませんが、材料の寿命が長く、RGB(赤緑青)の3原色が揃っており、燐光材料は理論上、電力を100%光に変換できるが、素材にレアメタルを用いるため高価で、青色材料がまだ実用化されていません。現在量産されている有機ELディスプレーには、赤と緑に燐光材料、青に蛍光材料を用いています
    これに対し、TADFは第3世代の材料と呼ばれ、その特徴は、理論的に電気を100%光に変換でき、素材にレアメタルを使用しないため安価になります。そして、Kyuluxが開発中のハイパーフルオレッセンスは「超蛍光」と呼ばれる第4世代技術で、TADFを発光材料として使用するのではなく、既存の蛍光発光材料のアシストドーパントとして活用する技術であり、TADF材料を添加するだけで、すでに優れた寿命や発光波長を実現している既存の蛍光発光材料の性能を飛躍的に高めることができるという特徴を持ちます

  • 九州大学発ベンチャーKyulux 第4世代材料 超蛍光素子 HyperFluorescence ソースは2021年4月

    ”レアメタルを使わず、発光効率を高めた第3世代材料「熱活性化遅延蛍光(TADF)」~さらにTADFと蛍光を組み合わせ、三原色を高効率で発光できる第4世代材料「ハイパーフローレッセンス」(HF)を生み出した” ”従来の材料と比べ、コストが10分の1~消費電力が3分の2” ”現在は~実用化に向けた詰めの段階”

    ”緑と赤の素材については既に顧客と協力してデバイススタックを最適化しており,緑の材料のパイロットテストは2022年第3四半期に開始すると思われる”(和訳) Kyulux says it is on track to commercialize green Hyperfluorescence materials in 2023, red and blue in 2024

    (和訳) ”Kyuluxの青色材料も進んでおり、2022年末には商用グレードの材料ができるとしている。2024年末までには商業化が始まるはずです。これは、今年の初めにUniversal Displayが発表したものと同じようなスケジュールで、これは非常に面白いことになりそうです”

  • 本当にそーせい有望ならば
    ファイザーが買いそうなお値段。。。

本文はここまでです このページの先頭へ