ここから本文です

投稿コメント一覧 (1713コメント)

  • 会社に手持ち資金がないから株価対策できませんって言っておきながら利益が原資のはずのボーナスが満額支給されるとは株主の感情これ如何に。。1人平均100万として現金じゃなくて持ち株会で10%乗せて支給すれば株主も多少怒り収まったけどなぁ。。

  • 従業員5000人の給与を確保する為に薄利で受注して工場稼働させて結果毎回赤字のスキームって。。これは税金をそのまま給与支給出来ないから1万円をジャブジャブ洗浄して使える9000円にするというマネーロンダリングすれすれの禁じ手ちゃうか?そこから役員報酬と賞与までして更に代表者記載のあるCEOは雲隠れって。。日本が治安いい国じゃなきゃ。。

  • ゴーンさんは自身が指揮して得た会社利益から出る役員報酬を過小深刻してクーデターにあい逮捕。理由は税金を逃れたからであろう。ここはそんな面倒くさいことなんかせず、ダイレクトに税金を投入し赤字でも役員報酬と社員賞与をその税金から払って逮捕無し。法律、倫理って難しい。。これって株主からしたらゴーンさんに来てもらって20億円払っても適正な人員削減してもらった方がええんやけど。。。

  • 家庭、ローンを抱えているサラリーマンにとって賞与は「もらって当然のもの」という認識かもしれないけど本来賞与とは会社の利益が原資で成果報酬のはず。事業立ち上げ時の1-2年はしょうがないにしてもずーっともらい続けて最終的に会社なくなったら使い道のない社員は賞与どころか給与までもらえなくなるのになぁ。。せやけどこの状況でボーナス4か月もらえるってほんまなんかいな?末期ガンから入れるガン保険くらいミラクルや。

  • >>No. 578

    IRの本来の仕事はステークホルダーに投資に必要な情報を提供することだと思う。今JDIのIRのメインの仕事は「お客様相談室」。電話でもメールでもまずは損して怒ってる株主の「愚痴」を聞いて決して否定せず、誰に対しても「貴重なご意見を社内で共有させて頂きます」と返事するが「お忙しい」経営陣には共有してないやろ。提携の話がどうなったかを有耶無耶にしてる時点で微妙な仕事ぶりや。。

  • アベノミクスの失敗を連想させたくない「国策企業」なら「従業員の雇用維持」だけでなく、「公募価格からの株価維持」にも国に金をつぎ込んでもらえるように土下座してこなあかんわ社長は。いくら経済と数学に疎い日本人でも「国策企業」の株価が1/10になったら「あれ? これもしかして失敗じゃね?」と気づくで、知らんけど。

  • まぁライザップはCMでも散々「結果にコミットする」という謳い文句でやってきているから経営者自身が結果にコミット出来なかった場合は報酬を受けないという選択肢は当然の戦略とも言える。胡散臭いPRでも少しは株主の感情を和らげる。一方、JDIの経営陣は「役員はサラリーマンじゃない」という事を知ってるのか??「役員報酬」というのは経営陣が舵取りして利益が出た時に支払われるべきものであって借金、もしくは株主の出資で得たお金をもらうものではない。何の「報酬」なんや?IRよ、明日の日経で役員報酬返上発表してくれ。ってもう直接電話もしたけど。

  • 瀬戸社長はビビッて役員報酬の全額を自主返上するとはまだまだ肝が据わってないですよね。夜道で後ろから刺されるのが怖いのかな?まだまだ初心者経営者や。その点JDI役員は赤字で手持ち資産ない中借金してきたお金から自身の役員報酬を満額もらおうという肝の据わり方、さすが世界のアップルと「対等」にやり取りするだけあるで。

  • 上場以来ずっと赤字で株価800-95円をつけてきたんやからPERは参考にならんの違いますか?赤字2300億円の時の適正株価はいくらなんかという話で。。

  • いくらなんでも黒字化が「現実」になれば価格は上がると思います。
    よーわからんのはアップルが新規リリースするXRをわずか1か月でゴリ押しせずに一世代前の8にシフトするのか?
    XRのプライシングをミスしたのであれば少し値引きしてXRを売ればいいと思うけどブランドイメージを損なうからできないのかな?

  • 決算書で10月の売上1000億円達成との記載がありました。(自信満々に書いていたけど僕の印象は「え、それだけ?」と思いました)全体売上に占めるFAの比率が85%と仮定すると僕の分析でも10月の出荷は約1150万台でパネル単価は65USD(1USD=113JPY換算)くらいと予想。
    下期の予想は上振れした場合で昨年対比15%と言っているので10月ー3月の累積で6000億円。これを達成しようとすると毎月平均1150万台=1000億円、累計FA販売枚数7,000万枚を出来れば営業利益165億円かな。何が言いたいかというとこの売上ペースを維持できるかどうかが勝負。スタートダッシュが少ない気がするけど。知らんけど。

  • 英語で言うと
    発展途上国=Developing Country
    先進国=Developed Country
    後進国という単語はないと思うけど、日本は高度経済成長でASIA、ASEANを下に見てき過ぎたかもね。発展途上国という日本語は完全に上からの表現やし、おっさんが売春ツアーするのも国自体を下に見てる事が大きい気がする。ただ、フィリピンで1万人くらい買春した元校長は現地では英雄扱いだったらしいから需要と供給がマッチして優しい人ならいいんかも。まぁ、これからはASEAN、特に子供の出生率が高い人口の多い国が伸びていくのは間違いないで~。

  • 中韓サプライヤーの規模は当然として技術レベルも既に日本を凌駕していると思う。ただ、心配なのは「供給責任」。例えばサムソンが有事の際に自社ブランドを蔑ろにしてアップルへの供給を優先する事はないはず。銀行が融資してくれないとみるや、高金利で借金してきて部材を揃え、更にそれを安く希望価格で売ってくれるサプライヤーの鏡、ユーザーから見たら奴隷、まちごた、神様みたいな会社は世界どこにいっても存在しないで。アップルに表彰されるんじゃない?

  • よく分らんけど、春先に秋口からFAの受注が旺盛でどうしても料代が必要という理由で10%株価をディスカウントしてケイマンから増資した結果予想営業利益1-2%って。。儲からないディスプレイを販売するのに借金したって事にならんのかな?(10%の利息で借金して友達に1%の金利で貸したみたいな?)自己資金でやる分には営業戦略の一環やけど、借金して儲からない価格で販売するのは不当廉売に抵触しそうやけど。。知らんけど。

  • 実は僕もまったく同じ計算をした。決算説明書というオフィシャル文書に「引き続き通期最終利益黒字化を目指す」という宣言を入れるのであれば、同ページに記載ある最大売上と最大利益を実現した際には最低限上期の赤字を相殺できる数字を並べとかないと株主から「どのパターンになったら達成できんねん!?言ってる事の辻褄あわへんやないけ!!」と怒られそうなもんやけど、この計算を添削してくれる人が社内におらへんのかなぁ。。ボーナスで公文通わせなあきまへんな。。

  • 賞与支給は誰情報ですか?単なる噂?この株主総大損状態でまだ出所不明の賞与を出せば海外ならヒットマンに狙われると思うけど。売上が減る事はしょうがない。ただ昨年対比42%とかであれば当然従業員数も縮小しないとおかしいわな。

  • 今は60万株ですよ。ただ、175円→105円に下がる段階で一度信用期日切れで強制決済されて(確か140円くらい?)130円で再度入りなおしてます。600万得した気分!1000万株本当は買いませんよ、これ以上負けを増やしたら嫁にぶち殺されるわ。

  • ①信じる→300円
    ②信じない→100円
    本当にこの2社択一なら即追加で1千万株くらい買うわ。(自由に使える現金ないから信用やけど。。)負けても5千万円に損を限定できるし。

  • 決算書読みました。予想通り一番の焦点であった9月の単月決算を黒字に持ってきたのは「意地」やろう。
    という事は明日は上がるんじゃない?根拠は$$$さんが下がると言ってるから^^
    一つ分からんのがFAの出荷タイミングがずれたからといって売上、利益の見通しが大幅にマイナスになっているかがわからん。これは出荷のタイミングじゃなくて下に書いてある「需要の振れ幅」ちゅうやつか??

  • 「普通」の工場には目標良品率、生産目標高、見積を試算した際の目標歩留まりがあるはずやから、経営再建中で世間から厳しい目で見られていると自認している社長がそれら一切の指標を完全無視して「朝から夜まで工場が動いていることだけ」を指して「いっぱいです」という表現ができる程の豪傑であればまだフサフサやで、きっと。知らんけど。

本文はここまでです このページの先頭へ