IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (3489コメント)

  • >>No. 471

    TSMCの製造工程でのIT活用
    これもそうですね。
    TSMCの迅速でインテリジェントなオペレーション
    https://www.tsmc.com/japanese/dedicatedFoundry/manufacturing/intelligent_operations

  • >>No. 464

    その通りだと思います。
    TSMCは、アップルやNPX、AMDなど世界中のファブレス500社から半導体の製造を受託し、台湾を中心に17のfabで、10761種類の製品群を、300㎜ウエハー換算で年間1200万枚生産しています。1種類の製品を作るだけでもDrが一覧表に示したような製造工程をたどるのですから、1万種を超える製品群の製造工程となると気の遠くなるような話です。しかもTSMCはこれら全ての製造工程を全て一元管理しているようです。このためのシステムがエンジニアリングパフォーマンス最適化の取り組みです。

    さむ子の会長はこれを見て驚いたのだと思います。さむ子の正確な顧客数は分かりませんが、ウエハーは全て顧客ごと、製品ごとのカスタム仕様の多品種少量生産なので、TSMCの生産工程を参考にAI本部を立ち上げたのでしょうね。

    TSMCのエンジニアリングパフォーマンス最適化の取り組みです。
    https://www.tsmc.com/japanese/dedicatedFoundry/manufacturing/engineering

  • >>No. 455

    こんにちは。サムスンがアメリカに行くかもしれないという話ははありますが、インテルの国内誘致話は知りませんでした。インテルはNANDをSKに売却し、少し前にTSMCへの外注話で「インテルの米工場閉鎖か?」という話が飛び交ったぐらいですから、技術確保と雇用拡大のために米政府がインテルを支援するための米国内での投資があっても、日本までは来れないのではないでしょうか?
    経産省も少し‥‥ですね。

  • >>No. 449

    こんにちは。やはりNGCさんは地頭がいいですね。大笑いしました。👍

  • >>No. 442

    また意味不明の投稿になりました。重ねてお詫びです。😊
    今の半導体を引っ張っているのは「車だけではなく今年の本命はスマホだ」ということでした。

  • >>No. 297

    やはりTSMCは凄い会社です。でも今の半導体を引っ張っているのはスマホですよ。

    TSMC、可能なら自動車向け半導体の生産優先=台湾経済部

    [台北 25日 ロイター] - 台湾の王美花経済部長(経済相)は、自動車用半導体が国際的に不足している問題について、半導体受託生産大手の台湾積体電路製造(TSMC)と協議した。TSMCは協議で、生産能力の一段の拡大が可能であれば、自動車向けの半導体生産を優先する考えを示した。経済部が25日明らかにした。協議は24日に実施した。
     台湾の経済部によると、TSMCは協議で、生産能力は現在、フル稼働の状態になっていると説明。一方で、半導体の生産プロセスを「最適化」し、生産を効率化するとともに、生産能力の一段の拡大が可能であれば、自動車向けの半導体生産を優先するとした。

  • >>No. 418

    2432円買い増し。今日はここまでです。
    今晩のSOXがインテルを織り込み済みにし、アップルを織り込むことを期待しています。

  • >>No. 386

    こんにちは。ご丁寧な解説、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。あなたの正直な投稿スタイルは本当にいいですよ。👍

  • >>No. 375

    長期投資とデイトレ。一つの矛盾ですが、長期投資は本気でデイトレはお遊びということで両立させます。👍 しかし2500円前後の壁は何なんでしょうか?
    大口が買うために売っている。野村が利確している。マテリアルの売りの消化が続いている。レンジで遊ばれている。 どれでしょうか?

  • >>No. 374

    デイ買いの理由は見せ板です。😊

  • デイ買いしました。👍

  • >>No. 300

    金曜日のSOXはインテルショックで叩き落とされたましたが、米ヤフーのインテル掲示板を見ると、「帝国の再建」の見通しについての賛否は真っ二つに割れています。😊 インテルは急落したとはいえ、「帝国」先行きの結論が分からないので当然と言えば当然ですね。

  • >>No. 308

    シリコンサイクルとウエハー

     4Q決算では、まずは3Qでの底打ちと出荷数量の増加を確認することです。
    これが確認できれば、今後の業績を占う最大のポイントは④先端品の価格と⑤長期契約です。特に5㌨以下の最先端品などのウエハー価格が、投資採算性(すなわち減価償却費増加)に見合う水準まで回復するかどうかです。
     
     さむ子の会長が、電子デバイス新聞のインタビューで今後の長契やウエハー価格について微妙な言い回しをしていますが、要は、需給の逼迫で今後ウエハーの価格は上がるだろうが、PWとEW、先端品と汎用品では長契の内容や価格も違ってくる。つまり5㌨や3㌨などのEWの先端品は、生産難易度が高く、生産価格や付加価値が高いにもかかわらず、まだ価格は低い。だから、さむ子は最先端ロジック製品が投資採算性に見合うような値上げをめざすと表明しているのだと思います。

  • シリコンサイクルとウエハー 今後の業績予想の準備運動です

    さて、この予想は当たるでしょうか?

    何度も書いていますが、さむ子などのウエハーメーカーの業績はシリコンサイクルの回復に伴って、①安いウエハーの需要回復、②高いウエハーの需要回復(出荷数量の増加)、③スポット価格の上昇、④最先端品の価格上昇、⑤長期契約価格の上昇、⑥ウエハー需要逼迫による増産向け設備投資という順番に進み改善します。

    これまでに確認されたことは、①SEMIの出荷統計やFSTやシルトニックでの出荷数量の回復と③ウエハーのスポット価格が、ようやく下げ止まり上げ始めたということです。信越やさむ子の4Q決算では、まず、3Qでの業績の底打ちと②今後の数量増加を確認できれば十分だと思っています。

    で、さむ子の今後の業績を予想するポイントは次のようになります。
    ①さむ子は現状で、300㎜と200㎜で、どの程度のウエハー出荷余力を持っているのか
    (つまり、現在時点のさむ子の設備稼働率はどの程度か)
    ②FSTなどのスポット価格はいつ頃から本格的に上がり始め、どこまで上がるのか?
    ③先端品の投資採算性に見合うウエハー価格はどの程度(つまり減価償却費をペイするにはどの程度の値上げが必要)か?
    ④さむ子はいつ頃、先端品を中心とした 増産投資を公表するのか
    ということになります。

  • >>No. 302

    もちろん製造業(物的な生産)のない経済はあり得ませんから、米がよりサービス経済化(最新の概念は何でしょうか)し、米の製造業がさらにファブレスのような生産形態に移行していくということです。「終焉」では、誤解を招きますようね。

  • >>No. 300

    というよりアメリカの製造業の終焉ということかも知れませんね。

  • >>No. 298

    インテルの起死回生をかけた最後の大勝負でしょうね。勝てばゲルシンガーは「帝国再建」の中興の祖、負ければインテルは世界最大手のファブレスになります。👍

  • >>No. 280

    Drへ。インテルの新CEO・ゲルシンガーはアンドリュー グローブの愛弟子ですね。

    インテル帝国の復活が可能かどうかは分かりませんが、さむ子からすれば、先端ロジック開発競争で、TSMC、インテル、サムスンの3社が鼎立し、しのぎを削って最先端ウエハーの需要が増えることがベストです。

    Drが指摘したように、インテルの株主はTSMCへの外注拡大によって、AMDやエヌビディアの奪われたPCやサーバー向けCPUのシェアー回復と設備投資削減による短期の業績回復(つまりインテルのファブレス化)を期待したようですが、取締役会はゲルシンガーによる「インテル帝国」の復権に期待を託したということでしょうね。

    TSMCはアップルやエヌビディア、AMD、NPXを始め世界中の500社から受託しています。最先端半導体の量産には、微細化だけでなく、様々な技術の擦り合わせが必要で、既に各社の多様なニーズに柔軟に対応しているTSMCの優位性は変わらないと思いますが、ゲルシンガーによる「インテル帝国」の復権に期待しています。

  • >>No. 237

    そうなのですか。インテルの新CEOは若くて、インテルの生え抜きの技術畑なので、てっきりDrの後輩か知り合いだと思っていました。👍
    インテルは復権再生できるでしょうか?

本文はここまでです このページの先頭へ