IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (5246コメント)

  • 長年PC触ってますがこのtextream知りませんでした。
    参加させてください。

  • >>No. 6876

    書き忘れました。名古屋在住の団塊男子です。ついでに明日は誕生日です。
    岐阜で生まれ、名古屋で育ち、三重で学生時代を過ごしました。
    津に「オカダヤデパート」ってのがあった時代です。今のイオンですね。

  • 野党を伸ばしてあの民進党時代に戻れなんて、正気か?
    なぜこの国に共産党なんてものが存在するのか。害以外の何者でもない。
    操縦法を知らぬイオン船長に日本丸を託して年金額が上がるって?・・稚拙な。

    庭の菜園ではきぬさや10個、ゴーヤ初物1個、トマト4・5個、きゅうり7・8本
    ピーマン・ししとう各10個位を毎日収穫。夫婦二人では十分すぎますね。

  • おはようございます。今日から67歳のざわです。
    今週はいろいろありました。月曜4日に娘の長男が予定よりも1ヶ月半早く産まれました。
    突然で一族はびっくり。帝王切開でね。もっとゆっくり出てくればいいのに。5人目の孫です。
    8月半ばのつもりでいたので7月8.9.10日は壱岐・対馬旅行を申し込んであったけどキャンセル。
    娘の長女(3歳)の面倒見なきゃならないので。
    子供は3人です。3人とも車で20分以内の所にマイホーム建てて住んでます。だからいつもは家内と二人暮らし。
    長男には5歳の男の子。次男にも5歳と0歳の男の子。長女には3歳の女の子と今週生まれた男の子です。
    だから孫は男4人女一人です。
    私も妻もまだ現役で働いてます。
    そして明日9日は私の父親の11回目の命日。何もしませんけどね。

  • ジャガイモの後にサツマイモを植えました。ジャガは大収穫。
    にんにくもいい出来だったです。
    サツマイモはどうかな・・

  • 津にあったオカダヤデパートには色々思い出があります。
    大学の新入寮生は500円を持たされ裸に赤ふんどしいっちょうだけで寮からバスに乗り
    繁華街にあるオカダヤデパートの女性品売り場で女性ものを1つ買って帰るのです。
    恥ずかしい伝統ですが津の4月の風物詩です。市民は慣れているので驚きません。
    一応デパ地下に食費売り場があり試食品は肉に飢えた私達の貴重なたんぱく源でした。
    オカダヤデパートは岡田屋呉服店の経営でこの頃ジャスコになりその後イオンとなります。
    名古屋市南区の柴田にジャスコありましたねー。

  • モニカ・ルインスキーとクリントンの話。
    世界一のスーパーマンがスケベで何が悪い?と思いました。
    やったこと。嘘を言ったことは確かに褒められたものじゃない。
    が、スケベで何が悪いか。人は他人にそんなに崇高なものを求めるほど立派なのかな。

  • >>No. 4

    仕事中によく証券会社から電話がかかってくる。マネービルの話だ。断り方はいつも同じ。
    「財産を少しでも減らして使ってしまいたいのに、増える話は言語道断」
    これ本当の気持ちです。若い人にはわからないでしょうが。

  • >>No. 6887

    ミッチーさん よろしくです。
    名古屋は雨上がりました。
    明日は娘の入院する産院に行くか行かないか迷ってます。
    というのも月曜に退院して来てしばらく私の家で療養するからです。
    生まれてきた孫は2200gでひと月ほど病院ですし明日産院に行っても
    孫には会えそうも無いですしね。これが息子の嫁の場合だったらそうはいきませんが。

  • >>No. 6891

    カンナさん、おはようございます。
    結局産院には行きませんでしたよ。家内が行きましたけどね。
    孫は小さい子ばかり5人です。5歳5歳4歳0歳0歳。男男女男男です。
    全員で外食するときは「おじぃちゃんの隣がいい!」とおじぃちゃん争奪戦になります。
    何歳まで言ってくれるでしょうね。私の一族との食事会のときなどはうれしい限りですが
    七五三など息子のお嫁さんのご両親との会食などの際は「おじぃちゃんの隣がいい!」は
    うれしいけれど、あちらのご両親に悪くって「おいおい」って感じです。

  • 多分孫はこの5人で打ち止めでしょう。
    この短期間に孫が集中したわけは、3人の子供たちが5ヶ月の間に結婚したからです。
    結婚は次男が一番でした。次男が結婚することになって長男が「そいじゃぁ僕もするわ」。
    その中間に長女が。
    次男が家を建てることになって、長男が「僕も建てるわ」。
    長男は結婚も家も望んでなかったのかもしれません。次男力ですな。結果よかったよかった。

    後から次男に聞いたことです。次男のお嫁さんの家には娘の結婚相手の条件というものが在ったそうです。
    1 サラリーマンでなく自営であること。
    2 両親が大学卒であること。  
    3 兄弟が結婚・結婚予定であること。
    条件の是非はともかく、長男の次男へのやさしさを知りました。

  • 撃墜王が何十年間も賞賛され、狙撃兵が悪魔のように扱われる。
    同じ兵士なのに。敵を殺すという同じ任務なのに。
    自衛隊に反対する日本人がいる。子が孫が戦争で死ぬと言って。
    燃え盛る火の中に人を助けようと飛び込む消防士がいる。
    人質をとって立てこもる凶悪犯を制圧しようと飛び込む機動隊がいる。
    消防士・機動隊の隊員を「死ぬからやめろ」と言える日本人はいるのだろうか。

  • >>No. 6900

    暑かったですねー・・って一日会社の中にいて外の様子は体感してませんが。
    ザピーナッツ・・懐かしいですね~。
    今は無き3歳年上の兄が小学校6年のときに名古屋市南区から名古屋市中区にある前津中学に入るため
    大須小学校に越境入学したのです。(兄は優秀だったので)。当時高校入試で一番教育熱心だったらしい
    前津中学に入るにはその下の大須小に入って前津中に上がるしかなかったようで。
    その時に住民票を移す為に住所をお借り したのが大須の伊藤さんちでした。うちの母親が知り合いだったようで。
    伊藤さんちにはちょっとヤンキーっぽい高校2年生の双子の女の子が居たそうです。伊藤エミ・ユミさん。
    ご冥福をお祈りいたします。

  • 沖縄人に言いたい。
    もういい加減に被害者的発言はやめて欲しい。戦争で死んだのは沖縄人だけじゃない。
    あなた達は望んでいないかもしれないが日本人なんだろ。もう琉球人じゃないんだ。
    ヤマトンチューウチナンチューって区別しないで欲しい。私たちも区別してないから。

    韓国・中国人に言いたい。
    あなた達が思っている以上に日本人はあなた達が嫌いだよ。嫌いな日本に観光に来るなよ。
    日本のどこに行ってもあなた達ばかりだから私ら日本人が日本の観光地に行きたくなくなる。

    韓国・中国に観光に行く日本人に言いたい。
    馬鹿じゃないの?信じられんよ。

  • 確かにみんな平等に貧しかったですね。
    母親は長年ミシンの内職をしていたから子供たちは学校から帰ると腕カバーのジャージに輪ゴムを通す手伝いを
    暗くなるまでやった。父親は鉄工所に勤めていたが日曜に庭で近所の製材屋から出た木切れを斧で割って束にし
    リヤカーに乗せてマキとして売り歩いていました。だから小さいときに私は「たき物屋の○○さんの子」ってね。
    呼ばれましたよ。インスタントラーメンが出た頃でしたがもったいなくて半分に割って兄弟で食べましたねー。
    貧しかったけど家中が明るかった。近所の人も親切だった。
    両親は教育を受けてない身の上だった。母は字は読めても書けなかった。多分それで教育熱心だったのでしょう。
    悔しい思いもしたのかもしれません。貧乏だったので国立行くしかなかった。兄も私も。
    兄が先に、そして僕が合格したときは親戚に電話しながら泣いてましたね。
    高校で月1500円の月謝が大学で1000円だった時代です。
     こうやって書いてて親の苦労をつくづく思い出しましたよ。

  • >>No. 6908

    おはようございます。
    兄が6年生のときに双子のエミさんユミさんは高校2年生でした。
    もうそのころ今池のグランドキャニオンというお店のステージで歌ってたそうです。
    当時はギターを弾いてても不良。アイススケートリンクなんかに通うと不良の時代。
    お二人はそういう意味で不良でしたね。

  • シングルマザーの女性の同居男性がその子供を虐待し死なせてしまうと言う事件。しかもほぼ男性は若造。
    子供を育てたことある人ならわかりますよねー。自分の子でさえ「勘弁してくれよ~」って思うことありますよね。
    血が繋がってなきゃそりゃ馬鹿やる若造がいるのは理解できる。
    愛する我が子だから子供は育つ。熱を出していたら夜も寝れない。
    夜鳴きすればずっと抱き続ける。家の外でどんなつらいことが起きても子供の顔を見れば吹っ飛ぶ。
    わからんのは自分の子を殺めてしまう若い親がいること。わからん。

  • 幼い時に弱かった私は結構大きな伝染病に感染しました。百日咳・トラコーマ・疫痢。
    疫痢は赤痢と同等で法定伝染病なので隔離されるはずなんですが、昔のこと。近所の町医者が家に来て
    トイレ(便所です)等を消毒し内々で処理してしまいました。うちが貧乏でしたから医者も同情して
    町内で大ごとにして村八分にされないようにしてくれた配慮かと思います。
    幼稚園生でしたがこのときの苦しみは記憶にあります。
    父親は岐阜のひるがの高原の出身でまぁとんでもない田舎者でしたから父から私は魔術師的な治療を受けました。
    百日咳のときは咳はこれで治るとオケラを黒焦げにした粉末を飲まされました。
    中耳炎の時は、なすびのヘタの部分を塩漬けにしてそれをしぼって耳に入れられました。
    虫歯はマッチの燐を虫歯の穴に入れられました。風邪を引いたら梅干を炭のように焼いた丸焦げを湯に溶いて
    飲まされました。
    医者になった兄から後年言われました。「お前、よく生き残ったぞ。普通なら死んでる」
    その兄が死んで、私は生き残っている不思議。

本文はここまでです このページの先頭へ