ここから本文です

投稿コメント一覧 (744コメント)

  • おめでとうございます。
    日本板硝子の場合は、2017年3月に同じような資本金減少をやり、2018年3月に復配してますね。
    今後の業績について、会社としてもかなり自信があるとみました。

  • ハイイールド債のニュースには良い面と悪い面があった。良い面は、1%程度の金利にできれば、今後の銀行借入金利の引下げ交渉の材料に使えること。
    悪い面としては、しばらく経てば格付け向上が見込めるのであれば、何も今すぐに発行する必要はないはずなので、当面アイフルの格付け向上は見込めないということを暗示していたということ。
    私は悪い面が気になったので、ハイイールド債のニュースから決算発表までにポジションをちょっと減らしています。
    一方で決算発表の繰延税金資産の計上も良い面と悪い面がある。悪い面としては、今期以降の利益の一部を先出ししてしまったということ。良い面としては、前はあれほどしつこく事業継続の疑義とか言っていた監査法人が、これからは利益が出せるようになると判断し繰延税金資産の計上を認めたということ。
    アイフルのポジションを残している身として、この監査法人判断、ちょっとは期待しています。

  • >>No. 41

    グレーゾーン金利を利益計上していた時の、グレーゾーン金利分に対する法人税の返金がされなかったので、実質的にグレーゾーン金利分の150%の負担が業者にかかったことになります。この法人税の返金がされないという判決は、ほんとうにおかしいと思う。
    せめて、過去の利益の修正を認め、法人税分の返金をしてくれていれば、顧客に過払い返金額の減額のお願いなどなどしなくてすんだろうに

  • 本当に福田家支配を諦めざるをえないほどの危機になるのであれば、それこそ銀行からの資本受入する方が回復は早いし、思惑で今より株価は上がるやろうな。希薄化も2倍程度なら十分許容範囲

  • それでも決算短信の8ページ目を見ると、利益剰余金は1年でー400億円から、-300億円に改善している。
    他にもいろいろ改善している点は見えるので決算自体はそんなに悪くない。3月月次の過払いキャッシュアウトが、期末に整理しておこうという特殊要因だったのかどうかが、今後の月次発表での焦点。ただ株価を操作している大口は、4月月次を既に把握済みだろうけど。
    配当出すなら、いろいろ関門がある。ある程度の自己資本比率の達成や、過払い返金の引下げ(値切り)要望幅を少なくするなど。アコムの大量引き当てや増配は、今後は過払い金引下げ要望しないつもりでやったんじゃないかな

  • 下方修正での意味不明な上げ、決算での下げの両方とも大口の仕掛けやろ。次の月次は、順番から行くと上げかと思うが、PPPさんが予想的中で絶好調だから分からんな。4月、5月共に過払いキャッシュアウト10億円以下なら株価は徐々に戻すだろうけどね

  • 三年前まで見てみたが、ここの期初予想はいつも超保守的予想だったのね

  • 決算自体は、事前に下方修正されていたこともあり、まあこの程度でもしょうがないかなというレベルやな。
    何か言うとすると、全般的に微改善はしており、純資産も増加しているが、自己資本比率が18年3月16.7%だったが、19年3月16.3%に低下している。これは、貸付金残高が増えたからで良いことなのだが、このへんの自己資本比率は死守する必要があるので、これで積極的な追加貸付が最近やや制限されている可能性がある。
    最大のネガティブサプライズとしては、3月の月次での過払いキャッシュアウトが大きな値だったことで、ここで過払いキャッシュアウトが増加傾向になってしまうと、全ての改善傾向がひっくり返る。3月過払いキャッシュアウトがイレギュラーな値だったのかどうかは、4月以降の数字が出てこないと何とも判断がつかない。
    信用買いするなら、年間の過払いキャッシュアウトが0とは言わないが、できれば50億円、早くて70〜80億円が見通せるようになった頃じゃないとリスキーすぎるやろな。

  • 繰延税金資産で今季以降分の利益になるはずの利益を先出ししてしまったから、今季もあまり期待できんところが頭痛い

  • のらくろ氏が主張するとおり、過払い引当金の追加積み増しがいっさい必要でないのであれば、確かに割安。
    そう、過払い引当金の追加積み増しがいっさい必要でないのであれば・・・

  • 問題発生前でもせいぜい400〜500円だった株価。よくある再生スキームのように、新スポンサーが60〜70パーセントの株式を握るように希薄化したとしたら、再生が進んで元の時価総額になっても株価200円程度やな

  • 社長のことを悪く言う買い方、丸紅でも600円台の時に良く見かけたな。
    あんたは社長に株買ってくれと頼まれでもしたのか?。自分の判断で買ったのなら自己責任。
    会社は、前年度の少なくとも開示済みの昨年度の3Q決算までは、投資家に予想利益として事前に公開した値に沿った利益を出している。
    それより、自信を持って売り仕掛けされるほどの、信用買いを積み上げている買い方の方が、よっぽど努力不足なのではないのか

  • アメリカの「イタい黒歴史」と、アイフルの状況があまりにも似ていて笑ってしまった

  • アメリカの「イタい黒歴史」に追随する属国日本 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

    https://toyokeizai.net/articles/-/274415?page=2

  • こんな投稿するから、10連休前の信用買いチキンレースで尻に火がついちゃっている奴なんだろうなとわかられてしまうんだよ

  • 神戸製鋼の品質問題が出た時、三菱UFJ系のファンドが事前に持ち分を売り払っていて、ニュースにもなっていたこと知らないのですか?。銀行経由で情報を取ったらしいですよ。
    日本のインサイダーを取り締まる役所は、元々は昔の東証会員証券会社のOBが集まって作られた経緯があるので、捕まるのは、昔からの東証会員証券会社の村の掟を守らなかった所だけなのです。
    だから、三菱UFJ系のファンドももちろん捕まりませんでした。

  • 何で空売り機関に事前に情報が漏れるのか?。 そんなおかしなことはありようがないと言われるかもしれない。しかし、もし、仮にあの銀行以外からの謎の低利融資の提供元だったとしたら、情報は容易に取れるはず。社長〜、お宅に融資している〇〇だけど、先月の経営状況はどうでした?。と聞けば、何の疑いも持たずに詳細に話してくれるはず。しかも、ここへの融資の分類はおそらく要注意先債権だから、毎月フォロー入れてもおかしくは思われない。

  • 個人投資家に甘い汁の提供より、会社の存続をはかるのが精一杯だ。たまに掲示板で言われている、空売り業者に事前に情報が漏れているのではというのは、当たってると思っている。
    おそらく良いIRの時は、事前に現物で買っておいて、発表後に一般投資家が食いついてきたら空売りしてインサイダー取引きに見えないようにしてるのでは。空売りの決裁はおそらく現渡し。
    良いIRの時に空売りが入るという話、空売りが減少しても、株価が上がっていかないことと整合性はとれる

  • まあ、前期決算発表時に披露する、今期の業績予想のハードルはだいぶ下がったから、そこは今期増益予想で上げ頼む

  • というか、インサイダー情報がだいぶ前から漏れ過ぎやろ

本文はここまでです このページの先頭へ