ここから本文です

投稿コメント一覧 (300コメント)

  • 週明け動きだすか?

  • No.113009

    強く買いたい

    日経ニュース  全文

    2013/02/24 04:15

    ユナイテッド、統合で黒字化目指す

    【統合で黒字化目指す】12年12月にスマホ向けアプリの開発会社と統合。13年3月期は主力の従来型携帯電話向けの広告が大幅に減少し、減収。スマホ広告強化のための先行投資がかさみ、経常赤字。14年3月期はスマホ向け広告が伸びる。アプリ開発の内製化などで採算改善進めて、全体で黒字転換目指す。

  • 子会社、ユナイテッド 週明け動きだすか?

  • ユナイテッド、統合で黒字化目指す

    【統合で黒字化目指す】12年12月にスマホ向けアプリの開発会社と統合。13年3月期は主力の従来型携帯電話向けの広告が大幅に減少し、減収。スマホ広告強化のための先行投資がかさみ、経常赤字。14年3月期はスマホ向け広告が伸びる。アプリ開発の内製化などで採算改善進めて、全体で黒字転換目指す。

  • 来期以降の業績変化率を考えると4万円台でも超割安。
    成長性、材料豊富、期末に向けて来週は好発進スタート。

  • ここは、大化け期待。
    自社株買いも期間は長いがインパクト大。上限158万株

    金子さんの【2013年は大暴れをしたいと思っています。】
    期待しています。

  • 子会社 2497 - ユナイテッド
    ここは、大化け期待。
    自社株買いも期間は長いがインパクト大。上限158万株

    金子さんの【2013年は大暴れをしたいと思っています。】
    期待しています。

  • スマートフォン広告の市場規模が2016年に2000億円を突破し、856億円だった12年の2倍超に拡大する見通しと伝わったことが好感されている。16年には1兆円を超えるネット広告全体の2割を占める見込みで、とくに伸びが大きいのは検索連動型広告。 サイバーが買い優勢。
    親のDACと共に楽しみ。

  • スマートフォン広告の市場規模が2016年に2000億円を突破し、856億円だった12年の2倍超に拡大する見通しと伝わったことが好感されている。16年には1兆円を超えるネット広告全体の2割を占める見込みで、とくに伸びが大きいのは検索連動型広告。 サイバーが買い優勢。

    ここも楽しみ。

  • 来期、DACの業績変化率に注目。
    3万円台で買えるのは今だけ。

     博報堂DYホールディングスの2013年3月期の連結営業利益は250億円を超える見通しだ。前期比で3割前後の増益となり、過去最高を5年ぶりに更新する。従来予想は19%増の235億円だった。主要顧客の自動車や情報通信などの広告出稿が伸びるほか、コスト削減が寄与する。企業業績の回復で広告需要が伸び、来期も過去最高を更新する可能性がある。
     売上高は7%増の1兆500億円の見通し。テレビ番組の間に放映するスポットCMが伸びる。欧州債務不安や中国の反日デモの影響で、昨夏は広告需要が落ち込み、広告各社の月間売上高は前年同月比で減少した。だが、同社は主要顧客である自動車や情報通信などの出稿増を着実に取り込んだ。
     飲料関連などの出稿は震災後の需要急増があった前期の反動で伸び悩んだが、スマートフォン関連機器や交流サイト(SNS)関連の広告が拡大したことで、昨年11月から月間売上高が増加に転じた。
     12年4~12月期の営業利益は83%増の199億円。従来の通期予想(235億円)に対する進捗率は85%に達する。13年1~3月期の広告需要も堅調なことから、通期の営業益は08年3月期の過去最高(250億円)を超えそうだ。
     コスト削減も寄与する。広告制作を外注から内製に切り替え、08年3月期には3割程度だった内製化比率は5割弱まで上昇している。08年秋の米金融危機後の売上高の減少に対応し、コスト構造の改革を進めてきた成果が出た。
     足元では安倍晋三政権の経済政策、アベノミクスの追い風もある。円高修正で企業業績の改善期待があるほか、賃上げで消費意欲が高まりつつある。14年3月期は消費増税前の駆け込み需要もあり、広告需要が伸びる見通し。来期の営業利益は中期経営計画の目標(280億円)を達成する可能性がある。

  • ここは、DAC  ユナイテッドの業績変化率に注目。
    スマートフォン広告 2016年に2000億円を突破する見込み。 

     博報堂DYホールディングスの2013年3月期の連結営業利益は250億円を超える見通しだ。前期比で3割前後の増益となり、過去最高を5年ぶりに更新する。従来予想は19%増の235億円だった。主要顧客の自動車や情報通信などの広告出稿が伸びるほか、コスト削減が寄与する。企業業績の回復で広告需要が伸び、来期も過去最高を更新する可能性がある。
     売上高は7%増の1兆500億円の見通し。テレビ番組の間に放映するスポットCMが伸びる。欧州債務不安や中国の反日デモの影響で、昨夏は広告需要が落ち込み、広告各社の月間売上高は前年同月比で減少した。だが、同社は主要顧客である自動車や情報通信などの出稿増を着実に取り込んだ。
     飲料関連などの出稿は震災後の需要急増があった前期の反動で伸び悩んだが、スマートフォン関連機器や交流サイト(SNS)関連の広告が拡大したことで、昨年11月から月間売上高が増加に転じた。
     12年4~12月期の営業利益は83%増の199億円。従来の通期予想(235億円)に対する進捗率は85%に達する。13年1~3月期の広告需要も堅調なことから、通期の営業益は08年3月期の過去最高(250億円)を超えそうだ。
     コスト削減も寄与する。広告制作を外注から内製に切り替え、08年3月期には3割程度だった内製化比率は5割弱まで上昇している。08年秋の米金融危機後の売上高の減少に対応し、コスト構造の改革を進めてきた成果が出た。
     足元では安倍晋三政権の経済政策、アベノミクスの追い風もある。円高修正で企業業績の改善期待があるほか、賃上げで消費意欲が高まりつつある。14年3月期は消費増税前の駆け込み需要もあり、広告需要が伸びる見通し。来期の営業利益は中期経営計画の目標(280億円)を達成する可能性がある。

  • 米フェイスブックが独自開発のスマホ発売か 

    【ワシントン=柿内公輔】米フェイスブックが、独自開発のスマートフォン(高機能携帯電話)を近く発表するとの観測が高まっている。フェイスブックのサービスを前面に押し出した新製品との見方が強く、成長が見込めるモバイル分野の拡大のためスマホ市場に参戦する構えだ。

     フェイスブックはカリフォルニア州サンフランシスコ近郊の本社で、記者発表イベントを4日に開く。

     詳細は明らかにしていないが、先週末に米メディアに発送した招待状には、「アンドロイドの上に建つ私たちの新しい家を見に来てください」と書かれている。市場では、米グーグルのスマホ向け基本ソフト(OS)アンドロイドに、「フェイスブックの機能を組み合わせたスマホを発表するのでは」(米ITサイトのテッククランチ)といった観測が出ている。

     米紙ニューヨーク・タイムズは事情に詳しい関係筋の話として、台湾のスマホ大手、HTCが端末製造に深くかかわっており、カメラなどの主要機能がフェイスブックのサービス中心に設定されていると伝えている。

     フェイスブックは、ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)の方針でモバイル事業を強化している。米アップルで「iPhone(アイフォーン)」開発に携わったエンジニアも採用し、以前は慎重だった独自のスマホ開発を本格化しているとの見方が強い。

  • スマホ広告の本命銘柄。

    ネット選挙銘柄でも注目。

    米フェイスブックとの国内初、自動取引サービスでの業績への寄与。

    材料性、業績変化率を考えると三万円台は超割安放置。

    収穫時期に入りだす今期、決算が楽しみ。

  • 先日の自社株買い、7.08%は期間は長いがインパクト大。 下値不安が解消。

    最近のIR(4月)は業績変貌を予感させる好内容で、これまたインパクト大大大。

    さらに投資事業にも期待。

    投資先のメタップスが上場なんて話になればストップ高連発?にも。

    3年以内の上場を目標にしていたし、3月6日に10億円の第三者割当増資等を実施。何か臭うなあ~

    いずれにしろ、持たないリスクが増してくる。 自分だけか?

  • 先日の自社株買い、7.08%は期間は長いがインパクト大。 下値不安が解消。

    最近のIR(4月)は業績変貌を予感させる好内容で、これまたインパクト大大大。

    さらに投資事業にも期待。

    投資先のメタップスが上場なんて話になればストップ高連発?にも。

    3年以内の上場を目標にしていたし、3月6日に10億円の第三者割当増資等を実施。何か臭うなあ~

    いずれにしろ、持たないリスクが増してくる。 自分だけか?

  • アキナジスタは連日ストップ高。

    アキナジスタ株式会社:アキナジスタの「MAIST for Smartphone」がユナイテッドの「Adstir」と連携
    2013年4月16日
    (ZDNet Japan・企業情報センター) - アキナジスタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:桐生 直裕、以下「当社」)とユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497、以下「ユナイテッド」)は、ユナイテッドの運営するRTB(※1)「AdStir(アドステア) RTB Exchange」及びSSP(※2)「AdStir」と当社の運営するスマートフォン向けアドネットワーク「MAIST(マイスト)for Smartphone(※3)」との広告配信連携をスタート致しました。


     スマートフォン広告業界では各社によるスマートフォン向けアドネットワークの構築が進んでいる一方、各アドネットワークは一層の差別化が求められています。ユナイテッドの運営する国内初のRTB 「AdStir RTB Exchange」は、多くの広告主及びメディアの収益最適化に努めており、スマートフォン向けアドネットワークMAIST for Smartphoneを運営する当社としては、本提携がネットワークの規模拡大を目指す上で非常に有効な手段であると考えております。


     MAIST for Smartphoneは「パフォーマンスNo.1アドネットワーク」を目指し、運用に取り組んでおります。今回の取り組みにより、更なるアドネットワーク規模拡大を目指して参ります

  • アキナジスタは連日ストップ高。

    アキナジスタ株式会社:アキナジスタの「MAIST for Smartphone」がユナイテッドの「Adstir」と連携
    2013年4月16日
    (ZDNet Japan・企業情報センター) - アキナジスタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:桐生 直裕、以下「当社」)とユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497、以下「ユナイテッド」)は、ユナイテッドの運営するRTB(※1)「AdStir(アドステア) RTB Exchange」及びSSP(※2)「AdStir」と当社の運営するスマートフォン向けアドネットワーク「MAIST(マイスト)for Smartphone(※3)」との広告配信連携をスタート致しました。


     スマートフォン広告業界では各社によるスマートフォン向けアドネットワークの構築が進んでいる一方、各アドネットワークは一層の差別化が求められています。ユナイテッドの運営する国内初のRTB 「AdStir RTB Exchange」は、多くの広告主及びメディアの収益最適化に努めており、スマートフォン向けアドネットワークMAIST for Smartphoneを運営する当社としては、本提携がネットワークの規模拡大を目指す上で非常に有効な手段であると考えております。


     MAIST for Smartphoneは「パフォーマンスNo.1アドネットワーク」を目指し、運用に取り組んでおります。今回の取り組みにより、更なるアドネットワーク規模拡大を目指して参ります

  • 400円割れは、いただきます。

  • 主力のネット広告の売上高は前年同期比43%増の12億5000万ドルだった。このうちモバイル経由の割合は約30%を占めた。2012年10~12月期は広告売上高に占めるモバイル向けの割合は約23%。スマホの急速な普及に対応してモバイル向けの広告を強化しており、こうした取り組みが一定の成果を上げていることを示した。

本文はここまでです このページの先頭へ