IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2158コメント)

  • それから、一応配当金を払うかもしれないということなんですが、
    今年はいくらなんでも、儲かったんじゃないのかと思うので、
    払うんでしょうか。

    いったい、どんな運用をしているのか、皆目見当がつきません。
    2つぐらい債権を保有しているという記載を前見たのですが、

    たぶん、強制償還のときは、それらを売った金額になると思うので、
    そんなに下がらないと思ったのですが、

    中期のほうは、確か、東証の値段と変わらなかったと思います。

    vixががんがんあがったときがあったのですが、たいして上がりませんでした。
    なので、vixではなく、vxxとほぼ同じやつに連動してると思います。
    ただ、素人なので、まちがってたら申し訳ないです。

  • vxxと連動してるとおもってましたが、
    vxxとほぼ一緒なのと連動してるようです。
    vxxは、100をこえたら一気に行くのでしょうか
    それとも、2017年ぐらいに計算方法が変わって、
    そんな変動しないのでしょうか。
    2017年から、変動は緩やかになってますが、2016年から前は一気に下がってます。
    ということは、100を超えたぐらいから一気に上がってしまうのでしょうか。

    私は、1年半ぐらいみてますが、
    前月の分を売って、おなじだけ買ってるというようなことをしていると
    いう説明があるのですが、
    どう考えても、s&p500の動きと連動してます。
    なので、ここは、s&p500*(-3)*為替変動率(ドル高なら+)
    というようなやつだろうと思ってました。
    vixと連動してるやつがあったらしいですが、
    それは、暴落しすぎて償還されてしまいました。(ものすごく安い金額で)
    ここも、危ないのではと思ってましたが、
    大丈夫なのではとは思ってます。
    あまりよく分かってませんが、何となくです。

    強制償還のリスクがあるので、
    ダブルインバースなどのほうが、安全なのか知れませんが、
    こっちのほうが、ダブルインバースより、変動幅が大きいので、
    こちらも需要があるのかと思ってました。
    詳しくはわかりません。

    あぶないあぶないとは聞いてましたが、
    まさか、コロナウイルスで一気にいくとは、思ってませんでした。
    封じ込めたかに見えて、また、感染が広がる
    感染者がやってきて、広げてしまう。
    全世界は、いたちごっこを、ワクチンを作るまで、あるいは、有力な治療法を確立するまで、しないといけなくなってしまったようです。
    タイの事例は、まぐれだったようですね。
    たぶん、感染が広がっている地域の病院は、ひさんなことになってしまったのでしょう。

    とにかく、このetfもそれなりにリスクはあります。
    ただ、がんがん、s&pがあがっていっても、強制償還にはなりませんでした。
    たぶん、そういう理由ではなりません。
    解約者が続出したら、なるというようなものだと思います。
    よくわかりません。
    投資は自己責任で。

  • コロナで、ダウも日経も暴落
    おまけに、石油も暴落
    債券は、上昇
    終わりが始まったような気がします。
    サハダイヤモンドさんもどうぞ、
    この景気後退にお気をつけください。

  • https://www.youtube.com/watch?v=dN4byKhn6Dc

    h ttps://www.youtube.com/watch?v=7c3m0yvZ5Zg

    h ttps://www.youtube.com/watch?v=gyr6NaPprIs

  • 政治家が考えることは、次の選挙に勝つことで、
    当座の仕事で、次の選挙に響くものは、響かないようにするには、どうしたらよいか
    響かないものは、響くものにしないようにするにはどうしたらよいかということです。
    金融危機は、金融制度の問題のように見られますが
    実は、政治制度の問題が一番の問題です。
    したがって、次の金融危機では、政治制度をかえないといけません。
    しかし、コロナ危機と一緒で、本当に問題が顕在化しなければ変わりえません。
    従い、やがて、金融問題で、国際紛争が常態化し、
    やがて、領土の割譲ということがおこなわれ出し、
    やがて、戦争が常態化するでしょう。
    これを防ぐには、政治制度をより高度なものにしないといけません。
    しかし、全世界が協調して変わることは不可能でしょう。
    なので、たぶん、それらの戦争は、第3次大戦を引き起こし、
    イスラエル対アラブの大規模な戦争にいきつくにちがいなく。
    残念ながら、核、細菌兵器、おそろしい兵器が使われ、地球は
    住めない場所だらけになるに違いありません。
    従い、第2次大戦でぼこぼこにされ、
    アメリカの傀儡国家のようになりながら、
    うまいこと先進国入りし、
    兵役義務もなく、平和産業をせっせと育て、国際協力にも励んでいる
    きわめて、特異な国日本の使命は、
    まず
    1.宇宙コロニーを作り、地球が住めなくなっても、人類が残る希望を作る
    2.第三次大戦で使われる兵器から環境を浄化するものの開発をする
    3.上のようなものの開発ができあがるまでの時間しのぎとなるため、各国が手本にするような高度な政治体制、金融制度体制を研究する
    というようなものの研究をして、人類に貢献すべきです。
    アメリカ、ロシアも宇宙コロニーにつながるような研究をしてますが、
    結局、兵器の開発です。
    日本は、兵器ではなく、本当に宇宙で種を残していける施設の研究をしないといけないのです。

    なんとか、よい金融制度をつくるべきだと思っていましたが、
    何をしても、行き着く先は、第三次大戦であるとわかってきました。
    日本の政治家は、人類という種の保存という大きな大義の元、
    宇宙コロニー産業、
    環境浄化産業を育てていってほしいものです。

    h ttps://www.youtube.com/watch?v=f31CXGeF468

  • https://www.youtube.com/watch?v=ClFA-znZtF4

    まさか、コロナウイルスで、こんなに暴落するとは、思いませんでした。
    アメリカという国は、新規事業を育て続けないといけません。
    そのためには、低失業率は、実はあまりよくないらしいです。
    労働力、資本が、新規事業に向くようにしないといけないらしいです。
    で、育ったら、外国に出て行ってしまうらしいです。
    せっかく育てたのに、もったいないですが、
    そういうもんらしいです。
    日本も一緒ですが、
    それが先進国の宿命らしいです。
    やがて、中国みたいな後進国だった国が先進国入りしてきます。
    中国も同じようなことをしないといけません。
    たぶん、中国はこのことを受け入れられなかったのでは。
    産業は、出ていきます。

    新規産業は、しかし、先進国間で取り合いになります。
    失業率は、あまり低いと、
    新規産業を取られてしまうということらしいです。
    そして、そこから派生する新規産業も取られてしまうということらしいです。
    しかし、何でもかんでもとるわけにはいかないと思いますので、
    選択が必要になります。
    しかし、先進国は、大概、民主主義です。
    選挙で、そういうのを最終的に決める人を選びます。
    問題は任期です。
    これが、産業集積ゲーム理論です。
    一般市民は、関係ないですが、
    そういうのを考えて、適切な戦略を立てる人がいないと
    そのくには、後進国になってしまうのです。
    パウエル総裁は、できるだけ低い失業率を追い求めるといいますが、
    それだと、新規産業を育てることが困難になるかもしれないらしいです。
    法律に書いてある通りにするということですが、
    法律と、現実のはざまです。
    トランプ大統領もそんなことを考えてもないでしょう。
    なぜ、工場が外国に出ていくんだと。
    しかし、長い目で見たら、そういうものなのです。
    アメリカは、中国やらインドやらそのほかの後進国が追い上げる
    そして、日本やら台湾やら既存先進国が独自の戦略をとる
    そんな中、自身のスケールやら考案して適切な戦略をとっていく必要があるのです。
    つまり、つぶすべき産業はつぶさないといけないのです。
    アメリカの大統領選挙は、熾烈です。
    そんな産業をつぶさないといけないなどといったら、
    全然票は集まらないでしょう。
    それがアメリカが抱えるジレンマです。

  • 需要もないのに、雇用維持のため、銀行のえらいさんにわいろを払って、
    金を借りて、いらないものをたくさんこさえてきたのが、中国です。
    そういう会社がどんどこ倒産しまくっているところ、コロナで
    とどめをさされてしまって、
    まっているのは、不良債権を最終的に払うことになっている金融機関の破たん劇です。
    リーマンの時、なぜか、中央銀行がこういう金融機関を救ったので、
    危険債券への投資が横行。
    それらの債券がもたらす利子で、爆益があがっているように一見見えたのですが、
    実は、暴落とか、こういう倒産とかで、とんでもない損失が積み重なってしまったのです。

    大塚家具は、その点、需要があります。
    それは、スマート家具です。
    販売代理店という道です。
    スマホで電力を見たり操作したりは、浸透しましたが、
    スマホで家電を操作するのは、まだまだこれからなのですが、
    家具もそうなっていくということです。
    ここで、問題なのが、家電は、いうても買い替えサイクルは一緒だと
    みられますが、
    家具が、そうなってきますと、買い替えサイクルに変化が起こるにちがいないということです。
    つまり、高機能のスマート家具の宣伝を見せられるとついつい買いたくなってしまうということです。
    で、実は、この買い替えサイクルの変化は、
    コンドラチエフ派を引き起こす可能性があるわけです。
    というわけで、たぶん、割安株だとみられます。

    https://www.youtube.com/watch?v=CSxyGlvQof4

  • 中国の倒産の不良債権をどっかが被弾してるはずなんです。
    この間も大きいところが倒産です。

    frbは、資金供給です。

    レポ市場は、日本でいうところのインターバンク市場です。
    支払いに困った企業の最後の場所です。

    基本、frbにもかえさないとだめです。

    一体、中国の債権を買いまくっていた金融機関、企業は、どこなんでしょうか

    frbにかねを借りまくっている金融機関は、あやしいです。

    frbは、デフォルトした債権、倒産した企業の紙切れ社債を買うんでしょうか

    すくなくとも延命を模索し、リーマンのときみたいにのがれようとしてるきんゆうきかんがあるはずです。

    だから、レポ市場があれたのです。

    という推測です。

  • s&pに連動でしょう
    たかいたかい
    しかし、バフェットは、やすいそうです。
    ちょっと、賛成できないです
    また、上がっていくかしれませんが、
    バフェット、ジムロジャーズは、
    かいむかうかも
    債権刷り放題ですか
    デフォルトしたら、frbがかうんですか
    とりあえず、使えは、昔の官僚の悪習でしたが

  • まだまだ1合目
    また、引き返すか?
    それとも、一休みか

  • 今回のコロナショックで、まず、航空業界が、大打撃のようですが、
    一番インパクトが大きいのは、
    アパレル業界では
    外にでれないわけですから、
    また、給料もさがるでしょうから

    おりしも、ネット通販が、浸透
    大幅減益は、避けれないのでは

    ゲーム業界は、儲かるようですね。
    黒転する会社がでるでしょうね

    おさまったようにみえても、また、
    感染者がでるのは、必至
    中小企業の倒産が、でまくるのは、必至では。
    不動産価格の暴落は、
    金融機関を締め付けるはずでは
    日本は、しれてるとおもいますが
    アメリカは、どうなるんでしょうか

  • これはひどい。
    ストップ安寸前じゃないですか
    何も発表してないのに
    バーチャル店舗があったのではないですか

    https://www.youtube.com/watch?v=Iw5BiCxOR-c

  • https://jp.reuters.com/article/china-coronavirus-6-idJPKBN20T0F7

    一応、中国は、食い止めに成功しているようです。
    中国は、本当に、徹底して予防をしているみたいです。
    町中消毒しているようです。
    ただし、数字はやはり怪しいですので、
    感染者はまだまだ増えている可能性はあるのではないでしょうか。

    重症者、死者であふれる病院内の映像は、本当に衝撃でした。
    とりあえず、感染の疑いのある人を隔離して、
    感染してない人だけで、経済活動を再開するということのようです。

    また、感染拡大しそうに見えてなりませんが、
    こんどは、中国域外からの流入者が、感染源になってしまっているようです。
    ということは、全世界で、中国みたいな対策をしていかないといけないということですね。
    結局、職場を毎日消毒したりとかそういうことを結構長い年月していくことに
    なるのではないでしょうか。
    また、感染したとわかった人は、何日も隔離されるということのようです。

    こんな状況で観光どころではないのでは。
    観光、外食産業が大打撃を受けるのは、必至ですね。

    もし、中国が封じ込めに成功しているのなら、
    希望はあるとは思いますが、
    大打撃を受ける産業があるのは、止めれないのでは。
    自分や、自分の周りの人たちを守るために、マスクなどの
    予防用品を使うなどの生活習慣の変化を周知させることが大事なのでは。
    マスク業界があげあげになるのは、必然でしょうが、
    マスクの素材といったら、
    シキボウが割安かもしれませんが、
    結局、全体が下がる懸念がある中、結局、つられて下がる分も
    相殺したら、とんとんかもしれません。

    今回のウイルスは、生物兵器だそうです。
    そんなものがばらまかれているのに、
    消毒もしないというのは、おかしいのではないでしょうか。

    エボラ出血熱は、封じ込められました。
    あれは、致死率が50%を超えていたと思います。
    かかったら、2人に1人は、死にます。
    今回のは、高齢者や特定の疾患をもっている人が
    死亡する可能性が高いです。
    そういう人が周りにいてたら、たまったものではありません。
    自分がうつして、殺してしまうかもしれないからです。

  • ウイルスだけに効いて、人体のほかの機能、器官に影響を与えないという
    確証を得るには、基本的に長い日月がかかるはずです。
    ただし、今回は、悠長なことをしていたら、観光業、外食産業とうとうに
    甚大な被害がいきますので、
    ある程度、安全が証明されたら、投入されるのではないでしょうか。
    イタリアが、とうとう武漢みたいになってきました。
    イタリアの致死率は4%ぐらいでしょうか。
    感染者が増えたみたいなので、もっと上がるかもしれないです。
    たぶん、肥満体質な人が多いと思うので、
    肥満体質な人は致死率が高いという中国のデータが裏付けられているのかも
    中国は、致死率は正確な数字を発表しているのかもしれません。

    また、隔離対象が一気に、広げられたのも、武漢で起こったことと似ています。
    つまり、イタリアの医療現場で、本当に恐ろしいことが起こったので、
    当局が重い腰を上げたのでは

    ただのインフルエンザではないということが、
    武漢だけでなく、イタリアの対応でもわかるわけです。

    自分のことは自分で責任をとらないといけないとイタリアのえらいさんが言ったらしいですが、
    つまり、うつすという行為は、死をもたらすということを
    意味しているのではないでしょうか。
    中国では、うつす危険性のあることをしたら、禁固刑になるようです。

    https://www.youtube.com/watch?v=3qFvCPmee8U

    各国、別個で薬を作ろうとしているようですが、
    共同で作るようにしたほうがいいのではないでしょうか。
    特許とか、今回は、言ってる場合じゃないのでは

  • ヤマダ電機に吸収されるのか、
    独立して株価を上げていけるのか

    ここは、大塚株主に配慮して、ヤマダのブランドイメージを保つため
    独立をかくほしたいところでしょうが、
    社長はいいかげん、変わるかもしれないですね。
    スマート家具は、家具市場をあげあげにするはずですので、
    なんとか、立て直してください

    ところで、コロナ危機で
    金融危機が早まりそうです。
    消費が底冷えになる可能性が高まってきました。
    スマート家具をどんどんうって行ったほうがよいのではないでしょうか

  • インフルエンザと大差ないといってたお医者さんは、医者も死んでいるという事態を重くみるべきです。
    若年者は、かかりにくい
    死なないという中国の医者のはなしは、怪しい
    イランは、えらいさんがしんだそうです。

    中国より、対策は、ゆるいです。
    このままでは、感染者は、どんどん増え続けるのでは

  • 中国の公式発表はあてにならないようです。
    火葬場は、フル稼働なのに、公式発表は少なすぎたそうです。
    移動式火葬場は、高性能で焼却能力がすごく高いそうです。
    いったい、本当は何人感染していて、死んでいるのかは、知る由もありません。
    イランのとある病院が死体の山だそうです。
    途上国は、ことさら、悲惨なことになるのかしれませんし、
    途上国だけでなく、先進国日本の病院も死体の山になるのかもしれません。

    クルーズ船も、それなりに警戒態勢だったはずなのですが、
    感染が拡大したということで、
    本当に移りやすいウイルスだということが言えますので、
    各国で、感染者が出ているということは、
    このまま、感染者が増え続ける可能性が非常に高いのではないでしょうか。

  • 新型感染で、恐怖が増大中
    再感染リスク
    重症化したら最後
    今、新型コロナについての情報が拡散中

    武漢市民は何について怒っていたのか
    中国当局は、何をしたのか
    なぜ、武漢だけあんなことになったのか

    経済か、食い止めか
    まったなしの政治判断を各国政府は、迫られているところです。

    中国政府は、武漢だけに、今のところ食い止めに成功しているようですが、
    どう考えても、また広がりそうです

  • 中国が必至で封じ込めをしているのに、
    日本や米国も封じ込めず、パンデミックさせっぱなしにするはずはないのでは
    学校を休校にしただけで、おさまらないとはおもうのですが
    中国の医療が貧弱で、なおかつ、パンクしてしまったので、
    死者が多いだけという見方は甘い
    中国は、2度とパンデミックを起こさないため、
    よそでパンデミックを起こしているところへの渡航制限を厳しくするでしょう。
    コロナウイルスが地球上からなくなるためには、
    とんでもない苦労が必要だと思います。
    若い人は、なんどもかかっても死なない可能性が高いですが、
    お年寄りや糖尿の人などは、死んでしまいます。
    既存の薬の組み合わせでなんとか、しのげるとなったら別でしょうが、
    新薬の開発はやはり、時間がかかるということのようですので、
    まあ、運よく新薬ができれば、いいのですが

    去年からの米株の上げは、すさまじかったと思います。
    悪魔を崇拝している仕手集団がいると聞いたことがありましたが、
    そういうような人たちが結託してあげていったとしか思えない上げぶりでした。
    明らかに、おかしなあげていきかたでした。
    今回の暴落には、参加していなかったのであれば、
    必ず、あげていこうとするに違いないでしょう。
    ですので、短期決戦をのぞむのではないでしょうか。

    ところで、新薬はちけんとかいるらしいですが、
    今回は、そんなものなしで、最短で、使えるようにとくれいがでてもおかしく
    ないかもしれません。

    https://www.youtube.com/watch?v=f712UmUYHyA

本文はここまでです このページの先頭へ