ここから本文です

投稿コメント一覧 (2215コメント)

  • >>No. 825

    2019年の日本人のノーベル賞は、俺の中では取るとしたら
    以下の中からかなーと言うのはある。今ここは安いしな。

    杉本 八郎(アリセプト)
    飯島澄男(カーボンナノチューブ)
    藤島昭(酸化チタン光触媒)
    遠藤章(スタチン)
    小玉秀男(3Dプリンタ、大穴)

    文学賞?今年は文教堂はADR論外w。

  • >>No. 1054


     最新の決算短信を良く読むと、有利子負債64億。
    資産90億の内、IFRSによる、いきなり減損の可能性
    があるのが40~50憶(!)。

     現金21億、換金可能な資産が19億。資本が15億。
    隠れ債務ではあるが、俺の中では9億の債務超過企業と
    言う判断だ。これがまっとうな投資家としての判断だろう。

     投機家としてはともかく、投資家としてここを買うやつは
    株をやめた方が良い。

  • >>No. 974

    350円でも高い。250円でもイラネ。
    150円なら買っても良いかなと言う程度の株。

  • ここだけは絶対買うなと強く警告してからあれから9か月…。

    ttps://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1835700/50aa7c8497ec78d8d7f156de8cefd8cb/14/951

    ttps://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1835700/50aa7c8497ec78d8d7f156de8cefd8cb/15/402

  • ~今日のトレード~

    ゲーム

    気が向いたら適当に何か買う

    ゲーム

    気が向いたら適当に何か買う

    ゲーム(以下繰り返すw)

  • さて、旅行にでも行ってくるか…。

  • >>No. 614

     そんなに売上が好きならアイスタイルでも買っておけば良いw。
    おれは、こことアイスタイルだったら全然こっちだけどな。

    …さてと、明日から2週間の夏休みだ。

  • 2019/08/07 05:51

    アルゴが強烈に点灯したから言うわけではないが…

    経常が同じであれば、売上は少なければ少ないほど良い。
    …ま、これは我社の考えだけどな。

  • 今年の10月1日水道民営化か。すっかり忘れてたわ。
    水道民営化ネタで一回は噴きそうだな。まだ先の話だがな。

  • zzzz、。
    長期出張から久々に帰宅。しばらく休む。


  • いずれザッパラスも光通信が筆頭株主になると予想しておく。
    ※現在10.36%(132万2700株)第2位株主。

  • No.326

    様子見

    zzz。

    2019/07/18 22:27

    zzz。

  •  ビットポイントは独自にセキュリティを強化した
    ホットウォレットがウリだったようだが、その自慢の
    ホットウォレットがやられてビットポイントも
    面目丸つぶれだな。

     そもそもホットウォレットなど、どれだけ強化しても
    (今回も中国か北朝鮮の仕業だと思うが)いつかは必ず
    破られることを前提にしないとな。そのための
    昨年出来た仮想通貨業者に対するホットウォレット
    20%ルールだが(今回15%だったので被害額が
    少なかったのは幸いしたが)ホットウォレットなど
    セキュリティをどれだけ強化したとしても、
    精々5%で十分だ。業界ももうちょっと考えた方が
    良いぜ。

     おかげさまで、ビットポイントが認証にSMSを
    採用していたと言うことで、ホットウォレット問題に
    全然関係ないSMS関連銘柄が軒並み後場暴落。
    連想アルゴ売り恐るべしだな。

     パイプドとか100%イベント・ドリブンだろw。

  • No.168

    様子見

    zzzz。

    2019/07/12 19:04

    zzzz。

  • No.87

    様子見

    _・)

    2019/07/10 19:36

    _・)

  • >>No. 441

    この展開…市場は既に全て折込済だろうな。
    だからと言ってレアメタルクライシスは去った
    わけではないからな。。、。

     そうそう、、。、予告通り、、、
    バーチャレクスの掲示板にも
    落書きを書いておいたから
    興味のある人は見ておいてくれ。。。

  • >>No. 501

     バーチャレクスの進化計算ダーウィンについて、
    知っておいて欲しいことがあるので、超長文だが
    書く(ヒントもよく読めば分かる人には分かる
    ように書いたつもりだ)。

     世の中(少なくとも日本において)、一般的に
    AIと言われているものについて、全結合層と、
    それの前後にコンボリューションやデコンボリューション
    (+プーリング)を付け、勾配をバックプロパゲーション
    で操作したもの…つまり、CNNやDCNNを指すものが多い。
    もしくは時間軸のフィードバック操作を付けたLSTMや
    RNNも大きくはこの範疇に含まれると言っても良いだろう。
    (とか言うと文句を言う専門家もいるけどな)

     それ以外に、今AI界隈でホットワードなのはGAとGANだ。
    綴りは似ているが…実は機能の意味的にはも似ているの
    だが(後述する)…GAはGenerative adversarial、
    遺伝的アルゴリズムの事だ。もう一方のGANは略は
    忘れたが、敵対的生成ネットワークと言う。

     GANとは偽データを作るジェネレータとそれを本物か
    どうか見分けるディスクリミネーターからなっており、
    ディスクリミネータのバックプロパゲーションの元と
    なるラベルは通常のCNNと同じく、正解かどうか。
    ジェネレータのラベルはディスクリミネータを
    だませたかどうかになる。これを元に勾配操作する
    のだ。GANの良いところは、実はディスクリミネータは
    CNNそのもの(もしくはDCNNから全結合層を抜いたもの)
    であり、ジェネレータもぶっちゃけデコンボリューション
    であるのでCNNを作ったことのある人に取っては、
    スクラッチ開発するのは、そう難しくない。尚、GANを
    利用するとAIが飛躍的に発展する嬉しい要素が色々
    あるのだが、ここでは説明しない。
    (続く)

  • (続き)
     次にGAについてだが、、勾配操作の無い評価関数
    (パラメータの設定はある)がまずあり、それに
    対して入力値→出力値がある。そして優秀な出力を
    残し、時には突然変異等の操作を行い、入力値にし、
    それに対して優秀な出力を残し…と言った操作を
    繰り返し、最適な入力値を探索するのがGAだ。

     実はGAのこのような操作はGANの仕組みに、実に
    似てたりするのだが(文章を見比べてほしい)、
    評価関数事態に勾配操作(バックプロパゲーション)が
    無いのが、一番の違いだ。進化計算によるAI活用
    モデル「進化計算ダーウィン」は上記のどれに
    当てはまるというかと言うと、最後の、GA
    (遺伝的アルゴリズム)フレームワークと言える。
    評価関数の良し悪し自体を評価する関数ももちろん
    あるのだが、それについてもここでは説明しない
    (de Jong test functionsとかで検索してくれ)。

     さて、進化計算ダーウィンはGAベースの
    フレームワークと言うことが分かった。何故最近、
    GAが再び注目されているのかと言うと、
    AIアルゴリズムには人が設定するハイパーパラメータ
    と言うのがあり、AIが複雑になるにつれて、
    ハイパーパラメータの組み合わせが膨大になり、
    組合せ爆発が起こると言う、面倒なことはAIに
    任せるはずがそのAIで逆に面倒なことが起こる
    という本末転倒なことが起こるのだが、GAを使えば
    その問題を高速に解決することができるのだ。
    まあ、PFNとか言う会社がOptunaと言うものを
    作っているのだが、まさにこれに相当する。


     余談だが、進化計算ダーウィンを作った藤原博文氏
    を俺が初めて知ったのは20年以上前に
    「(コ)の業界のオキテ」と言う本を通してだが、
    これを言うと年がバレるな。

     何故、こんなに俺がAIについて詳しいかと言うと、
    俺は一通りの機能が揃ったCNNのシステムを
    Tensor Flow、AWS、Chainerと言ったどこかの会社が
    作ったライブラリ等を一切使用せず(そもそも当時は
    無かったしな)、英語論文だけを読んで一人で全て
    作りあげたことがある。もう5年も前の話だ。

    懐かしいぜ。

  •  G20を控えて、米中協議後にアサカの株価がどうなるか、
    予想してみたい。


     まず、一番可能性が高いのは、

     米中、通商協議再開、関税発動延期のパターン。
    近平・トランプともに内部の抵抗勢力や香港・イラン
    情勢のこともあり、現在、実は米中貿易戦争に双方
    強気になれないところがある。

     ここは一旦休戦(期間は北戴河会議が終わる2~3か月
    くらいではなかろうか)と見る。

     ただし、この場合、中国は見返りにアメリカに何かを
    供与しなければならないが、北朝鮮の非核化に協力では
    無いかと予想している。この場合、株価はあまり動かない
    だろう。


     次に、中国が大幅譲歩し、当初の150ページ合意
    文書案に対して、段階的に協議に応じる姿勢を見せる
    パターン。

     この場合、どこかで中国は必ず合意を破ってくるのが
    見え見えなので、考えづらいが、株価は一旦は1400円
    くらいまで調整するのではないか?但し、万が一にも
    中国完全譲歩でキンペー・トランプが笑顔で抱き合いでも
    したら、アサカのS安は避けられない筈だ(笑)。



     さて、最後に協議決裂で合意に至らず、共同宣言無し、
    協議後トランプがファイナルストライク(関税第4弾
    3250億円)発動した場合だ。これはもう、乗るしかない
    このビッグウェーブに…だろう(尚、中国が協議を
    ドタキャンした場合もこれにあてはまる)。

     とにかく週末のG20からは目が離せないな。



    ※今週末は時間が出来たら、バーチャレクスの掲示板にでも
    今回発表の「進化計算ダーウィン」について、誰も論じて
    無い内容を投資家視点では無く、エンジニア視点から
    論じてみたい(俺の中では既に結論が出てるんでな)。

本文はここまでです このページの先頭へ