IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2110コメント)

  • 「アンモニア発電」が原発に突き付けた“引退勧告”の重み
    ttps://news.yahoo.co.jp/articles/193abde5e9a780229fe798bccf315f1e8339969d?page=2

    「「カーボンフリー火力」を出力調整装置として使えば、再エネ電源の利用拡大によるカーボンニュートラルの達成が可能となる。アンモニア発電こそが、ゲームチェンジャーとなったのである。」

    原発への忖度から、あえて抑制されてきたアンモニア発電の有効性。
    今後はゲームチェンジャーとして大きな役割を果たしていきそうですねw

  • 関電「脱炭素」目指すビジョン 火力発電燃料にアンモニア活用
    ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20210226/k10012886331000.html

    まずはアンモニアですねw

  • 燃料アンモニアバリューチェーン構築に向けた取組
    ttps://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/nenryo_anmonia/pdf/001_05_00.pdf

    グリーンアンモニアコンソーシアムの理事会員でもある日揮HD。
    再生エネルギーもしくは天然ガスからのグリーンアンモニウム製造。
    まさにど真ん中銘柄w

  • 巨大市場創出へ、脱炭素で「アンモニア」関連に壮大なる株高ストーリー <株探トップ特集>
    ttps://kabutan.jp/stock/news?code=1963&b=n202102240913

    日揮HDも紹介されていますねw

    昨年からのサウジアラビア国営石油会社サウジアラムコとの実証実験もありますし、アンモニア関連で期待大!

  • コマツ、鉱山機械に水素燃料 資源大手の環境対策後押し
    2021年2月21日 21:00 [有料会員限定記事]

    「コマツは水素を燃料にする鉱山向けの大型機械を開発する。顧客の資源大手が採掘時からの再生可能エネルギーの活用を進めており、2030年の実用化を目指す。水素を使った電動化技術の活用は乗用車やバス、トラックなどの商用車が先行している。顧客の脱炭素に合わせて、水素関連技術の開発に取り組む動きが広がりそうだ。」

    水素のすそ野がどんどん広がっていますねw

  • 日本製鉄が高炉休止へ、脱炭素が迫る設備集約
    環境エネ・素材
    2021年2月19日 12:25 [有料会員限定]

    「いまは石炭の代わりに水素を使う方法が有力視され、日本でも高炉3社と経済産業省などが研究している。それでも数百年続いたプロセスを変えるのは簡単ではない。JFEスチールの北野嘉久社長は「脱炭素への対応は産業革命並みの転換点だ」と実用化への高いハードルを強調する。」

    グリーン産業革命。
    着実に歩みをすすめてほしいですねw

  • 温暖化対策、日本は技術革新で貢献を ビル・ゲイツ氏
    「50年に排出ゼロ」目標を支持
    藤井 彰夫
    2021年2月15日 10:30 [有料会員限定]

    水素エネルギーにも可能性

    「私は50年の排出量ゼロ目標を支持しており、これは世界、特に先進国すべてが持つべき正しい目標だ。日本の役割はイノベーションに貢献することだ。日本の自動車メーカーは電気自動車(EV)だけでなく、水素を燃料とする燃料電池車にも力を入れている。これは長距離を走行し重量が大きいトラックなどに有効かもしれない」

    「今のところ、小型車については電池が有力なアプローチになりそうだが、水素の可能性も残っている。日本の研究開発の取り組みは非常に重要で、国際的に協調してエネルギー関連の研究開発予算を大幅に増やすべきだ。アイデアを持つ起業家への資金提供も増やしたい」

    今日の日経新聞記事。
    ビル・ゲイツも水素エネルギーの可能性に触れていますね。
    今後が楽しみw

  • 北京市、3月末までに大型水素ステーションの運営開始へ
    ttps://www.afpbb.com/articles/-/3325284?

    「中日両国が技術革新で協力する「北京中日イノベーション協力モデル区」の建設を足掛かりとして、世界をリードする日本の水素エネルギー産業と同区の空間資源という二つの優位性を生かし、水素エネルギーモデル区の建設を進めてきたと説明。」

    北京中日イノベーション協力モデル区。
    日本の水素技術が中国で。
    中国での水素エネルギー利用の急拡大を期待w

  • 水素は脱炭素の最有力手段か、バブルか。シュローダーが市場の成長性を解説
    ttps://hedge.guide/news/schroders-hydrogen-202102.html

    「現時点で再生可能水素は化石燃料水素に比べてかなりのコスト高だが、この状況は2030年までには再生可能水素が最も安価な製造法に転じると同社は予測する。電気自動車(EV)、あるいは再生可能エネルギー自体の5~10年前の状況とよく似た現象が起こった。」

    英国屈指の運用会社、シュローダー。
    ESG投資の次世代を見据えた水素への期待はかなりのものですね。
    今後の世界の膨大な投資資金の動きが楽しみw

  • またまたレーティングでましたね!
    ttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210210-00000627-stkms-stocks

    今度は岩井コスモで6700→7500に引き上げw
    でてくるのは強気のレーティングばかり。
    今が買い時なのかもしれませんねw

  • 【独自】脱炭素モデル、福島に「再エネ100%工業団地」整備へ
    ttps://www.yomiuri.co.jp/economy/20210207-OYT1T50032/

    政府は2030年度までに、福島県内で電力の全てを再生可能エネルギーでまかなう工業団地を整備する。トラックなどの燃料電池車(FCV)への転換も進める。日本の脱炭素社会に向け、再生エネと水素を最大限に活用した都市モデルを作る。

    日本の水素社会の未来の形。
    楽しみですねw

  • >>No. 703

    レオスキャピタルの藤野さんの言葉には力がありますねw

  • 2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略
    ttps://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201225012/20201225012-1.pdf

    昨年の12/25に経済産業省HPに掲載済みですが・・・。

    「水素は、発電・産業・運輸など幅広く活用されるカーボンニュートラルのキーテクノロジー。日本が先行し、欧州・韓国も戦略等を策定し、追随。今後は新たな資源と位置付けて、自動車用途だけでなく、幅広いプレーヤーを巻き込む。」

    日本が先行している貴重な水素分野。
    競争力を失うことなく、世界に負けずに果敢に挑戦していってほしいですねw

  • 2021年11月に英国で開催される第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)。
    脱炭素の相場は、まだまだ息が長そうw

  • 環境・金融を軸に成長 出産支援も強化 都21年度予算案

    経済の成長エンジンとしては「環境」「金融」の2分野が軸となる。電気自動車の充電拠点や水素ステーションの整備などに向け100億円規模の官民ファンド「サステナブルエネルギーファンド(仮称)」の創設を目指す。都は10億円の出資を予定している。環境投資に力を入れる金融系の外国企業が都内で事業を始める際のオフィス賃料や設備購入費なども支援する。

    水素は究極のクリーンエネルギー。
    世界的にも最終的には水素へ!

  • 3月開催の世界最大規模の国際水素・燃料電池展。
    今年はどんな最新技術が展開されるのか。
    ドイツRWEも大きく再生エネに舵を転換中との日経記事が出ていましたね。
    再生エネに注力するほど株式市場の評価が高いとも。
    岩谷には世界に引けを取らぬ様、頑張ってほしいですねw

  • プラグ・パワーの動きを見ていると、第二のテスラ狙いの投資家が、いかに多いかということ。
    今回の増資も、事業拡大を想定してのこと。
    水素への期待が膨らみますねw

  • プラグ・パワー、70$突破!

  • プラグ・パワー、$70タッチしましたね・・・。
    強いですね~

  • プラグ・パワー、売りをこなしながらの上昇。
    水素相場の息は長そうですねw

本文はここまでです このページの先頭へ