IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (56コメント)

  • >>No. 283

    やはり予想した通り前年比未達でしたね。ここの四半期推移とチエルとかGIGAスクール銘柄の進捗遅れの状況見てたらこういう結果になる事は容易に予想できるのに、今日は値上がりしてて正直びっくりしました。何も調べずに決算ギャンブル臨む人が多過ぎです。そして、案の定PTSでは失望売りが出ている。ちなみに、今回の決算結果は見る人から見たら想定の範囲内で、他の人も仰ってるように一昨年比や直近の前期4Q比を上回っている点は一定の評価はできるというのが個人的感想。ただ、前年同期比での見た目が悪いのは如何ともし難く、尚且つここは信用買いが多いことから、当面下げ基調が続くのは致し方ないように思います。どこまで下がるかは分かりませんが、短期での回復は見込めないので、2Qまでナンピンし続ける覚悟がない人は早く損切りした方がいいと思います。

  • 昨日高値で置いてた指値が軒並み約定してたので何事かと思いつつ、ちょっとだけ期待しましたが結局一瞬でしたね。やはり思惑で上がり続けるような材料ではないし、地道な業績回復を待つのが一番でしょうかね。

  • 皆さん仰っておられるように、1Qは特需があった前年実績超えるのは流石にしんどいでしょうし、決算失望売りで下がるのが怖いので、一旦最小単位残して利確しました。また安くなることがあれば買いたいです。

  • もうすぐ配当権利日だというのに人気無いですね。大型株に資金流れてるんで売られてるんでしょうが、上方修正出るまではこれぐらいの水準が続くかもしれませんね。もう10年間ここのホルダーしてるのですっかり慣れっ子ですが、ここは日経とは殆ど連動してくれず、他が有っている中でも上がらなかったり、そうかと思うと意外な局面で高騰し出したりを繰り返しつつ、長期では少しずつ上昇して行ってるので現物で気長に待つのが良いと思います。

  • モルガンはじめ機関の空売り入ってましたし、そろそろ買い戻しでしょうかね。昨日信用損切りで投げ売りした個人が餌食になってそうですね。

  • 今は地合いによるところが大きいんで小型株は大体どこも短期的には難しい気がします。日経は見た目上昇してるけど、はっきり言ってファストリとか影響大きい一部の大型銘柄に資金が集中してるだけで、他銘柄はむしろ資金が剥がれてる印象です。前の決算後もそうだったけど、一回千円割って調整入った方が反発も大きくなりそうなんで、現物ホルダーの方は気長にゆっくり待つのが吉のように思います。私は3桁突入するようならまたインしたいと思います。

  • >>No. 250

    ホールドしたままダラダラ下がるの待ってます。もっかい3800まで落ちるようなら買い増したいですね。

  • やはり言ってた通り上方修正出ましたね。しかし、PTSの下げは2Q期待してた人の利確売りでしょうか?ここはまだまだこれからの会社で中長期的にはホールドだと思いますが、一方で信用買いの人多いし、最近は好業績銘柄も決算発表直後は売られるケースが多いので短期的には値動き要注意ですね。週明け大きく下げるようなら買い増したいです。

  • 期待はしてなかったけど、やはり酷い決算。しかも、第3四半期が底ということはまだまだ回復には時間かかるということですし、配当も減ってしまったし、もっかい700円に逆戻りですかね。

  • >>No. 880

    ここは信用買残も多いし、それが賢明そうですね。

  • 決算出ましたね。一瞬買い戻そうかと思いましたが、よく見たら第2四半期累計ベースでの比較だと前年比プラスだけど、第2四半期単独での比較だと前年比マイナスなんですね。そして、通期業績予想は前年比マイナス。。。
    業績予想は保守的予想の可能性もありますが、短信の追加情報欄にわざわざ「顧客の設備投資動向など外部環境の変化に伴う受注高の減少が懸念されており、業績に与える影響については一定期間注視していく必要があります」との記載が書かれたのが個人的には気になりましたので、一旦様子見継続することにします。

  • >>No. 969

    新株予約権のIRが出た8月11日の終値が3965円で、希薄化で10%価値減少とすると単純計算で3568円。今の株価が3270円ということで、好業績銘柄としては割安と見られて信用買い入ったと見れば現象としてはあながちおかしくはないようには思いますが、いかがでしょう?
    ただ、ご指摘の通り信用買残多いのが株価上昇においてネックというのは間違いないですね。3千割るかは分かりませんが、暫くは大幅な上昇も難しく、今ぐらいの水準でボックス築く可能性はありえるかなと個人的には思ってます。

  • >>No. 327

    なるほど。今後の追い上げという意味で仰っておられたのですね。現場が馴染みがあるのがwindowsというのは理解できます。また、Appleが厳しく、GoogleとMicrosoftの対決になるというのも同感です。
    個人的には、先例重視志向が強いのが日本社会の常なので、教育分野でのChromebookの優位性は依然かなり強いと睨んでますが、導入遅れの中Microsoftがどれだけ実績築いてPRしていけるかによっては陣取りゲームの行方にも影響出るというのは可能性としては確かにありえますね。
    ただ、こればかりは蓋を開けてみないと分からん部分も多く、それを示すに足るデータが未だ不十分な今が判断すべきタイミングなのか?という点については少々疑問有りですが。
    個人的にはこれだけの材料で、先月の暴落で決算持ち越しリスクも下がってそうなこのタイミングを何故敢えて選ぼうとされるのか謎ですが極力高値で利確できるといいですね。貴重な見解ありがとうございました。

  • >>No. 311

    後、Microsoft追い上げってソース何ですか?10月のMM総研調査発表でChromebook稼働台数急増の報告出てましたし、端末採用に関してChromebookが伸び悩んでいるという認識はなかったので事実ならソース教えて頂きたいです。
    なお、競合登場については歓迎すべき事で危惧すべき事ではないというのが個人的な見立てです。理由はここは社員数単体100名未満、連結でも200名弱。販売パートナー活用しても、全国からの案件集中に全て対応するなど不可能に近く、取りこぼしが生じる事など初めから自明だからです。むしろ、ここの力ではG Suiteの流れを爆発的に普及させるのは正直しんどいのではないかというのが懸念でした。よって、喧伝してくれるプレイヤーは複数存在した方が市場拡大の為には望ましいと思います。その上でG Suite勢の中での立ち位置として①一気通貫、②教育ICT専業という点が他社との差別化としてここの強みになると考えてますが、いかがでしょう?

  • >>No. 311

    貴方は確か春先頃、中長期目線ということですららよりもここを推奨してた方ではなかったでしたっけ?中長期志向にしては匙投げるの早過ぎません??
    ここは1Q赤字で失望売り、その後2Q以降への期待感から徐々に買い戻しされるもIR少なく成長性がどの程度か予測がつきにくいため皆半信半疑で2千ちょいで頭打ちになってるのが現状ではないでしょうか。
    貴方からすればここの成長は当然既に織込済の話で多少の決算ではサプライズ感など無いかもしれませんが、市場の受け止め方というのは別でやはり好業績の裏付けを伴わない限り手を出さない層というのは一定数存在するので、そういう意味では此処はまだそれが十分に発現されているとは言い難いと思います。それこそ2Q決算発表前ぐらいの頃のすららの雰囲気に近い気がします。
    ここはコンセンサス無いので市場の期待感の水準をどう見るかが難しいですが、私個人の試算としては会社予想の超過は可と見ています。

  • >>No. 467

    やはり上方修正出ましたね。個人的には1Q進捗考えて決算は上振れ期待してましたが、配当も3円増額とはサプライズでした。株価も流石にダラダラ下げ過ぎだったので、反発しそうですね。

  • 野村への新株予約権は全て8~9月末迄の間に行使完了しているから下限行使価額2776円は今の状況とは基本的に何も関係ないのでは?
    ちなみに公表データを集計すると野村の行使価額の平均値は3310円。これに新株予約権発行に要した一株当たり20円の発行価額を加味すると野村は一株当たり3330円で100万株取得していたことになると思います。
    なお、大量保有報告書の経過を見る限り、野村ならびに関係者の保有株数は8月28日時点:約160万株⇒10月15日時点:約53万株ということで既にほぼ売り抜けたものと思われます。(保有比率5%を切って報告義務がなくなったのでその後は不明)

  • 夜間PTS希望額には全く届かず。残念↓やはりそう甘くはないですね。昨日3100円代で拾えた方おめでとうございます。月曜は地合い次第でしょうね。大幅に下げるようなら買い増したいです。

  • まるで定期預金ですね

  • すららではないですが、今日決算発表のあった3630の短信に「ChromebookやG Suiteなど売上が伸長」との記載が出てますね。ここも好決算期待したいところです。

本文はここまでです このページの先頭へ