ここから本文です

投稿コメント一覧 (63コメント)

  • >>No. 336

    お前はいつも人を蔑む発言をするな。それで優越感を持てるのか。投資する以前に人間性を高めろよ。忠告するよ。それにもう以前から株主だよ。笑 今後、お前にかまうことは、ないから安心してくれ。

  • >>No. 334

    お前はこの会社の奴か!

    ここで何度もメルヘンを書いて買いあおりをする奴をたしなめているだけだ。こういうメルヘンを書いて個人投資家を惑わす奴こそ悪質なのだ。

    eex2氏は何度もネガティブ投稿をしてるが全て事実だけを投稿している。こういう投稿の方がありがたいのだ。おまえレベルの卑しい人間にとやかく言われる筋合いはない。

  • 俺の見ている銘柄で9月以降右肩下がりのチャートはここアカツキだけだ。ここは9月から一度も反発することなく下がり続けている。これは大口の株主が少しづつ売り抜けるときのチャートに似ている。あまり悲観的なことは言いたくないが、塩田氏が本を書いたり、マスメディアに出たり目立ちたがっているが、かえって経営能力は疑われる結果になっている。

    妄信的にここを高く評価する書き込みがあるが、高く評価する具体的な根拠を書いてほしい。掲示板を覗いている個人投資家の参考になると思う。

  • 詳しく調べたわけではないが、空売り常連の三社の空売り合計数と株探における信用買いの数がいつも一致している。不思議なのは三社が独自に売り買いしているはずなのだが、三社を合計するといつも62~65万株なのだ。これって談合か?偶然の一致か?掲示板では信用の増加を嘆いている人がいるが、本当にそれは個人なのか?

    日本の個別株に対しては、もううんざりなのだが、ここまで株価を下げた上で決算が良好でした、爆上げします、では許されんだろう。株式なんてバクチ以外の何物でもないということになる。

    国は何とか個人のマネーを株式に入れたいのだろうが、この状況で株式投資などできるはずもない。少なくとも空売りやオプションなどの短期筋のやりたい放題は止めなければ日本株には投資できない。

  • eex2氏はこの株に限らず博識な上に応答が秀逸ですな。感心します。
    正月休みに、米国株をしっかりと研究しましたが、やはりアカツキの株価位置が気になってしょうがない。笑。割安の原因をあれこれ資料をこねくり回して調べましたよ。
    あ、もしかして是かな?と思ったのは「コンセンサス予想」というやつ。大体、株探も四季報も会社予想を載せている。会社予想では減益でもコンセンサス予想が通期でプラスならば現実の株価は19年1月に比べて高い。逆に2Qの決算が良くても通期のコンセンサス予想で減益ならば株価は19年1月より低い。

    アカツキは通期予想を出していない上にコンセンサスは前年度より悪いと予想されている。だから1年前より株価が低いのだろう。それはeex2氏が従来から主張されているようにアナリストも今期のアカツキは減益と予想しているのだ。

    しかし実際のところは4月の決算発表までは分からない。せめて何らかの材料を会社側から出してくれたらと思うのだが、そういう配慮は望めそうにない。しかし仮に3Qが悪くてもこれ以上は下がらない株価位置に到達していると思う。

  • 日経の調整が始まったようだ。大きく下落するというよりも横ばいの調整のようだ。アカツキは週足の本数からみて底をつけたと思う。まずは直近の13週移動平均線、又は26週移動平均線までの戻りがあると思う。その後は3Qの業績次第だろう。

    それにしても時価総額÷純利益の値で他のゲーム株やネット株と比べても信じられないくらいアカツキの値は割安なんだがな。このまま放置されたままなのだろうか。

  • 米長期金利が今後下がればアカツキ上昇、日経下落。アカツキの上昇角度は増益の変化率次第なのだが、分からないのは他のゲーム株に比べて評価が異常に低い点だ。

    「単一のヒット商品に頼っている企業は評価が低い」というのは理屈が通っているようで、他であまり聞いたことがない。

    今後適正な株価になればよし、そうでなければもう個別株は金輪際やらない。というか日本株は諦めるつもりだ。

  • いくつもの良い材料が出ても株価は反応しない。ただただ粛々と売られており、ゲーム株では最低の評価が付けられていることに誰も疑問を感じていないのか。ROEが30以上もある6期も最高益を叩き出してる成長企業が、赤字や減益の企業より評価が低いことが誰も不思議ではないのだろうか。そのことに言及する人は誰もいない。単に大口がカラ売りをかけてるからという理由だけで納得できるのだろうか。

    アカツキがゲーム株ではなくて投資会社と評価されてるのならPER8台は当然だろう。ツクルバの上場と同時に株が下落してPERが低下していったのが気にかかる。

  • 何が原因で9月から急落したのか。ツクルバの上場をきっかけに下落が始まっている。市場は孫正義もどきのマネーゲームに乗り出した塩田氏に疑問と不安をいだいたのではないだろうか。IPOバブルの終焉を織り込み始めた、ということでなければ良いんだけどな。自分的には孫正義氏のやり方は好きではない。

  • 創業者の持ち株と株価には何も共通する関連性はなかったが、興味深いことを発見した。これらご指摘の小型株がピークを付けたのは全て2018年1月~10月だった。これは米国長期金利が高くなって、株から債券へマネーが流れた時期と一致する。NKは1月と10月に戻り高値を付けたが小型株は戻り高値を付けないままに下落し続けた。

    NKは今年の1月から反騰を始めたが、小型株が反騰を始めたのはFRBが9月にQE4を宣言してからだ。しかも反騰したのは2Qの業績が良いもので、アカツキのように2Qが芳しくないものは売られている。もし1月の3Qが良ければ反騰を始める可能性があるということかもしれない。でもそれにしてもこのPERは理解ができない。

    改めてハッシンドリブン氏にお礼を申し上げる。

  • ご丁寧にありがとう。調べましょう。m(__)m

  • 売り残だけを見て期待を持たせるのはどうかと思う。彼らがいつ買戻しをするかは誰もわからないのだから。チャートを見ると5600円台で止まるかもしれないが、最悪4000円台まで行く可能性もある。

    前回、私が損切りした2018年は決算のたびに好業績をたたき出していたが株価は奈落の底だった。あの時も塩田氏は持ち株を売っていた。株価下落とは関係ないという投稿がいくつかあったが、市場で売られれば影響ないはずがない。

    ともかく個人は暫くは様子見が安全だと思う。チャンスを待つべきだ。

  • だからーーー、直近の高値が9月だから来年の2月か3月までは上がらんよ。その辺りでNKは天井をつけるわけよ。どの株を上げるかは大口の思惑次第で、決して業績に一致してる訳ではない。所詮インチキなギャンブルと覚悟して参加しないとストレスたまるぞ。
    ネットワンシステムズ、2Qも好業績だったが今大下げだ。もっと下がるだろう。そんなもんだよ。

  • >ご存知ない方がいるのがビックリ!

    いやいや、普通の個人投資家は知らんでしょ。ネット上にも四季報上にも各証券会社にも書かれてないことを知る術がないっしょ。この会社をよく知る方々のお陰で資産管理会社だと分かった訳で、ここに投資してる普通の個人投資家は安心したのではないですか。ともかくコアな情報をありがとう。

  • >>347
    既にご回答していただいた方がおられますが、流動株式比率のためです。
    上場企業では割合が決められています。

    >>347
    東証1部の流通株式35%以上の条件があるんで、CEOとCOOの持株を減らされてるんだと思いますよ。

    ご返答ありがとうございます。現在株探で大株主は以下のようになっています。

         塩田元規    19.21%
    サンクスピア  15.77%
    香田哲郎    10.57%
    (株) Owl Age 7.88%
         合計      53.43%

    お二方によれば流動株式比率が35%以上必要ということはサンクスピアとOwl Age
    はアカツキに関係する組織ということになりますがいかがでしょうか。検索したが
    この二つの名前は検出できませんが。

    今回の投稿はアカツキが理不尽な低PERに捨て置かれていること、9月から突然売られてきたことに対する私なりの疑問から始まった。アカツキの業績は東洋経済の記事を信用するならば7期連続最高益は間違いないだろうと思う。ならばなぜここまで時価総額が低いのか謎は解けないままだ。

  • ここの掲示板、一部の人を除いて内部の人が書いてるように感じる。かつてのライブドアの臭いがする、ボソッ。多投稿のくせ中身がスカスカ。

  • もっと詳しくご説明をお願いします。場外であっても持ち株を売っていることに違いはないと思うのですが。つまり経営者が持ち株を大量に売却して逃げている、そう思われても仕方ない行為ですよね。違いますか?

  • 皆様に悲しいご報告がございます。何かの間違いであってくれ!と叫びたい。笑
    過去の株主の変化を調べていくとですね、興味深い結果が。。。。。

     塩田元規/保有株   2016.11.21 428万株(30.81%)
    2017.02.16 380万株(27.36%)
    2018.03.19 321万株(22.56%)
      2019現時点 269万株 (19.2%)

    香田哲郎/保有株   2016.03.17 181万株 (13.31%)
    2016.11.21 110万株 (8.11%)
    2019.06.12 168万株 (12.01%)
    2019現時点  147万株(10.5%)

    これって、創業者がせっせと持ち株を売ってると言うこと?株価が高くなれば投資組合も創業者も思いっきり売ってるのだから株価があがるはずがないよね。掲示板では
    ああだこうだと株主が困惑してる一方で経営者は売り抜けてんだ。あまりに非常識すぎて呆れてるんだけど、こういうことってよくあることなのか?頭が混乱して眩暈がするよ。特に塩田、てめえフザケンジャないよ!

  • 日経が大幅上昇のもかかわらずアカツキは独歩安を貫いている。笑。ここまで頑固を貫かれるとその原因を知りたいという気持ちになる。そこでいろいろ調べてみた。

     ① アカツキと似ている指数はどれか。→無し。中小型株指数、グロース株指数
                        ジャスダック&マザーズ指数どれにも
                        似ていない
     
     ②アカツキのチャートと似ているゲーム株はあるか。→無し
                    
     ③アカツキの上場以来のPERはどうか。→上場当時こそPER40があったがその後
                        はPER6倍台~PER13倍。あり得ない
                        程低い。
     
     ③9月ピークに下落が始まった。チャート的にはまだ上に向かう形であったのに
      急な下落。そして確信があるかのような機関の空売りの始まり。

    ①~④から推理してみた。今回の下落はアカツキ固有の何かが原因ではないか。どうしてもこの株を大量に売らなければならない株主がいるのではないだろうか。そこで過去の四季報に載っている株主を調査した。おそらく売りの主体はこれではないかと思われる株主が見つかった。
    2019年2集春号に記載されていた株主が今は消えている。下記の二つだ。
        
        グロービス4号ファンド投資事業組合 18万株
        グロービスファンドⅣJ.P.  11万株。

    上記以外の既存株主も持ち株数が増減している。
    現在の株価下落が現物株の売却によるものならばPERが上がらなかったのも理解できるし、いずれ売却が終われば適正なPERまで上昇するのではないだろうか。まあ年内は税金対策で損失確定の売りが出てくるだろうが、それもやがては落ち着くだろう。と、楽観的に考えている。

  • 11月25日四季報速報から アカツキ<3932>

     アカツキの今季は連続最高益。複数のゲームが稼ぐ体制に。
     今通期に関して東洋経済では売上高320億円(前期比13.9%増)
                  営業利益145億円(同6.3%増)
                  純利益95億円(同20.9%増)を予想している。
      
     開発費などの急増で過去数年に比べれば伸び率は鈍化するものの、純利益は前期に
     続いて過去最高を更新する見通しだ。

    だそうです。コンセンサスの-5.8%、および売り仕掛けに騙されないように。

本文はここまでです このページの先頭へ