ここから本文です

投稿コメント一覧 (56コメント)

  • !                                                 一兆円!

  • No.1919

    強く買いたい

    これで一部上場か…

    2019/02/18 16:50

    >>No. 1863

                                                       これで一部上場か…

  •           …証券さん、酷いじゃない!

  • >>No. 1280

    しょうがないと 思います。

  • タケダと仲良くやってコー♪


    湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)は、ヘルスケアにおけるオープンイノベーションを推進する目的で2018年4月に開所いたしました。

    近年はあらゆる分野で技術革新のスピードは加速し、新しい技術の応用が次々と実現しています。一方で、自社単独での画期的な技術革新のハードルは高く、コラボレーション、いわゆるオープンイノベーションによってそれらが実現しています。
    ライフサイエンス分野において日本は世界トップクラスの基礎研究力を持つものの、それがスムーズに実用化につながらずに、せっかくの革新的なアイディアや技術が世の中に十分生かされていない状況にあります。

    日本発のグローバル企業であるタケダは、自社の施設・実験機器をはじめとした施設を外に開放し、さらに自社研究者のもつ知識・経験・ネットワークを生かしてバイオベンチャー育成やエコシステムの醸成に役立てていくことで、産業の活性化を牽引していきます。また産官学が協力して創造する場所となることで、湘南の地から世界をリードする最先端の研究が生まれ、日本そして世界中の患者さんの健康に大きく貢献していくことを期待しています。
    熱意ある多くの起業家・研究者のみなさんに集まっていただきたき、共に科学の新たな姿を創造し、科学者の新たな成功像を育み、そして世界で随一のサイエンスパークを一緒に創っていきましょう。

  • >>No. 198

              かずさんの言う通り!

  • 1.そーせい
    2.Dメディアプロ(新規)
    3.日本ファルコム
    4.UファブリクスHD
    5.イ―ガーディアン
    6.サマンサタバサ
    7.トレンダーズ
    8.オイシックスラ大地
    9.LIFULL
    10.キャリアデザイン
    11.オールアバウト(新規)
    12.日本エム・ディ・エム(新規)
    13.マネーフォワード
    14.JPNティッシュE
    15.ザインエレクトロニクス
    16.インスペック
    17.システム情報(新規)
    18.アドベンチャー
    消滅:コンセック、セック、                                                           五味さん

  • 五味大輔さんのそーせいグループ株式保有状況
    ・保有株数 546万株
    ・持株比率 7.16%
    ・取得総額 152億33百万円
    ・1株あたり取得コスト 2,790円
    ・現在株価 1,331円
    ・含み損益 △79億66百万円


  • 2018 年6月14 日英国ロンドン-GSK、ファイザー、塩野義製薬が資本参加するグローバルな HIV 領域のスペシャリスト・カンパニーであるヴィーブヘルスケアは本日、第III 相GEMINI試験の 結果を発表しました。これらの試験(GEMINI 1 および GEMINI 2 )は、治療歴のないベースライ ンのウイルス量が 50 万コピー/mL未満のHIV-1に感染した成人を対象として、ドルテグラビルと 2 種類の核酸系逆転写酵素阻害薬であるテノホビルジソプロキシルフマル酸塩/エムトリシタビン( TDF/FTC)の3剤レジメンと比較して、ドルテグラビルとラミブジンの2剤レジメン(2DR)の安全性お よび有効性を評価することを目的としています。
    これらの試験では、48 週時の血漿HIV-1 RNA 量が 50 コピー/mL(c/mL)未満という、HIV を管理 する上での標準的指標に対して非劣性を示すという主要評価項目を達成しました。ドルテグラビルと ラミブジンの 2DR に関する安全性の評価結果は、これら 2 剤の添付文書の記載内容と一致していま した。いずれの治療群でも、ウイルス学的失敗を認めた患者に治療によって薬剤への耐性が生じるこ とはありませんでした。
    両試験から得られた全ての結果は、近々開催される学会で発表する予定です。
    ヴィーブヘルスケアのChief Scientific and Medical Officer である John C Pottage, Jr, MD は 次のように述べています。「HIV に感染した患者の寿命は延びており、有意義な人生を送ることがで きるようになってきています。しかしながら、現在の標準治療では、依然として多くの患者が毎日 3 種 類以上の薬剤を服用しています。GEMINI1/2 試験は、ドルテグラビルとラミブジンを併用した場合の、 有効性、安全性、および忍容性を示すものです。両試験は、当社の2剤レジメンを推進する指針を支 持するものであり、多くの患者で、3剤以上ではなく2剤で疾患を管理できるいう当社の信念の裏付け となります。重要なことは、両試験が、この 2 剤レジメンが治療歴のない患者にとって選択肢の一つと なり、世界中の多くのHIV 感染患者の支えとなる可能性があることを示すものであるということです」

  • ヴィーブヘルスケア、ドルテグラビルとラミブジンの第 III 相試験で 肯定的な結果を報告

  •  3パーク化は 今の2パークのアトラクション ショー 季節イベントの魅力が半減させる。…きつとスカイの新し い企画は現状のランドとシーとかぶるよ、無理やり出す感じで…。…空の企画は2パークで導入する事で より魅力 的になる。…分散より集中させ 現在のクオリティーを高めた方がいい。

  •                                                                       それが 株式なんですね…

  •                                                       これからの投資生活に そーせい いろいろ勉強になるね。有意義な毎日。そして分割前にそしてもいろんな勉強。
     毎回上がるにこしたことないけど…相場は個人で動かせやしない、掲示板でも動かせやしもない いろんな経験しよ うよ。  売らない人はね(^^)。

  •          貴方の応援の仕方、素敵ね!  そうせい 以外もね!

  • >>No. 992

    サキナイさん こんにちは。…ここ投資されてたのですね。 愛犬を乳腺がんで亡くし新たな投資先と決めてたのですが そーせい の状況が思わしくなくなってきて実行できなかった…入るべきでした…その時は確か 2000円位の株価でした。…サキナイさん さすがですね、ぺプチと同じくらい社会に医療貢献できる銘柄…はずしてませんね。

  • 【ニューヨーク時事】米国の大手製薬会社が「認知症薬」の研究開発から相次ぎ撤退している。巨額の費用が掛かる一方、治療につながる十分な成果が得られず、継続は困難と判断した。ただ、人口の高齢化に伴い患者の増加が予想される中、新薬開発への期待は高まるばかりだ。
     「製品開発や科学的知見で最も強みのある領域に集中する」。ファイザーは1月、認知症患者の6割以上を占めるアルツハイマー病の治療薬などの研究開発を打ち切ると発表した。関連業務に就く約300人を削減。浮いた資金は他分野の研究開発に充てる。
     メルクも2月、期待した効果が得られないとして、アルツハイマー病患者の脳に蓄積する異常なたんぱく質の生成を抑える薬の臨床試験を中止すると表明。同種の薬をめぐっては、先にイーライリリーも新薬の承認申請を断念したほか、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も今月、安全上の問題が確認されたとして臨床試験を打ち切った。
     米アルツハイマー協会によると、米国のアルツハイマー病患者は570万人に上り、2050年までに約1400万人に増える見通し。米食品医薬品局(FDA)はこれまでに6種類の薬を承認したが、根本的な治療薬は開発されていない。
     大手の撤退が相次ぐ一方、ベンチャー企業の活動に期待する動きもある。マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は、アルツハイマー病研究に取り組むファンドや新興企業に計1億ドル(約109億円)を出資。フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)も神経科学分野の研究に資金を提供して新薬開発を支援している。(2018/05/26-15:43)

           ムスカリン、 M1 いかに…

  •                                                                      
               分割後 材料で4500円になり それからですか(^^♪

  • No.615

    強く買いたい

    スッキリ!

    2018/02/08 08:50

                     スッキリ!

  • 2018/02/03 14:58

    同剤はインフルエンザの治療でどのような位置付けになるのでしょうか。
     
    手代木社長は「タミフルを使う医師は1日2回5日間で不便だけど経口剤だからと、イナビルやラピアクタを使う医師は1回投与だし便利だからねと言う。明確なメッセージは、経口で1回。『S-033188』はこれを両方カバーする」と述べました。加えて「ウイルス力価の低下が早く、1本の臨床試験の結果ではあるが、安全性がタミフルに勝ったというのもお伝えしたいメッセージだ」といいます。
     
    先駆け審査指定制度の対象品目には、薬価算定時に「先駆け審査指定制度加算」を受けられることになっています。加算率は原則10%・最大20%で、タミフルの薬価(1錠283.00円・1日2回5日間投与で2830円)に10~20%を乗せた額が薬価の1つの目安となりそうです。
     
    塩野義は「S-033188」について、日本と台湾を除く全世界でスイス・ロシュと共同開発しており、発売後は販売額に応じたロイヤリティーを受け取ることになっています。塩野義製薬がかねてから「われわれが今後成長していくための大きな目玉商品」(手代木社長)と期待をかけてきた同剤。インフルエンザの治療にも、同社の業績にも、大きなインパクトを与えることになりそうです。

  • 2018/02/03 14:50

    タミフルの世界市場に代わって新薬が出回りますし新たな需要も追加で…4585UMNファーマの施設もフル稼働す ることになるな。…そしたら生産フル稼働…UMNファーマの受託製造を技術を頭に入れた あの提携でしたか。
     スケジュール通りなんだな…。

本文はここまでです このページの先頭へ