ここから本文です

投稿コメント一覧 (2662コメント)

  • こんにちは。大きく下げています。好業績、高配当関係なく売られています。消費税の影響もありますが、GDP年率換算で-6.3%も影響しているかと思いますが、日本国内での新型コロナウィルスの感染者の広がりが心理的に大きいかと思います。感染者のルートが不明なのが不安心理を煽っているかと思います。

    今までは中国人との接触等、原因がはっきりしていたのに、街中歩いていても飲食店に行っても移されるかと思う不安はきついかと思います。できるだけ外出を控え、人混みの所には近寄らないとなれば、当然ですが景気への影響は底知れない大きなものになると言う不安が沸いてきます。

    今日は、休みですが、危険を冒して河津桜でも見に行ってきます。朝方2-3Wのプット売却しました。更に下の22,250円プットの注文を出して外出します。株式は資金さえ余裕を持たせておけばいつでも参戦できます。決算も終わり、狙い銘柄は絞ったので、この下げで下げ止まった所は積極的に買っていこうかと思います。

  • こんばんは。決算も殆ど終わり、明日から株式市場が始まります。明日の米国市場は休みになるので、明日、明後日の株式市場は、取りあえず金曜日の米国株の結果で始まるかと思います。米国株は引けに掛け下げ幅を縮小したこともあり日経平均先物の終値は23,530円と日本市場の終値23,490円より少し高く終わりました。

    ただ、相変わらず新型コロナウィルスの感染者の拡大報道もあり、明日以降も下げは続き、何処で下げ止まるかウォッチしていくだけかと思います。株式市場が戻るのは、中国での感染者数、死亡者数の増加が落ちつき始め、日本での感染者数も落ち着いてくるのが条件かと思います。この掲示板では、先月の25日頃からかなりの危機感を持つように警告してきましたが、あれから22日くらい経ち、投稿したような状態になってきました。相変わらず積極的な買いはできませんが、先週の金曜日の動きを見ていると、三菱化工機、横河ブリッジ、BEENOS、東京エレクトロンデバイス、富士古河E&Cのように一部の銘柄ですが、プラスで終わっているものもあり、下げを確認しながら少しずつ買っていこうかと思います。

  • こんにちは。個人的には今日から三連休となります。終活には早いですが、バレンタインデーのチョコレートを長男の嫁さんから貰ったら終活ノートが一緒に入っていました。(笑)あまり深い意味はないと思いますが、家を二世帯住宅として増築し数年経ったのに、本や書類は段ボール数箱に入れっぱなしで整理できていませんでした。先週ネットで本棚を購入し組立を終わったので、昨日から納屋にあった段ボール箱を持ってきて整理し始めました。先ほどで何とか片付いたのですが、本棚に入りきれないので、単行本用の本棚を追加購入しました。小さいですが、書斎があるのでパソコンやエアコンを購入し、恰好だけでもトレーでディングルームのように変えていこうかと思います。

    新型コロナウィルスの中国での感染者数、死亡者数も収まる兆しがなく、拡大の一途を辿っています。恐れていたように国内でも、中国への渡航歴の全くない人の感染者が目立ってきました。中国でも企業の生産活動を再開するには程遠い状況ではないでしょうか。今回の決算ではそれらを見越し減益発表をした企業もあるかと思いますが、折り込んでいない企業も多いかと思います。このまま続くと春先に発表される本決算は相当弱気の数字になってしまいます。早く落ち着いて欲しいと思いますが、まだまだ先になりそうです。

    当面は今回の好業績銘柄、高進捗率銘柄、上方修正銘柄、期末一括高配当利回り銘柄を中心に少しずつ買っていくと同時に、保険でウィークリーオプションプットでのヘッジを並行して行こうかと思います。

  • 好決算、高進捗率、上方修正、高配当利回り等の銘柄をマーケットスピードに登録し監視しながら拾っていこうかと思います。太平電業、横河ブリッジ、三菱化工機、富士古河E&C、IDホールディングス、岩崎電気、都築電気、きんでん、和井田製作所、アルゴグラフィックス、レスターホールディングス、NCS&A、三洋貿易、ダイトーケミックス、アサヒホールディングス、綿半ホールディングス、クエスト、北越メタル、JBCCホールディングス、日本鋳鉄管、宮地エンジニアリング、ウィルグループ、クロップス、BEENOS、テクノホライゾン等ですが、一昨日、昨日、今日の決算でもう少し増えて40~50銘柄くらいになりそうです。今回は、選別しても評価の低い銘柄は除いてできるだけ少ない銘柄にしようと思いますが、それでも50銘柄くらいになりそうです。上に書いた銘柄は評価の高い銘柄で、下値を設定し近くなったら買い始めようかと思います。

  • 少し遅いですが、おはようございます。毎日、新型コロナウィルスの報道が続いています。武漢での企業活動は再度延期になり、中国に進出している企業の業績悪化だけでなく、国内観光産業、航空機、飲食店、イベント等関連企業も大きな影響を受けそうです。国際化が進み、海外との人の移動が盛んになっている現在では、対岸の火事と言う訳にはいきません。国内感染者で初めての死者がでた上に、感染経路が不明な感染者もでてきており、先行きが見通せないのが一番の不安かと思います。

    中国国内の感染者数、死者数もまだ増えており、企業活動も更なる延期も十分あり得ます。昨日も投稿しましたが、ここから相場環境が急転することも考えにくく、十分下がりきった所を買っていくしかなさそうです。今回は四半期決算の最中なので、逆に良かったと感じています。これが決算後の買われた時点で起きたなら含み損も拡大していたと思います。私も好決算銘柄を手付程度で買ってからは、殆ど売買していません。期末一括配当で高配当利回りと好業績、高進捗率銘柄を中心に明日からの休み(私は三連休)で銘柄の更なる絞り込みと選択を行おうと思います。

  • こんばんは。米国先物miniDOWの動きで今晩の米国株がどうなるか決められませんが、現時点で大きく下げて29,250ドル割れした場面もあります。日経先物も23,560円(-130円)まであり、今晩の米国株次第で明日も売られる可能性が高いかと思います。好決算と言えども、迂闊に買えない相場環境になってしまいました。ミサイル・ジョーダンさんが言っているように、暫くは積極的な買いは控えようかと思います。買える銘柄は本当に和束になってしまいました。

  • >>No. 156

    決算は良くありません。第二四半期での経常利益は56.3億、第三四半期は71.5億、差し引き15.2億、第二四半期÷2で28.1億、第三四半期単独15.2億と比較し、減速していると判断された上に上方修正なしでは売られるのは当然かと思います。株価が下げたので配当利回りは4.3%になっていますが、期末一括配当ではないのでその分差し引けば1,800円割れがあってもおかしくないかと思います。下値は200日線の1,776円辺りか。

  • こんにちは。堅調な米国株に対し日本株の情けない動きにはがっかりしてしまいます。今日は東京エレクトロンデバイス、山一電機、インターアクション、メイコー、日本鋳鉄管、大幸薬品、ファイズホールディングス、アサヒホールディングス等が買われています。先物24,000円少し上で売り注文を出していますが、とてもそんな元気はなさそうです。それでも下ひげを付けてから戻っている銘柄が目立ちます。当面こんな相場展開になりそうです。

  • >>No. 140

    昨日にこの掲示板で書いた通りの動きになりました。取りあえず1,800円割れくらいで打診買いでもしてみます。

  • おはようございます。米国株本当に強いですね。終値29,551ドル(+275ドル)とほぼ高値圏でした。日経平均先物も23,960円で終わり、今日も終値で24,000円の高いハードルを超えて終わるかに注目しています。

    ミサイル・ジョーダンさんが言っているように、昨日の日経平均株価は、ソフトバンク単独での上昇の寄与率が殆どでした。傘下の米携帯電話4位のスプリントと同3位のTモバイルUSとの合併をNY連邦地裁が承認したことが材料でしたが、引け後の決算はボロボロでした。株式売買は本当に難しいと感じてしまいます。

    昨日も好決算銘柄を追いかけていましたが、早めに発表した銘柄は上昇後の押し目が落ち着いてきたものもあり、そろそろ買っていっても良いかなと思います。私は、今週末は三連休なのでそこで決算まとめは終わらせようと思います。

  • >>No. 3374

    goldfinger007さん、こんばんは。長女は広州にいたのですが、先月の31日に婿さんと一時帰国し、10日間くらい横浜のホテル暮らしをしていました。そのため、9日の土曜日に私どもも横浜に行き、叙々苑の個室で激励会を行いました。一昨日からは婿さんの実家に行っています。婿さんは明後日か明々後日には広州に戻らなければならないようで心配しています。長女と孫は、私の所で暫く大人しくしている予定です。外務省も中国への渡航と中国にいる日本人の帰国を促しているようです。

    日本での感染者数は203人ですが、ダイヤモンドプリンセスの感染者数は174名なので、ダイヤモンドプリンセス号を除くと29名の感染者数となります。一番悪いタイミングでした。圧倒的に日本人の乗客数が多いため寄港を断る訳にはいかず、これからも乗客、乗員の感染者数は増えていくかと思います。

  • >>No. 3372

    ミサイル・ジョーダンさん、こんばんは。四半期決算毎に銘柄を入れ替えて小まめに取引している私が言うのもおかしいのですが、確かに成長性のある銘柄を長期投資したのが分があるかと思います。バブル時も繰り返し取引していても儲からなかったと言う話しを聞いたことがあります。

    ただ、長期投資は、買う時の株価とその時の市場環境がその後のパフォーマンスに大きく影響します。当然のことながら安い所を買って放ったらかししておけば良いのでしょうが、そのような環境は、例えば民主党政権時代の株価低迷時や東日本大震災時やリーマンショックの時かと思います。

    私のような老い先短い人間は、なかなか長期投資は難しいかなと感じます。ただ、どのような市場環境でも成長性のある業績変化率の高そうな銘柄を調べ、中長期投資するのが一番効率良いかと思います。私にはそのような眼力がないので仕方なく今のような投資スタイルになってしまっています。結果的にそれで利益を出せているので良いかと思いますが、私のようなやり方はかなり難しくしんどいやり方です。それでも、今回の第三四半期では銘柄の選別をシンプルにしているせいか意外と今までよりは早めに進んでいます。

  • >>No. 138

    決算内容サプライズでもなく上方修正もなく明日は売られるかと思います。配当利回りからすれば下げても大きくは下げないでしょう。第三四半期単独での経常利益は15.2億、中間期は56.3億だったので単純に28.1億を上回った数字でないと好決算とは言えないかと思います。第三四半期では、84.5億を上回る数字が欲しかったのですが、残念ながら71.5億円では株価へのインパクトなしと判断します。株価1600円まではないと思いますが、1,700円台半ばくらいまでは下げそうです。

  • こんにちは。指数だけプラスですが中身は酷いです。持ち株ではメイコー、NCS&Aくらいしかプラス銘柄がありません。先週まで勢いのあったJBCCホールディングスや直近の好業績銘柄も下げています。監視銘柄では、ヤマシタヘルスケア、インターアクション、テクノホライゾン、東京自働機械、IDホールディングス、ダイトーケミックス、デクセリアルズ、東京エレクトロンデバイスくらいが目立つ程度です。

    やはり新型コロナウィルスの感染者が急激に増えており、特にダイヤモンドプリンセス号の感染者と感染率が異常であり、ここまで深刻になるとは考えておらず、先週の4日には食事やシアター、カジノ、カラオケ等も通常に営業していたようで、乗務員、乗客の多くが濃厚接触していて感染したと思われます。国内には、3,000人にも及ぶ乗員、乗客を受け入れる施設がなく、このままでは船内に閉じ込められている高齢の乗客は持たないのではと考えます。武漢からの帰国者や国内での感染者数だけであれば、今の所さほど大きな問題にならなかったのですが、このダイヤモンドプリンセス号の乗客の多くが日本人で、他のクルーズ船のように寄港を断るようなこともできなかったと思います。

    明日以降も、多くの感染者の報道が流れる度に、何処で落ち着くのか見極めていかなければなりません。早い機会から警告をしていたように当面厳しい株式環境になるかと思います。

  • 今日は、少しだけですが3431宮地エンジニアリングを寄り付きで買いました。第三四半期での好進捗率(86.2%)+年度の上方修正+期末80円の高配当が買う材料です。配当を期初の60円⇒80円に増配しており、進捗率からしてもまだ上方修正もあるかなと言った感じです。同時に1968太平電業も検討して見ましたが期末一括配当90円で株価は2,500円台後半を考えると宮地エンジニアリングの配当利回り3.7%と比較し3.5%で尚且つ一株利益207円で、宮地エンジニアリングの396円と比較し割高かなと思っての買いです。今日はメイコーが買われています。空売りが入ってきて日証金ベースの信用取り組みも0.37倍で逆日歩も付いています。シカゴ日経先物はあまり下げそうにないので23,780円買い戻ししました。1775富士古河E&Cも期末一括配当75円で押し目を見ながら買いを検討しています。

  • おはようございます。夜間で上昇していた米国株は結局は小幅安で引けました。高値は29,415ドル(+138ドル)までありました。不思議なのはシカゴ日経先物が23,890円と日本市場の昨日朝の終値23,690円に対し200円も高い点です。高値は24,010円までありました。シカゴ日経先物も24,000円で売り注文を出していましたが約定していました。そんな不可思議なシカゴ日経先物なので今日の日本市場はどうなるか読めません。

    ご存知の方もいるかと思いますが、海外での日経平均先物は。シカゴ日経先物はミニ5枚分、ラージ半分での取引が最低単位となります。日本市場が休日の時には意外な価格になることもあり、面白い取引ができます。残念なのは頻繁に取引すると源泉分離課税の申告ではなく雑所得の扱いになってしまうので給与所得他と合算され総合所得になるので注意が必要です。日本でも先物とオプションが休日でも取引できるように検討を進めているようです。

    昨晩は、goldfinger007さんとくーるじぇいさんの投稿に対し、反論したような投稿になってしまいましたが、悪気はないのでその点を理解してください。50歳を前に大手電機メーカーを早期退職しその後二年ほど商社務めをしてから、大手投資顧問で富裕層に対するアドバイス等を数年やっていたこともあって、少しの期間でも大きな損失を出してはいけない時があり、その時に築いた投資スタイルが身に付いているためかと思います。今日は狙ったいる銘柄を少しだけ買ってみます。多分安値で買うことは難しい銘柄なので、押し目があったら追加買いする覚悟の銘柄です。

  • こんばんは。今日は、出勤日でしたが地域の行事で午前中半日は潰れてしまいました。この掲示板では、季節要因と言う表現を良く使いますが、『いであ』もその傾向がかなり強い銘柄です。官公庁関連以外にもかなり期末に掛けて第四四半期での比率の高い銘柄があり、ゼネコン等も概ねそうなるのではないかと思います。

    『いであ』は、前期の本決算時には、上期経常利益23億、下期では-7.5億、年間では15.5億と発表しており、期初から下期はマイナス宣言している銘柄です。第一四半期で13.4億(進捗率86.4%)、中間期で28.9億(進捗率186.4%)となっていますが、その時点でも会社は年間の数字を変えていませんでした。11月5日に第三四半期では25.5億の経常利益を発表すると同時に年間の上方修正15.5億⇒22.5億の上方修正を発表して株価に勢いが付きました。その後、12月10日に高値3,640円を付けてから下落し始めました。

    goldfinger007さんやくーるじぇいさんには申し訳ないのですが、このような株価の動きになるのは当然の動きかと思います。買うタイミングとしては、第一四半期での高い進捗率か中間期の8月5日での高い進捗率で1,100円台の安い所はいくらでも買えたかと思います。私も第一四半期、中間期での数字を見て高評価マークを付けましたが、季節性の高い銘柄は買わないようにしているので、監視銘柄に登録しているだけでした。またこのようなお祭り騒ぎした銘柄は、暫く買うことは避けます。

    高田工業所も同様で、第二四半期の中間期での進捗率は、16.1億(89.4%)と非常に高い数字でしたが、第三四半期では単独で3.1億しか経常利益がでていません。これでは売られるのは当たり前かと思います。『投資家のそう思わない。』が多いのは当然かと思います。自分自身、いつも気を付けているのは、客観的な目で銘柄を見る癖を付けることです。あまりにも高い進捗率の銘柄に関しては、次回の決算には注意が必要で、決算を持ち越すならば徹底的に調べてからすべきかと思います。

    新型コロナウィルスで、米女子プロゴルフ協会では、タイ、シンガポールで行われる第一、第二戦の中止を決めており、個人的には、来月1日に予定されている東京マラソンは中止すべきだと考えます。pac*****さんが述べているように日本政府の対応はあまりにも甘過ぎると感じています。中国人の入国禁止は当然、また国内の医療施設への感染者対策等、徹底的な予防手段を講じないと、現在の感染者数はクルーズ船の乗客135人も含め170名くらいでしょうか?これから驚異的に増えていく危険性があります。そうなると経済への影響も計り知れないものとなる上に、東京オリンピック開催も危ぶまれてくるかと思います。

    長女の婿さんは、中国での操業開始に向け今週末の14日に広州に戻ります。長女と孫は、今週は婿さんの実家、来週からは実家の私の所に当分居候になりました。落ち着くまでは、仕方ないかと思いますが、広州に戻らなければならない婿さんのことが心配です。広州に割と近い深センでも感染者が拡大してきており、何処で拡大がおさまるか見守りたいと思いますが、株式売買に関してはリスク承知である程度の資金枠で売買していきます。明日も何銘柄か買っていこうかと思います。

  • おはようございます。決算も七割方終わり、今日はまとめの一日になる筈でしたが、私用で一日外出です。遅れ気味ですが、全体相場がこのような動きなので焦ることはないかと思います。それでも今日一日掛け何とか追いつけたらと思います。

    米国株は反発して終わりましたが、今日は日本市場は休みなので今晩の米国次第かと思います。今後の動きに関しては全く読めなく、主力銘柄だけ残して他は短期での売買に徹しようと思います。

    さて今回の新型コロナウィルスに関しては、この掲示板で先月の24日(金)に警戒感を深めるような投稿をしましたが、その後31日(金)の米国株の下げを受け週明けの3日(月)に大きく下げましたが、上海市場がさほど下げなかったこともありそこから24,000円手前まで急騰しました。ただ24,000円を超えて上昇する力はなく売り場を提供してくれたようなものでした。今後は取りあえず23,000円~24,000円のBOX相場になりそうでうが、23,000円を割り込むと3日の安値22,775円が下値で意識されそうです。

    大型クルーズ船、ダイヤモンドプリンセス号の患者数の劇的な増え方を見ていると、日本国内での感染者数が殆どいないのが不思議でなりません。春節で多くの中国人が日本を訪れており、新しい報道では潜伏期間が24日と言う話もあります。まだまだこれから増えていくと思われます。また中国では日本企業でも操業開始する所が増えてくると思いますが、従業員の多くは中国人であり、果たしてまともな操業ができるのか疑ってしまいます。

    日本国内でも中国人の入国は一部であり、危険な中国にいるよりも日本にいったのが安心だと訪れる観光客もいるかと思います。米国のように中国人は完全に入国禁止くらいの厳しい措置を取らないと日本での感染者数も急激に増えるのではないでしょうか。武漢の感染者数は、実際には数十万人に達するのではとも言われており、今後の感染者数の増大如何では、東京オリンピックの開催も危ぶまれてきそうです。

    今回の新型コロナウィルスが経済に与える影響は計り知れないものとなり、本来なら株式売買などとてもできない状況ですが、さりとて何もしないのも癪なので資金枠を抑えながら、私の好きな『適当にいい加減に。』売買していこうかと思います。ただ、感染者数の増え方が収まってきた時は大きく反発すると思われ、メイコーのような銘柄を何銘柄かウォッチしながらインしたいと思います。

  • こんにちは。直近の決算や先週末の決算を受け、買われるもの売られるものが株価に顕著にあらわれたいます。エイアンドティー、カイノス、ウィルグループ、岩崎電気、マナック、帝国電機製作所、太平電業、博展、日本ドライケミカル、東亜建設、中外炉工業、大伸化学、宮地エンジニアリング等が買われ、逆にテクノスマート、三洋貿易等の銘柄が売られています。北越メタルや岩崎電気等の銘柄も、買われた後の下げ後の戻りに入っています。これらの好業績銘柄のまとめを行い、監視銘柄としてマーケットスピードに登録しなけらばなりませんが、作業が少し遅れています。明日も私用があり何とか終わらせようと必死です。

  • 株式の日経平均株価や個別銘柄には、必ず『旬』があります。それらは、指数の日経平均株価で言えば、25日線からの乖離率や騰落レシオ、年初来高値銘柄数、信用評価損率等の指標である程度は予測します。然しながら相場は時にオーバーシュート或いはアンダーシュートすることが多々あります。個別銘柄でも同じようなことが言えると思いますが、上昇すればするほどリスクは大きくなります。そのため、安い所で買った銘柄は売りあがりして徐々に持ち株数を減らし、平均売却値を少しでも高くする工夫が必要かと思います。

    逆に大きく下げた銘柄を買う場合は、出来高やチャートを見ながら下げ渋った所を買い始めるような工夫が必要かと思います。むやみに自分勝手な思い込みをして銘柄に惚れ込むのは禁物かと思います。また、四半期決算で決算またぎする場合は、過去二、三年の四半期決算を見ながら季節性を確認しておくことが大切かと思います。特に下期や第四四半期に売り上げや利益の比率の高い銘柄は注意が必要かと思います。何故なら市場は第三四半期を過ぎ三月期末になると配当取りや権利取りに焦点が移り、四月になれば今期の数字が気になってきます。そんなことで四半期決算も季節毎にやることが違ってきます。そんなことを思いながら決算の内容確認を行っています。

本文はここまでです このページの先頭へ