IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (467コメント)

  • >>No. 805

    この材料が時価総額100億円以下はあり得ないというのは誰だって分かること
    まずは、近々で時価総額100億円で株価4,000円
    BLANK2Yが始動すれば時価総額500億円で株価20,000円というところだろ

    1.ソフトバンクの子会社でモバイル関連のソリューションを開発し提供しているリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(旧社名ソフトバンク・モバイル)とデジタルコンテンツの創出を目的に業務提携契約を締結  → 「さわれるライブ 5D LIVE」をyoutubeで見ておくように

    2.BTSを超え世界トップを目指すK-POPユニットのBLANK2Yとマネージメント契約を締結し、このための子会社を設立 → BLANK2Yは世界最大級の広告代理店オムニコムグループのDDBワールドワイドと契約して売り出そうとしているユニット

  • >>No. 802

    ほんとだよな
    目先、時価総額100億円で株価は4,000円
    現時点の材料が普通に進捗すれば時価総額500億円で株価20,000円というのが第1の設定ライン
    BLANK2Y次第では時価総額1,000億円で株価40,000円まであると思える大材料なのにな

  • >>No. 755

    5月24日のBLANK2Yデビューまで6営業日
    その時が近付くにつれ玉の枯渇は顕著になっていく
    この記事の価値が分かる人が時価総額が50億円程度でいいと思うかどうかだ
    100億円、200億円でも安いはず
    株価10000円超えはあっという間に達成するだろう
    発行株数も浮動株も極めて少ないのだからな

    大型新人男性グループ「BLANK2Y(ブランキー)」、デビュー前に日本上場企業とマネジメント契約

    大型新人ボーイズグループ「BLANK2Y(ブランキー)」が、しっかりとした海外マネジメントによる支援を得てデビューを準備している。
    4月19日、所属事務所のKEYSTONEエンターテインメントは「最近、日本最高の上場会社であるBirdmanグループとマネジメント契約を締結した」と明らかにした。
    Birdmanグループは世界3大広告・クリエイティブフェスティバルの一つであるカンヌ・ライオンズ、ワン・ショー、クリオ・アワードをはじめ、全世界400以上の広告およびデザインアワードで各種賞を受賞している世界最高水準のブランディング・クリエイティブ企業だ。
    2019年3月に東京証券取引所マザーズ市場に公式上場して以来、世界的に名声を博している。また各種プロモーション、PR、クリエイティブなどの企画制作を担当し、ブランディング事業を進めている。
    エンターテイメント事業部門では、日本の7人組ボーイズグループ「7ORDER」の公演を担当している。7ORDERは2021年、Birdmanグループの支持を基に約8万5000人を動員した全国ツアーを成功させ、アルバムはオリコンチャートで2位を獲得するなど、大きな人気を博した。
    Birdmanグループ関係者は、「グロースパートナーシップ契約を締結したK-POP大型新人グループBLANK2Yに対する期待が大きい。当社が持っているマネジメントノウハウを最大限活用する」とし、「BLANK2Yが世界に羽ばたけるよう、ブランディング構築に総力を傾ける」と約束した。
    これに先立ち、BLANK2Yは世界的な広告企業DDBコリアと業務協約を締結し、デビュー前から韓国国内はもちろん、海外活動の可能性を開いており、全世界のファンから熱い反応を得た。世界有数の企業の全面的な支援の中で、BLANK2Yが見せるグローバル活躍に早くから期待が集まっている。

  • >>No. 576

    決算発表で、この2つの大材料に相当な自信を持ってることが明らかになった
    時価総額100億円で株価は4,000円だが、これは近々にも達成だろう
    時価総額500億円で20,000円、普通にここまでは既定路線だと見ているけどな

    1.ソフトバンクの子会社でモバイル関連のソリューションを開発し提供しているリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(旧社名ソフトバンク・モバイル)とデジタルコンテンツの創出を目的に業務提携契約を締結  → 「さわれるライブ 5D LIVE」をyoutubeで見ておくように

    2.BTSを超え世界トップを目指すK-POPユニットのBLANK2Yとマネージメント契約を締結し、このための子会社を設立 → BLANK2Yは世界最大級の広告代理店オムニコムグループのDDBワールドワイドと契約して売り出そうとしているユニット

  • 発行株数を知ってるホルダーは今日の決算発表で更に握力が強くなったはず
    超プラチナチケットをこんな安い株価=時価総額で手放すわけがない
    ゲームセクター、バイオセクターでいくつかのテンバガー銘柄が誕生したが、エンタメを材料としたテンバガー銘柄はバードマンが初となるだろう
    今の株価はいずれ桁が変わり更なる高みに昇ったときは端数となる

  • >>No. 334

    そこ、重要
    通期を据え置いたのは上方修正の額が現段階ではBLANK2Yのデビュー後の数字が読めないから(もちろん額が大きすぎて)
    来月になれば確実に上方修正してくるだろう
    超絶お宝銘柄

  • >>No. 761

    この書き込み、まさかマジじゃないよな
    商取引というか契約のイロハを知らないで株やってんのか

  • >>No. 240

    > 決算やばそう😇

    バードマンにとっては、だから何、という程度のことだな
    今日発表の決算は3月までの数字
    市場が興味があるのは4月以降の数字、もっと言えば来期の展望
    ここがほぼ鉄板と言っていい材料で固まりだしたからホルダーは余裕で見てんだよな

  • >>No. 235

    > ここ1回売ったらまじ入りづらい

    なんでかな
    先々は1万円は軽く超えていくんだからどこで買っても爆益だと思うけど
    今の時価総額があり得ないんだからな
    つか、買っとかないと玉が無くなるぞ
    発行株数は知っているよな

  • >>No. 160

    今日発表の3月までの業績の決算など興味はほとんどない
    これから激変しようかという会社なのだから、4月以降、更に言えば来期以降のことを決算にどう書き込んでくるかだ

  • >>No. 147

    これから話題になるしネットニュースでも取り上げられ、そして何より巨益を産む可能性のある大きな材料を持っているというのに、それまで待てない目先の短期筋は今のうちに落ちてもらった方がいい
    材料の価値が分かる者は余裕のホールド

  • >>No. 90

    材料がしっかりしている銘柄は仕込んだらドンと構えていれば必ず市場は評価するもの
    結果的に大きな果実を得るのはこの手法
    目先の株価しかみていない短期目線では小銭しか稼げない
    バードマンは大きく化ける

  • いよいよ今日は中間決算発表
    決算以外にもこれだけのIRが予想される

    ◎予想されるIR
    1.恋庭の月次
    2.恋庭に続く新サービスの発表
    3.開発中のメメントモリに続く新作RPGの概要発表
    4.検討中の恋庭の世界配信開始の決定
    5.月間業績の黒字化
    6.クリプトラクトの中国配信開始(中国の規制緩和報道で再燃)

  • バードマンの買い材料

    1.ソフトバンクの子会社でモバイル関連のソリューションを開発し提供しているリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(旧社名ソフトバンク・モバイル)とデジタルコンテンツの創出を目的に業務提携契約を締結  → 「さわれるライブ 5D LIVE」をyoutubeで見ておくように

    2.BTSを超え世界トップを目指すK-POPユニットのBLANK2Yとマネージメント契約を締結し、このための子会社を設立 → BLANK2Yは世界最大級の広告代理店オムニコムグループのDDBワールドワイドと契約して売り出そうとしているユニット

  • 明日の決算発表とともにどんなサプライズIRが飛び出すか
    バードマンは材料の宝庫なので予測不能
    こういういい意味での時限爆弾のような銘柄は握っておかないと一瞬で置いていかれることになる

  • もはや、そういう次元の銘柄ではなくなる時が来る
    BLANK2Y(ブランキー)の記事がネットニュースに流れ出した時、浮動株は枯渇し株価は異次元まで登りゆく

    > すごいな。
    > ちゃんと窓埋めるな

  • それは当然のこと
    この材料は一過性のものではない
    これから今の時価総額からはあり得ないほどの利益を産む可能性が高いのだからな

    1.ソフトバンクの子会社でモバイル関連のソリューションを開発し提供しているリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(旧社名ソフトバンク・モバイル)とデジタルコンテンツの創出を目的に業務提携契約を締結  → 「さわれるライブ 5D LIVE」をyoutubeで見ておくように

    2.BTSを超え世界トップを目指すK-POPユニットのBLANK2Yとマネージメント契約を締結し、このための子会社を設立 → BLANK2Yは世界最大級の広告代理店オムニコムグループのDDBワールドワイドと契約して売り出そうとしているユニット

  • 5月24日のBLANK2Yのデビュー後は買えなくなる銘柄
    そして来月には株価は5桁を付ける可能性が高い銘柄
    目先の株価の上げ下げしか見ない日計り、短期は確実に置いていかれる

  • バンクは自社IPだから利益率が高いことを頭に入れときなよ
    通常のヒット程度で他社の大ヒットの価値がある
    リリース直後の利益を見て驚愕することになる

    個人的には決算説明資料を読んだ俺の予想はいずれこうなるんだから買ったら握っときなって
    メメントモリのリリース後の全アプリでの月商を10億円として営業利益3億円の試算
    利益構成上、営業利益がほぼ純利益と思われるので、年間利益36億円を発行株数400万株で割れば一株利益900円
    PER20倍で株価は18,000円、30倍で27,000円
    こんなお宝株は他にはない

  • この大材料はマジでシャレにならん怪物級
    これで時価総額が50億円
    テンバガーして時価総額500億円でも納得の銘柄
    材料の大きさを理解できる者だけが爆益を得れる数年に一度の銘柄

    1.ソフトバンクの子会社でモバイル関連のソリューションを開発し提供しているリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(旧社名ソフトバンク・モバイル)とデジタルコンテンツの創出を目的に業務提携契約を締結  → 「さわれるライブ 5D LIVE」をyoutubeで見ておくように

    2.BTSを超え世界トップを目指すK-POPユニットのBLANK2Yとマネージメント契約を締結し、このための子会社を設立 → BLANK2Yは世界最大級の広告代理店オムニコムグループのDDBワールドワイドと契約して売り出そうとしているユニット

本文はここまでです このページの先頭へ