ここから本文です

投稿コメント一覧 (2916コメント)

  • 【新規事業】
    がん遺伝子パネル検査解析受託事業開始準備。
    がん免疫療法効果測定試薬開発も。
    中国試薬事業確立へラテックスビーズを使う抗体検査試薬の開発推進。

  • 親会社のJSRは、医学生物学研究所を全力で育てるつもりなんだろな。
    これほどの好業績で利益成長のすばらしい会社はないからね。

    医学生物学研究所の未来が、楽しみでしかたない。

  • レーティングも引き上げられるだろ。

    お金がもらえるみたいなもんだ。

    買っとけ。
    買わなかったら、損損。


  • 中期計画の先に利益60億円を出せる会社にする。
    すばらしいです。

    10億円の利益が60億円になれば、6倍。
    PER12倍が成長性を評価されPER30倍に成れば、2.5倍。

    6倍 x 2.5倍 = 15倍


    このような期待が持てる銘柄は、ここだけ。
    すばらしいね。
    NO.1銘柄です。

    リチウムイオン電池は、売れるし、人気化しやすいし。
    他の事業も大きく動き出したし。

    こういう会社の計画は、
    確実性が高いとおもうね。

    PER12倍か。
    この利益成長性で割安にもほどがある。

  • すばらしい銘柄です。

    明日、私の知り合いの女の子も買うと言っていました。
    私が、お勧めの銘柄ですと説明をしてあげたので。

    ものすごく可愛い女の子です。
    明日、買うそうです。
    インサイダー情報です。

  • 医学生物学研究所 は、今、驚異的な利益成長をしていて
    株価も堅調なのですが、・・・・・


    ふと思い出したのですが、
    医学生物学研究所 って、たしか、デング熱の治療ができるものを
    開発したって事で、
    数年前に株価が急騰したようだったような。
    製薬するには製薬会社との提携が必要でとかなんとか。

    そのデング熱の治療薬ってのはどうなったのかなぁと、急に思い出した。

    まぁ、今の事業の利益成長だけでもすごいから
    別にいいんだけどね。
    そのデング熱の治療薬の開発が始まるとすごい事になる予感もする。
    もう、何かやってるのかね。

    まぁ、そんな感じで思い出して書き込みです。

    業績は、すこぶる絶好調。
    株価も、好調。

    なにより。


  • 中期計画の先に利益60億円を出せる会社にする。
    すばらしいです。

    10億円の利益が60億円になれば、6倍。
    PER11倍が成長性を評価されPER27倍に成れば、2.5倍。

    6倍 x 2.5倍 = 15倍


    このような期待が持てる銘柄は、ここだけ。
    すばらしいね。
    NO.1銘柄です。

    リチウムイオン電池は、売れるし、人気化しやすいし。
    他の事業も大きく動き出したし。

    こういう会社の計画は、
    確実性が高いとおもうね。

    PER12倍か。
    この利益成長性で割安にもほどがある。

  • 事業が順調に急拡大。
    株価は、それに反応して上がる。

    すばらしい。

    これでPERは11倍。
    めっちゃ、安すぎ。
    余裕で買って持つ。

  • ついに始まる。
    ストップ高だろな、結果を見て。


    2019年12月4日から7日まで米国カリフォルニア州サンディエゴで開催

  • 認知症の患者は現在、世界で5000万人と推計されている。
    2030年には8000万人に増えると見込まれ、
    介護などを含めた周辺コストは200兆円を超えると言われる。

    ただ、現在販売されている認知症薬は症状を一時的に緩和するだけで、病気そのものを改善させるアデュカヌマブのような根治薬は存在しない。
    開発に成功すればエーザイは莫大な収益を手にすることになる。



    根治薬ってのは、本当にすごい事。
    大型株がストップ高して今のこんなチャートで上がるのも納得だ。
    現在が200兆円市場といっても、
    新薬の市場がそうなるのではないが、
    10兆円超えの市場の新薬に成るのかも。


    12月の学会で薬の効果とかが発表される。
    注目が集まるってさ。
    学会までは期待でゆっくりと上昇。
    学会後には内容により大きく動くだろう。

  • 中期計画の先に利益60億円を出せる会社にする。
    すばらしいです。

    10億円の利益が60億円になれば、6倍。
    PER10倍が成長性を評価されPER25倍に成れば、2.5倍。

    6倍 x 2.5倍 = 15倍


    このような期待が持てる銘柄は、ここだけ。
    すばらしいね。
    NO.1銘柄です。

    最低三年保有。
    そして、次の中期計画を見てさらに三年保有。
    株価が12000を超えてから売るというのが私の理想です。
    長期保有するので、夢は膨らんでおります。
    どうなるのか、楽しみな銘柄です。

  • まだ上がる?

    もう少し大丈夫?

  • 素直に、「初押しは買い」。

    それにしても、
    ここの会社の利益成長は驚異的だね。
    これって続くのかなぁ。
    続いて欲しいけどね、もちろん。
    この利益成長が続いたら、とんでもない事になりそう、
    良い意味で。
    次の決算、楽しみすぎぃ。

  • {アデュカヌマブの治験結果の詳細は、12月に開催される学会で発表される予定だ。ここでの発表に注目が集まる。}

    もうすぐです。

  • 東芝が癌検査キッドを開発したから下がったの?
    ここの業績には、何も影響を与えないとおもうけどね。

    すごく上がってきていて、乖離してたから
    急に調整をしただけのようにおもえるが。

    違いますか?

  • 中期計画の先に利益60億円を出せる会社にする。
    すばらしいです。

    10億円の利益が60億円になれば、6倍。
    PER10倍が成長性を評価されPER25倍に成れば、2.5倍。

    6倍 x 2.5倍 = 15倍


    このような期待が持てる銘柄は、ここだけだ。
    すばらしいね。

  • 業績に大きな影響を与えるのですか?

    どうなのでしょうか?

  • >>No. 511

    長い文章を書き込んでしまった。

    さすが、暇人なおれ。
    ごめんね。

  • 東芝のSCiB電池は、東芝から4000億円の売り上げ目標が出ている。

    基本は、複数のブランドでSCiB電池が作られて行くとおもわれる。

    スズキとインドで新会社の新しいブランドでSCiB電池を製造販売して
    SCiB電池は数千億円の売上げになる。
    トヨタとも新会社での新しいブランドでSCiB電池を製造販売して
    SCiB電池は数千億円の売上げになる。
    新型で超高性能なニオブSCiB電池を製造販売して
    超高性能なSCiB電池は数千億円の売上げになる。

    合計して、SCiB電池は数兆円の売上げになる。
    そんなことを予想空想してますが。

    SCiB電池は、東芝が社運をかけてやるわけだが、
    東芝1社でSCiB電池を広げるわけじゃなくて、
    ここからはいくつもの大企業が集まってSCiB電池を広げる。
    複数の新会社によってSCiB電池が大規模に製造販売される。
    そんな感じかな。
    将来、数兆円の売上げかな。

    チタン工業は、何もリスクはなしで、
    大きなビジネスチャンスだけがやってくることになる。

    チタン工業の今の純利益は、約5億円。
    利益が25億円に成れば株価も5倍になるだろうし、
    利益が100億円に成れば株価も20倍になるだろうし、
    利益が1000億円に成れば株価も200倍になるだろうし、
    というように単純に考えています。

    東芝が社運をかけてやるだけじゃなく、
    他の自動車メーカーや大手の企業と組んで
    次々と新会社を作ってSCiB電池を広げるわけだ。

    時価総額90億円という小さなチタン工業にとっては、
    大きなビジネスチャンスになるし、
    チタン工業にとっては、
    この大きなビジネスチャンスにはリスクがないとおもえる。

    スズキもインドでSCiB電池を製造販売をすることが決定しているが、
    たぶん全ての車載電池をSCiB電池にするのではないのかなとおもう。
    これだけでも小さなチタン工業にとっては、株価的にもインパクトは大きい。
    トヨタももうすぐSCiB電池に動き出す。
    ニオブの超高性能なSCiB電池も、来年にはお目見えするし。

    チタン工業の業績は大躍進するとおもわれるし、
    リスクはないので売上げが下がるなんてことは考えられない。
    株はまさに、持つリスクは無く、持たざるリスク状態かな。
    中長期はね。
    リスクが見当たらないのにビッグチャンスってのは、まぁないよ。
    株主は、幸せだ。

  • チタン工業は、時価総額が90億円の小さな会社。
    今年の純利益が約5億円。
    例えば、利益が25億円出せるようになれば、
    単純に株価は5倍になるなというように考えておけばいいとおもう。
    将来は、どの位の利益になるのでしょうね。
    100億円ぐらいの利益が出せる会社にはなって欲しいね。
    株価20倍だね、いいね。



    東芝の電池は、4000億円の売上げとかの目標が出ているが、
    それはあくまで現行の東芝電池についてだとおもう。
    ニオブの新型の電池はまだ無いからね、入ってないだろな。


    それと、インドでは、スズキと組んで新会社を作っての電池の製造販売になる。
    これは、東芝としての電池の売上げ予定には入らない。
    スズキ主導の新会社の電池になる。
    しかし、電池のメーカーがどこになったとしても
    チタン工業は、事業として売上げ利益が望める。
    チタン工業にとっては、電池メーカーの名前には関係が無く仕事になる。


    トヨタもEV化するのに東芝の電池を採用すると明言している。
    しかし、東芝ブランドの電池ではなく、
    スズキのように東芝と新会社を作ってやるような気がする。
    その新会社のブランドでニオブの新型電池の製造販売をするのではないかな。
    まぁ、予想は空想だけどね。
    ニオブの新型電池は、今までよりももっとEVに向いているだろうし。

    もしかすると東芝は、中国のメーカーと新会社を作るかもしれないし、
    ヨーロッパの自動車メーカーと新会社を作るかもしれない。

    自動車メーカーにとって
    本格的に電池を採用するのなら
    資本提携が不可欠になるような気がする。
    自動車メーカーにとっては、EVの電池は生命線になるから。

    しかし、チタン工業にとってその電池のブランド名は関係なく、
    チタン工業の仕事にはなる。

    夜遅くに長々と書き込み。
    おやすみ。

本文はここまでです このページの先頭へ