IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (323コメント)

  • 交換できるくん <7695> が3日続伸している。この日朝方、「グリーン住宅ポイント」の申請支援&代理申請サービスを開始すると発表しており、これが好感されている。

     グリーン住宅ポイント制度は今年5月から始まる、省エネ性能に優れた住宅や交換工事に対して国土交通省がポイントを付与する新制度。同社では、エコ給湯器や節水型トイレを購入した顧客を対象に、申請書の作成支援や代理申請、ポイントを使った追加工事のサービスなどの提供を開始するとしている。

    出所:MINKABU PRESS

    みんなの株式(minkabu PRESS)

  • 交換できるくん <7695> が3日続伸している。この日朝方、「グリーン住宅ポイント」の申請支援&代理申請サービスを開始すると発表しており、これが好感されている。

     グリーン住宅ポイント制度は今年5月から始まる、省エネ性能に優れた住宅や交換工事に対して国土交通省がポイントを付与する新制度。同社では、エコ給湯器や節水型トイレを購入した顧客を対象に、申請書の作成支援や代理申請、ポイントを使った追加工事のサービスなどの提供を開始するとしている。

    出所:MINKABU PRESS

    みんなの株式(minkabu PRESS)

  • 交換できるくん <7695> が3日続伸している。この日朝方、「グリーン住宅ポイント」の申請支援&代理申請サービスを開始すると発表しており、これが好感されている。

     グリーン住宅ポイント制度は今年5月から始まる、省エネ性能に優れた住宅や交換工事に対して国土交通省がポイントを付与する新制度。同社では、エコ給湯器や節水型トイレを購入した顧客を対象に、申請書の作成支援や代理申請、ポイントを使った追加工事のサービスなどの提供を開始するとしている。

    出所:MINKABU PRESS

    みんなの株式(minkabu PRESS)

  •  gooddaysホールディングス <4437> が急伸し一時、ストップ高の1347円に買われている。29日の取引終了後、独立系ベンチャーキャピタルであるグローバル・ブレイン(GB、東京都渋谷区)の100%子会社gbDXTechnology(gbDX)と資本・業務提携すると発表しており、これが好感されている。

     GDHグループの中長期な企業価値向上を確実にするため、GBの投資先スタートアップが持つテクノロジーとGDHグループのITビジネスとのシナジー効果を上げるのが目的という。資本面では、gbDXを割当先とする第三者割当増資5万5000株を実施する予定で、調達資金5600万円は経営基盤強化を目的とした人材強化に当てる方針としている。

  • >>No. 836

    平和ボケしているこの日本で、官僚がやりたい放題をやっていないわけがない。
    電車で通勤中の官僚の態度の悪いこととといったら半端ない。
    電車内で朝、悪態ついて卑下しているをの見ました。国民を見下しているのは顔をみれば大いに判断できます。(この貧民がああああ!!!)みたいな顔をしていましたね。現状ソフトバンク首脳陣の中にも元官僚は就職していますよね。
    ホリエモンが捕まったのは、元官僚を雇っていなかったからです。これ常識でしょ。
    いつまで見えてないふり(見ないふり)をするのでしょうか。

  • >>No. 924

    明日あなたはつまずくでしょう!!!!!!

  • 6817 スミダコーポレーション

    水面下で稼働上昇中
    【特色】コイル専業。車載、通信用が主。ドル建て調達多く円安は減益要因。生産は海外各地。四半期配当
    【上向く】車載は欧州、中国向け既存品回復鈍いがEV関連は続伸。産業・家電向けは家畜用RFID回復、5GやIoT関連にも動意。スマホ関連は販路拡大が寄与。構造改革費用5億円計上でも営業益反発。
    【体制強化】来期以降の本格回復視野に今期は一段のスリム化に着手。拠点統廃合、シニア管理職の若返りなど実施。EV、自動運転、医療、太陽光発電用で製品開発加速。利益面においても、減収幅の縮小により13億3千1百万円の営業利益となり昨年第4四半期以来の黒字となり、対前年比では14.4%の増益。スミダの開発技術は、巻線技術を中核技術として、アプリケーション技術、素材・材料技術、生産技術、精密加工技術、表面処理技術、成形技術と評価技術、合計8種類の技術から成り立っており、これを「集合技術」と呼んでいます。この「集合技術」を駆使して、スミダは、引き続き技術主導型の革新的な設計・製造企業としての地位を確保。

  • 6817 スミダコーポレーション

    水面下で稼働上昇中
    【特色】コイル専業。車載、通信用が主。ドル建て調達多く円安は減益要因。生産は海外各地。四半期配当
    【上向く】車載は欧州、中国向け既存品回復鈍いがEV関連は続伸。産業・家電向けは家畜用RFID回復、5GやIoT関連にも動意。スマホ関連は販路拡大が寄与。構造改革費用5億円計上でも営業益反発。
    【体制強化】来期以降の本格回復視野に今期は一段のスリム化に着手。拠点統廃合、シニア管理職の若返りなど実施。EV、自動運転、医療、太陽光発電用で製品開発加速。利益面においても、減収幅の縮小により13億3千1百万円の営業利益となり昨年第4四半期以来の黒字となり、対前年比では14.4%の増益。スミダの開発技術は、巻線技術を中核技術として、アプリケーション技術、素材・材料技術、生産技術、精密加工技術、表面処理技術、成形技術と評価技術、合計8種類の技術から成り立っており、これを「集合技術」と呼んでいます。この「集合技術」を駆使して、スミダは、引き続き技術主導型の革新的な設計・製造企業としての地位を確保。

  • 6817 スミダコーポレーション

    水面下で稼働上昇中
    【特色】コイル専業。車載、通信用が主。ドル建て調達多く円安は減益要因。生産は海外各地。四半期配当
    【上向く】車載は欧州、中国向け既存品回復鈍いがEV関連は続伸。産業・家電向けは家畜用RFID回復、5GやIoT関連にも動意。スマホ関連は販路拡大が寄与。構造改革費用5億円計上でも営業益反発。
    【体制強化】来期以降の本格回復視野に今期は一段のスリム化に着手。拠点統廃合、シニア管理職の若返りなど実施。EV、自動運転、医療、太陽光発電用で製品開発加速。利益面においても、減収幅の縮小により13億3千1百万円の営業利益となり昨年第4四半期以来の黒字となり、対前年比では14.4%の増益。スミダの開発技術は、巻線技術を中核技術として、アプリケーション技術、素材・材料技術、生産技術、精密加工技術、表面処理技術、成形技術と評価技術、合計8種類の技術から成り立っており、これを「集合技術」と呼んでいます。この「集合技術」を駆使して、スミダは、引き続き技術主導型の革新的な設計・製造企業としての地位を確保。

  • 6817 スミダコーポレーション

    水面下で稼働上昇中
    【特色】コイル専業。車載、通信用が主。ドル建て調達多く円安は減益要因。生産は海外各地。四半期配当
    【上向く】車載は欧州、中国向け既存品回復鈍いがEV関連は続伸。産業・家電向けは家畜用RFID回復、5GやIoT関連にも動意。スマホ関連は販路拡大が寄与。構造改革費用5億円計上でも営業益反発。
    【体制強化】来期以降の本格回復視野に今期は一段のスリム化に着手。拠点統廃合、シニア管理職の若返りなど実施。EV、自動運転、医療、太陽光発電用で製品開発加速。利益面においても、減収幅の縮小により13億3千1百万円の営業利益となり昨年第4四半期以来の黒字となり、対前年比では14.4%の増益。スミダの開発技術は、巻線技術を中核技術として、アプリケーション技術、素材・材料技術、生産技術、精密加工技術、表面処理技術、成形技術と評価技術、合計8種類の技術から成り立っており、これを「集合技術」と呼んでいます。この「集合技術」を駆使して、スミダは、引き続き技術主導型の革新的な設計・製造企業としての地位を確保。

  • 6817 スミダコーポレーション

    水面下で稼働上昇中
    【特色】コイル専業。車載、通信用が主。ドル建て調達多く円安は減益要因。生産は海外各地。四半期配当
    【上向く】車載は欧州、中国向け既存品回復鈍いがEV関連は続伸。産業・家電向けは家畜用RFID回復、5GやIoT関連にも動意。スマホ関連は販路拡大が寄与。構造改革費用5億円計上でも営業益反発。
    【体制強化】来期以降の本格回復視野に今期は一段のスリム化に着手。拠点統廃合、シニア管理職の若返りなど実施。EV、自動運転、医療、太陽光発電用で製品開発加速。利益面においても、減収幅の縮小により13億3千1百万円の営業利益となり昨年第4四半期以来の黒字となり、対前年比では14.4%の増益。スミダの開発技術は、巻線技術を中核技術として、アプリケーション技術、素材・材料技術、生産技術、精密加工技術、表面処理技術、成形技術と評価技術、合計8種類の技術から成り立っており、これを「集合技術」と呼んでいます。この「集合技術」を駆使して、スミダは、引き続き技術主導型の革新的な設計・製造企業としての地位を確保。

  • 6817  スミダコーポレーション

    高機能製品では、銅加工品、電子材料で自動車分野の製品の拡販に注力している。21/3期は世界的な自動車生産の減少の影響を受けるものの、22/3期には自動車生産の回復に合わせた販売増を見込む。エレクトロニクス分野や半導体分野の製品の拡充も進めている。自動車分野の電動化や自動運転技術の進展、エレクトロニクス分野ではビッグデータの活用や、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、5G(第5世代通信システム)などの普及が見込まれており、これらの需要増に合わせた製品の販売増を予想している。
    ●コイルの専業メーカー、ソリューションも提供
     エレクトロニクス製品の基本部品であるコイルを製造・販売する専業メーカー。コイル関連の巻線技術などの技術的設計・製造ノウハウを活用し、カスタム製品設計のソリューション提供を得意としている。
     主要製品は、パワーインダクタやトランスなどの部品・モジュール製品、自動車用キーレスアンテナ、キセノンイグナイター、モバイル通信機器、RFIDタグ、太陽光発電用パワーインバータなど。家電製品・自動車・グリーンエネルギー・産業機器・医療機器の多岐にわたるアプリケーションに使用されている。日本、欧州、中国、北米に大規模な技術開発センターを持つ。巻線技術を中核とする8種類の「集合技術」を駆使し、技術主導型の設計・製造を行う。海外売上高比率が8割を超える。

  • BBタワー(3776)
    2020.11.24
    お知らせ
    当社代表取締役会長兼社長CEO藤原洋は、総務省「デジタル変革時代の電波政策懇談会」の構成員に就任いたしましたので、お知らせいたします。「次世代通信規格『5G』や『デジタル庁』に絡んで業績の伸びを期待する向きは多い。政府のデジタル化推進に伴い自治体の公共施設のサーバー更新などで同社が恩恵を受ける。
    新型コロナウイルス禍で、私たちにとって当たり前だった「移動」と「対面」は大きく制限された。「ICT(情報通信技術)にはこのような局面を打開する役割が期待されている」。インターネット・データセンターのパイオニア「ブロードバンド(BB)タワー」

本文はここまでです このページの先頭へ